平成二十五年五月場所八日目観戦記
十枚目取組・一(平成25年 5月19日)



●徳真鵬(上手投げ)鏡桜○

 徳真鵬両手突きから突き放して鏡桜に左前褌を与えまいとすると、鏡桜は左を手繰って右に廻るが、徳真鵬はなおも両手で突いて東に攻めようとする。鏡桜左右のおっつけから左を手繰って青房を右に廻り、左で前褌を欲しがる。徳真鵬はしつこく両手で喉を押すが、鏡桜押し返して右四つ、左上手を取って頭をつけ、徳真鵬が左で抱えて西に出ると、鏡桜右を引きつけて右に廻ろうとし、なお徳真鵬が寄ると鏡桜今度は左に廻り、正面に下がって右から捻り左上手投げで捻じり倒した。
●若荒雄(押し出し)木村山○

 木村山が頭だけ下げて受けると若荒雄右肩で当たって突っ張るが、木村山一度おっつけで押し返すと見せ、右に引き落として左に廻るや右で胸を突き上げ右喉輪、若荒雄が左おっつけで外して突き返そうとすると木村山右でおっつけながら左筈、白房に出て押し出した。
○明瀬山(寄り倒し)鬼嵐●

 明瀬山右で肩を突いて突き上げんとすると、鬼嵐頭を下げて東に攻めんとし、明瀬山が右下手前褌を狙って取ると鬼嵐左上手を取って左に廻り、左裾返しで崩して右おっつけから右前褌を取ったが、明瀬山一つ煽って鬼嵐の左を切り、鬼嵐が左を首に巻いて右上手投げ気味に振ると明瀬山待ってたとばかり黒房に攻めて左を突きつけ、鬼嵐がなお担ぐように右から振ると、明瀬山追って追って左を預け、向正面白房寄りに寄り倒した。
○栃乃若(寄り切り)千代皇●

 千代皇両手突きから左でおっつけ右を差そうとし、栃乃若が右差し左から攻めようとすると千代皇左突き落としで揺さぶるが、栃乃若残して右を差そうとし、千代皇が左上手を取って右に廻り、栃乃若が左から攻めようとすると千代皇右を筈にして左を引きつけ青房に出んとしたが、栃乃若堪えながら右肘を張って千代皇の左を切り、右に廻って左でおっつけ、青房に押そうとする。千代皇右筈で押し上げると栃乃若右を頼りに堪え、千代皇の左突き落としを許さず青房に寄り切った。

前画面に戻る 次頁へ