昭和33年
△昭和33年 1月 優勝 大関 若乃花 勝治 13勝 2敗 2
 栃若の争いとなるだろうと思われ、11日目までは実際そうであった。 栃錦は 6日目に北の洋に敗れての 1敗、若乃花は10日目に千代の山に敗れての 1敗。 復調の千代の山が 2敗で追っている。 9日目に横綱吉葉山が引退。 12日目以降栃錦が突然崩れ 4敗に終わり、千代の山は14日目に鏡里に敗れた。 若は12日目に朝汐に敗れたが、鏡里・栃錦・若前田を降して優勝。 9勝に止まった鏡里が引退を表明した。千代の山−鏡里、栃錦−鏡里の相撲が無気力であるとして問題になった場所でもある。 若乃花の横綱問題は 2場所連続優勝でないことや優勝成績が13勝であったことから大もめとなったが、結局横綱推挙が決まった。
・優勝決定の一番 千秋楽 若乃花(出し投げ)若前田
 若前田が頭を下げて一気に飛び込んだが、若乃花は右に逃げて上手出し投げであっさり片づけた。
・好勝負
  3日目 鏡里(上手投げ)嶋錦

 相撲自体は呆気なかった。右四つから嶋錦が横綱の上手を切って上手投げにくると、 鏡里は寄って出て上手を取り直し、上手から投げ捨てた。しかしこの相撲、立ち合いにヒゲの伊之助の軍配の房が嶋錦の右手に絡まって伊之助は軍配を奪われ、 嶋錦は気づかず房を掴んだまま鏡里の上手を切っている。伊之助は掛け声を発しながら軍配を追い廻し、やっと取り返すという珍相撲であった。
  8日目 若羽黒(押し出し)吉葉山
 吉葉山が早く立って右でかち上げ、左を覗かせて東に出た。 若羽黒は左おっつけ、右に廻りながら吉葉山の左を引っ掛け。吉葉山は腰が崩れ、 両筈押しの前に押し出され 5敗。翌日引退を声明した。
 12日目 琴ヶ濱(内掛け)栃錦
 栃錦が右手を出すと琴ヶ濱も右で栃錦の肩を突き、互いに左下手を取って琴ヶ濱は右おっつけから上手を取る。 栃錦は上手が欲しいが届かない。暫く互いに機を窺うが、栃錦は上手が取れないので焦る。 栃錦がじりじり東に出ると、それを狙った琴ヶ濱得意の左内掛け、見事に栃錦を切って落とした。
 14日目 若乃花(小手投げ)栃錦
 若乃花が当たって左下手から右上手、栃錦もすぐ両廻しを引いて上手出し投げにいったが、若乃花はこれを残す。 左がっぷりで土俵中央機を窺って揉み合ううちに水。再開後若乃花が上手投げ、さらに上手を切ろうとするが果たさず、若乃花が攻勢のうちに水。 1番後取り直しとなり、この一番は若乃花が右に飛んで右小手投げ、栃錦を向正面に振り飛ばした。
 千秋楽 鏡里(寄り切り)栃錦
 立って栃錦が頭を下げて当たったが、鏡里は右差し左から引っ張り込んで上手を取り充分。 上手投げで崩して向正面に寄り立て寄り切り、鏡里は最後の相撲に花を添えた。
◎昭和33年 3月 優勝 大関 朝汐 太郎 13勝 2敗 3
 新横綱若乃花が優勝候補最右翼といわれたが初日の信夫山戦でいきなりの黒星。 しかしこれで気楽になって白星を重ねる。栃錦も 4日目安念山に敗れたのみ。 千代の山は 6日目玉乃海戦の黒星でこちらも 1敗。優勝争い三番手の朝汐は 2敗であった。 大関を狙う琴ヶ濱は朝汐・千代の山に敗れたのみの 2敗。13日目を終わった時点で 2敗が千代の山・若乃花・栃錦・朝汐・琴ヶ濱。 互角の勢いで優勝を争う形から最終的に朝汐と琴ヶ濱の決定戦となり、 朝汐に右上手を引かれては琴ヶ濱はどうにもならず朝汐難なく優勝したが、横綱問題は成績不安定により出なかった。琴ヶ濱が大関に推された。
