昭和17年
◎昭和17年 1月 優勝 横綱 双葉山 定次 14勝 1敗 9
 太平洋戦争突入後初の本場所である。この場所より仕切り制限時間が幕内 7分となった。 五ッ嶋は関脇に下降したがこの場所を全休、廃業した。また男女ノ川は 9勝 6敗と振るわず、 場所後引退を声明した。この場所より幕内に応召者が増えた。前田山は中耳炎のため途中休場。 初日新大関照國が相模川に突き倒されて黒星スタート。 3日目には新横綱羽黒山が増位山に突き出された。 5日目には双葉山が豊嶋の激しい押しに抗し切れず押し切られた。安藝ノ海は12日間連勝。 照國は10日目陸奥ノ里に引き落とされて 2敗となる。羽黒山は12日目苦手の相模川に敗れて 2敗。 13日目、全勝の安藝ノ海と 1敗の双葉山の対戦は、右四つから寄り倒して双葉山の完勝。14日目、双葉山が肥州山を上手投げで破り、 安藝ノ海が羽黒山に寄り倒されて双葉山の優勝が決まった。東西対抗は 205− 156で東、双葉山陣営が勝ち、 新入幕で12勝した輝昇が旗手を務めた。
・優勝決定の一番 14日目 双葉山(上手投げ)肥州山
             羽黒山(寄り倒し)安藝ノ海

  1敗の双葉山は肥州山と対戦、双葉山得意の右四つとなって二枚蹴りや上手投げで攻めると、 肥州山は下手投げで応じ、土俵中央で動きが止まり水入り。再開後、双葉山は右の下手から揺さぶって起こし、左上手からの上手投げ一閃、見事に決まった。 一方、もう一人の 1敗安藝ノ海は、新横綱羽黒山に当たったが、左差し右前褌を引いた羽黒が寄り立て、安藝ノ海が慌てて土俵際反り身になって左を巻き替えようとするを許さず、 右からおっつけて寄り倒した。これで双葉山の優勝が決定した。
・好勝負
  5日目 豊嶋(押し切り)双葉山

 時間一杯から豊嶋ぶちかまして両筈から押す。双葉山は忽ち後退したが東でどうやら堪えて押し返した。 しかし豊嶋は正面に逃げようとする双葉を追ってぶちかまし、左筈右喉輪で猛攻を浴びせ、横向きの双葉山を押し切って完勝した。
 12日目 相模川(上手投げ)羽黒山
  1敗と健闘する新横綱羽黒山は 9日目双葉山に善戦した相模川と対戦、相模川の突っ張りを堪えて左四つに横綱は組み止めた。 羽黒は寄り立て、相模が堪えると左下手から捻った。しかし腰が入りすぎてぐらつき、相模川の鯖折り気味の上手投げに土俵中央潰されてしまい優勝争いから後退、事実上脱落した。
 13日目 双葉山(寄り倒し)安藝ノ海
 全勝の安藝ノ海が、最大の難敵たる横綱双葉山に挑む満場注目の大一番。 時間一杯から立ち上がって安藝ノ海猛然と突っ張り双葉の右差しを許すまいとし、 次いで安藝ノ海左前褌を引いて頭をつけて出ようとする。対して双葉は右を差し込み左上手を引きつけ正面に寄り立て、 窮した安藝ノ海が首投げを見せるのにつけ込んで、右をなお深く差し東に迫る。 安藝ノ海は辛くも残して寄り返さんとしたが、双葉はなお寄り立て、腰を割って赤柱に寄り倒し完勝、戦前の下馬評を覆す完璧な強みを示した。
 千秋楽 双葉山(寄り切り)男女ノ川
 既に優勝を決めている双葉山は、 9勝 5敗の横綱男女ノ川に対し、男女ノ川が左から張ると双葉が左差し、 男女ノが右から泉川に振ろうとするのにつけ入り右横褌を引きつけ、向正面に寄り切った。男女ノ川は 6敗を算え、引退を表明した。
◎昭和17年 5月 優勝 横綱 双葉山 定次 13勝 2敗 10
 東西の均衡を図る意味で伊勢ヶ濱部屋の力士を西へ、前田山を東へ回す異動が行われた。 羽黒山は急性腎臓炎と胃カタルを併発し、無理して出場したがやはり 6日目より休場した。 優勝は双葉山、安藝ノ海、照國、名寄岩で争われた。 6日目名寄岩は相模川の掬い投げに敗れ、 照國が輝昇に叩き込まれた。安藝ノ海は神風に苦戦したが、取り直して辛勝。 11日目照國は高熱を押して出場の玉ノ海に寄り切られ 2敗となる。12日目、安藝ノ海−名寄岩は安藝が外掛けで勝つ。 そして全勝の双葉山が強引な相撲で清美川の外掛けに倒れ 1敗となった。 13日目、名寄岩は照國に寄り倒されて脱落。14日目、変動の第二波があった。 全勝の安藝ノ海が前田山の変わり身の早さにしてやられ寄り倒されて遂に土。 そして双葉山は照國に対し気負って出るところ下手投げに大きく弧を描いて倒れ 2敗。 千秋楽、照國は 2敗を守ったが安藝ノ海が上にいて優勝の目はない。結びは 1敗の安藝ノ海に 2敗の双葉山。 勝った方が優勝の大一番となったが、右への大きい打っ棄りで双葉の10回目の優勝は達成された。東西対抗は 163− 202で西、安藝ノ海陣営が勝って、 旗手には大和錦が選ばれた。
・優勝決定の一番 千秋楽 双葉山(打っ棄り)安藝ノ海
 映画「双葉山物語」での和田信賢氏の実況を掲げる。 「続く一戦は、忘れんとして忘れ得ぬ、安藝ノ海の登場である。 昭和十四年一月場所四日目、当時白面の、一幕内力士たる、出羽一門の新鋭安藝ノ海が、双葉山七十連勝のゆく手を阻んでより、 茲にそれより五ヶ年、双葉山には安藝ノ海、双葉山には安藝ノ海、安藝ノ海には双葉山、安藝ノ海には双葉山といえば、全国ファンの視聴を、この一戦に、集めさせたものであった。 思い出の、名勝負の一掬であります。両力士、右、左を下ろして入念の仕切りであります。双葉の堂々たる土俵態度に比較致しまして、安藝ノ海また、怯めず臆せず、これまた威風凛たる、堂々たる土俵ぶりであります。 流石双葉よ安藝ノ海よ、名勝負を生んだだけの、両力士の対戦、誠に堂々たる仕切り態度であります。 この間(かん)にありまして、互いに戦機は満ちました。両力士、足の位置が決まりました。下がりを捌きました。 中腰から右、左、下りました。立ち上がりました、安藝どーんとぶつかって左へ開きました。互いに残りました。左を入れました。左を入れました安藝ノ海盛んに左を入れました。 ぐーっと左からの下手投げは残りました。安藝ノ海左から左からぐるぐる廻りながら、近代速攻相撲の妙を見せながら、速攻にぐいぐい攻め勝っております。 双葉山防戦、右上手を取っただけ、双葉山防戦であります。安藝ノ海、肩口に、相手の肩口に頭(ず)をつけまして、ぐーっと下から、這い寄る(?)ように致しまして、ぐいぐい攻めております。 左の下手を充分に取りまして、安藝ノ海。右の上手を取ってやや防戦の、双葉山であります。背中を向けましたのが、安藝ノ海、向こう側が、双葉山、互いに両力士、相手の機会を窺っております。 双葉山、相手の、左の差し手を入れておりますが、これは殺されております。左四つであります。左四つの体勢から、安藝ノ海ぐーっと出んとしております。 互いにじりじり機会を窺っております。互いにじりじり機会を窺っております。前半は素早い動きに、安藝ノ海有利でありましたが、このところ土俵は七分三分、やや、安藝ノ海、土俵はぐーっと分がございますが、ちょっと攻勢が頓挫した恰好であります。 これに対しまして双葉山、相手の出を窺っております。互いに虚実の態度、虚実を窺っておるところであります。 両力士、ぐーっと今度は安芸、じりっじりっと出ました、安藝ノ海じりっじりっと出ました。双葉山これに対しまして、相手の出を窺っております。 あっ安藝ぐーっと下から、たくし上げるようにして、ぐーっと、出ました安藝ノ海出ました安藝ノ海危ない安藝ノ海出ました双葉山土俵危ない危ない、危ない安藝ノ海出た、双葉山打っ棄りました、大きく右側に打っ棄りました、打っ棄って双葉山の勝ちであります。 完全に双葉山、大きく、大きく打っ棄りました。双葉山、安藝ノ海を破ったのであります。安藝ノ海善戦空し。」
・好勝負
 初日 九州山(蹴返し)羽黒山

