昭和25年
×昭和25年 1月 優勝 大関 千代ノ山 雅信 12勝 3敗 2
 蔵前に仮設国技館が建った。この場所は 3横綱が休場のや印をつける大不振。 6連勝の千代ノ山が中盤で 2連敗して低調な場所となった。千代ノ山は12日目鏡里に敗れて 3敗となったが、 横綱の休場にも助けられ、 4敗の鏡里・若ノ花(新入幕)を振り切って連覇を飾った。盛り上がらないこともなかったが、低調を脱することはなかった。 千代ノ山の横綱は時期尚早などの理由で見送られた。増位山が引退。
・優勝決定の一番 千秋楽 千代ノ山(突き出し)佐賀ノ花
 佐賀ノ花は右差しを狙ったが千代ノ山は強烈に突きっ放した。 そして次の突きが命中して佐賀ノ花は体を崩した。千代ノ山は勢い込んで突き出し、連覇を決めた。
・好勝負
  4日目 神風(外掛け)羽黒山

 神風が突っ張って出れば羽黒山は左差し、腕を返す。神風は右を巻き替えにいったが、 羽黒山はその腕を取ってとったりを引く。神風が堪えると、羽黒山はさらにとったりを続けたが、これがまずく浮き立ってしまった。 神風は残すや右で外掛け、さらに体を預ける。羽黒山は堪え切れずに倒れ、右足アキレス腱断裂後遺症のため休場した。 これでこの場所は序盤にして 3横綱全てが休んでしまい、羽黒山と東冨士は再出場したが、この不調振りで横綱格下げ論が喧しく唱えられるようになった。 協会は横綱も格下げさせ得る規定を作ることを一旦決めたが、意外や大きな反対意見が噴出、結局格下げ規定は撤回とし、代わって横綱審議委員会なるものが設けられることになった。 実績充分、大真面目の羽黒山は「自分は怠けて休んでいるのではない」と怒り、呆れていた。
 12日目 鏡里(押し出し)千代ノ山
 千代ノ山が突っ張るが鏡里は右から掬い上げ、押し返して出た。千代ノ山は左に廻りながら右で叩いたが、腰が落ちそうになった。 鏡里は泳いでいたがつけ入って押し出した。千代ノ山は脆くも 3敗目、鏡里に詰め寄られた。
◎昭和25年 5月 優勝 横綱 東冨士 謹一 14勝 1敗 3
 横綱が奮起して面白くなった。 9日間終わって羽黒山・東冨士が全勝、照國が 1敗。 その後照國が 2連敗して脱落し、羽黒山は10日目力道山に敗れて手痛い 1敗。 11日目、東冨士が鏡里に力相撲の末寄り切られて 1敗。羽黒山は13日目照國に大きく打っ棄られて 2敗。 14日目東冨士−照國は東冨士が一気に照國を寄り倒し、千秋楽、東冨士は羽黒山戦に優勝を懸け、 左四つの大相撲となって東冨士が寄り切り 3回目の優勝を飾った。横綱を狙った千代ノ山は横綱戦全敗で 9番に止まった。
・優勝決定の一番 千秋楽 東冨士(寄り切り)羽黒山
  1敗の東冨士と 2敗の羽黒山が優勝を懸けて相対した。横綱同士が雌雄を決するのは戦後初めてである。 立ち合い左四つに組んで東冨士が寄れば、羽黒山は堪えて寄り返し、その後も東冨士が攻勢を取り寄り立てるが、 そのたびに羽黒山は堪えて寄り返す激しい力相撲となり一呼吸した。そして東冨士は懸命に寄り立て、これまた懸命に堪える羽黒山の胸を押して遂に東に寄り切った。 期待に違わぬ好勝負であった。
・好勝負
 11日目 鏡里(寄り切り)東冨士

