昭和23年
×昭和23年 5月 優勝 大関 東冨士 謹一 10勝 1敗 1
 羽黒山が巡業中に右アキレス腱を切断して休場した。前田山も太鼓の日に虫垂炎を起こして初日不戦敗で休場し、 優勝争いの興味は半減。 6連勝が吉葉山一人で、 7日目大蛇潟に敗れて全勝が消え、10日目照國−東冨士の 1敗同士の一番で、 東冨士が上手投げで快勝して大きく前進。千秋楽 1敗の大蛇潟が打っ棄られて敗れ、東冨士が千代ノ山を寄り切って初優勝を決めた。 入りは良かったが雨に祟られ入れ掛けが多かった上に、場所の内容そのものが乏しかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 東冨士(寄り切り)千代ノ山
 千代ノ山が突っ張って出るを東冨士突き返して左四つ、千代ノ山が腰を引いて東冨士に上手を与えなかったが、 東冨士は左下手から出し投げを打ち、千代ノ山を崩して寄り切り、初優勝を飾った。
・好勝負
  2日目 力道山(打っ棄り)東冨士

 力道山が突っ張ると東冨士捌いて左差し、一気に寄り立てた。 力道山は土俵際で必死に堪えると東冨士は腰を落として寄り倒しの構え。力道山はなおも堪えて右に打っ棄った。
 10日目 東冨士(上手投げ)照國
 事実上の優勝決定戦と見られた大一番。東冨士が立ち合い鋭く出て左差し右上手を引いた。 照國は先手を取られて焦り、珍しくも強引に右を巻き替えにいったが、東冨士は右から大きく上手投げを放って決め、優勝に大きく前進した。
△昭和23年10月 優勝 関脇 増位山 大志郎 10勝 1敗 1
 大阪福島公園で、晴雨に拘らずの興行であった。羽黒山は休場、前田山は 3日目櫻錦に蹴手繰られ、 6日目力道山戦の同体取り直しを棄権して休場。照國も休場して横綱が消えた。 前田山は10日目から再出場したが、横綱大不振の場所であった。優勝は佐賀ノ花・東冨士・増位山で争われた。 佐賀ノ花は 8日目千代ノ山に叩かれ、東冨士は同じく 8日目増位山の叩きに土俵を飛び出し、 増位山は 4日目佐賀ノ花に叩かれた。10日目佐賀ノ花−東冨士は寄り倒して東冨士が勝って、 千秋楽増位山・東冨士ともに勝ったため両者で優勝決定戦、増位山が勝って初優勝を飾り、大関に推された。 敗れた東冨士も、横綱を免許された。逆に汐ノ海が大関を落ちた。この場所は相撲全体に粘りがなかった。
・優勝決定の一番 決定戦 増位山(打っ棄り)東冨士
 東冨士は増位山の変化を気にしながら見て立つと増位山が突っ張る。 暫く土俵中央での攻防戦があり、機を見て増位山が飛び込んで押すと東冨士も下がりながら右で押し返す。 突き合いから見合ううち増位山が先に仕掛けるが東冨士が右上手を引いて突進、増位は内掛けや掬い投げを見せたが東冨士はなおも走った。 土俵際東冨士は左喉輪で詰めに入ったが、増位山が両下手から左への打っ棄り、これを決めて増位山は初優勝を飾った。
・好勝負
  6日目 増位山(押し出し)照國

 照國が低く出るところ増位山は左に開いて去なし、よろめく照國を突っ張りで攻め、堪える暇を与えず両筈で西に押し出した。 増位山は元気だが照國はどうにも元気がなく、心臓脚気で休場した。
  6日目 力道山(不戦)前田山
 前田山はいきなり力道山の右を取ってとったりの奇襲。力道山は大きく泳いだが堪えた。 前田山はさらに追い込み、再びとったりを打ち、両者とも土俵下に転落。軍配は前田山に上がったが物言い取り直しとなった。 しかし前田山は指の怪我で棄権してしまい不戦敗となった。翌日、前田山の処置に就いて協会が協議したが、前田山の陳謝で収拾した。
 10日目 東冨士(寄り倒し)佐賀ノ花
  1敗同士の大関対決。佐賀ノ花が低く当たって右差し、東冨士は右から抱え、左からおっつけて出た。 佐賀ノ花は廻り込んで逆襲、東冨士も土俵に詰まったがよく盛り返し、水入り。 再開後は東冨士が攻勢を取り、佐賀ノ花も必死に堪えたが東冨士が寄り倒した。
前画面に戻る