大横綱も名士に伍して

酒門共有墓地


 かの水戸光圀公が寛文 6年(1666) 4月に開設した水戸藩士の共同墓地である。それから300年余り経った今、「酒門共有墓地案内図」を見てみれば、名士の墓があちらこちらに存在することがよくわかる。 なんでも、この水戸の地では神社を僧侶が意のままにし、神社に仏が祀られていても不思議がる者がないという状態だったとかで、光圀公がそれを歎いて社寺改革を行ったのだとか。

 ここに明治の大横綱常陸山の本墓がある。番号は「5-023」、鉤形の区画で、たくさん墓が並んでいるが、常陸山のそれは、真っ直ぐ進んだ突き当たりにある。 「市毛谷右衛門墓」と書かれた130cmほどの自然石の墓で、背面には略歴が刻まれている。撰文は、親友であり、名高い文学博士の黒板勝美である。

 そのすぐ左は「市毛知可子之墓」である。常陸山の 2番目の妻お千嘉で、明治37年に結婚した。もともとは柳橋の芸妓である。 あまりにも常陸山が派手好きで借金だらけのため、39年に相撲茶屋の高砂家を買い取って財源とし、 政財界や花柳界を得意先にして縦横無尽の働きをし、大横綱常陸山を真の名士たらしめたが、44年 4月 6日、浅蜊の毒に中って僅か32歳で亡くなった。 翌年 6月に常陸山が迎えた 3番目の妻が、お千嘉の実妹であるお信である。この頃の高砂家の売り上げたるや、 他の茶屋19軒分を合わせても及ばぬほどになっていたとの由。養子に迎えた小常陸の夫人とともに高砂家を切り盛りし、 昭和27年11月27日に亡くなっている。墓はお千嘉さんの隣、「市毛乃婦墓」である。
(以下次頁)
筆者の訪問日:平成19年 9月11日・この文もその当時の資料によっている。
次頁へ  前画面に戻る