昭和 4年
△昭和 4年 1月 優勝 関脇 玉錦 三右衛門 10勝 1敗 1
 前 3場所の成績を勘案して作られた番附で行われた本場所である。 両横綱ともに不調、宮城山が左腕を痛めて 5日目より、常ノ花が 7日目に右手首を痛め 9日目よりそれぞれ休場した。 土俵は西大関の豊國と東関脇玉錦の一騎討ちとなった。玉錦は 6日目錦洋に上手投げで逆転され 1敗。 豊國は 7日目に押しの名人芸を持つ玉碇にしてやられ 1敗。 9日目の直接対決、物言いの大相撲の末、小手投げで玉錦が 1敗を守った。 そうして千秋楽玉錦は劔岳を右四つから寄り倒し、初優勝を果たした。 東西対抗は 108−87で東、出羽軍が勝ち、個人優勝の玉錦が旗手も務めた。
・優勝決定の一番 千秋楽 玉錦(寄り倒し)劔岳
 玉錦は敗れると結果如何では豊國に優勝をさらわれる。さて玉錦は得意の右四つに組み、左上手を取るや寄り立てる。 劔岳は右下手投げや外掛けを見せて必死に抗うが、玉錦は防いで寄り倒し、 1敗を保って逃げ切った。
・好勝負
  3日目 吉野山(打っ棄り)常ノ花

 左四つ、常ノ花は不充分の四つながら一気に押し進む。 前年10月に右差し得意の体勢から打っ棄られた横綱は、不得手の四つということも考え合わせ、腰を十二分に落として追い詰めた。 しかししぶとさで名を馳せる吉野山も負けない。吉野山もウンとばかり西に堪えて、遂に左に打っ棄って横綱を連破した。
  5日目 玉錦(渡し込み)真鶴
 ガッキと右四つに組み、真鶴が左から攻めて玉錦の右を殺す。そのまま動かず水入り、再開後も揉み合うばかりで取り直しとなる。 今度は仕切り制限時間10分になっても両者立てず、真鶴が注意を受け、玉錦に軍配をあげようと行司が検査役と相談中に真鶴は退場してしまう。 思い直して再登場の真鶴は、立つなりいきなり叩きの奇襲攻撃をかけた。玉錦は虚を衝かれてのめったが、そのまま抱きついて渡し込み向正面に辛勝。 真鶴は明くる日師匠(大阪・二瀬川)と共に協会に赴き陳謝した。
  9日目 玉錦(小手投げ)豊國
 時間一杯になったが両者立たず、検査役の催促でやっと立つ。差し手争いから玉錦は左差し、 右で前褌を引いて豊國の左差しを殺しながら一気に寄り進み、豊國が土俵際で苦し紛れに左から掬ったが、 玉錦は小手投げを打って寄り倒した。能代潟から物言いつくも不成立で、玉錦がトップに立った。直後、能代潟が常陸岩を打っ棄ると、能代潟にあげられた軍配に玉錦が物言いをつけた(不成立)。
 10日目 玉錦(寄り倒し)清瀬川
 巡業中に喧嘩したという噂で注目された取組である。玉錦が右四つ充分から寄り立て、清瀬川が外掛けで堪えるが、 玉錦は両差しとなってなお進み、そのまま寄り倒した。この取組中に右目の上を負傷した清瀬川は、行司や検査役が勝負を分けなかったことを不服として引退届を提出したが、 慰留されて千秋楽も出場、そのまま現役を続行した。
○昭和 4年 3月 優勝 大関 豊國 福馬  9勝 2敗 1
 大阪市北区中之島で行われた。この場所も常ノ花全休、宮城山途中休場で横綱がいなくなった。 豊國と玉錦の争いで、そこに男女ノ川が割って入った。豊國は 4日目雷ノ峰に打っ棄られた。 玉錦は 6日間全勝したが 7日目大蛇山に敗れて 1敗。西 4枚目の男女ノ川は 2日目玉錦に掬い投げ、 6日目常陸岩に寄り倒しで敗れたが、大ノ里を押し切って大器の片鱗を見せる。 8日目 1敗の玉錦と豊國の激突は玉右前褌で一気に寄り倒し、玉が連覇へ前進した。 ところが翌日玉は途中休場再出場の能代に寄り倒されて 2敗。そして男女ノ川、玉錦ともに 2敗でこの場所を終え、 豊國敗れれば玉錦の連覇が成るところ、豊國は大ノ里を泉川で極め出して 9勝 2敗、玉錦らを押さえて初優勝。 東西対抗は 110−74で東、出羽軍が勝って、旗手は優勝同点の玉錦。
