昭和18年
◎昭和18年 1月 優勝 横綱 双葉山 定次 15勝 11
  4横綱の番附となり、その横綱陣が安定した強味を示し充実した場所となった。 8日目に安藝ノ海が柏戸に倒され 1敗したが、他の 3横綱は全勝で進む。 13日目 1敗の安藝ノ海と全勝の羽黒山の一戦は、安藝ノ海の強烈な掬い投げが決まった。 14日目、 1敗の安藝ノ海と 3敗の前田山の一番、土俵際の攻防で前田山が勝ったが、この時安藝ノ海が右足小指を裂き千秋楽休場となった。 同じく14日目全勝同士の照國−双葉山の一番は、物凄い大相撲の末寄り倒して双葉山が勝ち、 ここで双葉山は11回目の優勝を決定、千秋楽安藝ノ海休場による不戦勝を得て全勝優勝を飾った。 双葉山全勝、照國 1敗、羽黒山 2敗、安藝ノ海 3敗という実に素晴らしい場所であった。 東西対抗は 162− 165の僅差で西、双葉山陣営が勝ち、旗手は輝昇。
・優勝決定の一番 14日目 双葉山(寄り倒し)照國
 立って照國が激しく突っ張って出ると、双葉山は堪えて左四つとなった。 両者廻しを引き合って土俵中央にて揉み合い、照國が下手投げを打つと、双葉山も下手投げで応酬した。 その後両者機を窺って慎重に構え、がっぷり左四つのまま水が入った。再開したが、相変わらず両者は慎重で一切仕掛けず、 引き分けにならんかというその時、双葉山が突如下手投げから黒柱に迫ると、照國は寄り返して下手投げを見せた。 しかし双葉山は廻り込むや青柱に向かって猛然とがぶった。照國は右の外掛けで防ごうとしたが、双葉山はさらに追撃、 照國が土俵際で左に打っ棄ろうとするところ、双葉山は照國の肩を押し、ドーッと寄り倒した。 寛政以来の大相撲といわれる四つ相撲の大攻防戦、全勝同士の横綱対決は、双葉山が勝って優勝を決定づけた。
・好勝負
  8日目 柏戸(下手投げ)安藝ノ海

 右がっぷり四つに組み、安藝ノ海が左上手櫓で再三ぶん廻す。 柏戸は堪えて右の外掛けで防ぐ。安藝ノ海の廻しが緩んで締め直し、土俵中央で数呼吸。 また安藝ノ海が上手櫓にいくと、柏戸は右外掛けで西に出ていく。安藝ノ海は残して大きな上手投げで逆転を図ると、 柏戸は左の外掛けで阻んだ後、右から下手投げを打った。さらに柏戸は横綱の右足に左手を掛けて止めを刺す。 この投げの打ち合いは安藝ノ海が僅かに早く倒れ、全勝 4横綱の一角が崩れた。
  9日目 九州山(足取り)名寄岩
 立ち合い九州山は突っ張ると見せて猫騙しの奇襲、驚いた名寄岩の右を通り抜け、 名寄岩の右足をもろに担ぎ上げた。名寄岩は訳も分からぬうちに前にのめってしまった。新大関名寄岩、珍相撲に屈す。
 11日目 輝昇(突き出し)豊嶋
 時間一杯で立って輝昇が一気に豊嶋を突き出し、懸賞の商品も土俵に上がって勝ち名乗りがあがるというとき、 豊嶋は立ち合いにまだ手を下ろしていなかったとて検査役にアピール、結局検査役物言いとなって取り直しとなった。 しかも待ったなし、いきなり立ち合う形での取り直しである。再戦は豊嶋が突き勝って追い詰めたが、輝昇は土俵を伝って逃げてとったり、豊嶋は泳いで赤柱に突き出された。
 13日目 安藝ノ海(掬い投げ)羽黒山
 立つや安藝ノ海は左差し右前褌、頭もつけて充分となる。羽黒山も両廻しを引いて寄り合いを見せる。 羽黒山は下手捻りを見せたが安藝ノ海は揺るがず、互いに機を窺い、安藝ノ海が猛然正面に寄り立て、羽黒山が懸命に寄り返さんずる瞬間を捉えて放った強烈な左掬い投げが見事に決まった。
 14日目 前田山(上手投げ)安藝ノ海
