昭和 5年
◎昭和 5年 1月 優勝 大関 豊國 福馬  9勝 2敗 2
 常ノ花が 6日間全勝で優勝の色濃くなったと思いきや 7日目より思わぬ崩れで 3敗した。 好調は豊國・玉錦・朝潮・武藏山。 8日間終わってこのうち 1敗は豊國、他 3力士は 2敗。 9日目の土俵、豊國は玉錦と対戦したが敗れ 2敗。しかし番附上位で依然優勝争いの先頭を行く。 そしてそのまま千秋楽に雪崩れ込んだ。千秋楽は期待の大器、武藏山−朝潮の取組があり、18年ぶりの満員札止めを記録。 長らく続いた相撲不人気に終止符が打たれた日であった。優勝争いは豊國勝って 9勝 2敗、同星の玉錦・武藏山を後目に 2回目の優勝を飾ったが、 2敗したこともあり、横綱の声は掛からなかった。東西対抗は 127−82で東、出羽軍が勝ち、旗手はまたも玉錦であった。
・優勝決定の一番 千秋楽 豊國(吊り出し)信夫山
 千秋楽になってなぜか相手が 4枚目の信夫山であるが、信夫山も能代潟を破って調子は良かった。 しかし豊國は相手にせず一蹴して優勝したが、 2敗は 3人もおり、戦後の感覚でいけば決定戦で盛り上げよう、ということになるのだろう。
・好勝負
  2日目 和歌嶋(高無双)宮城山

 宮城山が鋭く出るを和歌嶋は左へ動いて引っ掛け、宮城山残して右を差すところ、 和歌嶋はそれを取ってとったりを引く。宮城山が残すと和歌嶋は土俵際で外無双を強襲、 宮城山がなお残して左後ろ立て褌を取って出し投げに倒そうとするところ、和歌嶋はさらに高無双を切って横綱を倒した。
  4日目 朝潮(押し倒し)玉錦
 当たり合って左四つ、玉錦が出ようとしたが朝潮はちっとも動かない。 逆に朝潮は右で巻き込み、左筈で寄り立て、玉錦が寄り返すところ朝潮は捻りで崩し、左筈で東に押し倒してしまった。 朝潮が地力をつけたところを示した。
  7日目 宮城山(叩き込み)玉錦
 右四つから宮城山が両差しとなり寄り立てる。玉錦は堪えて小手投げ、 これで離れ、玉錦が右差しに飛び込もうとする端、宮城山は左に開いて思い切り叩けば、玉錦は土俵に這ってしまい 2敗目となった。
  7日目 豊國(寄り倒し)常ノ花
 常ノ花は全勝である。さて常ノ花、左から入って両差し一気に攻め立てた。 対して豊國は土俵際で閂に極め、体を入れ替え逆に寄り立て寄り倒してしまった。これで両者とも 1敗となった。
  9日目 玉錦(寄り切り)豊國
 玉錦が鋭く出て左差し、右上手を引いて寄り進み、豊國の掬い投げに構わず寄り切って圧勝。 豊國はこれで 2敗、横綱の声も掛かった豊國だが、この負けで機運は萎んでしまった。
  9日目 朝潮(叩き込み)常ノ花
 激しく突っ張り合い、常ノ花が突き勝って追い詰め、朝潮の喉輪の反撃に対して常ノ花は叩こうとした。 しかしここで足が滑った常ノ花は、逆に叩かれて 2敗となってしまった。常ノ花は翌日能代潟にも完敗してしまった。
 千秋楽 武藏山(切り返し)朝潮
 ファン待望の顔合わせは 3戦目、千秋楽はこの取組のお蔭で観衆が殺到、18年振りの札止めとなり、鉄傘の支柱に鈴なりとなっていた。 この相撲はいつになく武藏山が土俵際まで下がって仕切り、左足は俵に近かった。 武藏山の矢声で立ち、武藏山が両筈で西に突き進んだが、朝潮も押し返して左四つとなる。 武藏山はさらに機先を制せんと上手投げを連発、朝潮はこれを残して逆に西に迫る。 武藏山は土俵際必死に廻り込んで右から搦み投げを見せ両者離れ、武藏山再度飛び込んで左差し。 朝潮は右から巻き込んで寄ったが、武藏山は右筈で押し返し、朝潮が 2回に亙って小手投げを打って防ぐと、 武藏山の左足は大いに上がったが、左から掬って体を預けると、朝潮は左膝から土俵に崩れ、大熱戦は幕を下ろした。 なお、観戦記によっては前半部の武藏山の攻めを「右四つ下手投げ」としているものもあれば、「左四つ上手投げ」とするものもある。 武藏山は常に攻め立てて大豪朝潮を屠った。一方の朝潮は「ついに龍の腮の珠は獲り得ずして涙を呑」(木村旭東の観戦記)んだ。
△昭和 5年 3月 優勝 横綱 常ノ花 寛市 10勝 1敗 10
 大阪市中之島での興行。宮城山が 4勝 7敗という不様な星。 前場所崩れた常ノ花は好調で 7日間連勝したが、 8日目能代潟との相撲で持久戦に耐えられず敗れた。 しかし崩れず 9日目朝潮をぶちかましから一気に突き出し、千秋楽不振の宮城山を吊り出して優勝を飾った。 東筆頭の天竜も10勝 1敗であった。またこの場所 8勝 3敗の玉錦が待望の大関に推された。 東西対抗は 134−81で東が勝って、旗手は天竜。団体戦は 9日目で勝負がついてしまう有様で、面白くなかった。能代潟が大関を陥落。
・優勝決定の一番 千秋楽 常ノ花(吊り出し)宮城山
 右四つから宮城山が両差しとなったが、常ノ花は上手を取って西に寄り、そのまま吊り出して決めた。
・好勝負
  8日目 能代潟(寄り切り)常ノ花

