昭和 7年
春秋園事件
△昭和 7年 2月 優勝 関脇 清水川 元吉  8勝 1
 力士数の不足から東西対抗は諦めて系統別総当たりとなった。幕下全力士の入場式を行って残留力士の多くあることを見せながら将来への期待を持たせようと試みたが、 入場料を半額以下にしても初日は全くのがら空きで、せいぜい桟敷の半分が埋まる程度であった。 土俵は玉錦と清水川の争いとなり、 7日目の直接対決は清水川が玉錦を送り出した。 清水川は千秋楽、幡瀬川を吊り出して全勝優勝。この場所は力士数の不足で盛り上がりを欠いた。
・優勝決定の一番 千秋楽 清水川(吊り出し)幡瀬川
 左四つから清水川が吊り身に迫る。幡瀬川は左外掛けで防ぐが、清水川は構わず吊り出して全勝優勝を飾った。
・好勝負
 初日 古賀ノ浦(下手投げ)武藏山

 左四つから武蔵山が寄り立てたが、突然強引に首投げを強襲した。 これがあまりに無謀で古賀ノ浦の左からの出し投げに完敗した。この場所武藏山は右首投げを打ってばかりだった。
  6日目 清水川(寄り倒し)武藏山
 人気を呼んで館内は八分の入りだが、武藏山全く力を出せず敗れた。清水川は両差しに成功、 武藏山が首投げで打とうとすると、清水川寄り倒して完勝、充実度の違いをはっきり示した。
  7日目 清水川(送り出し)玉錦
 連勝同士の一戦。玉錦が右を深く差し手左筈から押して出る。清水川は堪えて押し返し、玉錦がなお出ようとするところ清水川は右から去なす。 玉錦はのめって泳ぎ、送り出された。
○昭和 7年 3月 優勝 小結 沖ッ海 福雄  9勝 1敗 1
 名古屋市西区で行われたが、不入りは相変わらずであった。 この場所は優勝争いが混乱、玉錦が 3日目沖ッ海戦で鼻血を出し結局上手投げで敗れる波瀾。 武藏山は終盤に崩れた。ここのところ投げ遣りな相撲が目立つ。清水川は 7日目全勝の沖ッ海を破っておきながら、 翌日から連敗して沖ッ海を助けてしまった。かくて沖ッ海は千秋楽大潮を攻め立てて相手腰砕け、 9勝 1敗の星で初優勝を果たした。場所後清水川が大関に昇進。
・優勝決定の一番 千秋楽 沖ッ海(腰砕け)大潮
 沖ッ海が得意の左四つから猛然寄ると、大潮は腰が砕けて浴びせ倒されてしまった。 沖ッ海は圧勝で初優勝、期待の大物が花開くかと思われた。
・好勝負
  3日目 沖ッ海(上手投げ)玉錦

 立って突っ張り合いから沖ッ海が出ると玉錦は引いてしまい、沖ッ海充分の左四つとなった。 この時玉錦の鼻からは血がダラダラ。行司が処置をして痛み分けにしようとしたが、玉錦は頑として応ぜず戦闘再開。 玉錦は一気に吊り身に迫ったが、沖ッ海は正面土俵際で捨て身の上手投げを強襲、玉錦は土俵外に落ちて逆転負けを喫した。
  7日目 清水川(上手投げ)沖ッ海
 連勝者同士の相撲だが清水川が完勝した。立って差し手争いは清水川が勝って右四つ、 そして得意の上手投げを振るって見事に決めた。
  9日目 沖ッ海(寄り倒し)武藏山
  1敗同士、優勝にかかわる大一番である。仕切り12回目で立って左四つ、沖ッ海充分から鋭く寄り立てたが、 土俵際、武藏山は懸命に堪えて打っ棄る。軍配は武藏山に上がり、物言い差し違いで辛うじて沖ッ海が勝った。
○昭和 7年 5月 優勝 大関 玉錦 三右衛門 10勝 1敗 5
 この場所から力士紹介と決まり手を場内放送するようになった(ニュースも放送していた)。 6年 1月から木戸で切符を受け取る役として採用されていた若い女性が経費節減のために解雇され、年寄がその任に当たるという旧例に復した。 土俵は玉錦と清水川の争いとなった。武藏山はまだ万全でなく終盤にきて大関清水川・関脇幡瀬川・大関玉錦に敗れた。 清水川は 4日目幡瀬川の足癖に脅かされて両差しを許して寄り倒された。 全勝を続ける玉錦は10日目優勝を懸けて清水川と対戦したが、清水川の下手投げに玉錦ははずみを喰って倒れ相星となった。 千秋楽、清水川は沖ッ海を破って10勝 1敗としたが、玉錦も武藏山をがぶり寄りから捻りに降して10勝 1敗、正位と張出の差で玉錦が優勝となった。
・優勝決定の一番 千秋楽 玉錦(捻り)武藏山
 激しく突っ張り合ってから武藏山が左に動いて叩き、さらに突っ張り合ってから右四つ。 玉錦が上手を引いて寄り進み、武藏山が赤柱から下手投げを打って逃れようとすると、玉錦はなお寄り立て、体勢の崩れた武蔵山を捻り倒した。
・好勝負
  5日目 沖ッ海(引き分け)能代潟
  6日目番外再戦 能代潟(引き分け)沖ッ海