 安藝ノ海が当たって左を差したが、前田山は右上手を引き、上手投げを打って寄る。安藝ノ海は土俵際で残して両差し、 左掬い投げから吊り身に寄り返す。前田山は両上手を引きつけて残し、激しい吊り合いとなる。 吊り合いは腕力差で前田山が勝った。安藝ノ海は右手で押し倒そうとしたが、前田山は引き上げるように右上手投げを打った。 安藝ノ海は遂に堪え切れず黒柱前で土俵を割った。この相撲で安藝ノ海は右足の小指を裂いて千秋楽は休場となった。
 千秋楽 照國(寄り倒し)羽黒山
 照國は激しく突っ張って出て左差し、右からおっつけて速攻の寄り身に出た。 羽黒山は上手も取れず忽ち後退、右で首を巻いて左から外掛けにいったが、苦し紛れのつもりが逆に苦しみを増幅させた。 この外掛けが掛かったところは何と照國の背中、羽黒山は当然棒立ちとなる。照國は両差し手を上げて突きつけるようにして白柱に寄り倒し快勝した。
◎昭和18年 5月 優勝 横綱 双葉山 定次 15勝 12
 戦局が日本に不利になり空襲警報が鳴り渡り、 4日目の夜に警戒警報が発令されて翌日より 3日間の興行中止となった。 さらに10日目の青葉山−龍王山の水入り引分の相撲に対し、敢闘精神欠如として両力士出場停止処分が下るということもあった。 横綱陣は照國が場所前に右手首を捻挫し、中盤で 2敗した。安藝ノ海もまた粗い相撲で中盤に 2敗。 全勝の羽黒山が14日目照國の掬い投げに敗れて土がつき、この日全勝を守った双葉山の 4場所連続12回目の優勝が決まった。 双葉山は千秋楽照國を掬い投げに破って 2場所連続の全勝優勝を遂げた。 東西対抗は 165− 168で西、照國陣営が勝ち、清美川が旗手を務めた。
・優勝決定の一番 14日目 双葉山(寄り切り)豊嶋
             照國(掬い投げ)羽黒山

 全勝、29連勝中の双葉山は豊嶋の筈押しからの突進を受け、東土俵に忽ち詰まった。 しかし流石は双葉山、廻り込んで左差しから寄り進み、慎重に寄り切った。結び、同じく全勝、14連勝中の羽黒山は照國と対戦、 照國が突っ張って素早く両差しとなると羽黒山は両上手を引きつけ腰を引く。両下手とも取れない照國が出ようとすると羽黒山は左上手投げを連発して出ようとしたが、 照國は廻り込むや鋭く寄って出た。羽黒山は残して寄り返し、東で左の上手投げを打ったが、傾きかけた照國が右から掬うと、羽黒山は照國の重量に潰されてしまった。 これにより双葉山の 4連覇が決定した。
・好勝負
  3日目 東冨士(突き落とし)豊嶋

 この場所大注目の新入幕東冨士は、東の 8枚目という高位、東西制下では役力士と総当たりする位置である。 当然初日・ 2日目と名うての猛者に当てられたが、東冨士は相手の笠置山(筆頭)・二瀬川(小結)を片づけてしまい、早くも関脇にぶつけられたのである。 豊嶋は猛突っ張りで新鋭を突き飛ばそうとしたが、東冨士は踏み込んで受け止め、左からの突き落としで逆に撥き飛ばしてしまった。 東冨士は早くも役力士 2人を倒し大抜擢に応えた。
  4日目 安藝ノ海(搦み投げ)東冨士
 大注目の一戦、新鋭東冨士が安藝ノ海に挑む。時間一杯、東冨士は一気に出た。 しかし安藝ノ海は素早く両差し、東冨士がなおも出るところ、安藝ノ海は下がりながら体を大きく開いての左下手搦み投げを鮮やかに決めた。 安藝ノ海は横綱の面目を如何なく示した。
  6日目 双葉山(突き落とし)増位山
 仕切り 3回目、増位山がガーンと突っ込んで左筈一気の突進。双葉山は瞬く間に東に詰まったが、腰を落としてウンと堪え、 体を捻って左から激しく突き落とし、増位山は青柱に弾け飛んだ。増位山の出足は見事、しかし稽古場の如く最後まで押し切るのは至難の業である。 あの強い腰にかかってはどうやっても腰が伸びてしまう。
