昭和30年
△昭和30年 1月 優勝 横綱 千代の山 雅信 12勝 3敗 4
 新横綱栃錦の土俵が焦点であったが、 硬くなったかそれとも「横綱相撲」を気にしたか、初日早々大昇の小手投げにすっ飛び10番に終わった。 土俵展開は二転三転、 5連勝した千代の山が 6日目から 3日連続金星を配給し脱落。 2敗の三根山と 1敗の鏡里がそのままいくかと思われたが、11日目以降両者崩壊。 こうして脱落したはずの千代の山と、平幕で 2回目の優勝を目指す時津山の争いとなり千秋楽を終えて12勝 3敗。 決定戦となったが、千代の山が右差し腕を返して双で寄れば時津全く打つ手なく千代の山完勝で 3年半ぶりに優勝を遂げた。
・優勝決定の一番 決定戦 千代の山(寄り切り)時津山
 時津山が頭を下げて左おっつけの恰好で出てくると、千代の山は左から張って右差し手を返し、 差し手争いから左も差すやがぶって黒房に寄った。時津山は為す術もなく、廻しが千代の山の腋の高さまで上がってしまい全く手を出せなかった。 千代の山は寄り切りの完勝で久々の優勝を飾った。
・好勝負
 初日 若ノ花(引き分け)出羽錦

 若ノ花が素早く両差しとなって肩透かし、内掛けと攻めるが出羽錦残し左を巻き替え左四つとなった。 出羽錦は起こそうとしたが若ノ花は喰いついて動かず水。その後も互いにじりじり動くばかりで 2番後となる。 若ノ花激しく突っ込んで両差しを狙ったが出羽錦はおっつけから突き放して左四つ、 両者とも仕掛けず水。その後もまるで動かず協議の結果引き分けとなった。
 初日 大昇(小手投げ)栃錦
 栃錦右で突いて左を差そうとしたが、大昇が頭を下げて右上手を狙ったため栃錦は右が空を切った。 栃錦は左差し、大昇が右でおっつけんとすると栃錦は左筈右おっつけで押し、次いで左おっつけ右喉輪から突っ張って出た。 大昇正面で左から引っ張り込もうとする。栃錦右を筈に止めてなお押しで攻めようとする。大昇左に廻り、 左で抱えて右でおっつけ、赤房で捨て身の左小手投げ。栃錦は堪えんとして振られ、預けられて寄り倒されてしまった。
  4日目 千代の山(小手投げ)北ノ洋
 北ノ洋立ち合い良く左から入って素早く両差し、得意の速攻で一散に寄り立てた。 千代の山は早くも起き、下がりながら窮余の右小手投げで振る。北ノ洋はまだ出る。 千代の山また右の小手投げ。北ノ洋さらに出る。向正面で千代の山三度目の右小手投げ。 とうとう北ノ洋左足が大きく上がり、掬い投げに返す間もなく裏返されたが、千代の山の左足は指 4本も土俵の外で、砂を踏んでいた。 従って行司ヒゲの伊之助は軍配を北ノ洋に上げた。さて物言いがつき、長い協議の末差し違いになったのだが、その理由が「北ノ洋の掃き手」。 千代の山の足には注意が払われずじまいのため苦情が多数寄せられ、報道陣に理事長が囲まれる始末だった。 小島貞二氏は、こういう裁定を喰った北ノ洋 4勝11敗が次場所どれほど下げられるか、考慮されてさほど下がらないのではないか、 ということに興味を持ったという。翌場所北ノ洋は 5枚下がって西の 6枚目、普通よりは小幅な下がりであったが、 すぐ上の西小結で 1勝だった宮錦がすぐ下の西 7枚目に据えられていることを考えれば、考慮も何もなかったようだ。
  8日目 朝潮(寄り倒し)千代の山
 千代の山は突っ張ろうとしたが朝潮の踏み込みが良く、千代の山やむなく右を差そうとするもおっつけられる。 朝潮は右差し手を上げ、左でおっつけて一気に前進、千代の山はあえなく東に寄り倒されて平幕に 3連敗を喫した。
○昭和30年 3月 優勝 横綱 千代の山 雅信 13勝 2敗 5
 関脇大内山・若ノ花・松登の大関先陣争いに興味が持たれた。 上位に休場が多く、吉葉山・鏡里・三根山がリタイア。前場所優勝の千代の山だけが好調で、 14日目まで 1敗であったが、千秋楽 2敗の大内山に敗れてまたもや決定戦となった。 決定戦は千代左上手を引きつけ右筈で寄り切って連続優勝を成し遂げた。千代の山の復活ぶりは見事。 場所後大内山が大関に推挙された。
・優勝決定の一番 千秋楽 大内山(寄り切り)千代の山
         決定戦 千代の山(寄り切り)大内山

