昭和15年
○昭和15年 1月 優勝 横綱 双葉山 定次 14勝 1敗 7
 東西対抗制が復活した。出羽ノ海部屋の幕内力士が増加したためである。 土俵は上位が好調、 9日目を終わって全勝は双葉山、 1敗は男女ノ川・五ッ嶋・照國。 8日目、龍王山は双葉山に対して初ッ口で立つという奇襲を見せたが土俵に叩きつけられた。 10日目、 1敗同士の男女ノ川と入幕 2場所目の照國は照國の快勝。 翌日照國は安藝ノ海に寄り切られ 2敗。そして結び、双葉山が五ッ嶋の叩きに遭って遂に土がつく。 五ッ嶋は12日目、13日目に連敗、男女ノ川は上位戦でコロコロと負け、 双葉は13日目安藝ノ海、14日目前田山を破って優勝。千秋楽男女ノ川を破って14勝 1敗であった。 東西対抗は 173− 166で東、双葉山陣営が勝ち、12勝の照國が旗手を務めた。
・優勝決定の一番 14日目 双葉山(吊り出し)前田山
 前田山が烈しく突っ張ると、双葉山も突き返して応戦、幾度か見合って機を窺い、 前田山が飛び込んで左差し、右おっつけから上手を取って赤房に寄り立てる。双葉山は下がりながらも右上手を引き、右へ振るように吊り出した。
・好勝負
 初日 双葉山(上手投げ)相模川

 相模川の猛突っ張りは威力絶大で早くから天下に知られ、双葉山との顔合わせは長く待たれていた。 待望の初顔合わせである。立つなり相模川が喉輪を交えてガンガン突っ張れば、双葉山は一瞬棒立ちとなって観衆大いに唖然としたが、 双葉山は踏ん張って下からはね上げ、右四つ左上手に捕まえるや上手投げで綺麗に叩きつけた。
  2日目 相模川(突き倒し)玉ノ海
 相模川はドドドッと激烈な突っ張りを繰り出す。玉ノ海は土俵に詰まって右へ逃げるが、 相模川は右の一発でドンと突き倒し、その突っ張りの力を満天下に知らしめた。
  6日目 大潮(寄り切り)男女ノ川
 突き合いから大潮が去なし、左四つに組み合った。土俵中央でしばらく動かず機を窺ううち、 男女ノ川が上手投げから寄り身を見せる。しかし大潮は残して下手投げで廻り込み、逆に寄り立てて堂々と寄り切った。大潮老39歳、見事な大金星。
  8日目 双葉山(上手投げ)龍王山
 龍王山は前日アナウンサー連と呑んでいて「明日は仕切り一回で立つ」と冗談交じりに語り、親しい人にも同じ決意を漏らしていたというが、 果たせるかな龍王山は最初の仕切りで猛然立った。しかしこれが精一杯で、自分の本領たる突っ張りを忘れ、右四つに捕まってすぐさま上手投げで叩きつけられた。 双葉山は何か違うと既に感づいていたというから、これでは勝てるはずもない。
  9日目 清美川(寄り倒し)大邱山
 右四つに組んで大邱山が左上手出し投げを打とうとすると、清美川は切り返しを見せた。 このとき、清美川の廻しが緩くて締め直そうと近づいた行司善之輔が大邱山の下敷きに潰れてしまった。 検査役から物言いがついて右四つから取り直しとなり、清美川が寄り倒した。
 10日目 照國(寄り切り)男女ノ川
 突っ張り合いから男女ノ川が再三叩く。しかし照國は全然落ちず、なお突っ張る。 そして男女ノ川が左上手を取ろうと腕を伸ばしたところ、照國は二本差しとなり一気にがぶり立てた。 男女ノ川は黒柱から正面へと廻り込んだが、照國の寄り身は激しく、遂に土俵を割ってしまった。
 11日目 鶴ヶ嶺(寄り倒し)倭岩
 左四つから鶴ヶ嶺が上手を取るや東へ一気に走って左外掛けから寄り倒したが、 行司は鶴ヶ嶺の左が勇み足だとして軍配を倭岩に上げる。すると控えの巴潟が物言いをつけるのみならず、 激昂して土俵に上がり、倭岩の踏み切りが早いと主張して引かない。 検査長の春日野(栃木山)以下荒礒(新海)・佐渡ヶ嶽(阿久津川)・伊勢ヶ濱(清瀬川)・二子山(土州山)の各検査役が土俵に上がったが、 倭岩の足跡は見つからない。物言いに都合15分を費やし、行司と巴潟が折れず紛糾したものの、結局行司黒星で落ち着いた。
 11日目 五ッ嶋(叩き込み)双葉山
