昭和13年
◎昭和13年 1月 優勝 横綱 双葉山 定次 13勝 4
 新横綱双葉山はじめ 4横綱が出揃ったが、武藏山が 4日目に右肩胛骨を捻挫して 9日目から休場した。 男女ノ川は前半で 3敗して脱落。 5日目玉錦が九州山に立ち合い一瞬に叩き込まれて 1敗。 7日目全勝の双葉山に 1敗の前田山の相撲は下手投げで双葉山の勝ち。 11日目 1敗の玉錦に 2敗の前田山は取り直しの末上手櫓で前田山が勝って両者 2敗。 こうなっては双葉山。 9日目両國戦での大物言いはあったが、12日目笠置山を寄り切って優勝を決め、千秋楽玉錦を左上手投げに屠って 4場所連続全勝優勝。 連勝を53とした。入幕 2場所目の羽黒山が 1勝 3敗から 9連勝して10勝 3敗、五ッ嶋も同じく10勝 3敗と健闘。 入幕 3場所目の新小結前田山は11勝 2敗で関脇を飛び越して大関に推された。
・優勝決定の一番 12日目 双葉山(寄り切り)笠置山
 笠置山は巡業中台湾で双葉山に勝ったのだが、この相撲は完敗、というよりも全く相手にしてもらえなかった。 笠置山が左筈から押そうとしたが、双葉山は逆にグイグイ進んで寄り切ってしまった。
・好勝負
  2日目 双葉山(上手投げ)九州山

 仕切り 3回目双葉山が突っかけたが九州山は待ったした。立ち上がって九州山お馴染みの両腕ぶん廻し戦法でもって突っ張れば、 双葉山は受け止めている。九州山は蹴手繰りを見せて飛び込もうとしたが、双葉山は許さず所謂手四つの恰好になった。 互いに呼吸を測って睨み合い、九州山が右から払って素早く右を差し、双葉山に上手をやらない形を取った。しかし双葉山は右から起こして上手を取ってしまう。 九州山は寄って出ようとしたが、双葉山は右で首を抱えて左上手投げで漸く仕留めた。九州山の善戦が光った一番。
  4日目 武藏山(上手投げ)羽黒山
 怪力同士の一番。羽黒山が左に前褌を取って喰い下がろうとすると、武藏山は許さず左四つから出た。 西土俵、羽黒山は下手投げを打ったが、武藏山は上手投げを打ち返して勝った。右肘の悪い武藏山は左四つに転換して再起を図るが、 折角勝ったのに土俵に倒れて右肩胛骨を捻挫、これが祟って 9日目から休場してしまった。
  5日目 両國(頭捻り)男女ノ川
 両國は左前褌を取り、男女ノ川が左を差すとこれを殺す。両國は両前褌の体勢から頭も横綱の右腋に突っ込む。 男女ノ川は慌てる。両國は右に捻って攻め、さらに左に捻った。男女ノ川はついていけず倒れ、 5日目で早くも 3敗。
  5日目 九州山(叩き込み)玉錦
 珍しくも玉錦は九州山に誘われて立ち、頭を下げて一気に片づけようとするところ、 九州山は右に飛んで右手で首叩きを見舞う。玉錦はあっという間に土俵に這って完敗した。この日は武藏山も敗れ、 3横綱と大関鏡岩に土がつく大荒れ土俵。
  7日目 名寄岩(吊り出し)武藏山
 武藏山が右差し左筈から攻めようとしたところ、名寄岩は巻き替えて左四つとし、右上手を引いて一呼吸後、グッと吊り上げ白柱に一遍に持っていってしまった。 武藏山が如何に衰えたりとはいえ、名寄岩ときたら天下の横綱様を抜き上げて運び去ってしまった。 硬いながらも「二枚腰」と呼ばれた武藏山は、嘗て吊り出された例(ためし)がなかっただけに、古くからの武藏山ファンの多くは歎息したそうな。
  9日目 双葉山(吊り出し)両國
     玉錦(外掛け)名寄岩

 この日は武藏山が休場し、前田山が勝ち名乗りを受けたが、その時は館内不満の声で満ち満ちた。しかし次の男女ノ川と玉ノ海との相撲が水入りの相撲となって沸き立った。 ここでお目当ての双葉山が土俵に上がるという実によくできた土俵進行である。さて立ち合いは両國の声、両國飛び込んで右差し、双葉山が出んとするところ左を巻き替えて両差しとなった。 そして怪力を利して右から得意の櫓でぶん廻せば、双葉山は浮き上がって 1周半、観衆ハッとしたが双葉山は体を預けて残す。 そして両上手を取った双葉山も右から櫓でぶん廻した。両國は残して寄る。双葉山はまた右から櫓に振って東に寄り立て、土俵際で左に打っ棄ろうとする両國をそのまま寄り倒した。 しかしこの時双葉山の右足が大きく土俵を出たため、東控えの玉錦が物言いをつけた。両國は既に死体のため明らかに無茶な物言いであったが、同じく東控えの男女ノ川も隣で頷いている。 