昭和 3年
○昭和 3年 1月 優勝 大関 常陸岩 英太郎 10勝 1敗 1
 この場所からラジオ中継が開始された関係から仕切り制限時間が定められ、幕内は10分とされた。 常ノ花が神経痛で全休。久々に西ノ海が好調な土俵を見せて 1敗できたが、 9日目大ノ里との取り直しの相撲で突き出され左足首を負傷し休場。 かくて優勝争いは西13枚目の三杉礒が全勝、東大関の常陸岩が 1敗で千秋楽となった。 常陸岩は出足鋭く、吊りの威力を示して 6日目清瀬川の外掛けに仰天したのみ。 三杉礒は久々の大活躍、右四つの攻めが冴えた。千秋楽三杉礒が勝てば優勝であったが、 相手が新鋭の小結玉錦。一方常陸岩には宮城山。前日から玉錦の許には八百長依頼があったようだが、 玉錦は撥ねつけ、三杉礒の勝ちを焦った外掛けを堪えて大きく打っ棄り玉錦の勝ち。 常陸岩は右四つから寄り倒して宮城を破り三杉磯と相星の10勝 1敗。番附上位で常陸岩の初優勝は成った。 ところが常陸岩には10日目に西ノ海から受けた不戦勝があり、その価値問題で紛糾した。 前年10月から相手休場の場合は10日目および千秋楽の幕内のみ不戦勝制度を設け、 前場所も常ノ花に不戦勝があり、能代潟と相星だったがその時は特に騒ぎは持ち上がらなかった。 しかしこの場所は、三杉礒が最晩年37歳であることなどから同情者が多く一悶着あったが、結局三杉礒初優勝は見果てぬ夢となった。 東西対抗は85− 112で総帥の休場が響いた東、出羽軍が大敗。三杉礒は旗手に選ばれた。 7日目の新海戦で仕切り制限時間を 2分半オーバーした横綱西ノ海は、翌日協会から注意され、加えて協会は力士会の幹事を呼んで立ち合いの心得を指導した。
・優勝決定の一番 千秋楽 玉錦(打っ棄り)三杉礒
             常陸岩(寄り倒し)宮城山

 全勝の三杉礒には小結の玉錦が相手。三杉礒が立ち合い右に変わると玉錦つけ入って右差し、 三杉礒なお振りほどいて左四つに組むと玉錦は上手捻りを見せ、三杉礒は逆に下手から捻る。 数合あって三杉礒が黒柱に寄り立て、焦って鉄則違反の外掛け、玉錦は充分に余裕を残して左に打っ棄った。 他方、常陸岩は左四つから激しく寄り立て、右の外掛けから宮城山を寄り倒して上位者優勝を決めた。
・好勝負
  7日目 清瀬川(寄り切り)大ノ里

 大ノ里は右差し左筈狙い、清瀬川は左上手を引いて右を差そうとする。大ノ里右下手投げから出ると清瀬川寄り返し、 離れて突っ張り合いから大ノ里が引き落としを見せる激しい攻防ののち、清瀬川が右差しから鋭く寄り、左上手投げを打って寄り切った。
  9日目 大ノ里(突き出し)西ノ海
 久々に好調で僅か 1敗の横綱西ノ海は、 6日目より出場の大関大ノ里と対戦した。 突っ張り合いから大ノ里の押し、寄り、西ノ海は叩きや投げなどの攻防で激しく動き、四つに組むと動かずとうとう水入り。 水入り後も殆ど動かず取り直しとなった。一番後の取り直しは、烈しい突っ張り合いから大ノ里が勝って横綱を突き出した。 西ノ海は左足首を負傷、せっかくの好調場所を休場せねばならなくなった。
○昭和 3年 3月 優勝 大関 能代潟 錦作 10勝 1分 1
 名古屋市中区大池町での興行である。前場所の紛糾のため、不戦勝制度を毎日、全力士に適用することとした。 小野川が豊國と改めた。土俵は 7日間終わって全勝の常ノ花、 1分けの能代潟を追う 1敗が宮城山、清瀬川、男女ノ川。 8日目、常ノ花が右差しにこだわるあまり能代に片閂から極め倒され 1敗。 9日目宮城山は大ノ里の叩きで泳ぎ掬い投げに敗れその後全敗。 10日目男女ノ川と清瀬川が敗れ圏外へ。常ノ花もよく踏ん張ったが、能代が負けずそのまま10勝 1分で初優勝を果たした。 東西対抗は85−103で西、出羽軍が勝ち、旗手は新入幕の鏡岩がその栄誉を担った。
・優勝決定の一番 千秋楽 能代潟(寄り出し)白岩
 常ノ花が 1敗でこの相撲の結果を待ったが、能代潟は平幕相手に寄り出して完勝し、逃げ切った。
・好勝負
  8日目 幡瀬川(小股掬い)大ノ里

