昭和10年
△昭和10年 1月 優勝 横綱 玉錦 三右衛門 10勝 1敗 7
 前場所全勝優勝の清水川は、場所後の 9月末、鳥取巡業中に三嶋岳(十枚目に上がったこともある巨漢)と稽古中に右大腿骨脱臼の重傷を負い、 慶應病院に 2ヶ月の入院治療となり、この場所に横綱を懸けたものの 5日目から 6連敗の負け越し、望みは消え去った。 武藏山が初日弾丸巴潟の拝み寄りに敗退、男女ノ川も 2日目神様幡瀬川の渡し込みに完敗し、 横綱玉錦の独走を許した。玉錦はいつもの通り闘志旺盛で 9日目 1敗の男女ノ川を左四つから寄り倒し、 10日目清水川を両差しから寄り倒して全勝で 7回目の優勝を決めた。 千秋楽、玉錦は武藏山戦に全勝優勝を懸けたが、下手投げに遭って惜しくも沈没してしまった。
・優勝決定の一番 10日目 玉錦(寄り倒し)清水川
 右四つ左上手充分の清水川が上手投げを放って玉錦をぐらつかせたが、 玉錦は残して両差しとなり、ドッと出て寄り倒した。玉錦は全勝を維持して優勝を決定、横綱を狙った清水川はこの相撲で負け越しが決まった。
・好勝負
 初日 巴潟(寄り切り)武藏山

 武藏山には気持ちが整わない場所の早々に負ける癖があると春日野(栃木山)が指摘している。 この初日、突撃してくる巴潟をどう受けたのか分からないが、巴潟が突っ込んで前褌取っての拝みにズルズル後退、 まるで為すところなく西に押し出され、早くも躓いた。
  4日目 武藏山(引き分け)双葉山
 突っ張り合いから武藏山が浅い両差しとなって寄り進むと、双葉山は武藏山の右を手繰って逃れ、 武藏山は半身となったがどうやら立ち直って右下手、双葉山も左に上手を引いて反対側で差し手争い。 互いに寄り、投げ、捻りと攻め合った後水が入る。再開した後、双葉山は両廻しを引いて頭もつけ、右から蹴返しを見せた。 武藏山は寄って出たが双葉山堪え、また水入り、 2番後取り直しとなった。取り直しは武藏山が右を差して左に前褌を引いて寄る。 双葉山は右から首投げを打つ。武藏山が左を入れてなおも出ると、双葉山は右を巻き替えて右四つ、両者両廻しを引きつけて寄り合うが、決め手にならず水入りとなった。 戦闘再開したが、両者草臥れて動かず、遂に引き分けとなった。
  9日目 双葉山(上手投げ)清水川
 清水川は 5日目新海に打っ棄られてから連敗中である。双葉山左で前褌を取って右を差し、右四つとなって下手投げ。 清水川はこれを外掛けで防ぐと、双葉山はさらに下手投げを打ち、清水川が残すと双葉山逆に左上手投げに打って出て、清水川を土俵中央に投げ倒した。
  9日目 玉錦(寄り倒し)男女ノ川
 左四つ、玉錦が鋭く寄り進み、男女ノ川が上手投げで防ごうとするも玉錦残してなお前進、 男女ノ川が土俵際で突き落とそうとするを残して玉錦烈しく寄り倒した。 1敗の男女ノ川を蹴落とした玉錦は全勝を守ったが、勝った際に頭から突っ込み、左顔面目の周りに傷を負った。
 千秋楽 男女ノ川(小手投げ)双葉山
 双葉山が右前褌を取って出ると男女ノ川が突き放して突っ張り合い、 双葉山が左筈押しを見せると男女ノ川はそれを引っ張り込んで小手投げ、双葉山は残して両差しから出るところ、男女ノ川は閂で極め倒そうとした。 双葉山は出し投げ、左下手投げ、右を抜いて首投げ、さらに右上手投げで攻めると、男女ノ川は棒立ち。 双葉山は左差しから寄って出たが、男女ノ川は泉川に撓め、寄り返すと見せて右小手投げで逆転した。