 10日目 龍王山(引き分け)青葉山
 13日目 青葉山(寄り切り)龍王山

 この日、連合艦隊総司令官山本五十六戦死の報が伝えられ、九州山−若潮の取り直しの一番が終わった後、 館内全員が起立して黙祷を捧げた。そんな日に組んだ龍王山と青葉山、右四つに組んだまま全く動かず水入り、 2番後、また右四つで水入り、そして引き分けという相撲を取った。 ところが、協会上層部があれは敢闘精神に欠けると言い出し、翌日からの無期出場停止を両者に言い渡したのである。 翌日、西の笠置山が鋭い眼光を発して東の双葉山を訪ねた。力士会理事の面々が協会の下した理不尽なる鉄槌に対して協議を行う。 かくして双葉山以下力士会幹部は、龍王山と青葉山を伴って協会に赴き再出場を懇請、 両力士から誓書を出させるということで落着、13日目に両者再戦ということに決した。 その際における双葉山はかなり強硬だったという。長い相撲が見掛け上無気力に見えても本人は真剣である筈、 上っ面だけの敢闘精神を望むなら、無謀なりとて構わず突進すれば良い。しかし無茶な突進は勝負を投げるに等しく、これこそまさに無気力そのもの。 龍王山は突っ張りが得意で組むと殆ど相撲にならない。右四つだったら或る程度は相撲が取れるし、 大関当時の羽黒山にも右四つで勝ったことはあるが、いきなり組むと動けない。 青葉山は得意の左四つでも矢鱈と長い相撲を取り、前日も引き分けである。こんな両者が右四つに組んだのが間違いの始まりであった。 13日目に組まれた青葉山に龍王山の相撲は、青葉山が速攻で寄り切って勝った。
 13日目 双葉山(上手投げ)安藝ノ海
 安藝ノ海が突っ込んで右の喉輪から突き立てると双葉山は左に廻り込んで押し返す。 安藝ノ海は素早く左差し、左に廻りながら右も入れようとするが、双葉山は右上手を深く取り、左を割り込んで左四つとなった。 そして双葉山は右上手を引きつけて正面に鋭く寄り、安藝ノ海が起死回生を狙って左下手投げを打つと、双葉山は腰に乗りかけるも左足を踏ん張り、珍しい右上手投げで浴びせ倒した。
 千秋楽 九州山(二枚蹴り)東冨士
 10勝を挙げて期待以上の活躍をした東冨士は、相模川も破って役力士は 3人倒した。 さて東冨士は九州山相手に突き合った。ここで九州山は飛び違いを見せ、決まらないと見るや飛び込んで左差し、右に前褌を引く。 東冨士は持て余して右で首を抱えた。その時、九州山は右足を飛ばしての二枚蹴りを見せ、さらに引き落として決めた。 東冨士が九州山の調子に合わせたのが敗因だが、九州山もよく年期を見せ、この大物を破って勝ち越した。
 千秋楽 羽黒山(吊り出し)安藝ノ海
 安藝ノ海が喉輪に攻めて出ると羽黒山は堪えて右から突き落とし、安藝ノ海は大いに泳いだが、 左から入って頭をつけ、両差しをも狙って右から絞る。しかし羽黒山は左差し右上手を引きつけ、怪力を利して寄り進み、黒柱に吊り出した。
 千秋楽 双葉山(掬い投げ)照國
 照國が喉輪で攻め立てると双葉山も押し返し、押し合いから照國が左差し、右からも攻めて激しく赤柱に出た。 照國はその際一瞬両差しになったが、双葉山は咄嗟に右上手を掴んで上手投げ、照國が左外掛けで防ごうとしたが双葉山は構わず廻り込み、逆に赤柱へ猛然がぶり立てた。 そして懸命に堪える照國に対し左から掬い、傾いた照國を押さえつけて決めた。双葉山はこれで連続全勝優勝を達成した。
前画面に戻る