上方力士が多数眠る

鳥 辺 山 他


 本日のヤマである。ここにごっそり力士墓が存在する。それも新旧取り混ぜて。 歩いた順通りではないが、見た墓は漏れなく紹介する。

 まずは小柳常吉墓。小柳もやっぱり幾人かいる。横綱免許を貰った阿武松、ペリーの前に出た肥満の小柳…。 ここでの小柳は、明治10年に京都大関となった小柳である。32年の没。かなり大きく立派な墓である。 その右の写真は大纒の墓。大纒といっても、有名なのは浅草の蕎麦屋の息子で、子供土俵入りをやり、 明治になって東京相撲の関脇として人気を得ていた大纒長吉だが、この大纒は、大纒市弥といい、二代に亙る。 先代は京都相撲の上取力士で、文政13年(1830)に小結となった。江戸でも文政 3〜 4年に三段目〜二段目で取った。天保 9年(1838)の没。 二代目は、嘉永 5年(1852)に京都上取となり、その後京都相撲の頭取、明治23年に亡くなっている。

 「釋淨誓」と書いてあるのは、楯岩又吉という力士の墓で、これは大坂・京都で上取となり、江戸では寛政11年(1799)二段目に名を出した力士。 200年も経っているだけに、墓の傷みも相当なものである。その右写真、これは13代木村玉之助の墓。つまり最後の玉之助で、オーバーアクションと、 独特の掛け声で有名な名行司である。特に、両力士のど真ん中に割って入る合わせ方は、その後24代伊之助にしか見られない。 亡くなったのは昭和41年10月20日であるが、墓そのものは昭和15年 3月のもので、玉之助襲名の直前である。だから「木村玉二郎事」と彫られている。 本名は「きよみず」と読む。清水焼の窯元の家系の出である。

 まだまだある。 1ページでは収まらない。


筆者の訪問日:平成12年10月17日・この文もその当時の資料によっている。
次頁へ  前画面に戻る