検査役の協議、まずは 4人が土俵で協議する。花籠(三杉礒)・鳴戸(太刀光)・井筒(星甲)・竹縄(常陸嶽)の顔触れで協議、これがまず長くなって春日野(栃木山)も土俵に上がり、結論は出た。 そしてまずは春日野を除く 4検査役が西控えの名寄岩に説明した。名寄岩はすぐに納得したようだ。検査役団は東に移動して玉錦に説明したが、玉錦は承知しない。 興奮して口を尖らせまくし立てているらしい。春日野は青柱前に立っている。やっと取り直しで落ち着いた。物言い協議実に26分である。その間、何のことやら分からぬ観衆は焦れる。館内は大騒ぎであった。 取り直しはがっぷりの右四つから双葉山が下手投げ、そして堪える両國を吊り出して楽勝した。結びの一番、玉錦に名寄岩の相撲は、これがまたえらいことになった。 兄貴分双葉山にケチをつけた玉錦に対する名寄岩、敵愾心剥き出しで眦を決して仕切り、 塩に分かれて玉錦が柱のところに行くまで名寄岩は土俵の真ん中で動かず睨んでいる。 館内は騒然としている。玉錦も困惑して苦笑いすら浮かべている。時間一杯になったが、名寄岩はなかなか立たない。 双葉山が促して漸く立った。玉錦は即決を望んだ。左差し右で抱えて西に殺到する。 名寄岩は小手投げを打つ。玉錦は左を突きつけ、左外掛けで倒した。
 11日目 前田山(上手櫓)玉錦
 時間一杯から玉錦が右差しを狙って立てば前田山は突き落としを見せて突き立てる。 両差しとなった前田山に対し、玉錦は左で首を巻いて吊ろうとする。前田山は残して正面に寄った。 そしていよいよ寄り倒さんとするところ、玉錦は左で抱えて右で首を巻き、右へ打っ棄って軍配を受けた。 西控えの双葉山と、検査役高嶋(八甲山)から物言いがついた。白柱の前田山は憤懣遣る方ないという表情で、顔面を朱に染めて立っている。 協議は長引いて館内また大いに騒がしい。やっと決まって取り直しになったが、前田山が土俵下に立ったまま動こうともしない。 前田山はなおさら怒る。自分有利と考えたものでもあろうし、取り直しともなれば勝ち目はあるまいとも考えたものであろう。 誰も近寄れぬと見られたその時、双葉山が行って何やら話しかけ、廻しをポンと右手で叩いた。 前田山はやっと土俵に上がった。今度も時間一杯から立って前田山が張り手から出て左四つに組んだ。 がっぷり、前田山が左蹴返しを見せたが、これは効かない。玉錦が寄り立てた。正面、前田山が吊り身を見せると、玉錦は左の外掛けで防ごうとした。 しかし前田山は外掛けをはね上げるように右から櫓を振った。玉錦も体を預けてほぼ同体に倒れたが、際どくも前田山の勝ちとなった。 大一番、前田山は 9勝 2敗となり、結果としてこの勝利が大関昇進に大きな力となった。
 11日目 双葉山(上手投げ)男女ノ川
 突っ張り合いから男女ノ川が右喉輪で押し立てる。双葉山はこれを外してとったりを引く。 男女ノ川は残して双葉山の右を鉈で極め上げて出ると双葉山は浮きかかった。しかし立ち直った双葉山は巻き替えて両差し、 男女ノ川も巻き替えて右四つから左で胸を押して割り出しにいった。正面に詰まった双葉山が廻り込んで寄り返すと、今度は男女ノ川が向正面に詰まる。 双葉山は右で二枚蹴り、男女ノ川は下手投げに返す。双葉山は左上手投げをまた打つ。 男女ノ川が下手投げを打ち返さんとするところ、双葉山は 3度目の上手投げで漸く決めた。
 千秋楽 双葉山(上手投げ)玉錦
 時間前、双葉山は 2回突っかける。時間一杯、仕切り12回目に立つや玉錦左で張って右を差そうとすると、双葉山は左で肩を突いて右でおっつけながら左を固め、次いで左で上手を狙って取る。 玉錦が右から起こしながら左でおっつけると双葉山逆に左を引きつけて東に出ながら右を返し、右を開いて左腰に玉錦を乗せながら大きく上手投げを連発し、正面青柱寄りに叩きつけた。38度の熱を押して登場した玉錦だが、歯が立たず。
△昭和13年 5月 優勝 横綱 双葉山 定次 13勝 5
 史上初めて 4横綱が皆勤した。しかしその内容は双葉山13戦全勝、玉錦10勝 3敗は良いが、 武藏山と男女ノ川が千秋楽 6勝 6敗同士で対戦、敗れた男女ノ川が負け越すという椿事。 双葉山の強味は飛び抜けており、 5場所連続全勝優勝、通算66連勝となった。下位では新入幕鹿嶋洋の12勝 1敗が目を惹く。 玉錦は老巧さを発揮して 9連勝したが対横綱戦に全敗してしまった。
