昭和32年
○昭和32年 1月 優勝 横綱 千代の山 雅信 15勝 6
 若ノ花雪辱の場所といわれたが、前半で 2敗して脱落。鏡里も途中休場、 吉葉山10勝、栃錦若ノ花ともに11勝で、千代の山が独走で全勝優勝した。 千代の山の出来が良すぎて他の力士は為すところがなかった。 大関大内山がこの場所 5日目支度部屋で四股を踏んでいたとき悪い右膝がガクリとなって痺れて休場。 結局大関を陥落することになった。優勝争いは千代の山の独り舞台だったが、 相撲内容は良く、12勝の出羽錦と栃光が三賞から外れたほどだった。
・優勝決定の一番 14日目 千代の山(寄り倒し)吉葉山
 吉葉山が右蹴手繰りを見せるが千代の山は読んで左に飛び、 互いに見合って千代の山が突きっ放し、青房に豪快に突き倒して優勝を決めた。決まり手はなぜか寄り倒しになっている。
・好勝負
  2日目 信夫山(寄り倒し)吉葉山

 吉葉山が右からかち上げを見せるが、驚いたことに二人とも右で蹴手繰りにいった。 信夫山は前にのめり、吉葉山は尻が落ちそうになったが両者とも堪え、信夫山が突き放して左差し、右は前褌を取り、吉葉山は左から絞って右で抱える。 一呼吸後吉葉山が左から押し放そうとするが信夫山残す。吉葉山は棒立ちとなる。 信夫山は頭をつけて拝み寄り、白房にドッと寄り倒した。
  3日目 鳴門海(内掛け)鏡里
 鳴門海は低く立って前褌を狙うが、鏡里は左で踏み込んで突き放そうとした。 しかし鳴門海は素早く潜り、左前褌を取って右差し、鏡里の左にくっついた。鏡里は上手を取って右で首を巻いて上手投げを連発。 鳴門海は右外掛けで防ぐ。鏡里は強引に振り続けたが、その投げが止んだとき鳴門海は右で内掛けにいった。 鏡里は驚いた。堪える間もなく地響き打って横転してしまったのである。鏡里は鳴門海戦 3連敗の珍記録を作った。
  5日目 千代の山(突き倒し)双ッ龍
 前日千代の山は北ノ洋の速攻に慌てたが右に打っ棄って辛勝した。 この日双ッ龍は左肩から体当たりに出た。千代の山はこれに対して両手突き一発。 双ッ龍はまさに跳ね返されて突き倒された。万余の観衆一様に唖然。
  6日目 時津山(上手投げ)栃錦
 当たり合って時津山が左から荒っぽく掬うと栃錦は右上手を引いて残した。 しかし時津山は左下手から右上手を取った。栃錦は対して左内掛けから右上手投げと攻めたが、 時津山は読み切って堪え、吊り身に体を入れ替えて右上手投げで叩きつけた。
 12日目 千代の山(寄り切り)若ノ花
 千代の山は猛然と突き立て、向正面まで追い込んだが思わず叩いてしまった。 若ノ花は飛び込んで左上手を取り右四つ、千代の山は上手が取れず持久戦。動かず水入りとなった。 再開後、若ノ花が東に出たが、千代の山は左から小手に振って残し、上手を取った。 千代の山は西に向けて上手投げを放ったが若ノ花は残す。互いに両褌を引いてがっぷり。 互いに攻勢に出られず水入り、 2番後取り直しとなっての再戦。若ノ花が左から当たるところ千代の山は左喉輪突きを一発見舞って突き放し、 若ノ花が右に飛ぶところ左筈右おっつけから右横褌、左下手も取って青房に寄り立て、若ノ花が右上手を取って廻り込もうとするのを許さず堂々寄り切った。
×昭和32年 3月 優勝 関脇 朝汐 太郎 13勝 2敗 2
 千代の山連覇濃厚と言われたが初日に時津山に押し出されて崩れ10番止まり。 吉葉山は途中休場。鏡里・栃錦は 4敗。若ノ花 5敗とまったく振るわず、 朝汐が12日目まで全勝を守って独走し結局13勝 2敗で優勝した。 朝汐は場所後大関昇進。三役級で大活躍した力士があって朝汐は優勝以外に賞を貰えなかった。
・優勝決定の一番 14日目 朝汐(押し出し)千代の山
 千代の山右のかち上げから突っ張ろうとすると朝汐は左おっつけで押し上げた。千代の山がたまらず左後ろに後退すると、 朝汐赤房に攻め込んで左筈右喉輪から右で脇腹を押して押し出した。千秋楽琴ヶ濱が負けて朝汐の優勝が決まった。
・好勝負
 初日 時津山(押し出し)千代の山

