昭和26年
○昭和26年 1月 優勝 横綱 照國 万藏 15勝 2
  8日間を終わって全勝が照國・吉葉山、 1敗が羽黒山・千代ノ山・若ノ花という展開から、 千代ノ山が 9日目から 5連敗してしまった。10日目、全勝同士照國−吉葉山は照國が勝って全勝を守った。 12日目羽黒山が 2敗目を喫し、ここまで頑張った若ノ花は13日目から 3連敗。 14日目照國は羽黒山を左四つから寄り切って全勝を堅持、千秋楽吉葉山が鏡里に寄り切られ照國の連覇が決定、 東冨士戦でも気迫充分、両差しから一気に寄り切って全勝優勝を果たした。吉葉山と鏡里が大関となり、 代わって佐賀ノ花が大関を陥落した。
・優勝決定の一番 14日目 照國(寄り切り)羽黒山
 照國が右喉輪、羽黒山も左筈で押し合い、照國は右から絞って右前褌を狙ったが取れず、 さらばと照國は右を入れようとするが入らず、互いに頭を下げて差し手争いとなり、 照國が突っ張りから左右と入れ、がぶっておいて右を上手に替えて白柱に寄り切った。 両横綱の何とも味のある攻防だった。翌日吉葉山が鏡里に寄り切られ、照國の優勝が決まった。
・好勝負
 初日 照國(上手投げ)栃錦

 栃錦が気合よくぶちかまして猛然として突っ張り、そして両差しを狙った。 照國はこれを右から引っ張り込み、左四つ右上手から左差し手を返しての寄り、 栃錦窮余の左下手投げを上手投げに打ち返して投げ捨てた。
 10日目 照國(外掛け)吉葉山
 全勝同士の激突である。立って吉葉山が喉輪押しを見せたが照國頭を下げて早くも左前褌を取る。 吉葉山は左を入れようとしたが照國は左を深くまた右も素早く入れて両差し。吉葉山は左は前褌を取ったが右では首を抱える絶対不利の体勢。 吉葉山はその後右上手を取ったには取ったが全く利かない。照國は慎重に構え、機を見てグッと吊り上げ、残した吉葉山が右上手から振るところ左外掛けで倒した。
 13日目 照國(外掛け)千代ノ山
 千代ノ山が突っ張ると照國の左は切れた。千代ノ山はなお突き上げて叩いた。 照國は泳いだが残した。千代ノ山はなお突っ張ったが照國は堪えて間合いを詰め左を覗かせるや東に出た。 千代ノ山は右に廻り込んだが照國は両下手を引いて左の外掛け、千代ノ山は左上手投げを見せて切り返したが両者ともに倒れた。 軍配は照國、物言いがついたが不成立。
 千秋楽 栃錦(出し投げ)二瀬山
 二瀬山は突っ張ったが相四つで左四つに納まり、互いに両廻しを引いて凄まじい攻防となった。 栃は右から出し投げ、左の投げ、左内掛け。二瀬は吊り寄り上手投げ。互いに決まらず水が入ること 2回。 酔い痴れた一老人が土俵に上がって両者の肩を叩く。 2番後取り直しとなり、またがっぷりで水、再開後栃錦が左から捻って右上手からの出し投げでけり。 栃錦は 7連敗 8連勝という奇跡を起こした。二瀬山は負けたが清々しい気分が残ったと述懐した。
 千秋楽 照國(寄り切り)東冨士
 頭を下げて当たった照國、鮮やかに二本差して一気の寄り、東冨士は堪える術もなく白柱に寄り切られた。 照國は昭和18年 5月の双葉山以来、戦後15日制復活以降では初めての15戦全勝優勝を成し遂げた。
△昭和26年 5月 優勝 大関 千代ノ山 雅信 14勝 1敗 3
 優勝掲額が復活し、前場所優勝の照國の額が掲額されたが、初日にその照國が若葉山の下手捻りに敗れる大波乱。 2日目以降立ち直ったが12日目から 4連敗。羽黒山も後半崩れ、 1敗の千代ノ山と 2敗の東冨士が千秋楽に対戦、 突っ張りで先手を取った千代が叩き込んで勝ち、 3回目の優勝、横綱に栄進した。大関汐ノ海が引退した。 この場所の優勝争いはそんなに面白くもなかったが、戦後に入幕した力士が上位に揃ってきて将来への期待が膨らんできた。
・優勝決定の一番 千秋楽 千代ノ山(叩き込み)東冨士
 東冨士が低く突っ込むと千代ノ山が突き放し、さらにどんどん突き立てる。 東冨士は堪えてなお低く突き返そうとすると千代ノ山は思い切って叩き込み、14勝を挙げて優勝し、前場所の不調を帳消しにして横綱に推薦された。
・好勝負
 初日 若葉山(下手捻り)照國

