昭和16年
◎昭和16年 1月 優勝 横綱 双葉山 定次 14勝 1敗 8
 応召の九州山は復員したが休場した。新大関として登場の五ッ嶋は場所前の稽古で左膝を痛め、悪化して10日目より休場となった。 優勝争いは11日目を終わって双葉山・羽黒山・安藝ノ海が全勝であった。12日目安藝ノ海が照國に切り返しで倒され 1敗したが、 その後土俵に凄まじい嵐が吹いた。主役はこの場所好調で 2敗の大関前田山。11日目旭川を猛突っ張りから吊り出し、 12日目には羽黒山を突き飛ばし、さらに13日目の双葉山戦、得意の張り手で先制して捨て身の吊り出しで遂に勝ち、宿願を果たした。 翌日名寄岩の怒濤の寄りを打っ棄った前田山は立浪部屋の 4力士に完勝した。 双葉山は14日目安藝ノ海の速攻に苦戦して大相撲、取り直しの末寄り切った。そして千秋楽羽黒山は安藝ノ海を上手捻りに降したが、 双葉山は男女ノ川を左上手投げで簡単に倒し、同じく 1敗で上位者優勝を果たした。 東西対抗は 177− 162で東、男女ノ川陣営が勝って、10勝 5敗の笠置山が旗手。
・優勝決定の一番 千秋楽 羽黒山(上手捻り)安藝ノ海
             双葉山(上手投げ)男女ノ川

  1敗で残った羽黒山は、安藝ノ海と対戦する。羽黒山が右を差し、右四つ両廻しを掴むなり吊って東に出た。 安藝ノ海は足をバタつかせて残し、右下手投げで廻り込んで頭をつけた。羽黒山も右前褌、両者頭をつけ合い、伸びた廻しを引き上げながら羽黒山が黒柱に出る。 安藝ノ海は残して土俵中央に戻し、暫しの攻防戦の後伸びた両前褌を引きつけながら西に一気に押し立て攻め込んだ。羽黒山、土俵に詰まるかに見えたが強烈に左に捻る。 安藝ノ海は体が捩じれて土俵に倒れ、羽黒山は 1敗を守った。双葉山の結果如何では羽黒山の初優勝もあり得たが、 双葉山は右四つから出てくる男女ノ川を上手投げであっさり倒して優勝を決めてしまった。
・好勝負
  6日目 安藝ノ海(寄り切り)玉ノ海

 全勝同士の大一番、藪入りまで重なって客が前日から押しかける。前夜 9時40分に木戸を開け、 午前 2時30分には満員札止め、入れず帰った客が 1,500人に上る。期待の一番、玉ノ海が突っ張って出ると安藝ノ海は下がったものの突き返す。 玉ノ海は右前褌を取り、捏ね上げて正面に寄る。安藝ノ海は残して廻り込み、左上手を取って前褌に持ち替え、頭をつけて右を欲しがった。 玉ノ海はこれを防いで暫し揉み合い、玉ノ海は 2回寄り立て安藝ノ海を追い詰める。 安藝ノ海はこの猛攻を廻り込んで凌ぎ、遂に両前褌を引きつけるや、グイグイ絞り上げて寄り進み、懸命に粘る玉ノ海を東に寄り切った。 期待以上の白熱戦であった。
  6日目 双葉山(引き落とし)大和錦
 大和錦がぶちかまして両差し一気に西に迫った。受けた双葉山は忽ち後退、棒立ちで土俵際に追い込まれたが、 左で強烈におっつけて相手を浮かせ、右上手を引き右に廻って透かし落とした。大和錦のこれ以上ない出足と、これを凌ぎ切る双葉山の腰。
 12日目 前田山(突き出し)羽黒山
 13日目 前田山(吊り出し)双葉山
 14日目 前田山(打っ棄り)名寄岩

 16年 1月場所は、双葉と羽黒の優勝争いで記憶される場所ではない。尤も同部屋の横綱大関とて顔合わせはないし、 相星で終わっても決定戦がないから、想像する楽しみはあっても、現実としては一定線以上の興味を喚起することができないのである。 この場所は、前田山が荒れ狂った場所として記憶さるべきなのである。前田山は10日間終わって 2敗、11日目には立浪部屋の参謀格たる旭川を倒している。 そして12日目には全勝の羽黒山が相手となった。時間一杯、互いに待ったが 1回、 3度目に立って羽黒山が左を覗かせたが、 前田山はこれを嫌って烈しく突っ張り、さらに左右からの張り手をお見舞いした。 これをまともに受けた羽黒山は脳震盪気味にくらつき、前田山の叩きに次ぐ突きにそのまま突き出された。 あれは相撲じゃないと激昂した羽黒山だったが、前田山は意に介さない。明くる13日目、前田山に双葉山、前田山にとって双葉山は、大相撲には持ち込めてもなかなか突破できない大きな壁であった。 