昭和24年
×昭和24年 1月 優勝 横綱 東冨士 謹一 10勝 2敗 1痛分 2
 日本橋浜町公園での13日間の本場所である。照國・羽黒山が全休、新大関増位山は 6連勝したがその後大崩れして 7勝。 新横綱東冨士が抜きん出た強みを示し、三根山と千代ノ山に敗れ、神風とは痛み分けで10勝 2敗 1痛分、新横綱優勝を飾った。 気の抜けた土俵の中で、佐賀ノ花の奮闘と國登・琴錦の活躍が目を惹いた。この場所から東京新聞が始めた「優勝・三賞力士予想」には 127,792通もの応募がありながら、 正解者なしという驚くべき結果となった。締切日までに 2勝 5敗だった栃錦が技能賞を取ったからで、 また、この場所は優勝も三賞も全て東京都出身の力士(殊勲…三根山、敢闘…國登、技能…栃錦)が受賞するという珍しい記録ができた。
・優勝決定の一番 千秋楽 東冨士(寄り切り)佐賀ノ花
 半星差の激突。東冨士が左差しに出ると佐賀ノ花は意表を突いてとったりを打った。 東冨士は残して左四つとした。佐賀ノ花は両褌を引いたが体力差で不利。東冨士は遅れて右上手を取りドッと寄った。 佐賀ノ花は正面で打っ棄ろうとしたが東冨士は右喉輪で寄り切った。
・好勝負
  6日目 神風(痛み分け)東冨士

 当たって神風右上手、東冨士左下手を深く取り、右で抱えながら正面に寄り、右上手も取る。一呼吸して東冨士が出ると神風は外掛けで寄り返す。 神風は東冨士の上手を切って半身に構え、東冨士は攻め手がなくなった。この時神風の左瞼からの出血が激しくなり、協議の結果痛み分けとなった。
  8日目 佐賀ノ花(打っ棄り)千代ノ山
 佐賀ノ花が右差しに出ると千代ノ山突っ張りから右四つに組んで上手投げ、佐賀ノ花は残すやこちらも上手投げ。 土俵中央で暫し動かず、数呼吸して千代ノ山が青柱に出ると佐賀ノ花堪えて左へ打っ棄り、綺麗に体が割れた。
 12日目 千代ノ山(掬い投げ)力道山
 千代ノ山が突っ張りで出ると力道山は頭を下げて押し、互いに突っ張り合って千代ノ山が叩くと力道山は残して右四つから吊る。 千代ノ山は右外掛けで防いで残し、互いに機を窺って動かず水が入った。再開後、力道山が再度吊ると千代ノ山はまた外掛けで残し、逆に吊り上げた。 力道山もこれを外掛けで防いで力相撲、機を窺い合ううち千代ノ山が右から掬って力道山を崩し、さらに掬い投げを打って倒した。がっぷり右四つの大相撲。
○昭和24年 5月 優勝 大関 増位山 大志郎 13勝 2敗 2
 同じく浜町公園での本場所だが、15日間となった。羽黒山は再起の土俵である。 4横綱が揃ったが、東冨士と前田山は終盤に負けが込んで一桁勝利。照國は好調だったが、 6日目琴錦に敗れたのが痛く12勝。千代ノ山は突き押しの威力を発揮したものの初日の十勝岩戦を落として一歩及ばず12勝。 同部屋の増位山と羽島山が13勝 2敗で決定戦を戦い、寄り切って増位山が優勝した。 増位山は 5日目に右手小指を裂きながら栄冠を掴んだ。羽黒山は 9連勝したが 9日目の吉葉山戦で左足を強打して 4連敗、11勝 4敗だった。 千代ノ山は大関となった。
・優勝決定の一番 決定戦 増位山(寄り切り)羽島山
 時間前に羽島山が突っかけたが、増位山は応じなかった。 時間になって、羽島山が突いて出ると増位山は低く出て左差し、右からは強烈におっつけて出ると羽島山一度は堪えたが、増位山は腰を落として寄り切った。
・好勝負
  5日目 増位山(突き倒し)力道山

 力道山が突っ張ると増位山右筈で押し上げて前進、そのまま突き立て一方的に突き倒した。 増位山は全勝を守ったがこの相撲で右手の小指が裂けた。
  8日目 羽黒山(上手投げ)千代ノ山
 千代ノ山の破壊力ある突っ張りを羽黒山受け止めて両差し、 千代ノ山は右を巻き替えて寄ると、羽黒山は左からの上手投げに仕留めた。貫禄充分、復活の羽黒山は土つかずで勝ち越した。
 14日目 佐賀ノ花(寄り倒し)前田山
 佐賀ノ花が右差し一気に出ると前田山は腰を落として堪えようとしたが、佐賀ノ花なお寄り立て、打っ棄りに構わず寄り倒した。 これで佐賀ノ花は 4横綱を全て倒したが負け越しという珍しい記録を作った。
△昭和24年10月 優勝 大関 千代ノ山 雅信 13勝 2敗 1
 大阪福島公園での場所。初日から増位山が敗れ、 9日目から休場となった。 また前田山が 7日目から、 8連勝の照國も 9日目汐ノ海に敗れて休場した。羽黒山が 1敗、千代ノ山と鏡里・栃錦が 2敗。 14日目羽黒山−千代ノ山の対戦は勢いに乗った千代ノ山が突き出して羽黒山を破り、 1敗がなくなる。この日栃錦は敗れて脱落。 千秋楽千代ノ山は神風を寄り切り、鏡里は汐ノ海に、羽黒山は東冨士に敗れて千代ノ山の新大関優勝が決まった。 10勝の汐ノ海が大関復帰を決め、前田山は休場中に帰京して野球見物、出場停止を命ぜられ引退した。 こんな出来事もあった上に不入りで盛り上がりにやや欠けた。
・優勝決定の一番 千秋楽 千代ノ山(寄り切り)神風
 神風が腕を廻して突っ張りを防ぐと千代ノ山は左差し手を返し右上手。次いで左下手を取ると、神風は右を巻き替え右四つ、引きつけ合って千代ノ山青柱に出て上手投げで潰そうとし、 神風がどうにか堪えると千代ノ山逆に右から起こして寄り切った。次の一番に羽黒山が敗れて優勝が決定した。
・好勝負
 14日目 千代ノ山(突き出し)羽黒山

 羽黒山は 1敗、千代ノ山は 2敗での対戦。千代ノ山が踏み込んで猛烈に突いて出ると、羽黒山はズルズル後退した。 千代ノ山はそのまま突き進んで白柱に突き出した。これで両者 2敗となった。
 千秋楽 汐ノ海(押し出し)鏡里
 汐ノ海が突っ込むと鏡里は左から攻め、汐ノ海が左へ動いて左右からおっつけ、 鏡里は右を覗かせ左も入れようとしつつ出る。汐ノ海は下がりながらもよく堪え、鏡里の右を引っ掛けて東に押し出した。 汐ノ海はこの場所絶好調の鏡里に 3つ目の黒星をつけ、自身は10勝を挙げて大関に返り咲き、称賛された。
前画面に戻る