昭和28年
◎昭和28年 1月 優勝 大関 鏡里 喜代治 14勝 1敗 1
 好況だったが横綱大不振、千代ノ山は扁桃腺炎、東富士は左手中指薬指脱臼、 照國は糖尿等悪化でそれぞれ途中休場、羽黒山は皆勤したが右手親指を噛まれ骨折し 9番。 優勝を争ったのは鏡里・栃錦・玉ノ海。玉ノ海は13勝を挙げており、 1敗鏡里の栃錦戦を待つも、鏡里は栃錦を難なく寄り切って逃げ切った。 栃錦は11勝 1敗から 3連敗したが新大関としては上出来。14日目に照國が引退。 そして鏡里が予想もしない横綱に推された。
・優勝決定の一番 千秋楽 鏡里(寄り切り)栃錦
 栃錦がぶちかまして左を入れたが鏡里が右上手を引いて寄り立てた。 栃錦は土俵に詰まり堪えんとしたが、鏡里は左を喉輪に替えて腰を落として寄り切り初優勝した。
・好勝負
  2日目 松登(寄り切り)照國

 松登頭で当たり、なお頭を下げて左を差そうとすると照國は左を差して右上手を取ったが一枚だけだった。 松登は左四つ両廻しを引いて煽った。照國残して右上手投げで赤房に振り出そうとしたが、松登堪えて左下手投げで投げ出した。 照國は翌日から休場、14日目に引退した。
  4日目 羽黒山(突き落とし)二瀬山
 立って突っ張り合いから、羽黒山の右手親指が二瀬山の口に中に入り、 二瀬山はそれに噛みついた。羽黒山は慌てて抜き、なお突っ張り合いから二瀬山が飛び込んで両差しで寄るを左から突き落とした。 羽黒山はこの相撲で右手親指を骨折したが、他の横綱が休んでいるため休場届は出してあるが休めず、とうとう皆勤した。
 13日目 羽黒山(極め出し)栃錦
 栃錦はぶちかまして右筈、左攻めから両差しとなり攻め込んだ。羽黒山は左へ廻り、栃錦の右を片閂に極めた。 栃錦は構わず寄ったが、羽黒山は詰まりながらも堪え、閂に極め右から抜き上げつつ左に廻って逆に出て、左で栃錦の肩を押して極め出した。
△昭和28年 3月 優勝 大関 栃錦 清隆 14勝 1敗 2
 この年から 3月場所が大阪場所となり、新横綱鏡里の人気もあって前景気は上々だった。 しかし、羽黒山全休、千代ノ山途中休場に加え、序盤から大荒れ模様で、中日近くまで客足が伸びなかった。 最終的に賜盃争いは10勝 2敗の東富士と11勝 1敗の栃錦の対戦に集約されたが、 栃錦の出し投げで呆気なく勝負がつき、栃錦がそのまま優勝した。しばらく不振の千代ノ山が「横綱返上」を申し出て慰留されたのもこの場所であった。
・優勝決定の一番 14日目 栃錦(肩透かし)鏡里
 栃錦ぶちかまし、鏡里は下からおっつけるが栃錦は左から入って下手、 右も差し勝って両差し。鏡里は極めようとするが左を上げられて果たせず、 栃錦の右下手出し投げに向正面へ吹っ飛んでしまった。決まり手は肩透かしだが、栃錦がやったのは出し投げである。
・好勝負
  5日目 若ノ花(叩き込み)千代ノ山

