昭和19年
○昭和19年 1月 優勝 小結 佐賀ノ花 勝巳 13勝 2敗 1
 この場所は戦局悪化のせいもあり国技館内の食堂が全廃された。 安藝ノ海が右足捻挫で全休。名寄岩は右足手術の経過が悪く 4日目より休み大関を陥落した。 照國は大陸巡業中に煤煙を目に受けて角膜炎に罹り、仕切り中にも眼前に火花が散る状態だったために序盤で連敗し、 また双葉山はひどく不調で立ち合いに集中を欠き12日目で 3敗、千秋楽照國にも敗れ、照國ともども 4敗に終わった。 羽黒山は 2日目に備州山、 9日目に笠置山に敗れて 2敗したが、よく立ち直って優勝を狙う。 また小結の佐賀ノ花が絶好調で、 7日目鹿嶋洋に打っ棄られたが12日目照國を一気に押し切り優勝の期待が高まった。 14日目、佐賀ノ花は相模川を追い詰めながら両手捻りを喰って 2敗となり、同じ 2敗の羽黒山が浮上。 千秋楽、羽黒山は苦手の相模川と対したが、浴びせ倒されてまさかの 3敗。 こうして相模川に掻き廻された本場所は、肥州山を押し切った佐賀ノ花が13勝 2敗で初の優勝をものにして終了。 東西対抗は 152− 164で西の双葉山陣営が勝ち、佐賀ノ花が旗手も務めた。
・優勝決定の一番 千秋楽 佐賀ノ花(押し切り)肥州山
             相模川(浴びせ倒し)羽黒山

  2敗で羽黒山と佐賀ノ花が並び、上位者優勝制ゆえこの場所の優勝者は羽黒山で間違いなしと思われている。 その中で、佐賀ノ花が登場。猛烈に突っ張って右筈左おっつけで一気に押し進み、赤柱に肥州山を押し切る。 佐賀ノ花は13勝目を挙げたが、それでも観衆は羽黒山の優勝を信じて疑わない。 結び前、羽黒山が出る。相模川は鉄腕を唸らせて喉輪に突っ張る。羽黒山は応戦、相模川が叩いたところで左を入れる。 こうして左四つ、両廻しを引きつけて東に寄った。相模川も両廻しを引きつけて右に廻り込む。 羽黒山は追い討ちをかけるように右から強烈な投げを放った。相模川は大きく振られて揺らいだ。 しかし羽黒山も傾いた。相模川は左下手を引きつけ、珍しいことに素早い動きでのしかかった。 羽黒山は巨体をまともに受けて潰れてしまった。嗚呼羽黒山痛恨の 3敗、優勝賜盃は羽黒山の許を逃れ、佐賀ノ花の手に納まった。
・好勝負
  2日目 備州山(寄り切り)羽黒山

 備州山が喉輪で羽黒山を起こしにかかれば、羽黒山は突き返し、備州山が右を差して出ようとすると、 羽黒山は小手投げで強引に振り廻すが、やや体勢が崩れる。備州山は堪えて左も入れ、黒柱へ猛然と寄り進んだ。 土俵際、羽黒山は辛うじて堪え左から捻って右で強く突き落とす。備州山は右の肩から落ち、羽黒山は土俵外に飛んで尻餅をつく。 伊之助の軍配はサッと羽黒山にあがった。物言いをつけたのは東の荒礒(新海)である。 荒礒は備州山がやや有利だが取り直しはどうか、という物言いだった。向正面立田山(能代潟)も同調する。 向正面の追手風(清水川)と西の粂川(鏡岩)は、羽黒山に有利だが取り直しで良いのではないかという意見だった。 しかし検査長の藤嶋(常ノ花)はやけに強硬、伊之助が、右足で踏ん張って突き落としているのだから、踵が出ておれば突き落としは効かないはずだと言うと、 藤嶋は、羽黒山は右踵が一度出てから俵に乗り、それから突き落としたというのである。伊之助と藤嶋が正面衝突である。 粂川は、最も見やすい藤嶋が備州山の勝ちだというのなら、軍配をあげ直せばいいのではと伊之助を説得するが、当然伊之助が納得する筈がない。 とあらば、控えの双葉山の意見を訊くしかない。このままいけば羽黒山の負けとなるが、羽黒山側の控えである双葉山が何か言えば取り直しとなるところ、 双葉山は何も言わない。東西対抗の時代、放っておけば相手方に 1点加わるというのに、双葉山は何も言わない。 伊之助は強く念を押したが、聞いているのかいないのか、双葉山はとうとう一言も言わずじまい。結局伊之助の黒星となってしまった。
