昭和14年
○昭和14年 1月 優勝 前17 出羽湊 利吉 13勝 1
 双葉山は前年 9月の大陸巡業でアメーバ赤痢に罹り、体重が10貫余減った。 それゆえ出場は微妙視されていたが、玉錦の急逝もあって敢然出場、 4日目安藝ノ海の外掛けに敗れ連勝が止まると両國・鹿嶋洋戦と連敗し、 9日目には玉錦弟子の玉ノ海に敗れ 9勝 4敗。武藏山は前年 6月西宮巡業の 3日目、巴潟戦で右股関節を脱臼、さらに右膝も痛めており休場。 優勝争いは全勝の出羽湊を 1敗で男女ノ川・肥州山で追う展開。男女ノ川は持病の右足関節炎が良くなり、 7日目玉ノ海に突き出されたのみ。肥州山は 6日目高登に敗れただけで 1敗。全勝の出羽湊は嘗て12年 1月に関脇になったが、 怪我が重なり17枚目まで下がったもので、技の冴えを見せて勝ち進み、10日目に羽黒山、11日目には玉ノ海の両小結を撃破、千秋楽には磐石を肩透かしに破って全勝優勝。 肥州山は12勝 1敗だった。男女ノ川は千秋楽双葉山に敗れ11勝 2敗。11日目の鏡岩−磐石戦で鏡岩が疲れて棄権を申し出たところ磐石も棄権、両者不戦敗となった。 また亡くなった玉錦の太刀持ち・露払いを務めていた土州山と海光山が、張りを失ったように揃って13戦全敗し引退するという椿事もあった。
・優勝決定の一番 千秋楽 出羽湊(肩透かし)磐石
 出羽湊が素早く左を差し浅く下手を取り、右から攻めて出る。磐石が左を捻じ込んで寄り返す端、出羽湊は左に廻り込んで左肩透かしを決めた。 これで出羽湊は肥州山を振り切って全勝で優勝を決定した。
・好勝負
  4日目 安藝ノ海(外掛け)双葉山

 藪入りの日曜日、満員札止めで国技館は大賑わいである。結び前、連勝いよいよ70に乗らんという強豪横綱双葉山が、 新人安藝ノ海と対する。初顔合わせである。場所前に安藝ノ海は双葉山と稽古できる(というよりも、させられる)機会があったが、安藝ノ海は腹の調子が悪く断っている。 この腹痛は、虫垂炎と分かった。その日のうちに大連市内の病院に入院して手術したが、さんざんこじれた後だったため傷が塞がらず、 東京に帰ってから再入院する始末。相変わらず膿が出る傷口には晒しを巻いて本場所の土俵に上がるような状態だった。 朝、安藝ノ海は前日上手投げで双葉山に負けた駒ノ里と稽古し、双葉山戦に備えて研究を重ねている。 一応安藝ノ海は作戦を立てた。まず最初の段階として、仕切り制限時間一杯の 1つ前に立つというのが狙いであった。 そして仕切り10回目、予定通りに立って安藝ノ海は猛然突っ張って出た。ここまでは実に思った通りであった。 しかし、双葉山は下から宛がってズバッと右を入れてしまったのである。安藝ノ海の予定は齟齬を来し始めた。 やや困惑気味の安藝ノ海は、取り敢えず左で上手を引き、右では先に前褌を取り、双葉山の右肩鎖骨の辺りに頭をつけた。 苦し紛れにこの恰好になったのだが、これは朝稽古での「こういう形になったら簡単には負けられない」という体勢そのものズバリだったのである。 とはいえ右差しは双葉山充分で安藝ノ海としては動きが取れなかった。しかし、この時の双葉山は右を覗かせただけ、左上手は遠かった。 つまり双葉山も右を差し勝ったものの充分とは程遠い恰好だったのである。計画が大きく狂った筈の安藝ノ海だが、実はこの狂いが大きく幸いした。 