立ち合い前田山は両差しを狙ったが、双葉山は左から引っ張り込んで右から強くおっつけた。差せぬと見るや前田山は猛然突っ張り、さらに張り手も交える。 双葉山は右四つに持ち込もうとしたが、前田山の左絞りに遭って左を巻き替え右を上手として左四つとなった。左四つは前田山の組み手である。 互いに機を窺い数十呼吸、前田山が横吊りに向正面土俵に迫り、左へ左へ。双葉山は右足を俵に掛けて堪えんとする。 しかし前田山は、さらに吊り上げ、体を左に倒しながら振る捨て身の必殺技に出た。 遂に双葉山は抗い得ず東土俵下に飛んでいった。前田山の念願は達成された。双葉山は、張り手も相撲の手だと前田山を弁護、 張り手の是非を問う議論が起こったが、前田山の闘魂を評価する声の方が勝った。 14日目、立浪の 3力士が薙ぎ倒されたとあっては黙っていられぬ名寄岩が、左四つからドッとばかり前田山を追い詰めた。 しかし前田山は怜悧であった。この寄りを左に打っ棄って名寄岩をも打ち破ってしまった。
 12日目 照國(切り返し)安藝ノ海
 照國が立ち合いに叩けば安藝ノ海は泳いだものの立ち直り、突っ張り合いから今度は安藝ノ海が叩いた。 照國は残して左差しから出る。安藝ノ海は強引に下手投げを打とうとしたが、照國は右へ切り返して快勝、安藝ノ海に土がついた。
 14日目 双葉山(寄り切り)安藝ノ海
 仕切り10回目、安藝ノ海が喉輪で先制すると双葉山は後退したが残す。 安藝ノ海はサッと左を差して頭をつけ、右から絞って前褌を取る。双葉山は右上手から捻る。 安藝ノ海はなお腰を落として構え、左下手深く右から絞り上げながら頭をつけたまま赤柱に出る。 全く窮した双葉山だったが、土俵に詰まるや右に打っ棄ろうとする。安藝ノ海は承知の上で右から外掛けに防いだ。 ところが双葉山は左へ跳ね飛ばすように大きく打っ棄りに出た。安藝ノ海は左足を大きく上げて土俵外に飛び、 双葉山も赤柱前に崩れた。軍配は双葉山、物言いがつき、取り直しとなった。再戦は安藝ノ海が右から入って左を差そうとしたが、 双葉山はこれを阻んで右を捻じ込み、右下手投げから寄り立て、右差し手を上げて青柱に寄り切った。
○昭和16年 5月 優勝 大関 羽黒山 政司 14勝 1敗 1
 男女ノ川は 2日目新入幕双見山に金星を与えるなど絶不調、 6日目から坐骨神経痛のため休場。 また安藝ノ海は場所中にマラリア熱を出して前半と後半とでは別人の如く、 8日目から大崩壊。 五ッ嶋は 7勝 2敗から 6連敗して負け越し、大関 2場所にして陥落が決まった。 前田山は瓢廻しの大技を振るうなど頑張ったが、東方を支えるのは荷が重かった。 優勝争いは西方でのみ演じられ、結果は羽黒山が14勝 1敗で初優勝。双葉山・照國・玉ノ海が 2敗、 松浦潟と二瀬川が 3敗の好成績だった。羽黒山は力強い堅実な相撲で、11日目肥州山の左下手搦み投げに敗れたのみの優勝で、横綱に推された。 双葉山は不調、星こそ13勝であるが、バタ足で落ち着かず集中心も欠き、 8日目櫻錦の蹴手繰りに這い、 10日目綾昇の喉輪攻めからの叩きにのめって突き出された。さらに14日目前田山を西へ寄り切った際に右足を踏み越して大物言いとなった。 東西対抗は 180− 203で西、双葉山陣営が逆転勝ちし、旗手は大関が約束された照國が務めた。
・優勝決定の一番 千秋楽 羽黒山(押し倒し)前田山
 立ち合い羽黒山が頭を下げて踏み込んだが前田山は突っ張った。 羽黒山も突っ張りで応戦し、前田山が向正面に廻って右から素首落としにいくところ、羽黒山はすかさずついていって右前褌を取り前進、 前田山が窮して左を巻き替えるにも構わずそのまま出て西に押し倒した。
・好勝負
  2日目 双見山(押し切り)男女ノ川

 互いに激しく突っ張り合ったが、双見山が左喉輪右筈で一気に押して出た。 男女ノ川は左から突き落とそうとしたが、双見山は構わず押し込み、右足が上がってなお堪えんとする男女ノ川を押し切ってしまった。 11枚目に新入幕した双見山、 2日目に早くも初金星を獲得。
  3日目 二瀬川(寄り切り)五ッ嶋
