昭和31年
◎昭和31年 1月 優勝 横綱 鏡里 喜代治 14勝 1敗 3
 前年九州準本場所の成績から吉葉山が優勝候補の筆頭に挙げられていたが、 その吉葉山は序盤から崩れ 9勝しかできなかった。新大関松登は 5勝10敗、大内山は 6勝 9敗の散々な出来。 栃錦は稽古不足で終盤息切れし 9勝。千代の山は途中休場。そして優勝争いに残ったのは鏡里と若ノ花。 10日目終わって鏡里が全勝、若ノ花は栃錦に敗れて 1敗であった。11日目、若ノ花に吉葉山は軍配が吉葉山に上がり物言いもつかなかったが疑問の裁定。 翌日若は怒りを込めて鏡里をぶん投げ土をつけるも及ばなかった。 平幕で鶴ヶ嶺が好調で14勝 1敗、鏡里との決定戦となったが、勝手知ったる鏡にとって鶴は敵ではなく、 難なく寄り切って連続優勝を飾った。13日目、若ノ花は大内山の右四つ寄りを右から掬って倒したが、その際大内山の非常に長い脚が行司玉之助を跳ね飛ばし、 勝負が分からなくなった玉之助が検査長の出羽海(常ノ花)にお伺いを立てるということがあった。
・優勝決定の一番 決定戦 鏡里(寄り切り)鶴ヶ嶺
 鶴ヶ嶺が当たって左前褌を狙うと、鏡里は頭の上から引っ張り込みにいった。 鶴ヶ嶺は左上手を取って横綱に上手を与えなかったが、鏡里は手のうちを知っているので右下手一本で余裕綽々。 鶴ヶ嶺の 3度目の寄り身で鏡里は上手を引きつけがっぷり四つ。鶴ヶ嶺がなお出ようとするところ、 鏡里は廻しを引きつけ腹櫓にかけて赤房に寄り切り、連覇を決めた。
・好勝負
 11日目 松登(突き放し)栃錦

 栃錦が飛び込んだが松登は思い切って一発ドッと体当たり。栃錦は跳ね返されて西土俵に大きく下がり、 さらに松登が突き放すと栃錦は右足から土俵を飛び出してしまった。左足甲骨折で稽古不足、この場所絶不調のはずの新大関松登、恐るべき破壊力であった。
 11日目 吉葉山(浴びせ倒し)若ノ花
 吉葉山の右かち上げは全く効かず、若ノ花が左差し右からおっつける。吉葉山は右上手を取り、若ノ花が右で吉葉山の左腕を掴むと、 吉葉山は右上手から捻り、次いで右に廻って上手投げと攻め、逆に吉葉山が若ノ花の右手首を掴んだ。若ノ花がこれを嫌うと吉葉山はさらに大きな上手投げを打つ。 若ノ花はこれを残して右で前褌を引き両差し、吉葉山が左でおっつけると、若ノ花は左前褌から下手捻りを見舞った。 すると立ち腰だった吉葉山は右上手にしがみついたが、足が返って早く崩れる。若ノ花は正面に飛んだものの土俵内にいったん着地、 吉葉山が右肘から落ちながら裏返ってのしかかる形になったので若ノ花も左後方に崩れた。 行司伊之助は数秒考えた後軍配を吉葉山に上げ、物言いもつかずじまいだったが、若ノ花本人も不機嫌そのもので、 翌日朝刊に写真が載ってからというもの、周囲の騒ぎも大きかった。吉葉山が裏返ってしまって仰向けで右肘も落ちているので若ノ花の勝ちが妥当であるが、もしそうでなかったならば騒ぎになるほどに若ノ花が有利な体勢ではなった。
 12日目 若ノ花(出し投げ)鏡里
 若ノ花は右四つから鏡里に上手を与えず、鏡が再三欲しがる間に左も巻き替えた。 鏡里も巻き替えて左四つ、その時若ノ花は右から出し投げを打った。鏡里は何とか堪えようとしたが、 再度の出し投げの追い討ちに投げつけられた。全勝の鏡里にも土がついた。
△昭和31年 3月 優勝 関脇 朝汐 太郎 12勝 3敗 1
 鏡里が 3連覇を懸ける土俵であったが、まさかの 8勝 7敗に終わった。 千代の山も 8番。栃錦は引き続いて稽古が足らず、喘息をも併発して 9番。 吉葉山はまあまあだったが及ばず11勝。土俵は若ノ花、朝汐、若羽黒が12勝で並び、 決定戦はまず若ノ花が若羽黒を変化で埋めて朝汐戦に臨んだが、再び変化にいったところ上手を許して寄り倒され、 朝汐は若羽黒をも同じような相撲から難なく寄り切り大関若ノ花を差し置いて優勝の栄誉を担った。 11日目の時点で 2敗が 3人、 3敗が 7人というのも次元が低いが、優勝成績が12勝となってしまい、 巴戦に横綱が絡んでいないという点でもこの場所の低調さがわかる。
・優勝決定の一番 決定戦 若ノ花(叩き込み)若羽黒
             朝汐(寄り倒し)若ノ花
             朝汐(寄り切り)若羽黒