 千代の山は右からかち上げようとしたが踏み込みがなく、時津山が頭を下げて突っ込んできたため千代の山は忽ち東に詰まり、 時津山はなお両筈で押し進み正面に押し出して快勝、優勝候補筆頭の千代の山に早くも土がついた。
 千秋楽 玉乃海(寄り切り)朝汐
 互いに当たり合って朝汐が挟みつけると玉乃海は右を筈にして右に動き右差し、 朝汐が右下手を取ると玉乃海は左上手を取る。朝汐は左から絞るが玉乃海はなおも右を入れて赤房に寄り立てる。 朝汐は詰まりながらも上手を取り、左に動いて危地を脱した。玉乃海はなおも攻勢、左から上手櫓に振り、向正面に残す朝汐を上手引きつけて寄り切った。
△昭和32年 5月 優勝 小結 安念山 治 13勝 2敗 1
 本命栃錦対抗若ノ花といわれ、千代の山・吉葉山が膝などの故障で各々全休・途中休場。 新大関朝汐も脆さが目立った。また大関取りといわれた玉乃海も肝炎で力が入らず途中休場。 栃錦は初日安念山に敗れ、その後肩透かしの乱発で取りこぼし 3敗。 若ノ花は 9勝 1敗で11日目安念山の挑戦を受けたが、左上手捻りを残されて悄然としたか櫓に振られて寄り切られ、 みるみるうちに脱落して 4敗。賜盃争いは新小結の安念山が 2敗、横綱栃錦・張出小結琴ヶ濱・新入幕20枚目房錦が 3敗という展開となり、 千秋楽安念山−房錦に安念山の初優勝が懸けられた。安念山が途中足の運びを乱し危ない場面もあったが上手投げで勝って13勝 2敗で優勝。 上位が崩れて冴えない場所であった。
・優勝決定の一番 千秋楽 安念山(上手投げ)房錦
 立ち合い安念山が攻め込んで右筈で向正面に追い詰めたが房錦は右掬い投げで残す。 安念山は左上手を取る。房錦は右下手投げを打つ。安念山は残して正面に寄り、 さらに左上手投げを放ったが房錦に右を突きつけられて大きく揺らいだ。房錦は黒房に出ようとしたが、どうにか立ち直った安念山がもう一振りして決めた。
・好勝負
 11日目 安念山(寄り切り)若ノ花

 なぜか両者不得手の右四つとなり、両者廻しを充分に引いた。若ノ花は右から起こそうとするが安念山の構えは崩れない。 若ノ花は安念山の逆足を見て上手から強烈に捻ったが、安念山は危うく残した。 若ノ花はこれでやや気持ちが切れた。引きつけて櫓に振ろうとしたが逆に引きつけられ、 若ノ花は右外掛けにいったが左から櫓に振られて向正面に寄り切られた。
△昭和32年 9月 優勝 横綱 栃錦 清隆 13勝 2敗 6
 若乃花(改名)優勝横綱即時昇進という場所となった。 7月名古屋準本場所では全勝し、四股名を改めて気合充分。これに抗し得るは栃錦しかいなかった。 初日栃錦・吉葉山・千代の山が敗れる大波乱。そして千代の山は不戦敗含めて 8敗となり休場。 初日こそ勝った鏡里だったが 6勝 2敗から負けが込んで 8勝に終わった。 1敗の栃錦を 2敗の若乃花・朝汐が追いかける展開となったが、12日目の朝汐、13日目の若乃花と相次いで栃錦の軍門に降り、 若瀬川が 3敗でいたが13勝 2敗で久方ぶりに優勝を飾った(14日目に栃錦は吉葉山に完敗)。若乃花は 4敗して綱は遠くなった。
・優勝決定の一番 千秋楽 栃錦(寄り切り)鏡里
 立って鏡里は右で当たったが栃錦の当たりは鋭く、左差し右筈から右上手を引いて一気に黒房に寄り切って栃錦の圧勝だった。
・好勝負
  8日目 栃錦(打っ棄り)北ノ洋

