平成二十五年五月場所八日目観戦記
そ の 一(平成25年 5月19日)









 大相撲夏場所は中日 8日目を迎えました、東京両国の国技館です…とアナウンサーが喋るのは昼を過ぎてからだが、 筆者は朝から館内へ。どっかと腰を落ち着けて、東の花道に目をやれば、そこには行司の木村錦太郎、構えの稽古を繰り返す。 こっちを向いて時間いっぱい、あっちを向いて時間いっぱい、コーチ役がいるようにも見えないので、自発的(自主的ではない)にやっている模様。

 西の花道から勝負審判を迎え、 8時45分いよいよ取組開始、木村錦太郎が土俵に立って、西に照道、東に沖野の取組に花道での稽古の成果を 1つ存分に示すつもりが、 実に 3度も見せる破目になった。最初の一番から締まりのないスタート、先が思い遣られる。

 序二段の後ろの方、弓取の聡ノ富士は反り技が得意、やや右に開いて右で抱え、頭をつけて左差し、さて担ぐかと思ったら、逆に右にグイと引くと決まってしまった。 頭捻りのような引き落としのような、ちょっと半端な決まり方で、決まり手係が電話を駆使して得た結論が「腕捻り」…あまりのセンスのなさに呆れていると、ややあって頭捻りに訂正され、一安心したのだった。

 東の四ッ車は三段目の中軸、本場所に来るたびその土俵ぶりを見ること10年余り、巡業での弓取姿も見た者としては、最近の窶れようが特に気になるところだが、 この日はもう一つ注目点があった。
(以下次頁)
前画面に戻る 次頁へ