昭和 2年
◎昭和 2年 1月 優勝 横綱 宮城山 福松 10勝 1敗 1
 東西が合併して初の本場所。司家免許の横綱宮城山などが合流したが、 東京方と比較して実力は劣るとみられ、横綱宮城山も小結程度といわれていた。 場所の蓋が開いてみるや初日から優勝候補筆頭の常ノ花が吉野山の突っ張りに腰がぐらつき押し倒され、 3日目には清瀬川に上手投げを外掛けに返され、 5日目には吊りを内掛けに靠れ込まれて前半で 2勝 3敗の大不振。 西ノ海は中耳炎で途中休場。新大関能代潟は 8勝を挙げた。さて大阪より加入の横綱宮城山だが、 場所前の下馬評なんぞどこへやら、右差し寄り身の堅固さを充分発揮して全勝で進む。 7日目、名人大関大ノ里にストッパーの期待がかかったが、これまた右差しから押し出された。 8日目、相手はこの場所不振とはいえ第一人者の常ノ花。気合では負けない常ノ花は、 壮絶な突っ張り合いから突き倒して面目を施したが、宮城山は 9日目巨漢出羽ヶ嶽を渡し込み、 10日目、山錦が当たってくるところを変化して突き放しに破り優勝を決めた。 千秋楽も勝ち10勝 1敗。大阪方の総帥の意地を示した。 東西対抗は 111−89で東、非出羽軍が勝ち、旗手は清瀬川が務めた。
・優勝決定の一番 10日目 宮城山(突き放し)山錦
  8勝 1敗の横綱宮城山は押しの小結山錦を迎え、 山錦が両差しを狙って出てくるところ宮城山が左に変化しての叩き、 山錦が泳いで立ち直ろうとするところ一つ突き放して破り、専らの評判を覆す優勝を決めた。
・好勝負
 初日 吉野山(押し倒し)常ノ花

 吉野山が横綱の足ばかりやけに見つめて仕切っている。常ノ花は横綱になった時に司家で、吉田追風から口伝を受けている時こう言われた。 「相手が目を下の方につけている時は、足取りにくるのだ」と。常ノ花は思った。「こいつは俺の足を狙っているな」。 だが、その気構えで立った常ノ花に対し、吉野山が立ち合いから激しく突き立てると常ノ花の腰が大いにぐらつき、 西土俵に詰まった横綱を吉野山はなお突き立てて右喉輪で押し倒してしまった。常ノ花は「司家嘘を教えた」と思いながら、口惜しいやら可笑しいやらの不思議な思いを懐きつつ倒れた。 さらに、調子は悪くないはずの横綱はこれで躓いて崩れ序盤で 3敗した。
  8日目 常ノ花(突き倒し)宮城山
 東京方総帥の常ノ花が名誉を懸けて全勝の横綱宮城山に対した大一番。 支度部屋から殺気に充ち満ちていた。立ち合い常ノ花が突き立てると宮城山右差し左筈の形になって右から踏み込む。 常ノ花は左から烈しく体当たりして宮城山の右肩を突き上げて上体を起こし、 さらに常ノ花が突っ張って正面に追い込み、宮城山が逃げんとして崩れるところを突き倒した。 凄絶な大一番、常ノ花は面目を大いに施した。
○昭和 2年 3月 優勝 横綱 常ノ花 寛市 10勝 1敗 4
 大阪市天王寺区上本町で行われた。休場者の多い場所で、 土俵は 5日間終わって全勝は常ノ花、宮城山、常陸岩、小野川。 6日目、常ノ花と小野川の全勝対決があり、 常左差しで寄るを小野泉川から右四つ。小野が巻き替えるところ常左上手からの出し投げに切って落とした。 宮城山は 6日目大ノ里の押しに敗れてから 3連敗して脱落。 8日目常陸岩が清瀬川の打っ棄りに敗れ初黒星。 こうして10日目吉野山を外掛けに破った常ノ花が全勝を守り 4回目の優勝を決めたが、 千秋楽宮城山戦、右四つから突っ張り合い、再び右四つから常の上手からの出し投げでまた離れ、 常出るところ宮城土俵際で叩き込んで常の全勝は成らなかった。 東西対抗は85−97で西、出羽軍が勝ち、旗手は山錦であった。大怪我の太刀光が大関を陥落した。 逆に 9勝 2敗の常陸岩が大関に推薦された。
・優勝決定の一番 10日目 常ノ花(外掛け)吉野山
 常ノ花はここまで連勝を続けた。相手は前場所初日に敗れた吉野山。 常ノ花は得意の右四つに組み、寄り立てて左外掛けを決め、 4回目の優勝を決めた。
・好勝負
  6日目 常ノ花(出し投げ)小野川