・優勝決定の一番 決定戦 朝汐(寄り切り)琴ヶ濱
 琴ヶ濱は逃げても面白くないとてぶちかまし左差し、朝汐は落ち着いて右上手を引く。 そして琴ヶ濱に上手を与えず絶対有利の体勢。琴ヶ濱は矢庭に左内掛けをやったが、上手を引いていないこととて外され、 琴ヶ濱今度は左下手投げを打つが、朝汐は上手を引きつけ左おっつけで黒房に堂々と寄り切った。
・好勝負
 初日 信夫山(寄り切り)若乃花

 若乃花は左肩から烈しくかち上げ、筈押しから西に攻め込んだが、信夫山は土俵際から突き返し、 若乃花は右へ飛んで去なしたが、逆に信夫山が若乃花の左を引っ掛けて左腰にくっつき得意の両差し、 若乃花は右の上手を狙うが取れず、信夫山は巧みに肘を張り、腰を落として東へ寄って寄り切った。若乃花は左から小手投げを振ろうとしたがもう土俵を割っていて。 新横綱の初日に土をつけられた。
 13日目 若前田(寄り切り)若乃花
 若前田が激しく当たって両差しから一気に寄り立てると、立ち遅れた若乃花は右で首を抱えてズルズル後退、 土俵際で堪えたが、若前田は右を返して寄り切った。
 13日目 琴ヶ濱(寄り倒し)栃錦
 立ってすぐ琴ヶ濱が右上手を取り左四つ、すぐに腰を引いて栃錦に上手を与えず、 琴ヶ濱は両廻しを引いて吊り身に出るが栃錦は腰を落として堪える。栃錦が上手を欲しがれば琴ヶ濱は左へ吊ろうとする。 琴ヶ濱は正面になお寄り立てるが栃錦残し、右上手をやっと掴んだ。しかし琴ヶ濱は左筈で栃錦の上手を切る。 そして右上手投げを打って西に寄るが栃錦は満面朱を注いで堪える。栃錦の腰は上がり、 琴ヶ濱は渾身の力をこめて黒房へ寄り、遂に寄り倒した。大熱戦であった。
 13日目 松登(押し倒し)千代の山
 千代の山はかち上げて西土俵へ突っ張りで迫ったが、松登は残して突き返した。 すると千代の山は松登の右突きで正面方向によろめいた。松登はすかさず反撃、 千代の山は慌てて右へ飛んで右素首落としにいったが松登の捨て身の突進に土俵外へ吹っ飛んでしまった。
 14日目 朝汐(寄り切り)千代の山
  2敗同士、千代の山がかち上げるがその前に朝汐が飛び込んで突っ張り、 千代の山は棒立ちとなり、朝汐の首根を掴んで引き落とそうとしたが、朝汐つけ入って右上手、千代の山が両差しになるにも構わず左おっつけで正面に寄り切った。
 14日目 若乃花(寄り切り)栃錦
 当たり合って栃錦が先に右上手、若乃花は右から絞って上手を取った。その後若乃花は上手投げ、 栃錦残して下手投げから東へ吊り身に寄り立てた。若乃花が懸命に残すと栃錦は出し投げ、若乃花はついていき、右上手投げで崩して白房に寄り切った。
 千秋楽 琴ヶ濱(出し投げ)北の洋
 立ち合い琴ヶ濱が鋭く右上手を取り、北の洋は左下手一本。琴ヶ濱は左腕を返して充分。琴ヶ濱は上手投げを打ちながら向正面に寄る。 北の洋が堪えると東へ右上手出し投げを一閃。鮮やかに決めた。
 千秋楽 朝汐(寄り切り)栃錦
 立ち合いなかなか合わず 3度目に立った。朝汐が右上手を狙って取った。すぐに上手投げを打って西に寄り立て、割り出し気味に寄り切った。これで決定戦は朝汐と琴ヶ濱によるものと決まった。
△昭和33年 5月 優勝 横綱 栃錦 清隆 14勝 1敗 7