 両者左四つに渡り合ったが、沖ッ海の激しい攻めも、能代潟の専守防衛の前にはどうにもならず、 水入りとなってしまう。再開後も両者殆ど動かず引き分け、 2番後取り直し。今度も左四つ、吊りや捻りで攻め合ったが決まらず水入り引き分け、 翌日再戦となった。中入り後すぐに行われた番外再戦も左四つ、結局動かず引き分けと決した。
 10日目 清水川(下手投げ)玉錦
 清水川の声で立って突っ張り合いから右四つとなる。清水川が上手を引いて充分から寄ると、 玉錦は左で首を巻いて吊り身に寄り返す。清水川はこれを上手投げで揺さぶり、玉錦が下手投げを打ち返すと清水川は寄る。 すると玉錦は上手投げ、清水川はこれを残して下がりながら上手捻りと合わせて下手投げを強襲、玉錦はドッと倒れてしまった。 玉錦に土、清水川は 1敗を守って両者相星となった。
○昭和 7年10月 優勝 大関 清水川 元吉  9勝 2敗 2
 京都市東山三条で11日間興行。優勝争いは浮沈が激しく、最後に栄冠を勝ち取ったのは清水川だったが、 同じ 9勝 2敗が他に 3人もいた。玉錦は満洲で痛めた両膝の神経痛に悩み 7勝にとどまった。 武藏山は復調の兆しが見られたが、老大関能代潟に虚を衝かれて突き放されたのは痛かった。 清水川は 7日目沖ッ海、 9日目大邱山に敗れたが、 3大関を降して 9勝 2敗の優勝を遂げた。 場所後玉錦は横綱に推挙されたが、この時天竜一派から「素行不良」という物言いがついた。 しかし協会は「天竜一派の存在を認めない」と一蹴。玉錦は横綱免許を授かった。
・優勝決定の一番 千秋楽 清水川(叩き込み)能代潟
 能代潟が押してきたところ、清水川は堪えて叩き込んだ。
・好勝負
  2日目 高登(上手投げ)沖ッ海

 右四つがっぷりは高登の組み手である。高登は長身を利して寄り立て、 沖ッ海が堪えるのを上手投げで倒した。新進の大物高登、会心の一番。
  6日目 沖ッ海(上手投げ)玉錦
 全勝の玉錦と 1敗の沖ッ海の対戦。玉錦はドッとばかり突進したが、 沖ッ海は耐えて左四つに組み、上手投げに大関を破った。
  7日目 沖ッ海(上手投げ)清水川
 清水川は全勝であるが、差し手争いに負けて左四つとなり、上手櫓を振られて完敗、両者 1敗となった。
  8日目 清水川(寄り倒し)玉錦
  1敗同士。立って玉錦が右前褌を取ると、清水川は左差しから猛然寄り立て、 玉錦が右からおっつけて右に廻り込むところ、清水川はなおも前進、右で渡し込みを見せて寄り倒した。
  8日目 能代潟(突き放し)武藏山
 武藏山は 6日目高登に負けて 1敗で優勝争いに首を突っ込んでいたが、老大関の前に完敗を喫した。 能代潟は稀にやる猛突っ張りを敢行、武藏山は予想外の展開に忽ち後退、そのまま突き飛ばされて惨敗であった。
 10日目 清水川(寄り倒し)武藏山
 前日で 1敗は消えている。この相撲は 2敗同士の大一番。武藏山が左からおっつけて右を差そうとすると、 清水川は右で前褌を取り、得意の左上手を引いて充分、武藏山の寄りを堪えて逆に寄り立て寄り倒した。
前画面に戻る