 突っ張り合いから右四つ、常ノ花が上手投げを打つと能代潟は外掛け、 さらに両者寄り合ってから水が入った。再開後、能代潟は動かず、痺れを切らした常ノ花は上手投げを連発した。 しかし却って横綱の体は浮き、つけ入って能代潟は一気に寄り切った。
○昭和 5年 5月 優勝 前5 山錦 善治郎 11勝 1
 新大関の玉錦が非出羽軍に廻され、若葉山・清水川・鏡岩も西へ移動したため、 東はほぼ出羽ノ海部屋の力士で占められた。優勝争いは全勝の山錦を 1敗で宮城山・大ノ里・豊國・玉錦で追い駈ける展開となった。 横綱常ノ花は 4連勝の後 5日目能代潟に敗れ、 7日目豊國に敗れるに及び戦意を喪い、 9日目に突如引退を表明した。 宮城山は 7日目から 4連敗して脱落。玉錦も 8日目この場所元気な大ノ里に浴びせ倒されて後退した。 豊國もまた 9日目大ノ里の前に屈し千秋楽も敗れた。 1敗力士はこの通りだが山錦は無人の野を征くが如く、 その押しの威力を余す所なく発揮して千秋楽も勝ち11戦全勝で初優勝した。 東西対抗だが、この場所は凄い戦いとなった。結びの一番、崩れて負け越し寸前の宮城山と、 今場所好調で 1敗の大ノ里との対戦。しかし西軍のために必死の宮城山が意地ずくで勝ち、これで 100− 100の同点。 優勝旗は協会預かりとなった。この場所から勝負検査役が土俵から下りた。
・優勝決定の一番 千秋楽 山錦(押し切り)劔岳
 山錦の出足は鋭く、左喉輪右おっつけで一気に出て押し切った。
・好勝負
  8日目 大ノ里(浴びせ倒し)玉錦