  6日目 松ノ里(渡し込み)双葉山
 立つ気がないかのような仕切りをやっていた松ノ里が、 3回目でいきなりぶちかます。 聊か動揺しながらも受けた双葉山は、松ノ里の右差し手を泉川に撓めて右へ振る。 この時、松ノ里の右足が手斧掛けのように双葉山の右足に掛かった。双葉山は揺らいで仰け反った。 松ノ里は前にのめって危ないかに見えたが、必死に残して左で外枠に足を取り、右腕を突きつけて渡し込みにいくと、 双葉山は仰向けにドーッと倒れた。双葉山は36連勝でストップ、松ノ里の大金星。
  9日目 双葉山(寄り倒し)綾昇
 右四つに組み合って双葉山が出ると、綾昇は作戦通り左内掛けにいき、 さらに左で首に巻いて河津に反ろうとする。双葉山は困ったが、必死に腰を下げて踏ん張った。 両者の顔は朱に染まった。綾昇、遂に力が尽きて内掛けを外した。双葉山は一気に寄り進んだ。 綾昇は左に打っ棄りを見せる。双葉山はそのまま折り重なるように寄り倒したが、珍しい怖い形相で行司の軍配に目を遣ったそうだ。 一方の綾昇は、激痛に顔を歪め、立てない。16年 5月以来の打倒双葉を左足に賭けたが、左膝が悲鳴を上げた。
 11日目 増位山(内掛け)双葉山
 12日目 汐ノ海(押し倒し)双葉山

 通例増位山は仕切り 4回目に立っていたが、この時は師匠から授かった策で時間一杯から立つことにした。 従って双葉山は増位山がいつものようには立ってこないので些か不審に思ったようで、まごついた。 予定通りの時間一杯から増位山が猛烈に突き立て、向正面に堪えた双葉山が右差しに反撃しようとする端を引き落とす。 双葉山は大いに揺らぐ。増位山はなお猛然突っ張る。双葉山は正面で片足立ちとなったが、飛び込む増位山に対し右上手を引き、 さらに左上手を狙いながら寄り返さんとして踏み込んだ右足に、増位山の左足が掛かった。反り身になって堪えた双葉山も、遂に仰天した。 明くる12日目、本来ならば関脇の二瀬川が当たるところであるが、二瀬山は右膝を痛めて休場となり、 代役として12枚目の汐ノ海が双葉山にぶつかる。その汐ノ海が、双葉山に完勝してみせた。 双葉山は虚を衝かれたように立った。機先を制した汐ノ海は怪力に物を言わせ両筈で西に猛進した。 忽ちにして棒立ちの双葉山は左で小手に巻いて右へ廻り込み、向正面で体を捩じって左突き落としを見せようとしたが、 汐ノ海は右をグッと伸ばして豪快に押し倒した。珍しい双葉山の連続完敗、土俵に集中し切れない様子である。
 12日目 佐賀ノ花(押し切り)照國
  1敗の佐賀ノ花と 2敗の照國という大一番である。佐賀ノ花の出足は鋭く、頭を下げて突いて出る。 照國は後手に廻って叩いた。佐賀ノ花はつけ入って両筈でグイグイ押し立て、照國が正面に廻り込もうとして半身になるところ、左で押して押し切った。
 14日目 相模川(両手捻り)佐賀ノ花