 若葉山が立ち合いに蹴手繰りにきたが照國残す。互いに機を窺い合ったが、若葉山が両差しとなり、 照國が両上手を引きつけて出ると、若葉山は土俵際で右から捻った。照國は左膝から崩れ、物言いはついたものの成立しなかった。 3連覇濃厚と思われた照國は初日から躓いた。
  8日目 若ノ花(掛け投げ)栃錦
 小兵同士の初対決として話題を呼んだ好一番(後年角界一の黄金カードとなるが、そんなことは誰一人として思ってもいない)。 栃錦が突っ込むと若ノ花右に変わって上手出し投げ、栃錦残して左のがっぷり四つ。 若ノ花の下手投げ、栃錦は下手捻り、若ノ花も下手捻り、栃錦は吊り、若ノ花さらに下手捻り、全て残る攻防戦となり、 また若ノ花が上手投げから寄ると栃錦が寄り返して数呼吸。疲れた栃錦が下手捻りから寄ると若ノ花は剣ヶ峰で右内掛けから掛け投げで逆転した。
 12日目 千代ノ山(下手投げ)照國
 千代ノ山が猛突っ張りで出ると照國ははね上げて前褌狙い。 千代ノ山は突き勝っていきなり叩く。照國は右前褌を引いて右四つとしたが千代ノ山が上手を取り、右を上げて照國に上手を与えない。 千代ノ山は大きく掬い投げ、照國よく堪えて寄る。千代ノ山は上手半身の体勢で堪えて持久戦となる。 千代ノ山は寄り身を見せてから上手投げ、照國は寄り返そうとしたが、千代ノ山はその機をとらえて右から大きく下手投げ、これが強烈で照國はドッとばかり横転した。 1敗同士の対戦を制した千代ノ山は優勝に大きく前進。
◎昭和26年 9月 優勝 横綱 東冨士 欽壹 13勝 1敗 1預 4
 新横綱千代ノ山は緊張のあまり 9番しか勝てなかった。前半快調だった 3横綱と 2大関のうち、 東冨士を除いて後半揃ってバテ気味で、東冨士が優勝を濃厚にしたと思いきや10日目の夜から発熱、 13日目の吉葉山戦では同体水入りの末預かりとなった。どうなることかと思われたが東冨士は立ち直り、 13勝 1敗 1預かりで 4回目の優勝を成し遂げた。角界の勢力図が塗り変わろうとしていたことで、若手による取組には活気が漲った。
・優勝決定の一番 14日目 東冨士(寄り切り)羽黒山
 東冨士は体調も良くなってきてこの日から土俵入りも再開した。 東冨士が右からちょっと張って右上手、右へ動いて羽黒山に上手を与えない。数呼吸して東冨士は東に猛進、 羽黒山が右上手を取ったときには既に土俵を割っていた。東冨士はこの相撲で優勝を決定した。
・好勝負
 12日目 栃錦(出し投げ)若ノ花

 栃錦は立ち合い低く突っ込み両差し、若ノ花が左を巻き替えると栃錦は右上手出し投げ。 若ノ花残して立ち直ると左四つに戻して寄る。栃錦は残して左の二枚蹴り。若ノ花これを堪えて下手捻り。 栃錦は大いにぐらつくも残し上手出し投げ、決まらず数呼吸の後若ノ花左から二枚蹴り。栃錦またも大きく傾いたがしぶとく残して水入り。 再開して栃錦は二丁投げを見せたが若ノ花凌いで吊り身。栃錦は左の外掛けで防いで一呼吸、両者数多の技を繰り出したが決まらず 2番後となった。 取り直しは若ノ花がぶちまかすと栃錦右から左も入れて二本差し、若ノ花は廻しに手が掛からず、栃錦は左蹴返しから右下手出し投げ、遂に決めた。 前場所に続く熱闘、この顔合わせは以後毎場所人気を呼んだ。
 12日目 吉葉山(預かり)東冨士
 東冨士は発熱のため医者に診てもらったところ急性肺炎の診断。 警察署長立ち会いで「生命にかかわっても文句は言わぬ」旨の一札を入れての出場で11日目は土俵入りを休みながらも全勝の鏡里を倒した。 その晩からはさらに悪い体調ながら休まず出場。当たり合って吉葉山が突いて出ると東冨士はいきなりのとったり、そして左四つから右上手出し投げを打って寄り立てた。 詰まった吉葉山は左下手から捻ってほぼ同時に倒れ、軍配は東冨士、物言いで取り直し。 今度も左四つ、水入りの後吉葉山が上手捻りから寄ると東冨士下手投げで堪え、動かず水入り。 再開して吉葉山が寄り立てると東冨士は堪えて右へ打っ棄りを見せたが体は割れなかった。 軍配は吉葉山、物言いがついてまたも同体となった。この時には東冨士は桶に縋りつき立っていられず、 再び検査役の協議、東冨士「向こうの勝ちにしてください」吉葉山「預かりで結構です」ということで預かりとなった。 息を殺して見ていた観衆は一様にホッと胸をなでおろした。
前画面に戻る