昭和12年
△昭和12年 1月 優勝 大関 双葉山 定次 11勝 2
 玉錦が 6日目まで全勝したが、 6日目磐石を寄り倒した際に左上膊骨を骨折して休場。 このために玉錦−双葉山戦がなくなり大きな目玉が失われた。武藏山は相変わらず休場。 男女ノ川は 6日目和歌嶋の内掛けを切り返し、実際勝っていたが玉錦の物言いで差し違えの負けとされ、 7日目には新大関鏡岩の居反りを喰って後退。その鏡岩も清水川とともに冴えず、 双葉山の独走となり、10日目大邱山を寄り倒して優勝決定。千秋楽男女ノ川を左上手投げに降して連続全勝優勝を達成した。 7枚目の九州山が10勝 1敗と大健闘した。相撲人気は沸騰、午前中には木戸止めの大入りであった。
・優勝決定の一番 10日目 双葉山(寄り倒し)大邱山
 嘗ては好敵手同士の黄金カードだったが、差がついてしまって色褪せた。 大邱山が両筈で出たが双葉山は右四つ充分に組み止め、二枚蹴りから内掛けで攻め立てて、大邱山も残す大相撲とはなったが、 結局双葉山が右下手投げから出て寄り倒した。
・好勝負
  2日目 桂川(巻き落とし)清水川

 桂川が突っ込むところ清水川は叩いた。桂川はこれを残して左差しに喰い下がり、清水川が右上手を引いて寄ってくるところ、 桂川は左下手から捻って右から突き落とし、清水川は堪え切れず東控えの玉錦を目掛けて飛び出していった。清水川は初日に次いで連敗、この日は鏡岩も負けて 2大関に土。
  6日目 玉錦(寄り倒し)磐石
 左四つ、玉錦が寄り立てる。磐石は玉錦の左を極めて振ろうとしたが、 玉錦は構わず西に寄り倒した。しかし玉錦は土俵下に転落して左腕を骨折、翌日から休場して大いに惜しまれた。
  6日目 和歌嶋(内掛け)男女ノ川
 和歌嶋が飛び込んで両差し、男女ノ川が閂に極めようとすると、和歌嶋は右足を内掛けにして掛け靠れにいく。 男女ノ川はこれを左に切り返してのしかかる。両者ほぼ同体に倒れ、軍配は男女ノ川に上がった。 しかし左腕を折った玉錦が物言いをつけ、協議した結果差し違いとなった。実際は男女ノ川が勝っていた相撲であったが、これで男女ノ川は 1敗となった。
  7日目 鏡岩(居反り)男女ノ川
 鏡岩が立ち合いに突っ張って左差し、男女ノ川の小手投げを防いで左四つ、次いで突き落としを見せると男女ノ川は泳いだ。 しかし横綱は残して寄って出る。寄られながらも鏡岩、左をなお深くして頭を男女ノ川の左脇に突っ込み、土俵際で腰を落として反り身に打っ棄ると、 長身男女ノ川は鏡岩の左肩の上を越えて右肩から落ちた。横綱大関戦で出た大いに珍しい反り技。
  8日目 九州山(渡し込み)旭川
  1敗の九州山と 2敗の旭川という好調同士の一番。差し手争いから旭川が左を浅く差すと、九州山はこれを引っ掛けて小股掬いを見せる。 旭川はこれを残して右で首を巻き、再三に亙って捻る。九州山は内無双を見せる。旭川が出し投げを見せると九州山は残して寄り、旭川は腰投げで応戦。 大相撲は遂に水入りとなった。再開後は動きが少なく、 2番後となった。取り直しは旭川が突っかけてくるところ九州山が左で渡し込んで素早く決めた。
  8日目 双葉山(打っ棄り)鏡岩
 鏡岩が立ち合いに両差しとなって寄ると、双葉山は巻き替えて右四つとなった。 鏡岩が捻りを見せると双葉山は残して土俵中央で機を窺う。双葉山が下手投げを打って出ると、鏡岩は上手投げを打ち返してドッと寄り進んだ。 しかし双葉山は土俵を大きく残し、右へ大きく打っ棄った。
 千秋楽 双葉山(上手投げ)男女ノ川