 初日早々に栃錦が鶴ヶ嶺の外掛けに仰天。 3日目新大関琴ヶ濱が北の洋に真っ直ぐ持っていかれ黒星。 7日目千代の山も時津山に黒星頂戴、10日目には若前田の打っ棄りに苦杯。 かくて11日目まで全勝は若乃花、 1敗は栃錦・琴ヶ濱、 2敗に千代の山となった。 朝汐は途中休場。12日目若乃花が鶴ヶ嶺に吊られて寄り切られ股関節を脱臼すると、 そのまま全敗してしまった。琴ヶ濱も13日目千代の山に敗れてから連敗。 その千代の山も14日目カド番大関松登に敗れた。栃錦はそのまま勝ち進み14勝の堂々たる優勝を遂げた。 カド番の松登は 5勝 7敗から勝ち越した。
・優勝決定の一番 14日目 栃錦(寄り切り)若乃花
 立ってがっぷりの左四つ、若乃花が 2回上手投げを打ったが、栃錦は残す。互いに吊り合って、栃錦が左からの捻りを 2回見せたが若乃花残す。 両者機を窺い、 4分半の大相撲の末水入り。再開後は栃錦が引きつけ、ちょっと揺さぶる。若乃花はここぞと西へ出るのを、栃錦は上手投げで廻り込んで逆に西に詰め、 左足を割り込んで寄り切った。
・好勝負
  3日目 若乃花(呼び戻し)房錦

 立ち合いの房錦の突進を若乃花は胸も砕けよと受けた。そして房錦が突っ張ると若乃花なお受けて押し返す。 そして再度の突進に対して右を差して受け止め、右四つ左上手を取った若乃花、面倒とばかり呼び戻しを振るって烈しく決めた。
 12日目 鶴ヶ嶺(寄り切り)若乃花
 若乃花の立ち合いはやや半端だった。鶴ヶ嶺はそこで左を返し右もねじ込んで下手を引いた。 若乃花は色を失って左で首を抱える。鶴ヶ嶺は両下手を取った。そして若乃花が右上手を取るに構わず黒房に吊り、 若乃花が足をバタバタとやって右足を俵に掛けたが、鶴ヶ嶺はそのまま寄り切り、栃若両横綱を破る大殊勲の星を挙げた。 逆に若乃花は足をバタつかせたときに左股関節を捻挫し、全勝が暗転してその後 4連敗となった。
 13日目 松登(寄り切り)若乃花
 既に 7敗で、大関陥落が目の前に迫った松登が、よりによって絶好調の若乃花戦を迎えてしまった。 立ち合い若乃花は左から出て左下手を取ったが松登も右上手を引いて西へ出た。 若乃花は残して松登の左差しをおっつけるが、脚が痛むためおっつけが効かず結局差されて左四つ。 こうなって若乃花は上手を取って左へ吊り正面に出たが、松登は辛うじて残すや突然の逆襲、西へ寄って一気に寄り切ってしまった。 松登はこれで弾みがついて勝ち越した。
○昭和33年 7月 優勝 横綱 若乃花 幹士 13勝 2敗 3
 この年からの名古屋場所。千代の山が全休。初日に琴ヶ濱と若乃花が黒星。 その後琴ヶ濱は崩れて 5敗。また安念山が上位を引っ掻き回し若乃花を除く横綱大関を全て喰ってしまった。 朝汐は 2敗できたが上位戦に完敗して 5敗。残ったのは栃錦と若乃花。 2敗同士の相星決戦は若が上手投げで勝って昇進後初の優勝。
・優勝決定の一番 千秋楽 若乃花(上手投げ)栃錦
 栃錦が頭を下げて出ると若乃花は左から入って左四つ。 栃錦が先に上手を引く。若乃花は左下手右から抱える。一呼吸の後若乃花下手から引きつけて上手を取る。 そして栃錦が吊り身に出ようとする瞬間を捉えて右上手投げ、鮮やかに叩きつけた。
・好勝負
 13日目 若前田(寄り切り)若乃花

 若前田が頭を下げて鋭く出ると、若乃花は右へ飛んで叩きにいった。 しかし若前田はついていって左差し、右おっつけで青房にドッと殺到した。若乃花は棒立ちで懸命に堪えたが、若前田の腰を割った完璧な詰めに敗れ去った。
×昭和33年 9月 優勝 横綱 若乃花 幹士 14勝 1敗 4
