昭和11年
○昭和11年 1月 優勝 横綱 玉錦 三右衛門 11勝 9
 新横綱武藏山は胃潰瘍と右肘故障が再発し、 無理して出場したものの 2日目双葉山の右下手投げに敗れて崩れ 8日目から休場となった。 双葉山はさらに 5日目男女ノ川を右上手投げに破り 6日目全勝の玉錦に挑んだが引き落とされた。 全勝を守る玉錦は10日目瓊ノ浦を寄り倒して優勝を決め、千秋楽男女ノ川を物凄い出足で圧倒し、 初の全勝優勝を果たした。双葉山は 9勝 2敗。一方千秋楽玉錦に完敗した男女ノ川も 9勝 2敗となり、 綱は持ち越しとなると見られたが、協会は強引に男女ノ川を横綱に推薦した。
・優勝決定の一番 10日目 玉錦(寄り倒し)瓊ノ浦
 全然相撲にならず右差し寄りで終わった。
・好勝負
  2日目 双葉山(下手投げ)武藏山

 双葉山が右から喉輪で攻めると武藏山は外して右前褌を狙う。 双葉山はなお喉輪で攻め、右を差して下手投げを打つ。武藏山は左から上手投げを打ち返そうとしたが及ばず右肘から倒れた。 新横綱に早くも土、そのまま崩れて途中休場した。
  5日目 双葉山(上手投げ)男女ノ川
 双葉山が突っ張って出ると男女ノ川は突き返した。双葉山は今度は飛び込んで左差し、男女ノ川は応じて右から巻き込み、 左からおっつけて出る。向正面土俵、男女ノ川は右から得意の小手投げを打って決めにかかる。しかし双葉山は右に廻り込んで上手投げを放つと、男女ノ川は投げ倒された。 横綱を窺う男女ノ川も敗れた。
  6日目 玉錦(引き落とし)双葉山
 当場所一等の大取組、 1横綱 2大関( 3日目清水川を打っ棄る)を破った双葉山が、常勝将軍玉錦に挑む一番。 両声で立って双葉山が頭を下げて突っ張る。玉錦はこれを止めて押し返し、双葉山が再度頭を下げて出ようとするところ、右に動いて引き落とした。 玉錦は関門を突破、悲願の全勝に向けてまっしぐらである。
 千秋楽 玉錦(寄り切り)男女ノ川
 玉錦は立ち合いに猛烈な出足を見せて早くも男女ノ川を圧した。 そして左差し右筈からドーッと猛進する。男女ノ川は小手投げをやろうとしたが、そんな遑もあらばこそ、白柱前に瞬く間に寄り切られてしまった。 玉錦は遂に全勝を達成した。男女ノ川は 2敗目を喫し、横綱はまず駄目と見られたが、結局推薦された。
◎昭和11年 5月 優勝 関脇 双葉山 定兵衛 11勝 1
 武藏山は右肘関節機能障害のため全休。新横綱男女ノ川は全く振るわず 6勝 5敗の星。 前場所全勝の玉錦と、大関を狙う双葉山・鏡岩が好調で、この 3人が全勝で走る。 8日目に双葉山と鏡岩が当たって双葉山が勝った。 9日目鏡岩は男女ノ川に突き放されて 2敗。結びは全勝同士の玉錦−双葉山、 前場所に続いて最高の大一番、双葉山が遂に玉錦を倒して全勝を守る。双葉山は10日目男女ノ川を左掬い投げ、千秋楽清水川を打っ棄って全勝優勝。 玉錦も10勝 1敗の星を残した。また鏡岩も玉錦戦がない有利さはあるが 9勝 2敗の成績、双葉山とともに大関に推薦された。 元大関能代潟が引退した。
・優勝決定の一番 千秋楽 双葉山(打っ棄り)清水川
 右四つから清水川が頭をつけ、双葉山が打った下手投げを外掛けで防いだ後、寄り身を見せながら上手投げを放った。 双葉山は揺らいだがこれを残して左上手を引く。清水川はここぞと一気に出たが、向正面で双葉山は左へ打っ棄りを決め、玉錦を押さえて初優勝を飾った。
・好勝負
  8日目 双葉山(打っ棄り)鏡岩

 仕切り 6回目、立って鏡岩が両方からおっつけて出ると双葉山は右を差し左に前褌を取って二枚蹴りを放ち、 次いで左上手投げを打ったが鏡岩は残す。互いに揉み合って双葉山が吊りを見せるところ、鏡岩は出足鋭く西に出た。 打っ棄ろうとする双葉山に対し、なお腰を落として寄り詰めた鏡岩だが、それでも双葉山は右へ大きく打っ棄った。
  9日目 双葉山(浴びせ倒し)玉錦
 全勝同士、前場所以上に興味を集める一番である。仕切り 3回目で双葉山が突っかけるが玉錦は受けない。 7回目、玉錦が左拳を土俵に下ろすところで双葉山猛然立ち上がり突き立てた。応じた玉錦は突き返して右を差し左からはおっつける。 双葉山はこれに対して左上手を取り、引きつけた。玉錦は左を巻き替えようとした。 双葉山はこれを許さず右からおっつけて正面に寄り立てた。玉錦は左で首を巻いて打っ棄ろうとする。 双葉山は腰を落として左上手を離し、胸を押してドウと浴びせ倒した。常勝玉錦が潰え去り、館内は怒号渦巻き座蒲団煙草盆の嵐となった。 後世から見ればこの相撲が覇者交代の一戦となったが、そんなことは当然ながら、神ならぬ身ゆえ当時の人々の与り知らぬことだった。
 10日目 鏡岩(寄り倒し)清水川
 清水川が立ち合い遅れて左四つとなり、鏡岩が一気に出て寄り倒した。 鏡岩は 8勝目、千秋楽に綾昇を破って 9勝を挙げ、大関を確定した。
 10日目 双葉山(掬い投げ)男女ノ川
 双葉山が喉輪で攻めて左差し、男女ノ川が抱えて出ようとするが、双葉山は堪えて両差し。 男女ノ川が閂に極めて右へ極め出そうとするところ、双葉山は左から大きく掬い倒した。
前画面に戻る