 栃錦が右から一つ張り、北ノ洋が東に出ると栃錦は右から出し投げ、北ノ洋は廻って残す。 栃錦はなお向正面に左差し右から攻めて出たが、北ノ洋は左下手を取って右から絞る。 栃錦は右上手から引こうと左を抜いたが北ノ洋はここぞと正面に寄り進んだ。栃錦は左に廻り込んで右上手を引きつけ、大逆手で振り飛ばして逆転した。
 11日目 栃錦(下手投げ)時津山
 頭で当たり合って栃錦が突っ張り、時津山は白房から突き返し、栃錦が叩いたのにつけ入って左四つ、 がっぷりから栃錦が左内掛けを見せるが時津山は切り返す。栃錦はすぐに左二枚蹴りにいく。 さらに栃錦は必殺の右上手出し投げを繰り出したが決まらず、数呼吸あって時津山が吊り身に正面に迫ると栃錦は爪先立って懸命に堪える。 時津山はさらに上手投げを連発、栃錦は下手投げに応酬して土俵中央、水が入った。再開して、栃錦は右で蹴返すが効かない。 両者機を窺って、時津山は力を絞って寄り身に出た。栃錦は青房にズルズル後退したが、思い切って右上手から捻った。 遂に時津山は左膝から崩れ落ち、熱戦にけりがついた。
 13日目 栃錦(吊り出し)若乃花
 若乃花はこの一番を突破して相星とし、そのまま突き進んで優勝、横綱を獲得しようというところ。 最大の大一番である。若乃花は気合満々に左肩から突っ込んだが、栃錦が右に飛んだために顎が上がってしまった。 さらに栃錦に右から左と入られ一気に吊られて青房にて完敗、若乃花は右上手を取ったものの速さ負けして、優勝も横綱も一瞬にして消え去った。
○昭和32年11月 優勝 前14 玉乃海 太三郎 15勝 1
 初の九州本場所。鏡里、千代の山が休場。優勝候補は第一候補に栃錦、対抗若乃花の構図となっていた。 そして両者とも期待通りに全勝街道を走っていたが、10日目に両者ともに不覚を取った。 こうして全勝の14枚目玉乃海が浮かび上がった。大関を目前にして連続休場、 そして14枚目まで下がった玉乃海は金色の廻しで土俵を務めた。 13日目栃が敗れて 2敗となる。14日目、全勝の玉乃海にはお得意さんの時津山、玉は難なく勝って全勝を守る。 追撃すべき若は栃に吊り出されて敗れ 2敗となり、玉乃海の優勝が決まった。 玉乃海は千秋楽廣瀬川を掬い投げに破って全勝優勝を決めた。すると栃若両者ともに気が抜けたか敗れてともに 3敗であった。 吉葉山はこの場所も栃錦を破って11勝 4敗。休場力士が多く、 9日目には幕内で 2番連続不戦勝負ということもあった。
・優勝決定の一番 14日目 玉乃海(引き落とし)時津山
 玉乃海は13戦全勝。気合満々に右からかち上げ、時津山が頭を下げて左筈右から攻めようというところ、 玉乃海は右でおっつけ、左で抱えて左から引いた。時津山は苦手意識ありありで、足が全く動かず土俵に倒れた。 この日、若乃花が敗れて玉乃海の優勝が決まった。
・好勝負
 14日目 栃錦(吊り出し)若乃花

 若乃花鋭く左から当たって左四つ、栃錦も若乃花も廻しを充分に引く。 若乃花はちょっと吊り身。そして若乃花がエイと吊ろうとするが、栃錦堪えるや吊り返して右へ振り、赤房に吊り出した。 若乃花は 2敗となり、玉乃海の優勝が決定した。
 千秋楽 玉乃海(掬い投げ)廣瀬川
 玉乃海は緊張し、左喉輪で攻めようとしたが廣瀬川は右差し左でおっつけて一気に赤房に攻め込んだ。 玉乃海は瞬く間に詰まったが、右をどうやら入れ、返して残し、左上手を取って俵を蹴って右に廻り込む。 一呼吸の後玉乃海得意の呼び戻し、廣瀬川が浮くところ掬い投げで止めを刺した。玉乃海は全勝優勝を遂げた。
 千秋楽 吉葉山(寄り切り)栃錦
 栃錦は頭を下げたが、吉葉山が出てこないので当たれず、差し手争いから左四つ、 吉葉山が右上手を引いて充分、栃錦に上手を与えず、一呼吸後上手投げから黒房に寄り立て、寄り切った。 これが吉葉山−栃錦戦の最後の相撲、栃錦が横綱となって以降、吉葉山はこの栃錦を完封した。
前画面に戻る