 九州山お馴染みの両腕ぶん廻し戦法に羽黒応戦して突っ張り合いから、九州山が右差しを狙ってくるところ羽黒は嫌って突き放す。 九州山突き返せば羽黒さらに猛烈に突いて勝ちを制せんとする。九州ここでさっと引く。羽黒はのめって慌てた。 九州山は左足を飛ばして蹴返しにいった。羽黒は堪えられずバッタリと倒れた。羽黒は体調不充分を隠して出場、隠し切れず 6日目から休場した。
  6日目 安藝ノ海(上手投げ)神風
 神風が左差し右上手を取って喰い下がり、安藝ノ海が打った下手投げを残して寄り立て上手投げ、 安藝ノ海は左外掛けで残して数合、安藝ノ海両差しとなり寄り立てると神風が右上手から搦み投げ、安藝ノ海左下手投げを打ち返し殆ど同体に倒れた。 軍配は神風ながら物言いがついて取り直しとなった。安藝ノ海が左に飛んで叩きを見せ上手、右四つとなって頭を下げ、 左へ左へ動いてさらに正面に寄り立てた。神風は右下手投げで逆転を狙ったが安藝ノ海左上手投げを放って上から潰した。
 14日目 前田山(寄り倒し)安藝ノ海
 立ち合い烈しい突っ張り合いから前田山が去なしてなお突っ張ったが安藝ノ海二本差しに成功して向正面に寄り立てた。 前田山は土俵際詰まったが、左上手から抜き上げて廻り込み逆に寄り立てた。安藝ノ海は左に打っ棄ろうとしたが前田山はのしかかり左外掛けで一瞬の差で寄り倒した。 物言いはついたものの成立せず、全勝安藝ノ海に土がついた。
 14日目 照國(下手投げ)双葉山
 安藝ノ海が初黒星を喫した直後の注目の初顔合わせ。照が先に立ち一瞬両差し、双葉山は両褌を引きつけて堪え、 瞬時に右を巻き替えるや白柱に寄って出た。照國は下がりながらも堪えつつ右に廻って右から強く下手投げを打った。 双葉山は気負ったことから残せず、大きく浮いて土俵下に尻から倒れた。
前画面に戻る