 五ッ嶋が突っ張って出ると双葉山が突き返し、寧ろ双葉山が突き勝ち、五ッ嶋は左に廻り込む。 双葉山は青房へ突き進み、五ッ嶋が右肩を出してきたので一撃で決めようと両手突きに出たところ、 五ッ嶋はサッとばかり左へ開いての強烈な叩き、双葉山はあっという間もなく土俵に這ってしまい、連勝は29でストップ。
×昭和15年 5月 優勝 関脇 安藝ノ海 節男 14勝 1敗 1
 双葉山と羽黒山の休場により東西対抗の興味が全く失われ、ひどい本場所となった。 双葉山は左肋骨後方捻挫による稽古不足で、 2日目鹿嶋洋の右筈押しに押し出され、 6日目櫻錦の両手突きにずるずる下がって突き出しの負け。10日目肥州山を右四つに組み止めながら土俵際で打っ棄られ左足を大きく踏み出して 3敗。 翌日五ッ嶋のとったりに沈んで 4敗となり休場した。羽黒山の方は大腸カタルと右足捻挫で体調不充分のまま場所に臨んだが、 十日目に 4敗、11日目に勝った後烈しい腹痛に見舞われ、虫垂炎の疑いで入院し休場。 優勝争いは安藝ノ海・照國・五ッ嶋の 3関脇で争われた。男女ノ川は双葉・羽黒が休んでいながら10番止まりだったところに限界が見える。 9日目を終わって 3関脇とも 1敗だったが、照國は10日目男女ノ川に叩き込まれて 2敗となり、 13日目、14日目と西方の 2関脇に敗れた。これで最終的に同部屋両関脇の争いとなり、 千秋楽安藝ノ海が松浦潟を寄り切って、不戦勝 2つながら14勝 1敗で優勝決定。 五ッ嶋は青葉山に敗れて13勝 2敗。東西対抗は 141− 202の大差で西、男女ノ川陣営が勝ち、 旗手は安藝ノ海であった。安藝ノ海と五ッ嶋が大関となった。
・優勝決定の一番 千秋楽 安藝ノ海(寄り切り)松浦潟
 安藝ノ海は左から右と差して赤柱に一気に寄り切って初優勝を決めた。
・好勝負
  2日目 鹿嶋洋(送り出し)双葉山

 仕切り直し 7回、双葉山が例によって受けたが、鹿嶋洋は右筈から一気に押し立てた。 双葉山は忽ち土俵に詰まり右から窮余の掬い投げを打った。しかし効かなかったばかりか悪いことにすっぽ抜け、 腰を落として堪えた鹿嶋洋はすかさず送り出した。
  2日目 大浪(押し倒し)男女ノ川
 突っ張り合いから男女ノ川が東に突き進んだが、大浪は残して左に飛び、長い腕を利して左後ろ褌から出し投げを打った。 男女ノ川は泳いだ。大浪はそこに飛び込んで左差し、右から押し立てて正面に押し倒した。 西支度部屋では「鹿嶋洋万歳」が高らかに唱和されているのに、男女ノ川に勝った東の大浪には誰も祝いにこなかった。
  6日目 金湊(突き落とし)前田山
 金湊は左筈で押す。前田山がそれを泉川で撓めようとすると、金湊は前田山の右腕をとったり、 さらに引き落としを見せ、加えて渡し込みを見せた。いわゆる手四つで睨み合った後、 前田山は右上手を取り左外掛けで攻めたが、金湊は嫌って突き放し、左筈で攻め、前田山の右腕を取って逆とったりにいけば前田山は大きく吹っ飛んでいった。
 10日目 男女ノ川(叩き込み)照國
 激しく突っ張り合い、男女ノ川が叩くと照國は残し、再度突き合いから男女ノ川が叩く。 照國はこれも残して押し立てる。男女ノ川は青柱から正面に廻り込んでまたも叩いた。 照國は遂に耐え切れず男女ノ川の股間に頭から突っ込み土俵に這った。男女ノ川は照國の背中にドシンと落ちて馬乗りで一服の構図。観衆は大いに爆笑した。
 11日目 五ッ嶋(とったり)双葉山
 時間一杯から立って五ッ嶋が右筈左おっつけで出ると双葉山は右をねじ込んで左上手を狙う。 五ッ嶋は左に廻り込んで双葉山の右差し手をとったりの強襲、双葉山はどうにか残そうとしたが、五ッ嶋のとったり連発に黒柱に横転、 4敗となり休場に追い込まれた。
 13日目 安藝ノ海(下手投げ)照國
 照國が突いて出ると安藝ノ海は右喉輪で押し返し、照國が右を入れると安藝ノ海は突き放す。 そして安藝ノ海が左四つに組んで左へ廻り、右から絞って二本差しで寄り立てた。 照國は土俵一杯に堪えて右を巻き替えようとした。この機を捉えて安藝ノ海は左下手から出し投げを打って決め、 1敗を守った。照國は 3敗となって大きく後退。
前画面に戻る