昭和29年
△昭和29年 1月 優勝 大関 吉葉山 潤之輔 15勝 1
 優勝候補筆頭の東富士が途中休場再出場で脱落、栃錦も相変わらず不振、他の上位も調子が悪く、 優勝争いは全勝の吉葉山と 1敗の鏡里に早くから絞られた。千秋楽の直接対決を前にして外は朝から大雪。 にもかかわらず館内は超満員。両者の戦いは左四つ腕を返した吉葉山が鏡里を寄り切って初優勝。 雪中のパレードは凄まじい人気であった。吉葉山は横綱推挙。
・優勝決定の一番 千秋楽 吉葉山(寄り切り)鏡里
  1差の直接対決である。吉葉山がやや早く立ち、右で肩を突きながら左を入れ左四つ、腕を返して鏡里に上手を与えず、右上手も取って充分。 一呼吸後吉葉山が東に出んとするが鏡里堪える。再度吉葉は出るが鏡里やや後退するも残す。しかしなお吉葉山が出る。鏡里は満面朱を注いで残すが右を巻き替えようとした。 吉葉山はさらに寄り、遂に青房に寄り切って全勝優勝を飾った。
・好勝負
 11日目 若ノ花(叩き込み)鏡里

 全勝の鏡里が登場したが、若ノ花が強烈に突き上げると早くも上体が起きてしまった。 鏡里は後退し、辛くも右おっつけから攻め返そうとしたが、その瞬間に若ノ花が右へ大きく飛んで右で鏡里の肩口を叩くと、 鏡里はバッタリと落ちて 1敗を喫した。
 12日目 吉葉山(寄り切り)千代の山
 全勝の吉葉山と 2敗の千代の山という、優勝争いに関わる一戦。 右脇の堅い千代の山に対し、吉葉山が立ち合い良く右から左と入れて両差しとなった。 そして西にグイグイ寄り進む。千代の山は土俵際で右を巻き替えたが、吉葉山は構わず寄り切って完勝した。
 13日目 鏡里(上手投げ)千代の山
 千代の山は立ち合いに右へ飛んでから突き立てる。鏡里は応じて突き返し、 この場所進境を見せた右おっつけで攻め、得意の左上手を取った。千代の山は右を入れて掬ったが、鏡里は左上手投げを打ち返した。 鏡里は 1敗を守って吉葉山を追う。
×昭和29年 3月 優勝 大関 三根山 隆司 12勝 3敗 1
 新横綱吉葉山が急性腎臓炎で休場し、さらに東富士も途中休場、 栃錦はまたも絶不振で優勝争いの焦点がぼやけ、鏡里、千代の山の両横綱も10勝止まり、 千秋楽に栃錦を破った三根山が12勝 3敗で初の優勝をかっさらった。低調の謗りを免れない場所であった。 この場所は土俵が極端に柔らかく、従って故障者が続出し、これは中日頃から改善されたが、 珍しい仕切り線のない土俵であった。また、 7日目に東富士が双ッ龍を寄り倒した際に土俵下で肩・腰を打って暫く起き上がれず、 これが大怪我で休場となったため、翌 8日目から土俵外にビニールマットを敷き、さらにその上に筵を載せるようにするという新案が実行された。
・優勝決定の一番 千秋楽 三根山(寄り切り)栃錦
 互いに当たり合って激しい差し手争い、栃錦が左を入れようとするが三根山右からおっつけて右四つ左上手、 出足良く三根山白房に寄った。栃錦は忽ち土俵に窮した。三根山右を突きつけて堂々寄り切り、混迷の場所を制した。
・好勝負
 初日 若葉山(足取り)栃錦

 激しい当たり合いから差し手争い、栃錦は得意の左を無理矢理入れたが、 若葉山は右からおっつけ、右横褌を引き、出し投げから小股を掬った。栃錦は焦って左から首捻りを見せようとするのを、 若葉山は体勢をなお低くして上手を離して足取りの形、さらにそのまま右後ろに反った。 この大奇襲に栃錦は尻から転げてしまった。典型的な波枕、場所前久々に絶好調だった栃錦はこの敗戦から崩れて意外にも 6敗、 3場所連続一桁勝利に止まってしまった。
 13日目 三根山(寄り切り)千代の山
 この日開始前の時点で 3敗が 7人だった。結び前の大事な一番。 三根山は踏み込み良く千代の山に突っ張らせず、左から入って両差しに成功、千代の山が巻き替え右四つとして上手を狙うが、 三根山は慌てず胸を合わせ、右下手投げから寄り進み、千代の山に上手は許したが、右差し手を返して腰を割り、堂々と寄り切った。 三根山は千代の山に 8連敗中、丸 3年胸を合わせる前に振り飛ばされていたが、考えた相撲で大事な相撲を勝ち取った。 この日 3敗を守ったのは 3人、三根山が俄かに有利になり、千秋楽まで勝って逃げ切った。
△昭和29年 5月 優勝 大関 栃錦 清隆 14勝 1敗 3
 東富士が休場、吉葉山が初日不戦敗の休場であったが、 11日目を終わって鏡里・栃錦・北ノ洋が 1敗、千代の山が 2敗で優勝を争う。 鏡里は12日目から崩れ 4敗。13日目千代の山は三根山に寄り倒されて脱落し、 北ノ洋も若ノ花に投げられた。14日目の栃錦−北ノ洋戦が大一番となり、栃錦が勝ち14勝 1敗で優勝を飾った。
・優勝決定の一番 14日目 栃錦(寄り倒し)北ノ洋
  1敗の栃錦と 2敗の北ノ洋の対戦。北ノ洋が右に飛んで出し投げの奇襲に出たが、 栃錦はよく見て残し左差し。北ノ洋は栃錦の左を抱えて網打ち、しかし栃錦に残されて体勢を崩し寄り倒された。 これで 2敗が消え、栃錦の優勝が決まった。
・好勝負
  7日目 栃錦(突き落とし)松登

