昭和 9年
△昭和 9年 1月 優勝 関脇 男女ノ川 登三  9勝 2敗 2
 玉錦が場所前の稽古で左手を突き指して全休。また大関目前の高登も胃潰瘍で全休。 土俵は玉錦の休場で混沌。清水川・武藏山は中盤で連敗、男女ノ川が 5日目大邱山の首投げに 1敗のみで10日目能代潟を破って優勝決定。 しかし千秋楽、武藏山の下手投げに敗れて 9勝 2敗の成績であった。場所後男女ノ川の大関昇進が決定。
・優勝決定の一番 10日目 男女ノ川(寄り切り)能代潟
 能代潟が左を差して右に前褌を取って頭をつけたが、男女ノ川は体力を利して寄って出て右を差す。 能代潟が左上手を取ったが、男女ノ川は能代潟が出てくるところを右から掬って寄り切った。
・好勝負
  5日目 大邱山(首投げ)男女ノ川

 大邱山が突いて出るところ男女ノ川が叩いた。そして大邱山が立ち直るところ男女ノ川は突っ張って攻め込んだが、 大邱山は逃げて左からの首投げを見舞うと男女ノ川はでんぐり返って敗れた。
  7日目 幡瀬川(巻き落とし)清水川
 幡瀬川が突っ込むと清水川は叩いたが、幡瀬川はつけ入って左を差し、右前褌を引いて出る。 清水川は残して右上手前褌から投げを打とうとすると、幡瀬川は外掛けで防いで寄る。清水川が廻り込んで逃れんとするところ、幡瀬川は左から巻き落として全勝者を倒した。
  9日目 男女ノ川(小手投げ)清水川
  1敗の男女ノ川と 2敗の清水川の激突、ファンが殺到して午後 2時には札止めという盛況であった。 男女ノ川が突っ張ろうとすると清水川は左を差し、さらに右も入れんと欲したが男女ノ川は阻んだ。 清水川は寄って出たが、男女ノ川は左から巻き、さらに右から突き落としを見せて逃れる。 清水川はなおも寄って土俵際で左外掛けにいった。しかし男女ノ川は閂でジッと耐え、廻り込んで西へ寄り立て、ドッと極め倒した。
 千秋楽 武藏山(下手投げ)男女ノ川
 武藏山の声で立って右を差すと、男女ノ川はこれを泉川。武藏山が強引に下手投げを打つと男女ノ川は残して一気に出る。 武藏山はこれを懸命に残して右下手投げ、男女ノ川が小手投げを打つところに体を預けて勝った。
 初日前日の 5月10日、土俵祭の前に相撲祭が行われた。聖武天皇の天覧相撲(天平 6年)から数えて 1,200年となるのを記念してのものであり、 幕内力士の揃い踏み、横綱玉錦の土俵入り、玉錦と武藏山の三段構え、清水川と男女ノ川の神相撲などが行われた。
◎昭和 9年 5月 優勝 大関 清水川 元吉 11勝 3
 新大関男女ノ川が登場したが 5勝 6敗の大敗。玉錦・武藏山・清水川が好調。 武藏山が 3日目松前山の切り返しで 1敗したものの、そのまま 8日目に突入、 玉錦−清水川の全勝同士の対決は清水川が勝って全勝を守る。10日目、全勝清水川− 1敗武藏山も清水川が切り返しで勝つ。 清水川は千秋楽男女ノ川を寄り倒して全勝優勝。結びは武藏山が玉錦を寄り切って両者 9勝 2敗だった。 5日目、旭川に番神山の一番、旭川の鼻血で取組を一時中止し、再度組み直そうとしたところ、組み手がなかなか決まらず場内が騒然となった。
・優勝決定の一番 千秋楽 清水川(寄り倒し)男女ノ川
 清水川が左差し右おっつけで出ると男女ノ川は小手投げから突き落としで逆転を図るが決まらない。 清水川はさらに両差しから掬い投げを放ってドッと寄り立て寄り倒し、清水川の全勝優勝が決定した裏で男女ノ川が負け越した。
・好勝負
  2日目 武藏山(寄り倒し)双葉山

 暫し突っ張り合って武藏山が右で前褌を引き左を入れ両差しとなった。 双葉山はすぐに右を巻き替えて右四つとし、がっぷりで数呼吸。武藏山が吊り身に寄り立てると、双葉山は土俵際で腰を落として残す。 武藏山がさらにかさにかかって寄り倒さんとすると、双葉山は右上に振り上げるように大きく打っ棄りを試み、軍配を受けた。 物言いがついて差し違えとなったが、双葉山の頭上に武藏山が垂直に立ったとやら。
  8日目 清水川(下手投げ)玉錦
 全勝対決。清水川が右を差すと玉錦は泉川から寄る。清水川は右を抜いて左四つとするが、玉錦が出る。 清水川は下手投げで逃れる。玉錦はやや浮いたがなお出る。清水川は再度強引に下手投げ、 玉錦は外掛けに防ごうとしたが、一廻転して土俵から転げ落ちてしまった。
 10日目 清水川(切り返し)武藏山
 武藏山が左差し右上手を引くや強引に上手投げを放ったが、清水川は残した。 武藏山は吊り身に寄り立てたが、清水川は左外掛けに防ぎつつ左に捻り倒して勝ち、全勝を守った。
前画面に戻る