 全勝対決とあって大いに盛り上がった。立ち合い常ノ花が左差しとなって右であてがっての寄り。 小野川は土俵際に詰まるも得意の泉川で防いで右四つ、小野川が左を巻き替えようとするところ常ノ花左からの上手出し投げを放って決めた。
 千秋楽 宮城山(叩き込み)常ノ花
 右四つから、常ノ花が嫌って突っ張り合いとなり、組み合って右四つに戻る。 常ノ花は左から出し投げを打ち、体が離れて常ノ花が突いて出るところ宮城山土俵際辛くも残して叩き込み。 宮城山は前場所のお返しとばかり常ノ花の全勝を阻止した。
○昭和 2年 5月 優勝 横綱 常ノ花 寛市 10勝 1敗 5
 場所前に元大関太刀光が引退。番附は 1月場所の成績で編成。土俵は東の 2横綱がいずれも途中休場。 新大関常陸岩は初日星甲の捻りに遭って黒星。優勝争いに絡んだのは常ノ花、小野川、雷ノ峰、荒熊などであったが、 常ノ花は第一人者の貫禄を存分に示し、 7日目小野川に吊り出されたのみの10勝 1敗で連続優勝を果たした。 東西対抗は86− 106で西、出羽軍が勝ち、雷ノ峰が旗手であった。小野川が大関に推された。
・優勝決定の一番 10日目 常ノ花(寄り倒し)錦城山
 互いに突っ張り合って常ノ花が左差しで寄ると錦城山は掬い投げを見せた。 これで常ノ花が泳ぎ、錦城山がそのまま引き落とすと常ノ花は土俵外に転げ落ちて錦城山に軍配が上がったが、 錦城山に踏み切りがあるとて物言いがつき取り直し、今度は常ノ花が右四つから寄り倒して快勝した。この時点では雷ノ峰も 1敗だったが千秋楽に敗れ、常ノ花の連覇が決まった。
・好勝負
 初日 星甲(捻り)常陸岩

 新大関常陸岩の一番相撲である。常陸岩が押して出ると星甲堪えて廻り込み、 なおも大関が押し立てると、星甲が右前褌を取って捻りを見舞った。これで常陸岩は引っ繰り返り、新大関の門出を飾れなかった。
  7日目 小野川(吊り出し)常ノ花
 突っ張り合いから小野川は喉輪攻めを見せて左四つ、右上手を引きつけて吊り身に攻め込んだ。 常ノ花は左外掛けでこれを防ごうとしたが、小野川はそのまま吊り出して勝ちっ放しの横綱に土をつけた。 好調の小野川は 1敗を守り、 9勝 2敗の成績で大関に推薦された。なおこの場所後に編
 10日目 常ノ花(寄り倒し)錦城山
 突っ張り合いから左四つ、常ノ花が寄ると錦城山は咄嗟に掬った。常ノ花は泳がされ、次いで錦城山が引き落とすと、 常ノ花は正面から土俵を飛び出していき、軍配は錦城山にあがったが、踏み越しがあったと常陸岩が物言いをつけ、 結局取り直しになった。再戦は常ノ花が右四つで寄り倒して勝った。
◎昭和 2年10月 優勝 横綱 常ノ花 寛市 10勝 1敗 6
  3月場所の成績で番附が作成され、京都市八坂神社前で行われた。 この場所も西の 2横綱が途中休場、さらに新大関の小野川も休場した。 優勝争いは全勝を続ける常ノ花と能代潟、常陸岩に絞られた。 8日目常陸岩が錦洋に突き出されて 1敗。 9日目には能代潟が常陸岩を出足で圧倒しようとしたものの小手投げに逆転されて黒星。 10日目、常ノ花が左四つの熱戦の末寄り立てておいての上手投げで能代に敗れた。 千秋楽、常陸は敗れ能代は勝った。しかし常ノ花は宮城山休場の不戦勝を得て能代と同星ながら上位者優勝制度により三連覇となった。 東西対抗は83−91で西、非出羽軍が勝ち、旗手は 9勝を挙げた阿久津川が務めた。 この場所は個人優勝も団体優勝も面白い争いになったが、天候不順に祟られたせいもあって客の入りが良くなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 常ノ花(不戦)宮城山
 宮城山休場による不戦勝で優勝が決まった。常ノ花は史上初の「不戦勝を含む優勝力士」となった。
・好勝負
  3日目 常陸岩(痛み分け)清瀬川
 千秋楽 清瀬川(叩き込み)常陸岩

 突き合いから常陸岩が左差しとなり寄り立てる。清瀬川は廻り込んで寄り返し左の外掛けで決めようとすると、 常陸岩はこれを左に打っ棄り、玉之助の軍配は常陸岩に上がったが、宮城山の物言いに協議をなすこと30分、 取り直しとなってこれを闘ううち、突然常陸岩が鼻から血を流し、分けられて千秋楽再戦となった。 千秋楽の取り直しは、清瀬川が肩透かしで常陸岩を泳がせて叩き込んだ。この千秋楽に取り直させる制度は大正12年 5月からの制度だが、 15年 1月に分けや預かりを廃して当日に取り直させるようになったことから運用されなくなったもので、 これがこの際に適用されたものであるが、3年 3月十枚目の古賀ノ浦−大嶋戦は 3日目に引き分けて 8日目に再戦と運用がすぐに狂い、 同場所の能代潟−玉錦戦は 6日目に引き分けて再戦がなく、 6年 5月 8日目の能代潟−天竜戦のときなどは両者たっての希望による10日目番外再戦であり(つまり10日目は別途本割を取っている)、早々と忘れられた制度になっていた。
  9日目 常陸岩(小手投げ)能代潟
 連戦連勝の大関能代潟、勢いに乗って大関常陸岩を迎え撃ち、 左を差して早い出足で勢いを駆って寄り立てたが土俵際で常陸岩の右小手投げに遭って逆転され黒星となった。
 10日目 能代潟(上手投げ)常ノ花
 能代得意の左四つから互いに寄り合う大熱戦となる。 能代得意だけに引きつけ勝って寄り立て、常ノ花が残すところを右上手投げに倒して快勝した。常ノ花に土。
前画面に戻る