 差し手争いから右のがっぷり四つ、男女ノ川が出ると双葉山は寄り返し、 右で首を巻いて左から強引に上手投げを打つと、男女ノ川は呆気なく左手を着いて横転した。 双葉山は 2場所連続全勝優勝を達成した。
◎昭和12年 5月 優勝 大関 双葉山 定次 13勝 3
 この場所より13日制となった。武藏山は全休、男女ノ川も坐骨神経痛のため全休した。 玉錦は出場したが膝と糖尿の悪化のため出足を欠き、初日に磐石と対戦するも恐怖感が走ったか寄り切られ、 9日目には両國に打っ棄られ 2敗。 清水川はこの場所好調で 7日目玉ノ海に押し切られたのみの 1敗。鏡岩は 6日目新鋭前田山の外掛けに屈したのみの 1敗。 双葉山はますます強味を増し全勝を続ける。10日目 1敗同士の清水川−鏡岩は清水川が得意の上手投げで勝つ。 11日目全勝の双葉山に 1敗の清水川は優勝を左右する大一番となったが、双葉山が上手搦み投げで清水川を仕留める。 双葉山は翌12日目、風邪で38度の高熱を押して出場の玉錦を右下手投げで倒して優勝決定。 千秋楽鏡岩を大逆手気味に打っ棄って 3場所連続全勝優勝、横綱に推された。 10勝 3敗の好成績を残した清水川は引退を表明、天竜の関西方は12月で解散した。
・優勝決定の一番 12日目 双葉山(下手投げ)玉錦
 玉錦は前夜から風邪のため高熱が出て38度に達したのだが、この日の双葉山戦を休んでは観衆に失礼だと敢然出場した。 立って双葉山は突っ張りで玉錦の出足を止めて右四つやや半身の恰好となった。 玉錦は上手が取れないが、長引いてはいかんと強引に出る。しかし双葉山は西土俵 1尺を残して右下手から大きく下手投げを打った。 玉錦は左外掛けで防ごうとしたが及ばず、双葉山の下敷きに倒れた。
・好勝負
 初日 磐石(寄り切り)玉錦

 玉錦の立ち合いは鋭さを欠いていた。左差し右おっつけで出ようとした玉錦だが、 磐石は右から抱えて吊り身を見せる。玉錦はやや浮いき、仕方なく右を巻き替えようとした。 磐石は右上手を引きつけるや西へ一気に進み、寄り切ってしまった。やはり怪我をさせられた相手に恐れをなしたようだ。
  9日目 両國(打っ棄り)玉錦
 突き合いから両國が前褌を狙って飛び込む。玉錦は突き放したが両國も突っ張りで応じて再度飛び込み右前褌を取った。 玉錦は左から極めて白柱に出る。両國は土俵際で左前褌も取り、爪先立って右へ打っ棄れば、玉錦は一瞬宙に浮いて土俵下に転落した。
 10日目 清水川(上手投げ)鏡岩
  1敗同士の一番。左四つから鏡岩が右おっつけで出るところ、清水川は右を巻き替える。 鏡岩も右を巻き替え、左も入れて両差しから西に出るところ、清水川は右で首を巻いて左から得意の上手投げを連発して決めた。
 11日目 双葉山(搦み投げ)清水川
 双葉山が右喉輪から右四つ、清水川が寄るところ双葉山は左上手投げを打ち、清水川が右からの外掛けで防ぐところ、 双葉山はその足をはね上げて搦み投げを放って決めた。これで清水川も 2敗となり、全勝双葉山の優位はいよいよ動かし難いものとなった。
 千秋楽 双葉山(打っ棄り)鏡岩
 玉錦の休場によってこの相撲が結びとなった。鏡岩が右から入って両差しから出る。 双葉山は右から上手投げを打ち、なお鏡岩が寄って出た土俵際、吊ろうとする鏡岩を逆に右上手から抜き上げ、 右後方へ大逆手を放って吹っ飛ばした。この顔合わせは 3場所連続双葉山が打っ棄って鏡岩を破っている。 双葉山は 3場所連続全勝、ここで通算40連勝となった。
前画面に戻る