平成二十五年五月場所八日目観戦記
幕内取組・一(平成25年 5月19日)



○千代の国(突き落とし)舛ノ山●

 千代の国左で張りながら右でかち上げると、舛ノ山構わず額でかまして突っ張り、千代の国が左腕で舛ノ山の右突きをはね上げると舛ノ山左を差し、両者右で抱えて次いで千代の国右上手を取り、上手投げ。舛ノ山堪えて左を上げ、上手を切ったが、突き放そうとして逆に押し返され、ここで攻めず引き落としにいき、突き放されて正面に後退、ここから突っ張って白房に攻め入ったが、千代の国は下がりながらもはね上げ、引き落としを見せながら左に飛び、舛ノ山が両腕を伸ばして追おうとすると、千代の国左足を西の徳俵に掛けて右から撥き、黒房に這わせた。千代の国右手着き不充分。
●翔天狼(押し出し)大喜鵬○

 翔天狼額で当たって右で肩を突きながら左おっつけ、大喜鵬頭を下げて当たり、左右から挟みつけるような恰好から引いて右に逃げ、右後ろ褌を狙うが動きが鈍い。翔天狼も右で大きく張るが、腕が当たるなどあまりにも雑。大喜鵬僅かに左を手繰るように左を開き、向正面で慌てて向き直る翔天狼を白房に押し出した。
○旭秀鵬(下手投げ)臥牙丸●

 旭秀鵬先に立って両差しを狙うと、臥牙丸立ち遅れて頭で当たるだけ。旭秀鵬左を入れて下手を引き、右でおっつけ、一瞬右を巻き替えんとして臥牙丸がこれを阻むと旭秀鵬右上手を取る。臥牙丸は左下手を取るが右腕は使えない。旭秀鵬やおら引きつけて寄ると見せ、右を開いて左下手投げで赤房に投げ捨てた。旭秀鵬右をおろさず。
●千代鳳(突き出し)豊響○

 豊響自分の呼吸で立ち、額で当たろうとしながら両手突き、右喉輪で押し、千代鳳が頭を上げずに左右ではね上げんとすると豊響猛然と突っ張って赤房に突き出し快勝。千代鳳右の手着きなし。

前頁へ 前画面に戻る 次頁へ