昭和20年
  3月10日の東京大空襲で豊嶋・松浦潟・岩友(射水川)が犠牲となった。 殊に豊嶋は烈しい押しで前途を大いに期待されており、大いに惜しまれた。
○昭和20年 6月 優勝 前1 備州山 大八郎  7勝 1
 本来 5月場所として 5月23日より 7日間明治神宮外苑で行う予定だったが、 閑院宮薨去で 2日間の延期となり、さらに25日の土俵祭りを終えた後に艦載機が来襲、 同夜山の手方面大空襲があり神宮外苑が被災して中止となった。 その後、焼けた国技館で明治神宮奉納の神事相撲の形で 7日間の非公開開催が決まった。 双葉山は面疔のため 2日目より休場。前田山も 3日目より休場した。 増位山はラジオで本場所を知り大阪から駆けつけ 4日目より出場した。 横綱土俵入り以外の力士は大銀杏ではなく丁髷で土俵を務めた。初日羽黒山が備州山に一気に押し出される大波乱。 備州山はすっかり調子に乗り連勝を続ける。 6日目、全勝の東冨士は全敗の十勝岩に打っ棄られ 1敗。また同じく全勝の安藝ノ海が羽黒山に寄り切られ 1敗。 備州山は千秋楽不動岩を突き出して全勝優勝。型通りの表彰、そして東京大空襲のときバケツリレーで守った賜盃を抱えての記念撮影の後、 賜盃はすぐさましまい込まれた。東西対抗は79−76で東、照國陣営が勝ち、備州山が旗手となった。
・優勝決定の一番 千秋楽 備州山(突き出し)不動岩
 時間一杯に立ち、激しい突っ張り合いから備州山が遮二無二突っ張って向正面に突き出し、 不動岩を圧倒して全勝で優勝を決めた。
・好勝負
 初日 双葉山(寄り切り)相模川

 相模川が喉輪で攻めると、双葉山はこれを残して右四つに組み、上手投げを打つ。 相模川は残したが、双葉山は右下手から引きつけ吊り身に寄り進み、正面に寄り切った。 双葉山は顔面に腫れ物ができていたが、請われて出場したもので、翌日から休場、この相撲が大横綱双葉山最後の相撲となった。
 初日 備州山(押し出し)羽黒山
 備州山が猛然として突き立て、羽黒山が後退すると備州山は勢い込んで突き進み、左喉輪で一方的に押し出した。 備州山は大きく弾みをつけた。
  4日目 備州山(寄り切り)佐賀ノ花
 立ち上がって激しい突き合い、そして叩き合いとなり、備州山が機を見て飛び込み両差し、一気に寄り切った。
  5日目 東冨士(外掛け)羽黒山
 時間一杯、東冨士が突っ込んで左を差すと、羽黒山は右上手を引く。互いに両廻しを引き合って、東冨士がジリジリ寄る。 羽黒山は寄り返す。東冨士はさらに寄り、羽黒山を正面に詰めた。羽黒山が必死になって粘ると、東冨士は右から外掛けに出て浴びせ倒した。 東冨士は羽黒山に連勝し、 5戦全勝。
  6日目 十勝岩(打っ棄り)東冨士
 東冨士は羽黒山を破って勢いに乗っている。その日の晩から外は小雨模様である。天井に穴の開いた国技館、 雨漏りの危険から土俵さえも館内中央に築けず、若干向正面寄りに設けられている。この状況で無理に行っている本場所である。 雨天の場合は中止であるから、東冨士は贔屓に振る舞われた闇市の酒をグイグイ飲っていた。こうして実にいい気分でいると、使いの者がやってきた。 用件を聞くに、両国では相撲をやっていると。東冨士は大慌て、泥酔状態で土俵に向かう破目となった。 5日目だけ休場し初日からの 4戦は全敗の十勝岩が対戦相手である。さあ東冨士は前日と反対の右四つに組み、一気に出た。 そして土俵際、前日と反対の左から外掛けで倒そうとした。しかし酔って浮き足立っている東冨士の寄りは威力を欠いている。 堪えた十勝岩が右にちょっと振ると、東冨士は掛けた左足を踏み出してあっさりと負けた。 十勝岩は東冨士の酒臭さに驚いたという。東冨士は思わぬ落とし穴に嵌まって黒星。
  6日目 羽黒山(寄り切り)安藝ノ海
 時間一杯から立って羽黒山が突いて出ると、安藝ノ海が左喉輪右おっつけで突き放そうとする。 羽黒山は動ぜず突き返し、右の前褌を取るや一気に寄り立て、安藝ノ海に両廻しとも許さず寄り切った。安藝ノ海にも土がつき、備州山独走の色が濃くなった。
○昭和20年11月 優勝 横綱 羽黒山 政司 10勝 3