・優勝決定の一番 千秋楽 豊國(極め出し)大ノ里
 大ノ里は左を差そうとしたが、豊國は待っていたかのように泉川に撓め、そのまま圧倒。 玉錦・男女ノ川と同点ながら初優勝を飾った。
・好勝負
  2日目 玉錦(掬い投げ)男女ノ川

 新進力士男女ノ川の取組は常に注目を浴びた。玉錦には、前場所寄られたところで小手投げを打って破滅した。 この場所の男女ノ川は猛突っ張りで出た。玉錦はこれを捌いて左四つ、一気に寄り返した。 男女ノ川はここでまた前場所同様に右小手投げ、力を伸ばした男女ノ川の小手投げは効き、玉錦は大いに傾いたが、よく堪え掬い投げに返して勝った。
  4日目 男女ノ川(突き出し)出羽ヶ嶽
 巨人同士、長らく待たれた一戦だったが、出羽ヶ嶽が不元気で味気なかった。 突っ張り合い、押し合いから男女ノ川が右筈左おっつけから攻め込んで突き飛ばしてしまったのである。全くもって一方的な展開だった。
  5日目 男女ノ川(押し切り)大ノ里
 名人大ノ里は両筈押しの戦法、しかし男女ノ川は右からエイと引っ張り込み、左から攻めて割り出し気味に押し切って完勝、 大器の名を不動のものとした。
  8日目 玉錦(寄り倒し)豊國
 前場所に続いて優勝に大きく絡む大一番となった。豊國はこの場所も左を差して出ようとしたが、 玉錦もこれまた前場所同様に右前褌を取って一気に進み、寄り倒して完勝、玉錦の連覇はほぼ確実と思われた。
  9日目 能代潟(寄り倒し)玉錦
 能代潟は 2日目から休み、 7日目から再登場した。さて玉錦は意外にも立ち合い去なし、右を差した。 ところが能代潟は、これを左からおっつけ逆に寄り立て、左前褌を取るや頭もつけ、玉錦の外掛けに構わず寄り倒してしまった。 だから相撲は取ってみないと分からない。玉錦は予想外の敗北で 2敗、結果的にこの負けが大きく響いた。
△昭和 4年 5月 優勝 横綱 常ノ花 寛市 10勝 1敗 8
 活躍力士が東に偏った。西は能代潟の 8勝 3敗があるのみ。 1勝10敗が 3人、 2勝 9敗が 2人もいてはかなわず、東西対抗も西軍惨敗に終わった。東は横綱常ノ花が優勝、 5日目真鶴との水入り相撲で寄り切られたのみ、強豪を次々と破った。大関常陸岩 8勝 3敗。 7連勝したが 3連敗は惜しまれる。関脇玉錦 9勝 2敗。こちらは 8連勝した。小結若葉山 9勝 2敗。 老巧押しが冴えた。 7枚目和歌嶋 9勝 2敗。 8枚目新入幕の武藏山 9勝 2敗。 こうも偏っては東西対抗の興味も薄れ、 135−74、その差なんと61点で東軍の圧勝、旗手は 3場所連続で玉錦。
・優勝決定の一番 10日目 常ノ花(叩き込み)豊國
 両者壮烈な突っ張り合いから、常ノ花が機を見て左に動き叩き込んで見事に豊國を沈めた。 翌日、玉錦が負けたところで常ノ花の優勝が決定。
・好勝負
  3日目 朝潮(押し切り)出羽ヶ嶽

 男女ノ川はこの場所より朝潮を名乗った。巨人同士の一戦は東京初登場である。 しかし前場所と同じ一方的な朝潮の勝ち相撲となった。朝潮が激しく出ると出羽ヶ嶽は上突っ張りで応戦したが、 朝潮は右喉輪から両筈で赤柱に堂々押し切った。
