昭和22年
◎昭和22年 6月 優勝 横綱 羽黒山 政司  9勝 1敗 5
 明治神宮外苑で10日間興行である。 5月 5日鹿嶋洋が腹膜炎で亡くなった。 また、この場所から優勝決定戦が実施されることになった。取組編成は元に戻り、不評の相撲籤は消滅。 土俵は期待の新関脇千代ノ山が腰痛で休場し、照國・汐ノ海に切れがなく、佐賀ノ花も後半崩れ、また32連勝中の羽黒山が 9日目前田山の引き落としに両膝から崩れて土。 翌日全勝の東冨士は羽黒山の上手投げに敗れ 1敗。千秋楽を終わって 1敗は羽黒山・前田山・東冨士・力道山となり、 4人の決定戦となった。まずは前田山に東冨士、左四つから前田山の下手捻りが決まる。 次いで羽黒山に力道山、羽黒山が後退して驚かれたが打っ棄って逆転。決勝戦は羽黒山に前田山の組み合わせとなり、 羽黒山が完勝して優勝、 3連覇を達成した。東西対抗は勝負にならず、 123−84で東、羽黒山陣営の大勝、旗手は力道山。 前田山が条件つきながら横綱に昇進。
・優勝決定の一番 決定戦 前田山(下手捻り)東冨士
             羽黒山(打っ棄り)力道山
             羽黒山(寄り切り)前田山

 優勝決定戦が採用されたその場所から 4人の決定戦という豪華さだった。 東冨士は一回戦から前田山には当たりたくないと思っていたが、運悪く当の前田山戦となってしまった。 東冨士は鋭く立ったが前田山は左に変わって引き落としを見せ、向き直った東冨士に対し前田山は突っ張って攻める。 東冨士が左を差してきたので前田山も応じてがっぷりとなった次の瞬間、前田山は思い切って下手捻りを敢行、東冨士は巨体を派手にでんぐり返した。 もう一番、力道山が烈しく当たると羽黒山は受けて力道山の両手突きを捌いて右四つ、羽黒は余裕綽々で上手投げを打って引っ張っていたが力道山右で外掛け、 これが案外効いて羽黒山は白柱に後退、力道山の勝ちと誰もが思ったとき、羽黒左へ強引に大きく打っ棄った。 決戦は羽黒山に前田山。鋭く当たり合って前田山は両差しを狙うと羽黒山は素早く両褌を引いて頭を下げる得意の形。 前田は二本差しとなるも羽黒の金剛力の前に窮屈となり、羽黒は左を巻き替えるや白柱に前進、前田山土俵際で右上手を引いたが甲斐なく寄り切られた。 羽黒は 3連覇を達成した。
・好勝負
  8日目 前田山(引き落とし)羽黒山

 前田山は左筈右おっつけから左喉輪で押して左前褌右上手、羽黒山が右に廻ると前田山右を巻き替え両差しになった。 羽黒は左上手を引いて右でおっつける。前田山二本捻じ込むと羽黒山は両上手を引き、前田山の右下手投げを残して慎重に構える。 羽黒山が引きつけんとすると前田山左外掛けで防ぎながら左を上手に替え、逆に引きつけ返して正面に出んとする。 羽黒山右を抜いて上手にし、左に廻って土俵中央に戻り、ここで水入り。再開後、羽黒山は左を巻き替えようとした。 前田山はこれを突いて右から振り、羽黒山の両足が揃うところを鯖折り気味に引き落として全勝の羽黒に土をつけた。
  9日目 羽黒山(上手投げ)東冨士
 東冨士が右から引っ張り込んで左四つに組み、羽黒山が右上手を浅く引いて東冨士の左を殺すと東冨士は浮いたが強引に右上手出し投げを打った。 羽黒は何とか堪えて下手捻りを見せたが決まらず数呼吸、東冨士が向正面に寄り立てると羽黒山は打っ棄りの構えを見せた。 これで東冨士は寄りをやめたが却って悪く、羽黒は廻り込んで上手投げに倒した。
○昭和22年11月 優勝 横綱 羽黒山 政司 10勝 1敗 6
 東西対抗が廃止され、系統別総当たり制となった。また、この場所より殊勲・敢闘・技能の三賞が制定された。 土俵は上位が烈しい攻防を繰り広げたが、やはり羽黒山一色となり、その羽黒山も 8日目千代ノ山に抗し得ず突き出され、全勝できなかった。 新入幕出羽錦が僅かに羽黒を 1敗で追ったが千秋楽に敗れて決戦できなかった。 新横綱前田山は気鋭の出羽海部屋の力士と初対戦したこともあって 6勝 5敗。大関名寄岩は前場所全休に続いてこの場所は11戦して全敗となり、 再び大関を陥落した。
・優勝決定の一番 千秋楽 羽黒山(吊り出し)照國
 照國頭を下げて両前褌狙いの恰好で立つと羽黒山は左を固めて右から強くおっつけ、照國が右上手を狙うと羽黒右に廻って許さず、照國も右でおっつける。 羽黒山左前褌を狙うと照國嫌って浅い両差しから西に出んとしたが、羽黒山は下がりながらも挟みつける。 照國は右を抜いて上手横褌を狙うが取れず、羽黒山右上手を取って左を返し、右を引きつけて出ながら左下手を深々と引き、すぐさま牛蒡抜きに抜き上げ、足をバタつかせる照國に構わず真っ直ぐ歩いて黒柱に吊り出した。
・好勝負
  6日目 前田山(下手投げ)千代ノ山

 千代ノ山が突っ張ると前田山やや後退したが突っ張りで応戦して左四つに組んだ。 前田山が出ると千代ノ山は右小手投げ、そして互いに吊り合った後前田山は下手から捻ったが千代ノ山残す。 がっぷり左四つで水入り。再開して前田山は左を筈に変え、右を巻き替えようとしたが、千代ノ山は青柱に寄り立てる。 前田山は下手投げから廻り込んで寄り返す。千代ノ山は機を見て上手投げを打った。前田山は下手投げを打ち返した。 互いに一本足で競り合ったが、粘り抜いて左四つに戻った。そして再度の投げ合い、また一本足、互いに粘って殆ど同時に倒れたが、僅かに千代ノ山の方が早かった。
  8日目 千代ノ山(突き出し)羽黒山
 千代ノ山は烈しく突っ張ると羽黒山は受け切れずズルズルと下がった。 千代ノ山はなお勢いに乗って突きまくると羽黒山はそのまま後退して土俵を割ってしまった。千代ノ山会心の一番。
前画面に戻る