まず双葉山は右から起こすべく掬い投げを軽く打った。安藝ノ海はこれに対して伸びた左上手を必死に引きつけ、ますます頭を下げる。 双葉山は窮した。棒立ちのまま、左足を大きく引いて再度強引に右から掬う。安藝ノ海の左足は上がりかけた。 しかし安藝ノ海は右足で必死に踏ん張り、左足を掛けた。この外掛けは双葉山の右膝辺りに掛かっている。 確かに高い。ところが、反り身になり左足で踏ん張って投げを打っている双葉山、その右足は完全にさらわれてしまった。 双葉山はグラッときた。だが流石は双葉山、天下に喧伝されたその二枚腰で堪えつつ、右腕を伸ばして下手を掴み、足を外しながら櫓気味に下手投げを打つ。 安藝ノ海は左足を外されたが、右足で踏ん張り両廻しを引きつけて執拗く浴びせる。双葉山の左足は内側過ぎた。代わって右足を踏ん張りまだ右下手投げを続けるが、 左膝が折れた。安藝ノ海は左足を天高く蹴上げ、のしかかる。遂に双葉山は左膝、左腰の順で土俵の砂に埋まったのである。 伊之助の軍配が安藝ノ海に向いた一瞬、館内を静寂が包んだ。と、次の瞬間には百雷が瞬時に轟いたかのような怒号の嵐となった。 阿鼻叫喚地獄絵巻である。観衆は総立ちとなった。近くに存在するありとあらゆる物を土俵へ向けて投げつける。 座蒲団が投げられる。それが尽きると蜜柑が飛ぶ。さらにビール壜も、火鉢も…。館内の放送は「物を投げないようにして下さい」と怒鳴るが、 殺気立った観衆の耳には入る筈もなかった。終いには 3階席から人間が桟敷に降ってきたと伝わる。 際どい勝負となった時、力士の本能は両眼をして行司軍配に向かわしめる。 ところがこの時の安藝ノ海は、そのようなことをしたでもない、勝ち名乗りの記憶もない、勝ち残りの控えで涙にくれている。 座蒲団の嵐、土俵が埋まるほどだったと後で聞かされても、本人の記憶にはなく実感が沸かないという。 双葉山は、表情一つ変えず、引き揚げた…とする記事が見られるが、負け残りとして控えに残った。 桟敷の記者連も手捌きを思い出すこと能わず、彦山光三氏に訊ねる。しかし彦山氏とて完全に記憶を辿れない。 双葉山が左側面から倒れたということから推して、安藝ノ海の右外掛けだろうと断を下した。 ゆえに新聞はあらかた右外掛けと記したが、東京日日新聞に載った笠置山の解説には、左の外掛けと書いてある。 数日後、ニュース映画を見た記者が、安藝ノ海の左足を見て慄然とした。彦山氏にその話が伝わる。 この時彦山氏が「カメラとて正確とは限らん」と迷言を発したというのは有名な話。 英雄安藝ノ海は支度部屋で祝福されるがポーッとするばかり。その後出羽ノ海部屋に引き揚げるが、 国技館のすぐ近く、通常 3分もあれば帰れるところ、英雄見たさに蝟集した群衆が道中を埋めている。 交通整理の巡査が数人必死に頑張っている。安藝ノ海はその人々をかき分け、10倍の時間をかけてやっと帰りついた。 羽織の紐は既に千切れ、雪駄も失われ裸足という有様であった。部屋に引っ込んだ安藝ノ海だが、群衆の要求に負けて再び登場、万歳をやる。 群衆も和して万歳を唱える。そして藤嶋(常ノ花)の入院先へ出向いて報告し、今度は広島の母親に電報を打つ。 電報だけでは充分ではないと安藝ノ海は、自ら実家に電話を入れて勝利を報告する。英雄になった安藝ノ海の一日はかくして終わった。 安藝ノ海の会見は翌々日、支度部屋で行われている。敗者の双葉山は「あまり良い気持ちではないね」と寧ろサバサバしていた。 双葉敗る、時に昭和14年 1月15日、午後 6時32分。
