昭和 8年
○昭和 8年 1月 優勝 別席 男女ノ川 登三 11勝 1
 帰参した力士を別番附とする「二枚番附」が発表された。能代潟が小結へ陥落。 新横綱玉錦は期待通り勝ち進んだが、 6日目同じく全勝の朝潮改め男女ノ川に寄り倒されて館内座蒲団の雨。 玉錦はその後崩れず 1敗のまま進んだが、千秋楽沖ッ海戦で立ち合い鼻柱を打って鼻血がひどく痛み分けとなり、 9勝 1敗 1痛分で場所を終えた。一方玉錦を破って全勝を守った男女ノ川は、 脇が堅くなり小手投げや左四つ寄り身に威力を示し 5日目より清水川・玉錦・武藏山・沖ッ海を連破。 千秋楽出羽ヶ嶽を掬い投げに破り全勝優勝した。この場所千秋楽結びが痛み分けとなったため、 千秋楽恒例の弓取式は行われなかった。なお天竜一派が関西に本拠を置いたため、 協会は関西の本場所を中止して年 2回興行に戻すこととした。
・優勝決定の一番 千秋楽 男女ノ川(掬い投げ)出羽ヶ嶽
 男女ノ川は強みを増して帰参し、充実した豪快な相撲振りで全勝である。 巨漢同士の対戦は、互いに突っ張り合って男女ノ川が突き勝ち土俵際、出羽ヶ嶽が残すところ左から突き落として全勝優勝を決めた。
・好勝負
  6日目 清水川(下手投げ)沖ッ海

 清水川が左差し右前褌から寄り立て、沖ッ海の左差しを清水川が嫌って差し手争い、 沖ッ海は清水川の左を極めようとしたが、清水川は堪えて両差し、下手投げを打つ。沖ッ海は外掛けに堪えて寄り返し、水が入る。 再開後、沖ッ海が二丁投げを見せると清水川が残して吊り上げ、土俵際で上手投げを打って粘る沖ッ海を下手投げに投げ出した。
  6日目 男女ノ川(寄り倒し)玉錦
 連勝同士の一戦で、男女ノ川がどれだけ強いかを測る絶好の相撲である。 立って玉錦が右を差すと男女ノ川がちょっと小手投げを見せたが結局右四つ、玉錦が出るところ男女ノ川は上手投げ、 さらに玉錦が左前褌を取って出ると、男女ノ川は上手投げで体を入れ替え、寄り倒した。館内は座蒲団の嵐となった。
  7日目 男女ノ川(上手投げ)武藏山
 仕切り10回目、武藏山の声で立って左四つ、武藏山が右首投げを見せると男女ノ川残して右上手を引き鋭く出た。 武藏山は堪えるが、男女ノ川は土俵際で上手投げを放って快勝、分が悪かった武藏山戦も突破して男女ノ川は依然勝ちっ放し、武藏山は遂に 1敗を喫した。
  8日目 男女ノ川(寄り倒し)沖ッ海
 沖ッ海は気合満々である。立って左四つから男女ノ川が出ると沖ッ海は得意の下手投げ、 男女ノ川は大いにぐらついたが残す。一呼吸して男女ノ川がさらに出ると沖ッ海はまた下手投げ、男女ノ川も上手投げで体を預け、同体に落ちた。 軍配は男女ノ川に上がり、物言いがついて取り直し。今度は沖ッ海が両差しとなったが、男女ノ川は小手投げを連発して左四つとし寄り立てる。 沖ッ海は下手投げで防戦しようとしたが、そのまま寄り倒された。男女ノ川はますます快調。
 千秋楽 玉錦(痛み分け)沖ッ海
 結びの一番、ガンと当たり合って差し手争いから沖ッ海が叩いて崩し左を差し勝った。 しかし玉錦は立ち合いに鼻ッ柱を強打してひどい出血、このため痛み分けとなり、勝者代理の弓取式は行われなかった。
◎昭和 8年 5月 優勝 横綱 玉錦 三右衛門 10勝 1敗 6
 前場所全勝優勝の男女ノ川は西小結に止められた。 場所が始まると武藏山を除く上位陣が好調に白星を連ねる。武藏山は胃酸過多症で無理をして出場しており、 5勝 1敗から崩れた。清水川が 6連勝したが、 7日目玉錦戦が取り直しとなり、 はずみで土俵を掃いて崩れ 4連敗してしまった。玉錦は 4日目能代潟の猛攻に突き出され 1敗したが、 そのまま千秋楽を迎えた。14枚目の寶川が技の冴えを見せて 1敗で控える。 玉錦は武藏山戦に優勝を懸け、がぶり寄りで寄り切って10勝 1敗。番附上位で 6回目の優勝を飾った。
・優勝決定の一番 千秋楽 玉錦(寄り切り)武藏山
 玉錦が右差しから左も入れようとすると、武藏山は極めようとした。しかし玉錦はこれを許さず、がぶって西に寄り切り優勝した。
・好勝負
  4日目 能代潟(突き出し)玉錦

 能代潟が立ち合い激しく当たって猛突っ張りを見せると、全く予想していなかった玉錦は慌てて叩いた。 能代潟はこれにつけ入って突き出しの圧勝。朝に能代潟は師匠錦嶋(大蛇潟)の死に遭い、餞の一番として話題になった。
  6日目 清水川(浴びせ倒し)男女ノ川
 左四つから清水川が出ると男女ノ川は堪えて右から抱え左からの割り出しに攻める。 清水川は堪えて寄り立て、男女ノ川の右小手投げに対し左外掛けから左下手捻りを見せて浴びせ倒した。 連勝者同士の対戦は清水川の快勝、男女ノ川の連勝は16で止まった。
  7日目 玉錦(掃き手)清水川
 全勝の清水川は、 1敗の玉錦に挑む。左四つとなって玉錦が出ると、清水川は下手投げを連発、 玉錦が傾きながらも寄り倒そうとすると、清水川は右に打っ棄って軍配を受けたが、物言いがついて取り直しとなった。 立って突っ張り合いから玉錦が右前褌を狙い、清水川がこれを許さない。玉錦はちょっと叩いた。すると思わず清水川の手が土俵を掃き、呆気なく終わってしまった。
 10日目 沖ッ海(引き分け)武藏山
 沖ッ海が左差しを狙うが武藏山は許さず、両前褌を引いて頭をつけた。 沖ッ海は何とか左を入れて下手前褌を取り、蹴返しを見せた。武藏山がこれを堪えて動きが止まり、水入り。 再開後は武藏山が攻勢、寄りに捻りと攻め立てたが、沖ッ海残して再度水入り。 2番後取り直しは差し手争いから武藏山が左前褌を取って捻りから寄る。 沖ッ海はどうやら残して左四つから下手投げを打つ。武藏山はこれを残して水入り。 再開後、沖ッ海はまた下手投げを打ち、武藏山が土俵際まで飛んだが残す。互いに頭をつけ合って低く低く入ろうとするが、決定打なく遂に引き分けた。
  9月30日、沖ッ海が河豚に中って死亡した。沖ッ海は玉錦・沖ッ海一行として朝鮮・満洲を巡業して帰り、その日は山口県萩市の巡業であった。 稽古上がりに沖ッ海は河豚鍋のチャンコをつついて中ったのである。遅れて幡瀬川も同席したが、中らなかった。 沖ッ海は将来の大物として嘱望され、猫背の特異な体型と、柔軟な四肢から繰り出される左下手投げの破壊力は絶大で上位を倒して人気があり、 いよいよ大関目前と思われた矢先の夭逝だった。
前画面に戻る