古今冠絶の大力士

谷 風 墓


 仙台は霞ノ目に生まれた超の字がつく大力士、横綱免許大関谷風梶之助は、寛政 7年正月 9日、大流行した御猪狩風邪に斃れた。 随筆ではその墓所を東漸寺として紹介されることが多いが、かの寺は金子家の菩提寺ということで、谷風碑こそあれ、墓所ではない。 谷風本人は本当の地元に葬られたのである。

 現在、谷風墓は小公園となっている。その左側、階段 3段分の高さがある敷地のど真ん中に、たいそう立派な墓が 1基。 正確には谷風夫妻の墓である。正面中央には三つ扇の紋と「谷風梶之助源義則墓」とあり、これが谷風夫妻の戒名に挟まれている。 右が夫たる谷風で、「釈姓谷響了風正定位」、左は妻、「釈尼萩抽広野正定位」というのが戒名である。

 左右が谷風夫妻の墓誌とでもいうべきもの。右側面は谷風、「寛政七乙卯正月九日 金子与四郎 日本一天下開山最手横綱伝 父母 行年四十六歳卒」。 反対側が妻で、「文化六己巳歳七月初九日 東都御医官太田左全源資広三女也 同人妻俗名秀行年五十三歳卒」。 谷風の妻は、江戸の医者である太田資広の三女で、安永 7年(1778)に谷風と結婚したといわれている。 「父が日本一の医者だから、自分も日本一の男に嫁入りしたい」と願っていたのだとか。
(以下次頁)
筆者の訪問日:平成19年 9月13日・この文もその当時の資料によっている。
次頁へ  前画面に戻る