昭和 6年
○昭和 6年 1月 優勝 大関 玉錦 三右衛門  9勝 2敗 3
 この場所より優勝掲額の除幕式が始まり、前の東京場所で優勝した山錦の額が披露された。 能代潟が大関に復活。宮城山がまたもや悲惨な姿で初日から 4連続金星配給。 5勝 6敗で引退した。 土俵は実力随一となった玉錦を中心として展開する。これに朝潮、天竜、そして東14枚目の鏡岩が絡んだ。 玉錦は 4日目藤ノ里に、朝潮は 5日目玉碇に、鏡岩は 3日目伊勢ノ濱に敗れそれぞれ 1敗、天竜は 4日目幡瀬川に、 8日目玉錦に敗れて 2敗であった。 その後 9日目に玉錦が常陸岩に取り直しで二本差しを許して寄り倒され、10日目には朝潮が武藏山に寄り倒され各々 2敗。 10日目鏡岩は常陸岩を寄り倒し、千秋楽勝てば優勝であったが叩き込まれ 2敗。 朝潮は同じ 2敗の天竜を破り玉錦の結果を待ったが、玉錦は武藏山を両差しから寄り出して逃げ切った。 東西対抗は 101− 113で西、出羽軍(この場所は西方幕内力士全員が出羽ノ海部屋力士)が勝ち、天竜が旗手を務めた。この場所は幡瀬川の名人振りも目立った。 なお、取組の始めと終わりに礼を交わすようになったのはこの場所からである。
・優勝決定の一番 千秋楽 玉錦(寄り出し)武藏山
 武藏山は思い切って体当たり、玉錦はこれを堪えて左を差し右おっつけで一気に寄り進んだ。 土俵際で武藏山が左に逃げて引き落とそうとするのを、玉錦はなお追って右おっつけから絞り出して両差し、寄り出して圧勝した。
・好勝負
 初日 幡瀬川(下手投げ)武藏山

 幡瀬川は猛烈に突っ張り、さらに機を見て飛び込み右前褌、出し投げに蹴返しを続け、左を差して喰い下がった。 武藏山は右上手一本取り、引き上げて上手櫓で振り廻すが、幡瀬川は崩れず逆に左下手投げを連発、遂に仕留めた。「神様」が頭角を現した最初の一番である。
  9日目 清水川(寄り出し)武藏山
 作家尾崎士郎が特に入れ込んだ清水川、その清水川が新進小結武藏山と対戦する。清水川も小結である。 尾崎士郎は黒柱側の桟敷から観戦していた。館内は武藏山への声援一色である。 立って左四つから武藏山が巻き替えて右四つ、清水川は深いながらも左上手を充分に取り、大得意の上手投げから東にグイグイ寄り立て、 崩れながらも抗う武藏山に対し再度上手投げを打って寄り出す圧勝である。周囲の落胆の中、独りで快哉を叫ぶ尾崎士郎、ますます清水川に惚れ込んでいった。
  9日目 常陸岩(寄り倒し)玉錦
 この直前の朝潮−信夫山も大物言いとなったが、これも大物言いとなった。 この両者には感情の行き違いがあり、常陸岩は特に闘志を燃やす。玉錦が頭を下げて突っ込むところ常陸岩は右へ開いて叩き、 玉錦が右を引いて右四つから常陸岩が巻き替えるところ、左四つから玉錦が吊り寄りで出る。常陸岩は土俵際で左に打っ棄り、軍配は常陸岩に上がった。 しかしここで東控えの横綱宮城山が物言いをつける。協議30分、取り直しと決したものの常陸岩は不服で引き揚げてしまった。 春日野(栃木山)の説得でやっと取り直しに応じた常陸岩は面倒とばかり体当たり、突き合い押し合いから右四つ、常陸岩が寄り立て、両差しとなり掬って激しく寄り倒した。
 10日目 武藏山(寄り倒し)朝潮