 大ノ里が突っ込むと幡瀬川は叩き、大ノ里が両差しに入るのを幡瀬川は突き放し、 すると大ノ里は右差しに作戦を変更し、一気に寄り立てると、幡瀬川は体を開いて得意の小股掬い。 鮮やかに決まった。左手で右足を取ったとする書があるが、これでは小股掬いにならぬ。正確にはどの手でどちらの足を取ったのであろうか。
  8日目 能代潟(極め倒し)常ノ花
 喧嘩四つで差し手争いとなり、常ノ花は右を差そうと焦るところ能代潟は誘い込んでこれを片閂に極め、そのまま強引に極め倒した。
△昭和 3年 5月 優勝 横綱 常ノ花 寛市 11勝 7
 西ノ海は前場所に続く全休で遂に場所後引退。常陸岩は 5日目より崩れ中耳炎のため 8日目から休場。 さらに 2日目から腸チフスのため休場していた桂川が 7日目に亡くなった。土俵は常ノ花の独り舞台で、 9日目豊國に突っ張り、相手が突き返すところを左差し右筈で押し出し、10日目星甲を猛烈な突っ張り合いから突き放して破り優勝を決め、 千秋楽は宮城山の踏み切りで全勝優勝を果たした。東西対抗は98− 113で西、出羽軍が勝って旗手は玉錦が務めた。
・優勝決定の一番 10日目 常ノ花(突き放し)星甲
 相手は平幕だが、常陸岩をも倒して 1敗の好調星甲である。 両者凄まじい突っ張り合いを演じ、結局横綱が勝って豪快に突き放し、全勝のまま優勝を決めた。
・好勝負
  4日目 大ノ里(素首落とし)清瀬川

 この 1年清瀬川に勝てない大ノ里、立つなり変わって叩いた。清瀬川は前にのめって落ちたが、 どさくさ紛れに右手を大ノ里の左足に掛けた。そのため大ノ里も仰向けに引っ繰り返り、軍配は大ノ里にあがったが、 成立こそしなかったものの控えの宮城山と錦洋から物言いをつけられた。
○昭和 3年10月 優勝 横綱 宮城山 福松  9勝 2敗 2
 番附は 5月のままとなった。東西合併以来、東京場所と地方場所で別々の番附を編成していたが、 こうすると東京で幕下の力士が地方では幕内に上がるという事態が起こるなど矛盾が避けられなくなった。 このため次場所からは東京と地方の成績を合算して東京、地方ともに同じ番附を使うこととした。 なお 4年 1月場所は経過措置のため前 3場所の成績を通算して編成することになる。広島市西練兵場での場所。 土俵では両横綱と能代潟が快調に勝っていった。常ノ花は 2日目吉野山の打っ棄りに苦杯を嘗めたが、 宮城山、能代潟が全勝を守る。そして 8日目、宮城山は常陸岩との寄り合いの末土俵際まで追いつめながら打っ棄られ土。 能代が浮上したが 9日目、10日目と連敗し、宮城山が 1敗を守ったため東横綱宮城山の優勝が決定した。 宮城山は千秋楽常ノ花に屈し両横綱と能代潟は 9勝 2敗。東西対抗は88− 106で西、出羽軍が勝って旗手は玉碇。
・優勝決定の一番 10日目 宮城山(寄り切り)外ヶ濱
             常ノ花(出し投げ)能代潟

 宮城山は好調、平幕で好調の外ヶ濱を難なく寄り切って 1敗を守り、 結びの横綱大関戦、右四つがっぷりの力相撲から常ノ花が左上手出し投げで勝って両者が 2敗となったことで宮城山の優勝が決定した。
・好勝負
  6日目 宮城山(寄り倒し)大ノ里

 大ノ里が右差し左筈で出ると、宮城山はこれを堪えて寄り返そうとしたが、大ノ里は素早く肩透かしを引いた。 宮城山はたまらず大きく泳いでしまい、行司木村庄之助は宮城山の掃き手と見て軍配を大ノ里にあげた。 物言いは東の控えの清瀬川、検査役の長い協議の結果は、掃き手を認めず取り直し。今度も大ノ里が同じ恰好で押そうとすると、 宮城山は右から引っ張り込むなり引いた。大ノ里は西に泳がされた。宮城山は左を覗かせて寄り倒した。 庄之助は当然進退伺を提出したが、検査役の中にも庄之助の軍配を是とする者があり、伺は却下された。 翌日も立行司の軍配に物言いがつき、玉之助(常陸岩−清瀬川)は差し違い、伊之助(能代潟−大ノ里)は軍配通りとなった。 玉之助に至っては 8日目(能代潟−玉錦)にも差し違い、 9日目から謹慎させられた。
  8日目 常陸岩(打っ棄り)宮城山
 全勝の宮城山は、さして好調とは言えない大関常陸岩に対し不得手の左差しから寄り合いの熱戦を展開、 宮城山が勝って追い詰めたが、常陸岩窮余の打っ棄りに名をなさしめ初黒星。
  8日目 豊國(寄り切り)常ノ花
 突き合いから差し手争い、豊國得意の左四つ右上手から、常ノ花の右巻き替えを許さず寄って出て、 常ノ花の逆転を狙った掛け投げを残して青柱に寄り切った。
 千秋楽 常ノ花(下手投げ)宮城山
 既に優勝を決めている宮城山は、右四つから巻き替えて二本差し。対して常ノ花も巻き替えて左四つ、 つけ入って宮城山が出るところ常ノ花の下手投げが決まり、両横綱ともに 9勝 2敗で場所を終えた。
前画面に戻る