 大ノ里は 1敗で久々に好調であった。玉錦は新大関で同じく 1敗。 玉錦が右差しに出ると大ノ里はとったりの奇襲、玉錦は残して右四つとした。しかし大ノ里は玉錦の右腰につき、 右下手投げを打って両差し、玉錦が右で首を巻いて捨て鉢の首櫓を見せると、大ノ里は堪え鋭く寄り、打っ棄りに構わず浴びせ倒した。 玉錦はいかにも悔しそうに引き揚げていった。
  8日目 朝潮(押し切り)常ノ花
 常ノ花は前日豊國の小手投げに呆気なく這いつくばり気力を喪っている。 取り敢えず慰留されて土俵に上がり、突っ張り合いに応じたが、結局突き負ける。 朝潮は右喉輪左筈で攻め立て、常ノ花が右を差すと朝潮は小手投げに振り、押し切った。 やはり気力が沸かない常ノ花はこの相撲を最後に引退した。
 千秋楽 宮城山(突き倒し)大ノ里
 大ノ里は 1敗である。他方、宮城山は後半俄かに崩れ五分の星。 しかし宮城山には負けられぬ訳があった。西総帥の宮城山が負けると対抗戦は 2点差で東が勝ってしまう。 宮城山は必死だった。立ち合いから激しく出て猛突っ張り、大ノ里は再三に亙って去なしたが、 宮城山は徹底して突っ張り、大ノ里がなおも手繰るところ、宮城山の突きが入って突き倒し、 宮城山勝って東西対抗は同点、優勝旗預かりとなった。
○昭和 5年10月 優勝 大関 玉錦 三右衛門  9勝 2敗 2
 福岡市須崎裏での本場所。大関豊國が 4日目から休場し、場所後に引退した。 また宮城山は盲腸炎のため途中 5日間を休んだ。優勝争いは、 6日間を終わった時点で関脇能代潟と小結武藏山、筆頭の朝潮が全勝、 1敗は清水川のみ、玉錦ら 6人が 2敗という混乱ぶり。 7日目、武藏山・朝潮に土。 9日目には能代潟が初黒星。全勝がなくなり、 1敗に能代潟・武藏山・朝潮・清水川、 2敗は玉錦のみという展開に変わった。 10日目、清水川が伝家の宝刀左上手投げにいったが新海の下手投げに敗れて 2敗。 玉錦−武藏山は右四つから玉錦左からの逆捻りに武藏を破った。 こうして千秋楽朝潮が唯一 1敗で優勝を目指し武藏山に対したが、寄り倒されて完敗。 玉錦が大ノ里と対し、大ノの去なしを残して寄り切り、 2回目の優勝をものにした。 東西対抗は92−94で西、非出羽軍が勝って、旗手は優勝目前までいった朝潮が務めた。
・優勝決定の一番 千秋楽 武藏山(寄り倒し)朝潮
             玉錦(寄り切り)大ノ里

 朝潮は 1敗で武藏山との対戦。立って武藏山が突っ張るのを朝潮はよく堪えて右を差したが、 武藏山は左筈から押し進み、寄り倒した。こうして 1敗が消え、 2敗の玉錦が大ノ里を破れば優勝という展開となった。 敗れれば武藏山が優勝となる。玉錦の突っ込みを大ノ里は去なしたが、玉錦は残して右おっつけで攻め寄り切り、番附上位で優勝を決めた。
・好勝負
  7日目 能代潟(寄り倒し)武藏山

 全勝同士の一番、左四つとなり、武藏山が強引に上手投げを打ち続けたが、 無謀過ぎて腰が浮くところ、能代潟は体を預けて寄り倒した。
  9日目 大ノ里(下手投げ)能代潟
 大ノ里が左を差してから両差しとなり、能代潟の閂をよく堪えて右下手投げを決めた。 能代潟にも土がつき、全勝者がなくなった。
 10日目 玉錦(逆捻り)武藏山
  1敗の武藏山と 2敗の玉錦の一番は、優勝を左右する大一番。 武藏山は突進して右四つ、さらに突進しようとした端、玉錦は左上手から逆捻りの奇襲、武藏山は右膝を着いて呆気なく終わった。
前画面に戻る