 佐賀ノ花が押し立てると相模川は突き放す。突っ張り合って相模川が叩くと、佐賀ノ花は飛び込んで正面に押す。 相模川が左に廻り込もうとするをなお佐賀ノ花は両筈で押すが、相模川は右から佐賀ノ花の筈を引っ外し、左外から力任せに突き落とすと、 佐賀ノ花は思わず左膝から土俵に落ち、 2敗目を喫した。決まり手は両手捻りになっているが、ちょっと違う。
 国技館が風船爆弾工場として使用されるため、 2月になって軍部に接収された。表向きの理由は、 戦局ますます激しく、一ヶ所の屋内施設に人を集めるのは危険であるためとされた。
△昭和19年 5月 優勝 横綱 羽黒山 政司 10勝 2
 国技館が使えず、後楽園球場で晴天10日間の場所となった。初日照國が三根山の出足に完敗して、 4日目には安藝ノ海もが三根山に倒された。安藝ノ海は終盤崩れて五分の星だった。 照國も不振で 6勝 4敗。土俵は羽黒山と双葉山が全勝を続けたが、 9日目双葉山が立ち遅れて照國に寄り切られ、 羽黒山が安藝ノ海を素首落としに降して羽黒山の優勝が決まり、千秋楽照國を難なく破った羽黒山は全勝を記録した。 この場所 7日目は快晴の日曜日とあって、戦時下にもかかわらず観衆実に 6万 5千人という空前の入りを記録した。 東西対抗は 134− 104で東、羽黒山陣営が勝ち、旗手は神風。
・優勝決定の一番  9日目 照國(寄り切り)双葉山
             羽黒山(素首落とし)安藝ノ海

 羽黒山と双葉山が全勝である。双葉山は照國と対したが、立ち遅れた。 照國は猛然と突っ込んで両差し、グイグイ青柱に出る。双葉山は忽ち棒立ちとなり、土俵際で左上手を取ったがもう遅く、 呆気なく寄り切られた。結びの相撲も横綱同士だが、安藝ノ海は不調である。安藝ノ海は左を覗かせて右おっつけで赤柱に出ると、 羽黒山は後退したが右からおっつけて押し戻す。安藝ノ海が再度押し込もうとすると、羽黒山は右から去なし、安藝ノ海が泳ぐところ左から素首落としを見せて土俵に沈めた。 唯一の全勝者として生き残った羽黒山が千秋楽前に優勝を決めた。
・好勝負
 初日 三根山(寄り切り)照國
  4日目 三根山(寄り倒し)安藝ノ海

 三根山がぶちかまして一気に出ると、照國は下がりながら左引き落としを見せて廻り込もうとする。 しかし三根山は出足鋭く急迫し、左差し右おっつけで正面に追い詰める。照國は右から抱え込もうとしたが、そのまま寄り切られた。 3日後、三根山は安藝ノ海と対戦、押し合いから安藝ノ海が右から叩くと、三根山はついていって左差し、安藝ノ海が三根山の左下手を切って寄り立てると、 三根山は左に廻り込んで左を深くし、右上手を引いて正面に寄り立てる。安藝ノ海は土俵一杯で打っ棄りを見せたが、三根山はそのまま寄り倒した。 三根山の颯爽たる相撲、両横綱を撃破。
  6日目 照國(鯖折り)前田山
 突っ張り合いから照國が両差しとなって左掬い投げを打つと、前田山は右外掛けで防いで左を巻き替え、左四つから前田山は右上手投げを放ち、土俵中央で競り合う。 ややあって照國が両廻しを引きつけて寄り進み、前田山が左に廻り込んで逆に出るところ、 両廻しをなお引きつけて鯖折りを強襲、前田山は照國が土俵を割る寸前に右膝を着いて惜敗した。
 千秋楽 双葉山(寄り切り)安藝ノ海
 安藝ノ海が左に変わって左を差そうとしたが、双葉山は素早く右を覗かせ、左上手を取って右四つ、上手投げを打つ。 安藝ノ海は右外掛けで防ぎ、右差し手を抜いて双葉山の左上手を切った。しかし双葉山は左から絞って東に寄り立て、 安藝ノ海が土俵際堪えて左上手投げを打とうとするところ、右を突きつけて寄り切った。 これが双葉山−安藝ノ海の最終戦、世紀の大金星の後、本場所で安藝ノ海は二度と双葉山に勝つことができなかった。