 突き合いから朝潮が左喉輪、武藏山は堪えて左をズブリ入れる。 左四つから朝潮が体力を利して左から起こし、寄り立てる。武藏山はこれも堪えて両差し、朝潮はここで辛抱なく左の小手投げ。 武藏山は容赦なく体を寄せ、右の腕を返して左で筈に当て、白柱で激しく寄り倒した。
 10日目 鏡岩(寄り倒し)常陸岩
 常陸岩は玉錦を倒し、またこの日は鏡岩を圧倒して関所番を果たそうというところであるが、逆に手玉に取られ惨敗してしまった。 右四つとなり、鏡岩が左前褌を取って上手捻り、常陸岩は辛くも残して揉み合いから寄り立て、さらに掬い投げを打った。 しかし鏡岩は残して頭をつけた。さらに鏡岩は巻き落としで崩し寄り立てた。常陸岩は土俵に詰まって打っ棄ろうとしたが、鏡岩はそのまま寄り倒した。 鏡岩は 1敗を守り、初優勝に大きく近づいた…。
 千秋楽 山錦(叩き込み)鏡岩
 いよいよ鏡岩は優勝を懸けて山錦に挑んだ。しかし鏡岩はあまりにも気負っていた。 鏡岩が低く突進してくるのを山錦も低く受け、さらに鏡岩が自慢の突進を見せるところ、山錦はサラリと左に動いて叩き込んだのである。 鏡岩は 2敗目、朝潮−天竜という 2敗同士の相撲があるため、優勝の可能性はなくなってしまった。
 千秋楽 朝潮(寄り出し)天竜
 朝潮は天竜の左を引っ張り込んで左四つとし、両廻しを引きつけて寄る。 天竜は右から首を巻いて首投げ、朝潮はその手に乗らず腰を落として左筈から寄り、右突き落として崩して寄り出した。 朝潮が 2敗を守り、玉錦の結果を待ったが、玉錦も勝ったため初優勝は成らなかった。
○昭和 6年 3月 優勝 大関 玉錦 三右衛門 10勝 1敗 4
 京都市東山三条で開かれた。この場所から横綱が不在となった。 土俵は 3日目山錦に寄り倒されて 1敗の玉錦と、一人全勝の武藏山の争いに絞られた。 そうして千秋楽、武藏山が全勝優勝を懸けて玉錦に挑んだ。 満場期待の大一番であったが、玉錦の圧勝で相撲は終わり、玉錦・武藏山とも10勝 1敗、 番附上位で玉錦逆転の 3連覇となったが、地方場所 2つがあって形式上の 3連覇であることもあり、横綱の声は聞かれなかった。 東西対抗は88− 112で西、出羽軍が勝って、旗手は武藏山が務めた。大関常陸岩が引退。
・優勝決定の一番 千秋楽 玉錦(寄り切り)武藏山
 武藏山は全勝優勝を目指す。京都のファンは期待を大きく膨らませて土俵を見守った。 立ち合いから武藏山は満々たる気合を込めて雄々しく突っ張った。しかし玉錦も勝負には辛い。かいくぐって右を入れるや左からおっつけて一気に出た。 出足に懸ける男の意地だ。武藏山は忽ちにして棒立ちになった。玉錦はなお手を緩めず、相手が逃げるを捻りで崩し、見事に寄り切って逆転優勝を勝ち取った。
・好勝負
  3日目 武藏山(突き出し)幡瀬川

 武藏山が突いて出ると幡瀬川も突き返して去なし、左上手を取って上手投げで幡瀬川が攻勢に出る。 再度離れて武藏山が突っ張ると、幡瀬川は叩いた。武藏山は大いにのめり、幡瀬川は向正面に押し出した。 しかし幡瀬川は叩いた際に踏み切りがあって惜敗、幡瀬川の相撲だっただけに惜しい相撲を落とした。
  3日目 山錦(寄り倒し)玉錦