 時間一杯前、二瀬川が立って突っかけると、五ッ嶋は土俵下に吹っ飛ばされてしまった。 立って五ッ嶋が突いて出ようとしたが、二瀬川は右に廻って去なし、五ッ嶋が辛うじて残し右四つから巻き落とそうとしたが、 二瀬川は残して寄り立て寄り切った。
  3日目 前田山(瓢廻し)楯甲
 楯甲が突っ張って出ると、前田山は叩いた。楯甲は前のめりになったが、そのまま前田山の左足に抱きついて出てきた。 さあ前田山は驚いてトットットッと後退、あわやと思われた刹那、土俵際で右上手を辛うじて引くや左で頭を押さえ、左下に振って辛うじて逆転、 瓢廻しの珍技が完成した。叩いたものの懐の浅さを曝露して残され、実に危なかったが、前田山の粘りが物を言った。
  7日目 笠置山(頭捻り)照國
 笠置山は左差し右おっつけ、頭をつけて出る。照國は右を巻き替えるが、笠置山もすぐに左を巻き替えて両差し、 右で前褌を引いて寄る。照國は突き放そうとしたが、笠置山は喰いついたまま離れない。 土俵に詰まった照國は必死に寄り返そうとしたが、その端を左下手からの頭捻りで捩じられ横転してしまった。 落ちないことでは定評のある照國だが、笠置山の手にかかるとどうにも前に脆くなる。
  8日目 櫻錦(蹴手繰り)双葉山
 仕切り 7回目、櫻錦は猛然立って双葉山の胸に刺さった。と見る間に双葉山は四つん這いになっていた。館内唖然の一番であった。 櫻錦には秘策があった。練りに練っていた。立って当たった次の瞬間、櫻錦は左に飛んでいた。 そして踏み込んでくる双葉山の右足に対して櫻錦は右足を飛ばし、両手で叩いて後ろに大きく飛んだのである。 それだけでなく、櫻錦は右踵で双葉山の右踵を蹴ったのだった。驚くべき早業であった。双葉山は右目が見えない。 気づかれていないということにはなっていたが、平幕当時花道奥で不自然に体を捩じっていたことや、 右目に白い星がある(双葉山が横綱となって以降は、その白い星に射竦められたような気になった力士もあった)ということから、 多くの力士は気づいていた。しかし櫻錦は知らなかったという。双葉山は見えない右目の方に飛ばれて対応できなかったらしいが、 右目のことを知られたのではないかとかなり焦ったという。
 10日目 綾昇(突き出し)双葉山
 綾昇は、立つ時に左肩を下げる癖がある。双葉山はそれを見て立ったが、綾昇は一瞬遅れて立ち、左喉輪で猛攻を見せる。 双葉山は右でおっつけたが既に棒立ち、強引に押し返す端、綾昇は左喉輪を外すや上透かしを見せて右に廻り込み、 双葉山が土俵際で立ち直ろうとするところ、すかさず一突きして黒房に突き出した。 綾昇も双葉山にやっと勝てたのだが、立ち合いがペテン立ちだと非難された。
 11日目 肥州山(搦み投げ)羽黒山
 立つなり肥州山が両差しになって寄ると、羽黒山は土俵際で堪え、左四つに持ち込む。 羽黒山が寄り返して吊ると、肥州山は浮きながら足をバタつかせて残し、数呼吸あって羽黒山が吊ると肥州山も吊り返し、 羽黒山が右外掛けで防ぐところ、肥州山も必死に堪えて東に横吊り、土俵際で左足をはね上げて搦み投げを打った。 羽黒山は必死に右上手投げから体を預けようとしたが、遂に及ばず 1敗となった。力勝負である。
 14日目 双葉山(突き出し)前田山
 立って右四つになったが前田山が嫌って突っ張った。しかし双葉山が再度右四つに組んで左上手を引きつけ東に出る。 しかし落ち着かず左上手投げで引き戻す形、土俵中央、双葉山は出ようとするが足がバタバタする。前田山は顎が上がりかけながら必死に踏み止まろうとする。 双葉山はなおバタつきながらも右外掛けで崩して西に一気に寄り切った。ところがこの時双葉山の右足が俵を大きく越え、芝田山(宮城山)から物言いがついた。 この協議が長く、30分かかって取り直しが決定。立って猛烈な突っ張り合い、突き勝った双葉山が向正面に進み、ドンと行司溜まりに突き飛ばした。
 千秋楽 照國(寄り切り)五ッ嶋
 突っ張り合って五ッ嶋が叩いたが効かない。照國は両筈で押して出て東に五ッ嶋を追い詰める。 五ッ嶋が突き返そうとする端、照國は叩いた。五ッ嶋は西に大きく泳ぎ、辛うじて向き直ったが、照國は左差し右から攻めて左を上げて寄り切った。 照國は13勝目で大関昇進となったが、五ッ嶋は負け越しが決まって大関陥落と、はっきりと明暗が分かれた。
前画面に戻る