 千代の山は逃げ切って連続優勝を飾りたかったが、果たせなかった。千代の山頭を下げて突っ込むと大内山は両手で突き上げんとする。 千代の山堪えて右を差すと、大内山は左でおっつけて上手を引き、千代の山の左おっつけを破って右を差すや東に攻め込み、左上手を突きつけて寄り切った。 栃若戦の取り直しのため両者控えに残り、決定戦。互いに左で張るように立って千代の山左で喉を押しながら右を入れ、左上手を取って左に廻り、 右下手を引いて肘を張り、大内山に上手を与えず、なお大内山が上手を欲しがると、数呼吸の後千代の山上手投げで振り、西に出て寄り切った。
・好勝負
  4日目 若ノ花(引き分け)出羽錦

 突き合いから左四つ、若乃花は両廻し充分から蹴返しを見せるが出羽錦は動かない。 暫く攻防戦の後水入り。再開後は若ノ花が攻勢、右から上手出し投げを放ったが出羽錦は残して頭をつけ、 若ノ花の下手をどうやら切ったがそれまでで、 2番後となる。 取り直しは、若ノ花が面倒とばかり突っ込んで東に一気に出たが出羽錦残し、 差し手争いからまた左四つ。若ノ花は二丁投げやら二枚蹴りやらで攻め立てるが出羽錦が堪えて水。 再開後は若ノ花が仕掛けるが出羽錦全く動こうともせず水。結局引き分けとされた。
 千秋楽 栃錦(掬い投げ)若ノ花
 栃錦はぶちかまして左四つ、若ノ花に上手を与えず、機を見て東に出んとした。若ノ花は右上手を取った。 がっぷりから栃錦は吊る。若ノ花は左外掛けで防ぐ。一呼吸後栃錦出し投げから引きつける。若ノ花は栃錦の吊り身を再び外掛けで堪える。動きが止まって水。 再開後は決定打を欠き、 1番後(結びの後)の取り直し。栃錦は右で横褌を取って左差し、若ノ花は栃錦の左を取って再三嫌ったが、栃錦は両差しから頭をつけ、 機を見て西へ寄ろうとする。若ノ花は左で抱えて右で栃錦の左を嫌い、右でおっつけて東に出た。栃錦は右に廻り、 左で二枚を蹴って両下手から西に出た。若ノ花は詰まって右上手投げ、栃錦が大きく傾いて決まったかに見えた一瞬、栃錦は左掬い投げを打ち返して決め、激闘に終止符を打った。 若ノ花はこの敗戦で大関昇進を逸した。
△昭和30年 5月 優勝 横綱 栃錦 清隆 14勝 1敗 5
 吉葉山が 2日目から休場。千代の山は脚気のため途中に 5連敗があって 8勝。 鏡里は脇の甘さを曝して 4敗。栃錦が一人快調に14日目鏡里を寄り切って優勝を決めた。 千秋楽は新大関大内山戦。消化相撲になるはずであったが、 どうしたものか両者とも気合充分となって凄い熱闘。首投げで栃錦が勝って14勝 1敗。 千秋楽の相撲史に残る大激戦であった。この場所限り三根山が大関を陥落。
・優勝決定の一番 14日目 栃錦(寄り切り)鏡里
 栃錦がぶちかまして両差しとなると鏡里は閂に極める。 栃錦は左から二枚蹴りを見せたが、土俵中央互いに機を窺う。栃錦は右を抜いて左から寄り、 鏡里が慌てるところ青房に寄り詰め、差し手を返して堂々と寄り切った。
・好勝負
 初日 若前田(突き倒し)吉葉山