 巴戦、抽籤の結果まずは若ノ花に若羽黒。若羽黒は気負って頭を下げて突っ込んだが、 若ノ花はさらりと受け流して右に逃げ、叩き込んだ。かくして若ノ花に朝汐。 若ノ花はまた右に飛んだが消極的に過ぎた。朝汐は難なくついていって右上手充分、 若ノ花も上手を取るが、朝汐は上手出し投げを打って前進、向正面に圧倒して逆王手をかけた。 若羽黒は再びチャンスを貰ったが力が違いすぎ、当たりもせず右変化、朝汐は挟みつけて一気に歩き、若羽黒は呆気なく腰が砕けて西土俵下に転がり落ちた。 若ノ花有利の予想を覆して朝汐が優勝、紋つき袴がなく、大山(高登)のを借りたがやはり小さい。 師匠(前田山の高砂)の「よし、裸で行けェ」の指示で廻し姿のパレードとなった。
・好勝負
  8日目 鶴ヶ嶺(二枚蹴り)千代の山

 眼前で上位がバタバタ倒れ、結びに出た千代の山もやや消極的だった。鶴ヶ嶺が両手突きから突っ張ると千代の山一度叩いて互いに見合い、 なお鶴ヶ嶺が突っ張ると千代の山右で首を引いて黒房に下がった。鶴ヶ嶺押し込んで右四つとなり下手投げから出んとする。千代の山上手投げで振ると鶴ヶ嶺は外掛け、 さらに千代の山が上手投げを見せれば鶴ヶ嶺は二枚蹴りと攻め立てた。千代の山は上手も引いているが攻勢に出られず、 鶴ヶ嶺が左上手から投げながら右二枚蹴りを放つと千代の山は土俵に落ちてしまった。
 10日目 大内山(小手投げ)吉葉山
 大内山が突っ張るので吉葉山はかち上げる暇がなかったがどうにか左を入れた。 大内山はそれを右小手投げで引っ張るが、吉葉山はついていって両差しになった。 さらに吉葉山は左下手を引きつけて黒房に出ようとするところ、大内山は少し下がって左から小手投げを打つと吉葉山は左足を送れず腹から落ちてしまった。
×昭和31年 5月 優勝 大関 若ノ花 勝治 12勝 3敗 1
 朝汐大関取りであったが届かず、予想通り若ノ花が優勝したものの12勝で、 しかも大晃との決定戦での優勝であったため実にお粗末であった。若ノ花初優勝は長く待ち望まれていたことではあるが、 この内容では褒められたものではなく、面白くない本場所であった。 特に横綱の崩れはひどく、千代の山11勝はいいとしても鏡里 9勝、吉葉山 8勝では話にならず、 栃錦は痔で休場してしまった。優勝賜盃が初めて両国を離れ、見物の大群でパレードはしばしば立ち往生、 部屋に到着するまで 3時間以上かかるという面白い記録が残った。
・優勝決定の一番 決定戦 若ノ花(寄り切り)大晃
 若ノ花は「負けたら協会に申し訳ない」と気合を込める。突っ張り合って両者見合い、 互いに手をぶらつかせ牽制したり足を飛ばしたり、全く角界最高峰の優勝決定戦とは思えない形の相撲から、 大晃が飛び込んで二本差し、若ノ花はこれを閂に極め、大晃は西に詰まって振りほどいたが、 若ノ花が両差しとなって正面に迫り、堪える大晃をグイと寄り切ってやっと優勝を決めた。
・好勝負
 10日目 鏡里(押し倒し)若ノ花