  5日目 真鶴(寄り切り)常ノ花
 右四つ、真鶴が頭をつけて喰い下がりの構えを取ったため、常ノ花は動けない。 真鶴も動かず、水入り。再開後、両者寄り合いを見せ、真鶴が寄り立てる。常ノ花は右から下手出し投げを打って反撃しようとしたが、 誤って左足が土俵を割り黒星をつけられた。
  7日目 常ノ花(押し倒し)朝潮
 好調同士、第一人者の常ノ花に新進の朝潮が挑む。 1月は常ノ花不調だったが一方的に突き放して朝潮に勝っている。 この場所も突っ張り合いとなり、激しい競り合いから常ノ花が蹴手繰りの奇襲を敢行、 これが図に当たって朝潮が大いによろけるところ、常ノ花は頭から激しいぶちかましをくれた。これで朝潮は押し倒されてまたも完敗、 いかに朝潮が力をつけたとはいえ、大元気の横綱には子供扱いされて終わった。
  8日目 朝潮(小手投げ)天竜
 大物同士の期待の一番。突っ張り合いから天竜が左前褌を取り、さらに両差しとなった。 しかし朝潮は閂に極めて前に出、土俵際で右から小手投げ、天竜が左下手投げを打てば両者ほぼ同時に落ちた。 軍配は天竜、清瀬川から物言いがつき、結果は行司の差し違いで朝潮の小手投げの勝ちとなった。
  8日目 能代潟(寄り倒し)常陸岩
 左四つがっぷりの力相撲、能代潟が上手捻りを見せるが常陸岩堪え、 常陸岩が向正面に寄り身を見せると能代潟は外掛け、常陸岩残し再度の寄り。そして常陸岩は止めの上手投げを打った。 しかし能代潟も負けじと下手投げを打ち返して同体に倒れ、軍配は常陸岩に上がって物言い取り直し。 再開後も左四つがっぷりの大相撲、常陸岩が外掛けで崩して寄り立てると、能代潟はよく堪え、常陸岩が下手投げを打つのにつけ入って逆襲し寄り倒した。
  9日目 朝潮(小手投げ)玉錦
 朝潮が喉輪で攻勢に出ると玉錦は飛び込んで左差し、右からおっつけて寄り立てたが、 朝潮は土俵際でまたも小手投げ、これが決まってしまい玉錦の全勝は潰えた。
 10日目 武藏山(寄り出し)朝潮
 満天下の好角家が大いに期待した待望の初顔合わせである。武藏山が飛び込んで右差し一気に寄り立てると、 朝潮は土俵際で堪えて常套の右小手投げを打つ。武藏山は傾いたが、よく堪えて掬い投げから体を寄せると、朝潮は先に土俵を割って手を着いた。 物言いはついたものの成立しなかった。
×昭和 4年 9月 優勝 横綱 常ノ花 寛市  8勝 3敗 9
 名古屋市大池町で行われた。優勝争いは低調を極め、 1敗の宮城山・豊國が終盤に 2連敗し、 常ノ花が10日目の自分の相撲の前に優勝を決めていたが、その常ノ花も10日目から連敗という締まらない終盤であった。 東西対抗は西軍が奮起したか79− 111で大勝。旗手は前場所男女ノ川から改めた朝潮が務めた。 3敗もした力士に賜盃を渡すのはあまりに不敬であると、この場所後に優勝者が 3敗した場合は賜盃を渡さないことが決められた。 そのお蔭もあったのか、戦前戦中には、15日制になっても 3敗以上の優勝はなかった。
・優勝決定の一番  9日目 常ノ花(突き倒し)能代潟
 常ノ花が激しく突っ張り、そのまま突き倒して苦手を圧倒した。常ノ花は翌日幡瀬川の敗戦で優勝を決めた。
・好勝負
  6日目 朝潮(寄り切り)武藏山

 左四つ、朝潮は自分有利の組み手から割り出しにいき、武藏山は残して下手投げから寄る。 朝潮は土俵際で残して右突き落とし、これが効いて武藏山がぐらつくところ、すかさず左から掬って寄り切った。
前画面に戻る