アンモナイトで目が廻る

三笠市立博物館


 三笠は北海道で最初に炭鉱が開かれたところ。そして昭和51年に恐竜化石が出てきたところ。肉食恐竜エゾミカサリュウの化石は天然記念物である。 このあたり、アンモナイトも出る出る出る。「ミカサイテス オルビキュラティス」というトゲトゲのアンモナイトも出ている。

 そして北海道で最初に大関を出したところ。しかも身長たったの170cm弱。明治30年、三笠は幌内の産。 45年に太刀山門下に入門…このときで身長160cm、太刀山も渋々許したほどの小粒で、期待をかける者も稀だった。

 さらに加えて、同門には鞍ヶ嶽という大物がいたし、太刀ノ海もいた。誰もが期待したのは鞍ヶ嶽だった。 ところがこの二者は平幕どまり。太刀光の大関は誰も夢想だにしなかった。大正10年 1月の入幕、突き押しあり、二本差しての寄りもあり、 足も利くし、腰に弾力もあったという体質を生かした辛辣な相撲で、出羽の横綱を向こうにまわして善戦を見せた。 太刀山最後の相手となった大錦を11年 5月の楽日に倒した大金星(このとき前頭筆頭)は師匠を感激させ、 また大錦最後の相撲となった点でも因縁めいたものがあった。

 昭和54年にできたこの博物館は 5つの展示室に大別されている。そのうち「郷土出身者の足跡」は展示室 4となっていて、 2階にある。 太刀光のほかには新劇女優の岸輝子(劇作家ベルトルト・ブレヒトの紹介に努めた千田是也の妻)、内科医の黒川利雄(胃がんのX線による診断の基礎を築く)、産婦人科医の森山豊(母子保健の権威者)の記念室が設けられているが、 太刀光の展示は部屋ではなく、廊下の突き当たりの一コーナーである。資料が少ないということもあるのだろうが、ひとり目立つという見方もできる。


筆者の訪問日:平成18年 9月21日・この文もその当時の資料によっている。
次頁へ  前画面に戻る