 若乃花が独走で優勝した。千代の山は膝故障のため、栃錦は脚気のため途中休場。 琴ヶ濱・朝汐ともに取りこぼしが多く腑甲斐ない結果となった。それでも千秋楽に若の全勝を止めたのは、朝汐であった。 「ヒゲの伊之助」事件で審判制度が問題となった。
・優勝決定の一番 13日目 若乃花(上手投げ)信夫山
 信夫山はすぐに得意の両差しを果たしたが、若乃花は全く動ぜず、左上手を取って右で首を巻き、 信夫山の出足が止まったのを見て強烈に投げつけ優勝を決めた。
・好勝負
 初日 北の洋(寄り倒し)栃錦

 立ち合い栃錦が両差し右下手となると、北の洋は左を巻き替え下手、右から絞って右筈から一気に黒房へ走った。 栃錦は土俵一杯辛うじて堪え、右上手を離して左に廻り込むや、右を首に巻いて寄り倒さんとする北の洋を左から突き落とし、 北の洋も右肘から倒れたが栃錦も飛んで倒れた。軍配は間を置いて栃錦へ。すぐさま物言い。ヒゲの伊之助懸命の演説も及ばず、10分余の大激論の末、軍配は北の洋に上げ直された。 栃錦も飛んでいるとはいえ北の洋の上、倒れるのは北の洋のほうが一瞬早いがほぼ同時と言えなくもない。 栃錦の勝ちか取り直しが妥当ではあろう。兎に角伊之助の猛抗議で歴史に残る一番となった。
 千秋楽 朝汐(寄り切り)若乃花
 若乃花は右差し、左も覗かせたが何を思ったか左を抜いて上手にした。 すると朝汐は右四つ上手を引きつけ、下手投げを打って寄ると、若乃花は上手投げで廻り込む。 若乃花は右を抜いて上手を切ろうとしたが、朝汐はこれを逆用して両差し下手を充分に引きつけ赤房に寄り切った。 若乃花は全勝を逸した。
△昭和33年11月 優勝 大関 朝汐 太郎 14勝 1敗 4
 若乃花が場所前に左眼を強打して出場が微妙視され、さらに扁桃腺炎で高熱を出したが、 2横綱休場のため休むわけにもいかず出場した。しかし場所が進むにつれ朝汐と若乃花だけの場所となっていった。 7日目朝汐は北の洋に敗れて 1敗。若乃花は苦手の出羽錦を持て余して引き分け。 翌日には若が安念山に敗れて半星差の争いとなった。そのまま千秋楽までもつれ込んでの決戦となったが、 頭をつけた朝汐が若を寄り切って優勝した。しかし横綱問題はまたも立ち消えとなった。 松登が大関を陥落。
・優勝決定の一番 千秋楽 朝汐(寄り切り)若乃花
 朝汐が突っ張って、若乃花がかいくぐって左を差すと、朝汐は右上手を取り得意の体勢に持ち込んだ。若乃花は右から絞り、また抱える。しかし朝汐は左を返す。 その後朝汐は上手投げから頭をつける。さらに左で若乃花の腕を押さえるので若乃花はどうにもならない。 そして朝汐は数度上手投げを打ち、最後は朝汐が上手投げから左筈、右上手を引きつけ西へ寄り進み、割り出し気味に寄り切って優勝した。
・好勝負
  7日目 若乃花(引き分け)出羽錦

 出羽錦は立ち合いざま若乃花の左を取って網打ちの奇襲攻撃。 しかし若乃花は残して左四つ。出羽錦の寄り、若乃花の呼び戻し、ともに決まらず土俵中央で動かず水。 再開後も動かず10分後取り直し。左四つとなって若乃花は二枚蹴り、上手投げと誘ったが、出羽錦は動かず水入り。 水入り後は両者とも動けず結局また引き分けた。
 14日目 若乃花(上手投げ)松登
 若乃花が右に飛んで出し投げ、松登は残して右四つ。若乃花は上手投げや寄り身を見せたが、松登はよく残して左四つに巻き替えた。 若乃花は再三に亙って上手投げを打つが、松登残して水入り。再開後、互いに吊りを見せ、若乃花が左二枚蹴りから右上手投げで松登を破った。 松登は遂に大関陥落が決まった。
前画面に戻る