昭和21年
○昭和21年11月 優勝 横綱 羽黒山 政司 13勝 4
 相撲籤発売に伴って幕内の取組が前後半に分断され、前半の最後と後半の最後に上位陣が登場するという編成となった。 土俵は照國が 2日目輝昇に突き倒され、 5日目には九ヶ錦の下手投げに横転、神経痛に歯痛が加わった照國は 6日目から休場した。 3日目には東冨士が輝昇に突き出され、 6日間を終わって全勝は羽黒山・前田山・汐ノ海の 3人。 7日目汐ノ海が輝昇に屈し、 11日目前田山が再大関名寄岩の吊りに敗れ遂に土。12日目、全勝羽黒山− 1敗前田山の大一番は、 左四つ充分から羽黒が寄り切り羽黒山の連覇が決定。千秋楽羽黒は右足首負傷で不振の東冨士を寄り切って全勝。 東西対抗は 138− 146で西、羽黒山陣営が勝って、旗手は三根山。安藝ノ海は場所後に引退を声明した。汐ノ海の大関昇進が決定。
・優勝決定の一番 12日目 羽黒山(寄り切り)前田山
 前田山は突っ張らず左から入り、右も差そうとしたがこれは手首しか入らなかった。 他方羽黒山は右上手を引き、左でおっつける。苦しくなった前田山は右を抜いて上手を取ろうとしたが羽黒山は左を返して上手を与えず、 得意の体勢からグイグイ寄り、前田山が肩越しの上手を取ったがそのまま向正面に寄り切った。
・好勝負
 10日目 羽黒山(吊り出し)千代ノ山

 前場所新入幕で全勝した千代ノ山が筆頭に進み、いよいよ第一人者羽黒山に挑んだ注目の一番。 千代ノ山は武器の突っ張りで攻め立てたが羽黒山はちっとも動かない。それで千代ノ山は右四つに組んで腕を返すが、それでも羽黒山は動じない。 羽黒山は上手を引くと吊った。千代ノ山は右で外掛けを飛ばして防いだ。しかし羽黒は再度吊り、千代ノ山は正面で堪えたが右足が蛇の目を掃いた。
 11日目 羽黒山(寄り切り)汐ノ海
 汐ノ海突っ込んで右を入れるが羽黒山左でおっつけ、右上手を引いた。 汐ノ海は左から掬って右を差そうとしたが羽黒山は許さず寄った。汐ノ海は一度は堪えたが、 再度の寄りに屈して 2敗となった。一方の羽黒山は全勝を守った。
 11日目 名寄岩(吊り出し)前田山
 全勝の前田山は巧く二本差したが前に出ない。すると名寄岩は両上手を掴むや一気に吊り、 足をバタつかせて残そうとする前田山を正面に吊り出した。全勝前田山に土がついた。
前画面に戻る