ふるさと布津部の記念館

双葉の里


 今なお「横綱の中の横綱」として語り継がれる、大横綱双葉山。その顕彰事業が始まったのは平成元年のことだった。 双葉山の銅像を建立した目的にも「顕彰事業推進を祈念し」とある。そして平成11年、遂に記念館「双葉の里」として結実したのである。

 館内は大雑把に分けて左半分が資料展示室で、右半分は売店ということになる。その資料であるが、いかに地元といえども、そうそう簡単には集まらなかったとのことである。 なにしろ相撲協会は東京にある。双葉山といえば力士としても親方としてもそのトップに立ち、トップのまま亡くなった人だ。果然、その資料や遺品は東京に集中して残っている。 しかし、地元というのはありがたいもので、縁のある人々からの寄贈品が集まった。平成14年に亡くなったが、大蒐集家として知られた景山忠弘氏のコレクションも一部が贈られた。 個人的に双葉山の大ファンだった池田陽子氏のコレクションも寄贈された。時津風部屋にあった遺品も豊山の時津風前理事長によって贈られた。 これによってかなりの充実をみることとなったのである。

 資料展示室のど真ん中にあの銅像の原型が聳え立ち、数こそ多くはないが貴重な貴重な資料が並んでいる。 双葉山は12回優勝しているが、当時贈られていた毎日新聞社の優勝盾は、 4つしか現存しないという。 そのうちの 1つ(昭和18年 1月の分)がここにある。12年 5月に優勝して高島屋から贈られた化粧廻しは、双葉山が天津小学校に贈ったもので、 化粧廻しの大部分が大戦で烏有に帰してしまった(横綱昇進後の三つ揃いは 1組しか残っていないといわれているのだから)現在では極めて貴重な品物である。

 「お茶はいかがですか?」と声がかかる。ここではお茶や漬物が無料でいただけて、ゆっくりくつろげる。 お茶も人々も、あったかい。


筆者の訪問日:平成18年11月16日・この文もその当時の資料によっている。
次頁へ  前画面に戻る