 玉錦の立ち合いは、右手を着いて左手は相手の様子を窺いながら機を見て土俵に擦って立つというもので、 勝負師の魂が編み出したもの。機先を制するにはもってこいで、のち昭和59年 9月に謳われた立ち合い正常化の頃に小錦が左右逆にやったものと似ている。 ところが、玉錦は相手が両手を下ろすところに左手を擦って立ち上がるわけで、逆に読めば、相手が片手しか下ろしていないうちは絶対に玉錦は左手を下ろさない。 玉錦は強情であるから、相手が片手しか下ろさないでいると、頭に血が上ってしまう。 後に武藏山も巧く立って玉錦に完勝したことがあったが、これを最初に巧みに突いたのが山錦であった。 山錦は玉錦が左手を下ろさないうちは絶対に片手しか土俵に下ろさない。これを徹底してやっていた。 玉錦はその故に山錦を大の苦手としていた。この場所も時間一杯まで玉錦は立てず、時間になってやはり先手を取られる。 山錦は両筈一気に出て両差し、玉錦がやむなく閂に極めようとするのを堪え、そのまま寄り進んで打っ棄りに構わず寄り倒した。 玉錦は結局山錦を最後まで克服できずじまいだった。
◎昭和 6年 5月 優勝 小結 武藏山 武 10勝 1敗 1
 この場所から土俵が15尺となった。玉錦と武藏山の争いになるかと思われたが、そこに割って入ったのが清水川であった。 玉錦は 3日目信夫山のとったりによろめき 1敗。さらに 6日目綾櫻に叩き込まれて 2敗となった。 同じ 6日目、清水川と武藏山の対戦があり、清水の強引な上手投げに凱歌が上がって清水川 6連勝となった。 しかし翌日清水川は敗れ 1敗。千秋楽、清水川は出羽ヶ嶽を下して10勝 1敗。 結び、武藏勝てば初優勝、玉が勝てば清水川が優勝という大一番、武藏山が寄り倒して初めて玉錦に勝ち、 10勝 1敗で初優勝。東西対抗は85− 118で西、非出羽軍が勝った。旗手は清水川が務めた。 玉錦はこの場所も優勝すれば横綱と見られていたが、師匠の看病疲れのため控えで居眠りするという有様、 8勝 3敗で終わってしまった。
・優勝決定の一番 千秋楽 武藏山(寄り倒し)玉錦
 両声で立って武藏山が激しくぶちかまし突っ張り合い、武藏山が先手を取って右差し、左も差して両差しとなった。 玉錦は相手の右を泉川に撓めて振ろうとしたが、武藏山は右を突きつけて寄り立て寄り倒した。武藏山は実力を見せて玉錦に快勝、初優勝である。
・好勝負
  3日目 信夫山(とったり)玉錦

 玉錦が右差しとなって一気に出たが、信夫山は左から小手投げを打った。 玉錦はよろめき、さらにとったりを強襲されると、腰に乗って転げてしまった。
  6日目 清水川(上手投げ)武藏山
  5連勝同士の大一番である。当たって右四つ、清水川が得意の左上手を充分に引いた。 武藏山は右下手を引いて左から絞るが半身の恰好。両者投げを打ち合って機を窺い、清水川が強引に上手投げを連発、 武藏山は必死に右下手を引きつけて体を預けたが、一瞬早く左手から落ちて初黒星。清水川は翌日敗れたが、依然優勝を争う。
  8日目 能代潟(引き分け)天竜
 10日目番外再戦 天竜(吊り出し)能代潟