 前場所左手の人差し指と中指の間を裂いて途中休場した吉葉山は、巡業中に左足首を捻挫した。 それでも初日土俵に立ったが、惨敗した。若前田が押すのを一旦押し返した吉葉山だったが、 若前田に叩かれて足許が乱れた。そこを突き倒されて白房下に完敗、足首はさらに悪化し、玉ノ海の手を借りて土俵を下りる仕末、当たり前ながら 2日目から休場した。
 10日目 信夫山(寄り倒し)鏡里
 立ち合いは鏡里が鋭く出て右四つから西に一気に寄り詰めた。信夫山は一瞬にして土俵に詰まったがよく堪えて両差し、 右下手投げで廻り込み、西に寄り立てる。鏡里は棒立ち、右で筈に宛がって押し返そうとしたが、信夫山は右から攻めて寄り倒した。鏡里は連敗で 2敗目、充分の右四つで出ながら巻き替えられて連日の負けである。
 千秋楽 栃錦(首投げ)大内山
 志村正順氏のラジオ実況より「両腋下に砂をつけました栃錦足の位置決め立ち上がった。 おっと、えぇ大内山突いた大内突いた大内懸命に突いた、なおも、なおも突いた。あ右が入った右四つ、 右四つ頭をつけた、あっと、内掛け内掛け残った残った残りました。両差し、栃両差し、栃両差し、栃の、栃錦内掛け残った。 栃錦両差し、両上手から抱えました。栃グーッと寄りました残った。なお(ここ不明)。二枚蹴り残った、栃錦二枚蹴り残った。 ん下手出し投げ残った、叩いて残った残りました、残った今度は大内攻勢、大内突いた、離れました両者離れた、離れた。 大内突いた、おぉ、大相撲大内山懸命に突いた。残った、残りました残った。 大内喉輪懸命喉輪、懸命の、凄い、凄い、凄い、喉輪、喉輪、大内大内の体勢ズワッと、残った残った大相撲。 大相撲です。右四つ、また大内、右からの掬い投げ残った、大内山右からの掬い投げ残った。 おおっ首投げ首投げ、くびなげっ。首投げ、栃錦の勝ち。 6尺 6寸 7分、41貫の…」。
○昭和30年 9月 優勝 横綱 鏡里 喜代治 14勝 1敗 2
 栃錦が優勝候補の筆頭に挙げられていたものの「亜急性中心性肺炎」で途中休場。 吉葉山は 9勝。千代の山は10日目まで 1敗できたが11日目に若ノ花と大相撲を取って引き分け、 これで草臥れたか崩れて 4敗。鏡里が好調で、 9日目に玉ノ海に敗れたのみ。 大関を狙う松登が13勝を挙げて千秋楽結びの鏡里−千代の山を待ったが鏡里寄り切りの勝ちで逃げ切る。 千代の山と引き分けの大相撲を取った若ノ花が松登とともに大関に栄進。
・優勝決定の一番 千秋楽 鏡里(寄り切り)千代の山
 立ち合い千代の山から右四つを望み、鏡里は得意故に応じて上手を取る。 鏡里は吊り身に向正面に寄り、右膝の悪い千代の山はどうやら残したが、鏡里の再度の寄りで西土俵に力尽きた。 鏡里は久しぶりに優勝した。
・好勝負
  9日目 玉ノ海(上手投げ)鏡里

 すぐ右四つ。玉ノ海が両廻し充分で頭をつけた。鏡里は上手が取れない。 玉ノ海は 2度の外掛けで脅かし、鏡里は残して寄ろうとした。玉ノ海はその機をとらえて大きく左上手投げを放った。 鏡里はこれで向正面土俵に投げつけられ、幕内の全勝者がなくなった。
 11日目 千代の山(引き分け)若ノ花
 千代の山が猛烈に突っ張ると若ノ花は浮いたがよく堪え右四つになった。 両者廻しを充分に引き、若ノ花が左内掛けを見せると、千代の山は残して強烈な上手投げを放った。 決まったかに見え千代の山が気を抜いたので若ノ花は立ち直った。右四つに戻って動かず水。 再開して若ノ花が上手櫓を振ると千代の山残して上手投げ、若ノ花は対して二枚蹴り。 勝負つかず 2番後。取り直しは千代の山が突っ張ると若ノ花が右を差し、両者動かず水。 その後若ノ花が誘うが千代の山が乗らず、両者から滝の如き汗が流れ、結局水入り引き分けとなった。
 千秋楽 松登(吊り出し)若ノ花
 若ノ花が当たって両者廻しを充分に引くや松登が西へ吊り身にドッと出た。 若ノ花は堪えようとしたがそのような暇はなく、松登そのまま白房に吊り出して快勝、13勝を挙げ大関昇進が濃厚となった。
前画面に戻る