昭和27年
◎昭和27年 1月 優勝 横綱 羽黒山 政司 15勝 7
 連日超満員。明治42年 1月場所以来の復活となる力士幟が彩りを添え素晴らしい好景気である。 蓋を開けると37歳の老雄羽黒山が久方ぶりの快調。また横綱 2場所目で慣れてきた千代ノ山も好調。 両者が全勝で走る。東富士は途中で急性肺炎などで休場。13日目、全勝を続ける千代は再出場の東富士の上手投げに 1敗。 しかし優勝争いはこの両者に完全に絞られ、千秋楽直接対決は羽黒山が完勝し、22年11月場所以来の 7回目の優勝を全勝で飾った。 場所前に元大関佐賀ノ花が引退。
・優勝決定の一番 千秋楽 羽黒山(下手投げ)千代ノ山
 立って羽黒が頭を下げて出ると千代ノ山は烈しく突っ張って向正面に攻めようとする。 羽黒山はやや下がりながらもウンと堪えて右筈左からも挟みつけて押し返した。 千代ノ山はややタジタジとなったが再度突っ張る。羽黒山ははね上げてまた左から挟みつけ、右筈で自身満々の押し返し。 そして左を入れるや正面にがぶり、左下手を取るや右で首を巻いて掴み捨てた。 老雄羽黒は 5年ぶりの優勝を全勝で飾った。
・好勝負
  2日目 羽黒山(上手投げ)栃錦

 羽黒山が受けて立つと栃錦は突き立てて左差し、羽黒山はこれを泉川に撓めて出たが、栃錦残して左のがっぷり四つ。 ややあって栃錦は左で内掛けを強襲、羽黒山はこれを引っ外して白柱に寄り、右上手投げを放った。 栃錦は倒れながらも右手で羽黒山の左足首を掴むが、かなわず投げ倒された。
  7日目 二瀬山(突き倒し)鏡里
 二瀬山が激しく突いて出ると鏡里は下から押し上げて反撃しようとした。 すると二瀬山の右張り手が鏡里の耳の下辺りに命中。この一撃により鏡里は土俵に座り込んでしまった。
 13日目 東富士(上手投げ)千代ノ山
 東富士は肺炎で途中休場し、この日から再び登場した。千代ノ山は突っ張らずぶちかましから右差し。 東富士は左から千代ノ山の差し手を挟みつける。千代ノ山は右から起こして寄り立て、 土俵際まで追い詰めて掬った。しかし東富士は残して右へ廻り込み、左からの上手投げに全勝千代ノ山を降した。
△昭和27年 5月 優勝 横綱 東富士 欽壹 13勝 2敗 5
 新入幕も新三役もない平凡な新番附で、東富士が一番人気であり、その通り東富士が最終盤に独走して優勝した。 照國休場、また 6連勝の羽黒山が足の指を化膿させて休場し切開手術、のち再出場した。千代ノ山は序盤で躓いて10番。 7日目で 5人いた全勝力士全てが敗れ、11日目には鏡里のみが 1敗で残ったがその後崩れてしまった。 三根山・大内山・栃錦が大関を争っているが未だ決め手がない状態、この場所は大して盛り上がらなかった。
・優勝決定の一番 千秋楽 東富士(寄り切り)吉葉山
 東富士は鋭く立って左で張り、左を覗かせ一気に走った。吉葉山は左前褌、右上手を取ったもののもう土俵際、 東富士は手を緩めず寄り立て寄り切った。
・好勝負
 13日目 羽黒山(寄り切り)吉葉山

 中日より休んでいた羽黒山は、足の傷が癒え、再出場した。 相手は 2敗の大関吉葉山である。立つや羽黒山は低く出て両前褌を取り、頭もつける盤石の形。 吉葉山は右で抱え、左を入れようとしたが羽黒は許さず、羽黒山は左に捻りを見せた。 そして吉葉山が巻き替えに出るところ羽黒山はドッと出て寄り切った。吉葉山は 3敗、羽黒の巧い相撲に屈して気落ちし、結局 5敗してしまった。
◎昭和27年 9月 優勝 関脇 栃錦 清隆 14勝 1敗 1
 四本柱に代わって房が取りつけられ、入場料値上げにもかかわらず盛況。 この場所羽黒山・照國が途中休場、東富士が途中休場再出場で横綱は千代ノ山の一枚看板。 そこに飛び出したのはこの年進境著しい関脇栃錦。東富士・照國を破り、12日目大関鏡里に敗れて12勝 1敗。 また大関吉葉山も好調で 3日目名寄岩に打っ棄られたが、東富士・千代ノ山を降して12勝。 14日目に両者が激突したが、扁桃腺炎で40度の高熱の栃錦が豪快な二枚蹴りで勝ち、 千秋楽三根山を破って初優勝、大関に推された。
・優勝決定の一番 千秋楽 栃錦(押し倒し)三根山
 栃錦はぶちかまして右筈左もおっつけから左筈、そのまま青房に押し進んで右筈を利かせて押し倒し、初優勝を決めた。
・好勝負
  3日目 朝潮(押し倒し)羽黒山

 朝潮は低く出てきた羽黒山の肩を両手で一突き、これで羽黒はヨロヨロと後退し、 さらに朝潮が右喉輪でグイと一押し、羽黒山は堪え切れず向正面に倒れてしまった。天下の剛横綱を粉砕した朝潮の豪力。
  8日目 栃錦(打っ棄り)東富士
 栃錦がぶちかますと東富士は右に動いて上手。栃錦は左下手右から絞るが東富士は上手投げ。 東富士は白房に出んとするが栃錦は堪える。東富士の上手投げ、栃錦が両褌を取って下手投げ、東富士再度上手出し投げの後東富士が向正面に出るが栃錦は下手投げで残す。 東富士はなお攻勢、青房に出ると栃錦は堪えて左へ打っ棄る。伊之助は栃錦の左足が踏み切ったと見て軍配を東富士に上げた。 物言いがつき、栃錦の踏み切りはなく、倒れるのは同時で取り直し。再戦も同じ立ち合いから東富士が右上手を引いたが栃錦は両差しとなる。 栃錦が左から捻るが、東富士残して数呼吸後、両上手を引きつけ白房に出た。土俵際、栃錦懸命に残し、 東富士が右で胸を押すところ右に大きく打っ棄った。
 14日目 栃錦(二枚蹴り)吉葉山
 立つや栃錦は左で吉葉の左足を蹴ったが吉葉残して強引に左から右の喉輪で押す。 栃錦は残して左で外無双を切ったが吉葉山も残し、左四つがっぷりとなった。一呼吸後栃錦は満身の力で吊り上げて左二枚蹴りの強襲、鮮やかに決まって吉葉山は横転した。 栃錦は40度の熱、土俵入りを休んでこの一番に懸けた。凄い闘志である。
前画面に戻る