 右四つ、両者投げを打ち合ってさらに寄り合い、これを残した能代潟が、ただでさえ出ている尻をもっと出して腰を引き、 防禦の構えを固めたため若い天竜とて動きに出られず、遂に水入り。再開後、両者寄り合ったものの、天竜の若さに能代潟は阻まれ、能代潟の防衛力に天竜も苦闘、 決着つかず結びの一番の後に再戦となった。取り直し、左四つとなって能代はまたも守りの構え。 水入り再開後も攻め切れず、引き分けとなった。ところが、翌日両者が決着をつけたいと熱心な申し入れを行った。 協会はこれを容れて10日目再戦を決定、10日目、中入後10番目に行われた。 立ってがっぷりの右四つとなり、また寄り合ったが決め手がなく水入り、再開後は天竜が右下手捻りから寄り立てること数度、 天賦の防衛力を持つ能代潟も遂に突破され、遂に天竜が黒柱に吊り出した。精も根も尽き果てたか10日目の本割は両者とも負けたが、 打ち出し後両者は尾野会長から、取締 3名立ち会いのもと、表彰状を受けた。
  9日目 武藏山(寄り倒し)鏡岩
 立って鏡岩が左へ動いて去なし、左四つから鏡岩が右前褌を取って寄り立てた。土俵際、弓なりの武藏山は辛くも残して両差し、 寄り返して下手投げで反撃した。しかし鏡岩は左から上手投げで潰しにかかったため、武藏山は体が伸びて倒れた。 鏡岩も倒れほぼ同体ではあったが、やや鏡岩の方が分が良く、軍配も鏡岩だったが、控えの大ノ里から物言いがついて取り直しと決した。 再戦は左四つから武藏山が下手投げ、鏡岩は残して喰い下がり、武藏山も苦闘して水が入った。再開後、武藏山は右上手出し投げから寄り進み、両差しから寄り倒した。
△昭和 6年10月 優勝 前4 綾櫻 由太郎 10勝 1敗 1
 大阪市中之島で行われた。初めて力士入場式なるものが行われ、東西幕内力士全員が入場の上、正面に飾られた賜盃に敬礼、 大ノ里と玉錦の東西両大関が土俵に立って専制を行った。武藏山が 8連勝したが 9日目に右肘を壊して休場。 玉錦は 3日目綾櫻に寄り倒され、 6日目には山錦に押し出されて 9勝 2敗。天竜も 2敗できたが千秋楽玉錦に突き出され 3敗目を喫した。 この場所優勝したのは東 4枚目の綾櫻。玉錦に勝ち、 7日目能代潟に一方的に敗れたが、10日目沖ッ海を押し出し、千秋楽錦華山を寄り切って10勝 1敗であった。 東西対抗は 121−94で東、出羽軍が勝ち、綾櫻が旗手も務めた。
・優勝決定の一番 千秋楽 綾櫻(寄り切り)錦華山
 綾櫻は敗れると 2敗となって優勝を玉錦にさらわれる可能性が出てくる。 しかし綾櫻は左四つ、一気に出て寄り切って完勝し、見事に優勝を決めた。
・好勝負
  3日目 綾櫻(寄り倒し)玉錦

 玉錦は前場所綾櫻に叩かれて敗れたため、やけに慎重になって見て立った。 しかし綾櫻は見透かしたようにドッと突っ張った。そして綾櫻は左四つとなって上手投げから寄り進んだ。 忽ち詰まった玉錦は土俵際で必死に打っ棄って軍配を貰ったが、踏み切りありとて差し違いとなり、綾櫻戦連敗となった。 しかもこの負けがこの場所最後まで尾を引いてしまった。
  9日目 沖ッ海(下手投げ)武藏山
 武藏山運命の一番。武藏山が右で前褌を探りにくると沖ッ海は振り払い、さらばと右からかち上げる武藏山の右腕に沖ッ海は猛烈なぶちかましをくれた。 武藏山が一瞬怯むと沖ッ海は左差し、すぐさま下手投げを打ち、武藏山が残すところさらに寄り立て、武藏山が痛めた右腕から上手投げを打って廻り込み反撃しようとするところ、 沖ッ海は左下手投げを連発して投げつけた。武藏山は初黒星となったのだが、ぶちかましを受けた右肘は罅が入っていて、 右側尺骨冠状突起骨折の診断、全治 3ヶ月ということで休場となった。しかしこれが実は半脱臼で、終に生涯完治せず、以降の土俵に翳を落とした。
前画面に戻る