 東冨士が先に右上手を取り、左を差して得意の体勢に持ち込もうとしたが、 鏡里は右をも巧く差し勝ち両差しとなった。東冨士は対して右を巻き替え寄ると鏡里左から上手投げで寄り返し、 土俵中央がっぷりの右四つで水が入った。再開後、引きつけ合いから東冨士が渾身の力で寄ると、 鏡里は堪えて上手投げ、これで崩してすぐに寄り切り、全勝の東冨士を破った。
 13日目 照國(打っ棄り)羽黒山
 今場所好調な横綱同士の対戦。羽黒山は東冨士と並んで 1敗である。 立って照國が右四つとした。羽黒山は応じて左上手を取り、引きつけて東土俵へ寄って出た。 照國は土俵際、右下手を引きつけ弓なりとなって左へ大きく打っ棄った。羽黒山は 2敗、痛い星を落とした。
 14日目 東冨士(寄り倒し)照國
  1敗の東冨士と 3敗の照國の一番。照國が珍しくぶちかまして出て右おっつけ、 しかし東冨士は右上手を取って出し投げを打ち、左を入れて左四つとする。そして東冨士、両廻しを引きつけ一気に寄り立て、寄り倒した。
○昭和25年 9月 優勝 横綱 照國 万藏 13勝 2敗 1
 大阪阿倍野の仮設国技館での本場所、仕切り制限時間が幕内 4分となった。 3横綱は 4連勝したが、 5日目に羽黒が休み、照國が清水川の出し投げに横転して 1敗。 6連勝の東冨士が 7日目から連敗、 7連勝の千代ノ山も後半に入りペースダウン。10日目 1敗の同士の照國−吉葉山は寄り倒して照國の圧勝。 照國有利と目された13日目に照國は千代ノ山の突っ張りに完敗して 2敗。 千秋楽、21枚目の時津山が栃錦に敗れ 3敗に後退、吉葉山は 2敗を守った。照國は 3敗の東冨士と対戦、左差しから一気に寄り切って決定戦になった。 決定戦は照國が寄り倒して制し、横綱 8年目にして悲願の初優勝を飾った。
・優勝決定の一番 決定戦 照國(寄り倒し)吉葉山
 吉葉山が慎重に突っ張り、ちょっと右上手を狙いにいったが取れず、 吉葉山がなお突っ張ると照國は受け流して所謂手四つの形、やや合って吉葉が喉を押そうとすると照國素早く左前褌を掴み、 頭を下げて右も取り、左を深くして左四つ、吉葉が右上手を引いたが照國構わず吊り上げ、残る吉葉をドッと寄り倒し、悲願の初優勝を飾った。
・好勝負
  3日目 照國(寄り切り)若ノ花

 当たり合って左四つ、照國が寄る。土俵に詰まった若ノ花は堪えて右上手から捻った。 すると照國は左膝から落ちたが、若ノ花も土俵を割った。軍配は照國、物言いがついて取り直しとなった。 取り直しもまた左四つに組み、照國が寄り立て吊り身に寄り切った。
  7日目 吉葉山(打っ棄り)東冨士
 東冨士は左差し右上手を取って上手出し投げを放ったが、吉葉山は残して上手捻りで逆襲する。 これを東冨士も堪えて一呼吸、吉葉山が再度上手捻りを見せると東冨士は強引に寄り立てた。 吉葉山は土俵を右に廻り込もうとしたが、東冨士はなお寄った。すると吉葉山は左へ打っ棄った。 軍配は吉葉山、物言いがついたものの成立せず、全勝の東冨士に土がついて両者 1敗。
 10日目 照國(寄り倒し)吉葉山
  1敗同士の激突。吉葉山から左四つに組んで左下手投げを打つが、 照國は残して正面へ吊り身に迫り、吉葉山が右上手を引きつけ打っ棄ろうとするところ、巨腹を煽って潰した。
 13日目 千代ノ山(突き出し)照國
 千代ノ山は後半に入ってちょっと調子を崩し既に 3敗、他方照國はさほど好調ではないとされながら場所に入って好調で 1敗。 しかし立つや千代ノ山の猛烈な突きが炸裂、わずか 3発で照國は突き出されてしまった。千代ノ山の一方的且つこれ以上ないという豪快な勝ちっぷり。
前画面に戻る