・優勝決定の一番 12日目 双葉山(押し出し)男女ノ川
 双葉山左喉輪右おっつけから右を筈にして押し上げ、次いで右喉輪、男女ノ川が左でおっつけて外して突っ張り合いから、 双葉山突き勝って向正面に攻め込み両筈で押し出した。男女ノ川が両手で双葉山の頭を押さえたときには既に勝負がついていた。 双葉山はちょっと男女ノ川を睨み、押さえられてずれた髷を自分で直した。
・好勝負
  3日目 鏡岩(二丁投げ)羽黒山

 どう見ても老大関が勝つとは思われなかった一番である。互いに頭を下げて当たり合い、羽黒山が左差し右前褌を取って捻る。 鏡岩はぐらついたが残した。羽黒山はさらに頭を下げて向こうづけから下手捻りに崩して押そうとした。 その瞬間、鏡岩は左から二丁投げを放った。これが鮮やかに決まって羽黒山は背中から裏返しに落ちた。
  7日目 玉錦(不戦)磐石
 左四つ、玉錦が出ると磐石は左に廻って残し、土俵中央数呼吸の後磐石が左から掬って寄った。 玉錦は土俵に詰まったが残して水入り。再開後、磐石が幾度か寄りを見せ、玉錦が堪える。結局勝負つかず 2番後と決まったが、 磐石は右膝関節の故障で棄権、玉錦の不戦勝となった。好調で大関を目指していた磐石は、この負傷で夢を諦めざるを得なくなった。 なおこの怪我は大阪大場所で玉錦に打っ棄られて水桶に強打した傷の再発である。
 12日目 武藏山(寄り倒し)玉錦
 武藏山が左に変わり、左四つとなる。武藏山が下手捻りを見せて寄る。 玉錦が残して寄り立て、右から引きつけて鯖折りを見せる。武藏山は左膝が落ちそうになったが、奇跡的に立ち直って一気に正面に寄り倒した。 武藏山はこの星で 6勝 6敗の五分にこぎつけた。
 千秋楽 武藏山(掬い投げ)男女ノ川
 嗚呼、 6勝 6敗同士の横綱決戦である。武藏山の声で立って右四つ、武藏山が右を深く差し左から攻めて寄り立て、 男女ノ川が左上手を引きつけ寄り返すと武藏山は両差しになって青柱に出る。男女ノ川は右小手投げを放つ。 しかし武藏山はすぐさま左から掬って勝った。珍しく武藏山の顔から陰翳が消え、勝算のありそうな顔つきをしていたとのこと。 男女ノ川は負け越した。
 千秋楽 双葉山(寄り倒し)玉錦
 両声で立って玉錦左で突いて右を差そうとすると双葉山は左喉輪右おっつけ、右を割り込んで左上手を引き、煽って白柱に寄り進み、 玉錦が堪えると左上手投げ。玉錦は右の外掛けで堪える。双葉山は外掛けを外し、一度呼び戻しを見せる。 両者機を窺い合い、互いに寄り合ったが水が入る。再開前、引いていなかった右下手を掴んだ双葉山が行司松翁に咎められる一幕があった。 再開の瞬間、玉錦は左から絞って寄り、上手を探ったが、双葉山は右に廻り込む。 そして右下手も引きつけ白柱に一気に寄り進み、玉錦が右へ打っ棄ろうとすると、双葉山は胸を押してまともに寄り倒した。 大熱戦、上背に劣り、上手も引けぬまま長い相撲を取った玉錦の健闘は大いに称えられた。
  9月第 4回大阪大場所 2日目、九州山に召集令が下り取組前に挨拶、全員起立の万歳三唱をした。 力士召集の嚆矢である。
 横綱玉錦が12月 4日急逝した。玉錦は 5月場所後の名古屋表大相撲を打ち上げて後、 東北北海道樺太方面の巡業に出て、 9月15日より13日間の大阪大場所に出場、 途中 1日休場したが、双葉山休場の間隙を縫って11勝 2敗で優勝。さらに11月 1日より 7日間の小倉の大相撲があり、 双葉山を下手投げに降して全勝優勝。14年 1月での打倒双葉山を目指して懸命だったが、 その後宮崎巡業を終えて、自分が二所ノ関として(10年 1月より二枚鑑札)勧進元を務める大阪巡業へ向かう前日、宮崎の映画館で発病。 湯で腹を温めていたがこれは良くなかった。翌日、そのまま乗船、船上では痛みますます烈しく、医者の診断結果は虫垂炎だった。 強情一途の玉錦は、自分は盲腸ではないと言い張り、大阪上陸後、さっさと歩いて宿に入った。 どうにか説き伏せて手術したが腹中膿溢れほぼ手遅れ、どうやら12月 2日までは悪くなかったが、 3日頃から急激に悪化し始めた。 その晩、玉ノ海に「明日は死んでも取る、締め込みを持ってこいや」と言い、手は土俵入りの恰好、しかし力なく柏手を打つところで止まったという。 玉ノ海からの輸血も効無く、 4日午前 2時25分、豪横綱玉錦は34歳を一期として急逝した。
前画面に戻る