 鏡里が踏み込み左から張って左上手を引き、右も差して充分。若ノ花は上手が取れない。 鏡里は西に素早く寄り立て、若ノ花が必死で堪えると左を喉輪に変えて押し潰した。
◎昭和31年 9月 優勝 横綱 鏡里 喜代治 14勝 1敗 4
 若ノ花が優勝候補の筆頭に推されるところだが、 場所前に息子を亡くしたショックから名前を挙ぐるに躊躇する向きが多く、代わって鏡里が期待されていた。 千代の山は右膝関節を痛めて初日から休場。12日目を終わって若ノ花全勝、鏡里 1敗、栃錦と吉葉山が 2敗であった。 しかし12日目から若ノ花はチフスで発熱し、鏡里に不戦勝を与えて13日目休場。千秋楽出場するといったもののまた熱が昂まり栃錦に不戦敗。 栃錦は12日目から 3連敗で11勝に止まり、千秋楽結びの一番で 1敗の鏡里と 2敗の吉葉山が当たって雌雄を決することとなった。 結果、上手投げで鏡里が勝って優勝、上位陣が強さを示す中で、大内山が負け越した。
・優勝決定の一番 千秋楽 鏡里(上手投げ)吉葉山
 立って吉葉山が踏み込み右でかち上げんとすると、鏡里左から張って右差し、左上手を狙うが下がりを掴むのみ。 吉葉山は右下手を引き左から絞ろうとすると鏡里は左上手。吉葉山が出んとするより先に鏡里は上手から引っ張る。 吉葉山が堪えて右下手投げ気味に振ろうとすると、鏡里はさらに右で首を巻いて下がりながら引きずり、正面でとうとう這わせて決めた。
・好勝負
 10日目 鏡里(打っ棄り)琴ヶ濱

 互いに手を出して立ち琴ヶ濱は右下手を取ったが鏡里が右を入れたため琴ヶ濱は左で首を巻いた。 鏡里が上手も取れないのに東に出ようとするところ、琴ヶ濱は左内掛けで向正面に出る。鏡里は左に上手を取って両廻しから右後ろに捨てようとするが琴ヶ濱はしがみついて残す。 逆に鏡里が足を掛けられたまま潰してしまおうとすると琴ヶ濱は河津掛けに左後ろに捻じり倒そうとする。 両者堪えて琴ヶ濱の足は外れ鏡里が出ようとすると琴ヶ濱はまた左内掛け。 鏡里はまた土俵を背にしたが俵を伝って白房方向に動き、体を右に捻じって倒れながら強引に打っ棄って辛勝した。
 12日目 若ノ花(下手投げ)鶴ヶ嶺
 38度 5分の高熱に構わず強引に出場した若ノ花は、鶴ヶ嶺の突っ張りを右で引っ張り込んで止めた。 しかし鶴ヶ嶺は上手下手充分、若ノ花は上手が取れないで左半身のまま右で抱える。鶴ヶ嶺は右に廻って上手を与えない。 若ノ花が業を煮やして下手投げを打つと鶴ヶ嶺は両褌を引きつけて赤房に寄り立てる。 若ノ花は堪えつつ下手投げ、なお鶴ヶ嶺が出るところもう一回下手投げを打って白房に決めた。 若ノ花は12連勝を飾ったが翌日はまた高熱、とうとう休場し、千秋楽は熱がやや下がったので出ることにしたが、 また熱が上がって休場ということになった。
 13日目 吉葉山(寄り切り)栃錦
  2敗同士の横綱戦、吉葉山が左差し右おっつけで出ると、栃錦は上手を取って一呼吸した。 そして栃錦が二枚蹴りを放ったが、吉葉山はじっくり構えて残し、上手を引いて上手投げから白房に寄り切った。
 14日目 鏡里(寄り切り)栃錦
 立って鏡里は右を差した。栃錦はすぐに左を巻き替えようとしたが、鏡里は許さず右四つ、グッと引きつけて正面に迫った。 栃錦は土俵に詰まって両差しにはなったが、懸命に堪えたものの黒房に寄り切られた。栃錦は 4敗となって完全に脱落、次の相撲で吉葉山が勝ったため、もし栃錦が勝っていたとしても吉葉山勝利の時点で脱落だった。
前画面に戻る