 千代ノ山は猛烈に突き放して出たが、若ノ花は詰まりながらも左に飛んで右で叩いた。 一気に突き飛ばさんものと勢い込んで出ていた千代ノ山、全く残せず右手で土俵を掃き、そのまま飛び出して 4連敗を記録、 脊椎に新しい骨ができているということで休場した。千代ノ山は自信喪失、藤嶋(安藝ノ海)に口頭で「横綱を返上して大関からやり直す」旨伝えたのである。 ファンは驚いたが、協会は「心機一転してやり直すよう」とはねつけた。横審も問題としなかった。千代ノ山もこれを取り下げ、横綱として立ち直りを期することとなった。
  7日目 栃錦(外掛け)若ノ花
 栃錦が頭でぶちかませば若ノ花は左肩から出ておっつけ合い差し合いの争いから若ノ花が右へ飛んで去なし、 栃錦残して押し合い、差し手争い。栃錦は左なり右なりで前褌が欲しい。右下手前褌を充分に取るや栃錦は出し投げを打った。 若ノ花は流石に残したが栃錦は頭を下げて西に寄り、さらに吊ったが若ノ花は左に上手を引いて残した。栃錦の元結は切れた。 そして栃錦は左前褌を取り、右を離しておっつけ、右上手横褌とし頭を相手の肩につけた。若ノ花は左下手一本。 栃錦再度右上手出し投げから白房に右から絞り上げて寄ったが若ノ花は残して右小手投げで廻り込む。 若ノ花も右上手を取った。漸くがっぷりとなり、暫くして水が入った。再開して、栃錦が上手投げで振り廻すと若は吊り身、 栃は左足を飛ばして外掛けで決めた。
  8日目 三根山(上手投げ)栃錦
 栃錦がぶちかまして右からおっつけると三根山は引っ張り込んで泉川。 栃錦はそれを抜いて左四つとなる。栃錦は両廻し充分、三根山に上手を与えなかったが、 その上手に気を取られるあまり攻め手がなくなる。栃錦は上手出し投げを打ったが体の開きが悪く逆に上手を取られ、 左内掛けにいった瞬間に寄られ、そのまま上手投げで赤房に投げ捨てられて初黒星を喫した。
 13日目 栃錦(出し投げ)東富士
 当たり合って栃錦が左から入る。東富士は右に上手を引いて左を差さんとするが、 栃錦はこれを許さず右おっつけから前褌。東富士はせんかたなしに左前褌を狙うが切れ、右出し投げも不発。 栃錦は右も下手、東富士は左上手。一呼吸後栃錦が左で捻って右から下手出し投げ、鮮やかにというよりも呆気なく決まった。
×昭和28年 5月 優勝 前6 時津山 仁一 15勝 1
 この場所からNHKがテレビ相撲中継を始めた。また、吊り屋根になって以来初めて神明造りの屋根となった。 千代ノ山全休、羽黒山途中休場があり、優勝予想は吉葉山と栃錦に二分されていた。 東富士と鏡里は互いに星を潰して脱落。吉葉山は14勝、栃錦は13勝の好成績を挙げたものの、 三役と対戦しなかった時津山が千秋楽琴ヶ濱を高々と吊り出して全勝優勝してしまった。三根山が大関に推薦された。
・優勝決定の一番 千秋楽 時津山(吊り出し)琴ヶ濱
 激しく当たり合って時津山が左差し、右上手を取る。琴ヶ濱は幾度も時津山の上手を切るが、 時津山はその度に取り直す。琴ヶ濱の廻しが緩んで締め直した後、時津山が高々と吊り上げて向正面に吊り出し、全勝優勝を果たした。
・好勝負
  2日目 玉ノ海(外掛け)羽黒山

 高熱を押して登場の玉ノ海は、稽古もしたことのない初顔の横綱に対して左から張って引っ張り込み右四つとした。 さらに玉ノ海は右から二枚蹴りを放つ。羽黒山は上手を引きつけて残したが、玉ノ海はさらに上手から揺すっておいて右外掛けから浴びせると、 羽黒山は踏ん張ったものの崩れ落ちて左膝を捻挫、これがもとで 9月に引退した。
 12日目 出羽錦(外掛け)吉葉山
 出羽錦が左を差してその手を高く上げ、右からおっつける。 吉葉山は右上手が取れないので小手に振った。しかしこの投げは強引で、出羽錦はつけ入って寄り、 吉葉山が右に逃げると出羽錦は左の外掛けで全勝に土をつけた。
 13日目 鏡里(寄り切り)栃錦
 栃錦が右攻めで出るが鏡里はそれを巻き込んで極めた。栃錦は左を入れたが、 鏡里は引き上げて自慢の腹に乗せ、上手から振って寄り切った。これで全勝は時津山だけとなった。
△昭和28年 9月 優勝 横綱 東富士 欽壹 14勝 1敗 6
 優勝候補は吉葉山と栃錦であったが初日早々に倒れてしまい、吉葉山は取りこぼしが響き 4敗、栃錦は体を壊して 8番という有様。 東富士が独走、前場所全勝の時津山を 8日目向正面に一蹴、13日目千代ノ山を鯖折りに降して優勝決定。全勝の可能性濃厚と見られながら、 14日目吉葉山戦で取り直し前後ともに負けの完敗、野望は潰え、14勝 1敗での賜盃であった。 羽黒山が場所中に引退を声明した。
・優勝決定の一番 13日目 東富士(鯖折り)千代ノ山
 立ち合い東富士が右手を出してすぐ左四つに組み止めた。千代ノ山は上手を引いたが全くの不充分の四つ身。 千代ノ山は上手を引きつけて寄り立てたが、東富士はこの機に乗じて右上手を引く。 そして東富士は吊り身に引きつけて東に寄り、千代ノ山が堪えんとして足腰がグラグラッとするところ、東富士はすかさず引いて千代ノ山の右膝を着かせた。 東富士は全勝で早くも優勝を決めた。
・好勝負
 14日目 吉葉山(寄り切り)東富士

 吉葉山が突っ張り、東富士の出足を止めて左四つに組んだ。 さらに上手から捻って崩し、そのまま寄り立てると東富士は打っ棄りを見せたが重ね餅に倒れた。 軍配は東富士で、吉葉山に分があったが取り直しとなった。左四つがっぷりで土俵中央もみ合った。 吉葉山は上手捻り、下手捻りと攻め立て、さらに寄り立てた。東富士は堪えたが、吉葉山は下手捻りで崩して寄り切った。 東富士の全勝の野望はここに潰え去った。
前画面に戻る