 千秋楽 羽黒山(寄り切り)照國
 照國が当たって巧く両差しとなり寄るが、羽黒山は寄り返す。 照國がなお出ると、羽黒山は右で叩いて左差し、照國が上手を狙うところ、左差し手を上げて寄り進み、照國が右外掛けで防ぐところ、 羽黒山は吊りで攻めてさらに寄り、寄り切って全勝を達成した。
△昭和19年11月 優勝 大関 前田山 英五郎  9勝 1敗 1
 20年 1月場所を繰り上げて後楽園で開催された。佐賀ノ花が新大関として登場したが、虫垂炎予後不良のため 3日目より休場、 照國は神経痛を押して出場していたが 5日目に左肩を捻挫し休場、双葉山は 7日目よりアメーバ赤痢のため休場、 安藝ノ海は神経痛のため全休。体調不充分で多くの力士が苦戦する中、若瀬川・東冨士が 1敗で場所を終える。 結び、 1敗の大関前田山が優勝を懸けて 2敗の羽黒山と対戦。前田勝てば宿願の初優勝、羽黒勝てば東冨士の初優勝という一番は、 前田山が右上手投げで快勝し、 9勝 1敗で初優勝を飾った。 東西対抗は88− 123の大差で西、照國陣営が勝ち、東冨士が旗手を務めた。
・優勝決定の一番 千秋楽 前田山(上手投げ)羽黒山
 この顔合わせは 3年半振りである。立って前田山が左喉輪で攻めると、羽黒山はこれを外して左四つ。前田山が上手を引き、羽黒山に上手を与えない。 前田山は寄ると見せ、左から捻って右から上手投げを打つとこれが決まった。
・好勝負
 初日 豊嶋(下手捻り)双葉山

 豊嶋が立ち合いにぶちかまして突進しようとするが、双葉山は押し返して左四つに捕まえた。 一呼吸あって双葉山が右上手を引きつけ左から割り出そうとするが、豊嶋が堪えて左下手から捻りを見せると、双葉山は西に崩れ落ちてしまった。
  3日目 相模川(小手投げ)羽黒山
 相模川は突っ張りから左喉輪で東に押し込むと、羽黒山は下がりながら相模川の右をとったりで曳き廻そうとした。 相模川は傾きながら体を突きつけると、両者同体に倒れた。軍配は羽黒山に上がったが、物言いがついて取り直しと決まる。 また突き合いから羽黒山が突き勝って左差し右おっつけで出る。しかし相模川は下がりながら大きな右小手投げを放つと、羽黒山は堪えられず倒れてしまった。
  6日目 東冨士(上手投げ)双葉山
 東冨士は出足鋭く右差しから東に殺到、双葉山が必死に右に廻って体勢を整えようと正面まで廻ったが、 東冨士はその余裕を与えず左から上手投げを打つと、これが綺麗に決まって双葉山は横転した。待望の一戦は東冨士の圧勝、 双葉山はこの相撲で引退を決意したが、協会の慰留で取り敢えず病気休場ということになった。
  9日目 東冨士(寄り倒し)羽黒山
 時間一杯から立ち、突っ張り合いから羽黒山が左下手を取り、右上手も充分に引きつけた。 そして羽黒山は東冨士に上手をやらず向正面に一気に寄り、さらに左下手から捻った。 東冨士はこの猛攻をよく堪え、右に廻り込んで寄り返し、土俵中央で一呼吸の後、東冨士は上手を取るや赤柱に鋭く寄り立て、 羽黒山が右に廻り込んで打っ棄ろうとするところ、差し手を突きつけて寄り倒した。 双葉山戦に続く期待の一番も東冨士の勝利となり、新鋭東冨士の声価はますます高くなった。
前画面に戻る