  5日目 両國(打っ棄り)双葉山
  6日目 鹿嶋洋(下手投げ)双葉山

 双葉山は両國の右を引っ張り込んで右から割り出しにいく。両國は残して両差し、 双葉山は左で首を巻いて強引な吊り。さらに左上手を引いた双葉山は向正面に右外掛けから寄り倒そうとしたが、 両國は腰を落としてヒョイと左に打っ棄った。双葉山は全く落ち着かない相撲で連敗した。 6日目はもっと一方的に負けた。 鹿嶋洋は突っ込んで右差し、双葉山も右を入れたが、上手を取らせて貰えない。 鹿嶋洋が上手を引いて猛然寄り立てた。双葉山はやっと左上手を取ったがもう手遅れ、鹿嶋洋の右下手投げに土俵から転落して 3連敗となった。
  7日目 玉ノ海(突き出し)男女ノ川
 玉ノ海が右差し左おっつけから出るところ、男女ノ川は泉川から撓め出そうとしたが、 玉ノ海は堪えて右を抜き、突き出した。久々に好調で全勝だった男女ノ川に土がついた。
  9日目 玉ノ海(寄り切り)双葉山
 玉ノ海が飛び込んで右差し、掬い投げを連発して正面に寄り詰め、 双葉山が必死に堪えると右下手から強烈に出し投げを放って崩し、向正面で右前褌を突き上げるようにして堂々押し切った。 この日は玉錦四十九日の前日に当たる。玉ノ海の夢枕に師匠玉錦が現れ、胸を出してくれた。 玉ノ海は大汗をかいて目を覚ました。双葉山に勝った相撲の形と、稽古で師匠を押した形とは、全く同じであったという。 玉錦の霊前に勝利を報告する玉ノ海の写真が翌日朝刊を飾った。10日目朝、双葉山が引退届を出したという噂が流れた。 起きがけの安藝ノ海の許へ付け人(小島貞二氏)がやってきて、そのまま耳に入れた。安藝ノ海は跳ね起きるなり「そんな馬鹿なことがあるもんかッ」と付け人小島氏を凄まじい形相で睨みつけたという。
 11日目 出羽湊(上手投げ)玉ノ海
 玉ノ海の言うことには、前夜、玉ノ海の許に笠置山がやってきた。要するに出羽湊に勝たせてやってくれ、という依頼である。 玉ノ海は迷いはしたが、親友笠置山の言うことでもあるし、引き受けてしまったのだという。 その相撲は確かに素っ気無い。立って激しい突っ張り合いから押し合い、右四つから出羽湊が寄り立て左上手投げを打つと、玉ノ海は左手から落ちた。 出羽湊は前日の羽黒山に続いて両小結を破った。片八百長(出羽湊本人からの依頼ではない)で負けた玉ノ海には、当然後味の悪さが残った。
 11日目 鏡岩(両者不戦敗)磐石
 左四つで揉み合いとなり、投げと捻りの応酬を経て押し合ううちに水が入った。 再開後、寄り合いから鏡岩が二丁投げを見せるが、磐石は残した。両者取り疲れ、再度水入り、 2番後と決定した。 ところが、老大関鏡岩が棄権を申し出た。そうすると、磐石も「相手から星を貰うことはできない」と言って棄権を申し出る。 このため、前代未聞と思われる両者不戦敗と決まった。
○昭和14年 5月 優勝 横綱 双葉山 定次 15勝 6
