神気ここに鍾まれり

雷電生家


 力士雷電之碑からさらに北に歩くこと10分ほど、案内の標柱が何本かあるので、案外分かりやすい。実るほど頭を垂れる稲穂の向こうのまた向こう、 雷電の生家が建っている。雷電の生まれは明和 4年(1767)なのでだいたい250年前、それにしてはやけに綺麗…というのは寝ぼけすぎ。

 この生家は昭和59年に復元が成ったもの、12月 1日に落成式が行われた。もとは現在地より少し西にあったそうで、 2階に寄附者一覧が掲げられているが、 投じられた費用はおよそ2,500万円、そのうち当時の東部町の助成金が600万円、残りが寄附金だそうである。

 「だいたい250年前」と書いたが、この建物については実はあまり意味のない数字、雷電は寛政10年(1798)に50両で改築しているので、 そこから数えるのが正しく、屋内にある由来書にも「雷電が建てた生家も一八三年の歳月に老朽化したゝめ」とある。養蚕場として使われたのち、物置のようになって朽ちなんとしていたそうだ。

 完成時に東部町に土地建物が寄附されたので、現在雷電生家は市有ということになる。木戸をガラガラと開くと、目の前にはさっそく土俵が現れる。 雷電は時として弟子を連れ、ここに泊まって稽古もしたのだという。そういえば屋外に「雷電の鋤石」というものが置いてあった。 鋤の先に吊るして歩いたというのだが、どれほどの重さかは分からねど、鋤の柄が大丈夫なのかが気になる。
筆者の訪問日:平成27年 9月15日・この文もその当時の資料によっている。
次頁へ  前画面に戻る