関一族の精霊苑

力士雷電の墓


 雷電の墓は全国に 4つあるが、筆者が訪ねるのはこれで 2つ目、雷電生家からは西に位置する。例によって案内の標柱を頼りに歩けば、すぐに着く。

 石垣で囲まれ、大から小までいくつも墓がある。雷電の墓は、左上写真でいうと右奥の少し高くしてあるところ。

 階段を上って左手、並んだ大中小の墓のうち、雷電本人の墓は、いうなれば「中」ということになろうか。棹石正面に「雷声院釈関高為輪信士」、 右側面に「文政八乙酉年二月十一日」、左側面には「雲州 雷電 関為右衛門 行年五十九歳」とある。風化が進んで随分丸くなっていて、力士雷電之碑のように削られたと言われても疑われないような状態になっている。

 「全国に 4つ」と書いたが、雷電単独の墓というのはここだけである。ここの雷電の墓は平成 3年11月に再整備されていて、今あるように高くなったのもその時からという。 ここには遺髪が埋められたという話なのだが、整備の際には何も出てこなかったとのこと。まさか単純に髪に土をかけて埋めたということはないと思うが…

 墓の台石には、雷電手形のレリーフがある。友人蜀山人の賛「百里へもおとろかすへき雷電の手形をもつて通る関とり」が添えられ、 少なくとも10枚ほどは現存しているという有名なものだ。

 この台石、雷電の墓のほかに、「小」の墓ものせている。それは次のページで。
筆者の訪問日:平成27年 9月15日・この文もその当時の資料によっている。
次頁へ  前画面に戻る