大相撲の本拠地なり

国 技 館

附・地方本場所会場

 昭和60年 1月場所から東京場所の会場となっている、東京は墨田区両国の、国技館。青銅色した角切り大屋根が鎮座ましますその上は、かつては広い広い空だった。 それが今や摩天楼が四囲に迫り、はるかかなたには東京スカイツリー。四半世紀の時の流れとは恐ろしいものである。 しかし時が流れても、この項は実に10年ほど改訂しておらず、観戦記を独立させた 5年前が最近の大改変で、 定期的に新しくなっているのは優勝額の写真だけ。これはさすがにまずかろうと、開館25年を勝手に記念して、 今年平成22年10月、写真集を大幅に改訂することにした。

 また、平成27年に 7月名古屋場所に赴いたことでようやく全 6場所行けたので、地方本場所略史と会場の簡単な紹介も行ってみる。こちらは27年12月現在の内容ということになる。

国技館おおよそご案内
あくまで「おおよそ」の写真
大鉄傘徒然なるままに
優勝額写真をかき集めたもの
大阪名古屋福岡
地方の熱気を収める器の数々

 国技館の入場料金は一応以下のようになっている。地方場所の入場料金も下記に近いが、席種の変動が意外に激しい。
   砂かぶり …14,800円、桟敷A  …11,700円
   桟敷B  …10,600円、桟敷C  … 9,500円
   椅子席A … 8,500円、椅子席B … 5,100円
   椅子席C … 3,800円、自由席大人… 2,200円
              自由席小人…  200円
筆者の初訪問日:平成 9年 1月13日
前画面に戻る