 松登が左差し右であてがってドーッと突っ込んできた。栃錦は正面にあっという間もなく詰まり、あわや寄り切られたと見たとき、 体を低くして右から突き落としを見せた。軍配は松登、栃錦が下がろうというところでやっと物言いがついた。 そして協議も長引いたが、結果は差し違いで栃錦の辛勝、栃錦は本当に際どく星を拾い、依然全勝。
 13日目 三根山(寄り倒し)千代の山
 千代の山がいきなり右四つ左上手を取ったが、三根山は構わず左上手を引き右から揺さぶって出た。 千代の山は右から掬って上手を切り廻り込もうとしたが、三根山が再び上手を取り引きつける。千代の山は右下手投げ、三根山が左外掛けに防ぐと千代の山は左上手投げ、 三根山はこれに対して体重を浴びせ、苦手の軽量横綱を潰した。
○昭和29年 9月 優勝 大関 栃錦 清隆 14勝 1敗 4
 東富士が腰を痛めて途中休場、また鏡里が序盤と終盤で大きく崩れて 6敗したものの、 久しぶりに登場の吉葉山が全勝、連覇を懸ける栃錦が 1敗、千代の山が 2敗で11日目を終わる。 吉葉山は12日目に敗れるとズルズルと負け、千代の山は千秋楽まで頑張ったが追いつけなかった。 栃錦は 1敗のまま千秋楽を迎え、吉葉山に対して喰い下がると吉葉山は全く戦意なく諦めたように土俵を割り、 栃錦の連続優勝はすんなりと決まった。栃錦は横綱に推挙され、東富士が引退していった。 またこの場所、元大関名寄岩も引退した。
・優勝決定の一番 千秋楽 栃錦(寄り切り)吉葉山
 押し合い、差し手争いから栃錦が入ろうとすると吉葉山はよく見て左右からおっつける。 栃錦はしぶとく喰いついて右前褌を取って出し投げ。吉葉山は慌てて右上手を取ったが肩越し。 栃錦は両下手から西に出てあっさり寄り切った。
・好勝負
 初日 信夫山(外掛け)東富士
  7日目 成山(寄り切り)東富士

 東富士は立って右上手を欲しがったが、信夫山は突っ込み良く左を覗かせ右も差し十八番の恰好となる。 左前褌右は深い下手を取る形から、東富士が右に首を巻いて左から小手に振るところ左外掛けで倒した。 その後東富士は 2日目は負けたがどうにか持ち直して 7日目、成山に対して右から張って立ち上手出し投げで振ったまでは良かったが、 二本差しを許して上手を切られ、西に寄り切られ休場した。14日目に東富士は引退した。
  9日目 大内山(打っ棄り)出羽錦
 出羽錦の左差しの寄りを大内山が右から小手投げで振ったらば出羽錦の膝が土俵に着きそうになったが、何とか残して寄り切った。 しかし行司庄太郎は出羽錦の着き膝があると見て軍配を大内山に上げたので物言いがつき、 大内山が小手投げを打つ前の体勢に組み直して再開した。この相撲は出羽錦が白房に寄るところ大内山が打っ棄った。 庄太郎は翌日謹慎となり、また出羽錦の負けは番附編成時には計算から外された。 これにより出羽錦は、表面上同成績( 6勝 9敗)で同位(前頭筆頭)にいた双ッ龍(出羽錦が西で双ッ龍が東なので、双ッ龍が俗にいう「半枚上」)よりも翌30年 1月の番附では逆に一つ上に置かれた(出羽錦は東 3、双ッ龍は西 4)。
 12日目 若ノ花(外掛け)吉葉山
 吉葉山が右でかち上げて押そうとすると若ノ花は右へ飛んだが吉葉山は見たままで一歩も出てこなかった。 ちょっと見合って若ノ花が当たると吉葉山は左を入れて右上手、東に出ると若ノ花も上手を引いて上手投げで対抗。 吉葉残して一呼吸すると若ノ花は左から内掛け、鮮やかに決まったのになぜか決まり手は外掛け。
 14日目 栃錦(出し投げ)若ノ花
 若ノ花が左肩で当たるが栃錦早くも右に前褌。若ノ花は左が入らず窮屈で抜く。 栃錦は両下手で頭をつける。若ノ花は廻しが取れない。栃錦は左で頭を押さえて下手からの出し投げ、若ノ花を西溜まりに転がした。
前画面に戻る