 この場所から15日制となった。土俵の展開は 7日目を終わって全勝は双葉山・男女ノ川・安藝ノ海・新入幕の松ノ里、 1敗は玉ノ海と新入幕の照國。 8日目・ 9日目と松ノ里が連敗、男女ノ川は後半全く振るわず 9勝止まり。 9日目全勝同士で迎えた双葉山−安藝ノ海の一番は、寄り切って双葉山が勝ち前場所の雪辱は成った。 安藝ノ海は後半負けが込んだが10番勝った。11日目より照國が 3連敗して双葉山の優勝が12日目に決まったが、 13日目前田山が双葉山と同体取り直し水入りの大相撲を取って館内を沸かせた。 双葉山は千秋楽男女ノ川を突き出して全勝で 6回目の優勝。11勝 4敗の羽黒山が名寄岩との大関争いを制して大関昇進。 また鏡岩が引退、12月18日には武藏山が再起を果たせず土俵を去った。
・優勝決定の一番 12日目 双葉山(寄り切り)笠置山
 右四つ寄り切り。相撲にならず。
・好勝負
  7日目 男女ノ川(極め倒し)出羽湊

 男女ノ川が手を出して突くか差すかするところ、出羽湊は左に廻ってとったり、さらに引き落としで泳がせる。 突き合いとなって男女ノ川が向正面に追い詰めると、出羽湊は土俵際で右へ網打ちを振った。両者ほぼ同時に土俵を割り、軍配は男女ノ川に上がった。 物言いがつき取り直しとなり、今度は出羽湊が両差しとなる。男女ノ川は閂に極め、出羽湊が外掛けに防いで一度体が離れたが再度両差し、 男女ノ川も再度閂で出て極め倒した。
  9日目 双葉山(寄り切り)安藝ノ海
 仕切り 6回目安藝ノ海が突っ込むと双葉山は受け止めた。安藝ノ海が両前褌を引いて頭を下げ、一気に出る。 双葉山は向正面に詰まったが左前褌を取って右から絞り上げ、左から出し投げを放って安藝ノ海を起こした。 黒柱に寄る双葉山に対し、安藝ノ海は左から掬い投げを打って正面へ廻り込もうとしたが、双葉山は両上手から抜き上げて一気に寄り切った。 全勝同士の大一番を制して双葉山は復仇を果たした。
 13日目 双葉山(寄り切り)前田山
 前田山が両差しとなって攻めようとするところ、双葉山は左上手を引いて右から挟みつけ、赤柱に出て寄り倒そうとした。 これを前田山は左に打っ棄り、殆ど同体に倒れた。軍配は双葉山、物言いがついて取り直し。 今度もまた前田山が両差しとなり、双葉山が右を巻き替えようとしたが前田山は許さなかった。 双葉山は両上手を引き、前田山は左を肩まで差して機を窺い、動かず水が入った。 再開後、双葉山は右二枚蹴りで脅かし、ジリジリ寄り進んで赤柱に寄り切った。 同体取り直しと水入りの大相撲である。
 千秋楽 出羽湊(外掛け)名寄岩
     羽黒山(吊り出し)笠置山

 名寄岩と羽黒山が大関を争う。千秋楽の相撲が重要となった。名寄岩が先に出る。 出羽湊が左差し、右おっつけから出る。名寄岩は右から片閂に極めようとしたが、棒立ちになった。 出羽湊は右から名寄岩の腿に外掛け、そして右で肩を押し、強引に押し倒してしまった。 羽黒山は笠置山とがっぷりの左四つに組み、笠置山が左から巻くと羽黒山は残して吊り上げ、笠置山の右外掛けに構わず吊り出した。 この千秋楽の白黒が実際に大関争いの明暗を分けた。
 千秋楽 双葉山(突き出し)男女ノ川
 双葉山が突っ張って出ると男女ノ川は右に廻って突き返す。双葉山が前褌を狙ってくると男女ノ川はなお突き放す。 両者烈しく突き合い、双葉山が喉輪で突き上げ、白柱前で右に廻り込もうとする男女ノ川を、右から突き放して決めた。 双葉山は全勝優勝、 6回の優勝全てが全勝である。
前画面に戻る