 国技館で行われたが鉄傘の修復未だ成らず、晴天10日間の場所であった。 土俵が16尺とされ、仕切り時間が幕内 5分となった。東冨士が新大関。双葉山はアメーバ赤痢と黄疸で休場していたが、 9日目に引退を表明。土俵は羽黒山・照國・東冨士・新入幕の千代ノ山が全勝。 8日目の羽黒山−東冨士は左四つの力相撲、打っ棄って羽黒山が東冨士を抛り投げる。 9日目羽黒山−照國は羽黒山がのしかかって寄り切った。千秋楽千代ノ山は大ノ海を突き倒して新入幕で全勝の快記録。 羽黒山は安藝ノ海を西へ寄り切り、こちらも全勝で上位者優勝を果たした。安藝は稽古不足で 4勝 6敗の負け越し。 東西対抗は 115−95で東、安藝ノ海陣営が勝ち、全勝の千代ノ山が旗手を務めた。 どの力士も体が萎み、照國が最もひどくて60kg余りの減量、引退した笠置山は80kg弱で少年期よりも萎んでしまった。 稽古充分の羽黒山も90kg少々しかないといった有様で、体が充実していたのはせいぜい東冨士と千代ノ山ぐらいのものだった。 復員して散切り頭の力士も大関佐賀ノ花はじめ多数いた。
・優勝決定の一番 千秋楽 羽黒山(寄り切り)安藝ノ海
 安藝ノ海が左差しから出ると、羽黒山は右から片閂に極めて寄り返す。 安藝ノ海は左半身になって頭をつけ、機を窺った。しかし羽黒山はなお極めて寄り立て、安藝ノ海が頭を下げたまま左に廻り込もうとするところ、 右に前褌を取り、左を捻じ込んで起こし、西に寄り切った。
・好勝負
  5日目 照國(寄り切り)不動岩

 照國が巧く両差しとなったが、不動岩が両上手から引きつけると、60kg以上も痩せて 100kgを切ってしまった照國は身動きができず、 不動岩の小手投げを残すのがやっとで水が入った。再開後、照國は左から蹴返し、不動岩が吊り身を見せるところ、逆に両廻しを引きつけて寄り切った。 照國は驚くべき衰弱振りにもかかわらずこの場所 9勝 1敗と奮戦した。
  7日目 千代ノ山(突き出し)双見山
 全勝同士の一番、双見山が頭を下げて出ると千代ノ山は突き立てて正面に迫り、 双見山が押し返す端を右から叩いて崩し、向正面に泳ぐ双見山を右筈から赤柱に突き出した。
  8日目 羽黒山(打っ棄り)東冨士
 仕切り 6回目に立ち上がり、立ち合いで勝った羽黒山が左四つ両廻しを引きつける得意の形となった。 東冨士は上手が一重、それを取り直そうとするところ、羽黒山が吊り身に出る。東冨士は右外掛けで防いでがっぷり四つ。 羽黒山は下手捻りを放つ。東冨士は残して右上手を充分に引き直した。羽黒山は右手に絡む東冨士の下がりを西に投げる。 その後東冨士は廻しを引きつけ赤柱に寄り、そして正面に寄ったが、羽黒山は踏ん張る。 東冨士、渾身の力で白柱に出る。羽黒山は右足を俵に掛けて右へ廻る。東冨士は右外掛けで止めを刺そうとする。 羽黒山は弓なりになってウンと堪え、右上手から抜き上げてブンと左へ打っ棄れば、これが見事に決まって東冨士は白柱そばの土俵下に抛り投げられた。
  9日目 名寄岩(打っ棄り)安藝ノ海
 安藝ノ海が左差し右おっつけから出ると、名寄岩は右小手投げを振る。 安藝ノ海残して両差し、正面に寄り立てた。名寄岩は正面土俵、弓なりになって右上手から左へ打っ棄ると、 安藝ノ海は名寄岩の腹の上を転がるようにしてゴロッと転落した。名寄岩はこれで 6勝目、 6勝 4敗は特に傑出した好成績ではないが、場所後に大関返り咲きが決まった。
  9日目 羽黒山(寄り切り)照國
 立ち合いに羽黒山が照國の右を引っ掛ける。照國が残して突っ張り合いから左を入れると、 今度は羽黒山はとったりを引く。照國はこれも残し、右も差して寄ると、羽黒山は左おっつけで堪えて左差しで廻り込み、左四つ充分となった。 羽黒山は引きつけて正面黒柱寄りに寄り立て、照國が必死に堪えて左に打っ棄ろうとするところ、羽黒山はのしかかってドーッと浴びせ倒した。 羽黒山は 9戦勝ちっ放し、優勝の可能性が大いに高まった。
 千秋楽 千代ノ山(突き倒し)大ノ海
 突き合いから千代ノ山が幾度も叩くと大ノ海はその度に堪えたが、 千代ノ山は突き勝って正面に追い込み、突き落とし気味に突き倒して勝ち、遂に新入幕で全勝という快記録を樹立した。
前画面に戻る