平成二十五年五月場所七日目観戦記
幕内取組・一(平成25年 5月18日)



○大道(叩き込み)誉富士●

 大道先に立って右差しを狙うと誉富士額で当たって左からおっつけんとしながら右喉輪で押し上げ、突っ張ろうとした。大道左でおっつけて左に廻り、左上手を求めて取れず、右で叩く。一瞬見合って誉富士突っ張ると大道はね上げ、頭で当たり合って大道右に廻って突き落とし気味に去なし、誉富士が右で喉を押し上げると大道左右のおっつけで押し返し、誉富士が堪えて右筈左喉輪で押し返そうとすると大道右を手繰り、右で張って右差し狙い、誉富士右で肩を押しながら左でおっつけて正面に出ようとすると、大道は右を返して左上手を狙い、左を上げられた誉富士が土俵中央に下がって左を筈に替えようとすると、大道挟みつけて押し、左に廻って右で首根を押さえつけ、叩き込んだ。大道右手着き不充分。
○若の里(寄り倒し)大喜鵬●

 若の里右で張って左差し、右で抱えて出んとし、大喜鵬が右上手を深く取って右に廻ると若の里左を返してプツリと切り、煽って出んとする。大喜鵬右小手投げ気味に右に逃れ、両差し狙い。若の里左で抱えて右でおっつけ、少し押して土俵中央、左に飛んで右へ引き、大喜鵬がつけ入って左筈右喉輪で押し、突っ張ろうとすると、若の里正面で左差し右上手に捕まえ、大喜鵬が右に飛んで逃れんとすると若の里正面に寄り、大喜鵬の右小手投げを許さず左を突きつけて黒房寄りに寄り倒した。
●東龍(押し出し)臥牙丸○

 東龍右差し左前褌狙いから右でも前褌を欲しがると、臥牙丸額で当たって左おっつけ右筈で赤房に押そうとし、東龍が右を嫌って上から外そうとすると、忽ち浮き上がって棒立ち、左を差したがもう遅く、左筈で赤房に押し出され完敗。
●旭秀鵬(押し倒し)豊響○

 旭秀鵬先に立って右でかち上げ気味、左で前褌を狙ったが、豊響額で当たって左おっつけから左は筈、右喉輪で出んとする。旭秀鵬左を割り込んで右から引っ張り込もうとしたが、豊響攻め込んで左喉輪、右でも胸を押して赤房に押し倒し快勝。旭秀鵬右をおろさず。

前頁へ 前画面に戻る 次頁へ