 千秋楽 武藏山(下手投げ)玉錦
 立って武藏山が右を差すと玉錦は泉川から黒柱に出る。武藏山は堪えて網打ちで振ってから寄り返し、土俵中央で左おっつけから両廻しを引いて右四つ、黒柱に寄る。 玉錦は上手が取れないまま極め進もうとした。武藏山はやや泳いだが、残して捨て身の下手投げ、玉錦は見事に赤柱に投げ飛ばされ、全勝を逸した。
○昭和10年 5月 優勝 横綱 玉錦 三右衛門 10勝 1敗 8
  3日目玉錦が大潮の右上手投げに土俵を飛び出して 1敗し、 4日目男女ノ川が幡瀬川の逃げ足を追い切れず土俵を飛び出してこちらも 1敗。 土俵は全勝の武藏山を 1敗で玉錦・男女ノ川が追う展開となった。 そして 9日目より三強の激突となり、まず武藏山−男女ノ川は男女ノ川が圧勝し、武藏山遂に 1敗。 10日目 1敗同士の玉錦−男女ノ川は、これは玉錦の圧勝。千秋楽は 1敗同士の玉錦−武藏山の決戦となったが、 横綱を狙う武藏山を圧倒的な強さで屠った玉錦が10勝 1敗で連覇となった。この敗戦で武藏山の横綱昇進はないとみられたが、協会は番附編成会議で武藏山を横綱に推した。 千秋楽翌日、20代庄之助の松翁襲名が決定された。
・優勝決定の一番 千秋楽 玉錦(寄り切り)武藏山
 武藏山は勝って優勝すれば横綱昇進が確実と思われ、観衆も一様に武藏山を応援、玉錦をば目の仇にしていた。 ところが、勝負は全く一方的なものだった。立つなり玉錦は左右と両差し、武藏山は抱えて右へ逃げ小手投げを打とうとしたが、 玉錦は赤柱に寄り詰め、そのまま寄り切った。力の差を存分に見せつけた玉錦の優勝が決定、武藏山の横綱は遠くなった筈だった。
・好勝負
  3日目 大潮(上手投げ)玉錦

 大潮が両差しとなって出る。これを玉錦は左巻き替えから寄り返した。 しかし大潮、土俵際で右に周り込んで右上手投げを打つと、玉錦が土俵を飛び出す大番狂わせとなった。
  4日目 幡瀬川(引き落とし)男女ノ川
 幡瀬川が左へ飛んで横から突き放し、右下手を取る。男女ノ川はそれを絞って泉川から正面に迫った。 しかし軟体幡瀬川はその差し手を抜いて男女ノ川の前から消えた。男女ノ川はそのまま土俵を飛び出してしまった。 幡瀬川はこれで男女ノ川に 3連勝、大きな大関 2人に好相性である。
  9日目 男女ノ川(突き倒し)武藏山
 優勝争いに関わる重大な一番、満員木戸止めの大盛況である。武藏山に気負いが見られ突っかけたが、男女ノ川は応じない。 時間一杯から立ち上がって武藏山が左差し、右をも入れようとしたが、男女ノ川は左おっつけで阻み、右上手を引いて寄った。 土俵際、武藏山は弓なりで堪えたが、男女ノ川は右で突き倒した。武藏山は遂に 1敗、土俵の砂を左で鷲掴みにして叩きつけた。男女ノ川は 1敗を守った。
 10日目 玉錦(巻き落とし)男女ノ川
 左四つ、玉錦が鋭く出る。男女ノ川は早くも窮地に立つ。男女ノ川が突き落としを見せて左に逃れようとしたが、玉錦は残して右小手から捻り倒した。 前日武藏山を捻り潰した男女ノ川は、玉錦に捻り潰された。
前画面に戻る