平成二十五年五月場所七日目観戦記
十枚目取組・一(平成25年 5月18日)



●明瀬山(引き落とし)豊真将○

 豊真将額で当たって左でおっつけんとすると明瀬山右で喉を突き上げ、右から左と差そうとするが、豊真将頭を下げて左右から挟みつけ、差し手を嫌いながら右で去なし気味に西に下がると、明瀬山左の張り手を交えて突っ張る。豊真将堪えて両筈で押し返すと明瀬山左で張りながら右で叩き、左で張って右差し、豊真将額をつけて左で抱えながら右筈で押そうとするが、明瀬山は顎を上げたまま正面に出んとして左から攻める。豊真将右で差し手を争うが差され、左で明瀬山の右下手を切ろうとしながら右に廻って右でおっつけ、西から白房に飛び退り、さらに左を開いて引き落とした。豊真将左の手着きなし。
○希善龍(叩き込み)北はり磨●

 希善龍先に立って左でかち上げ右を差そうとし、北はり磨が頭をつけて左でおっつけんとしながらも右足が流れると、希善龍左素首落としから右に廻って右で叩き込んだ。
●千代嵐(とったり)隆の山○

 千代嵐右で突きながら左を差そうとすると、隆の山は頭を下げて出るや左に飛んでとったり、鮮やかに決めた。千代嵐の右拳仕切り線オーバー。
●千代皇(下手投げ)鬼嵐○

 千代皇両手で突くと鬼嵐左右の外筈から右四つ両廻しを引き、素早く右に体を廻して右下手投げで向正面白房寄りに烈しく叩きつけた。千代皇右手着き不充分。

前画面に戻る 次頁へ