昭和34年
△昭和34年 1月 優勝 横綱 若乃花 幹士 14勝 1敗 5
 千代の山・栃錦が引退の瀬戸際に立たされた。そして千代の山は 3勝 2敗から休場引退。 栃錦は太りすぎで動きが鈍く、 3日目玉乃海戦に至っては尻から落ちる有様で10勝 5敗。 若乃花が独走し、13日目に時津山の猛攻に敗れたものの翌日朝汐をわずか 5秒弱で叩きつけて優勝を手中にした。
・優勝決定の一番 14日目 若乃花(上手投げ)朝汐
 若乃花突っ込んで右上手を取る。朝汐は突っ張れず右も取れず忽ち後退。 若乃花は向正面に寄り進み、朝汐が右上手を欲しがって取った刹那、若乃花の右上手投げ一閃、豪快に叩きつけて優勝を決めた。
・好勝負
  3日目 玉乃海(寄り倒し)栃錦

 玉乃海は放胆、左腕を出し、右で栃錦の左差しを強烈におっつけた。 栃錦は覗かせた右で支えて懸命に踏ん張っていたが浮き上がり、玉乃海は栃錦の右差しを泉川から右へ豪快に振った。 栃錦は左廻しを引こうとしたがならず正面黒房寄りに崩れ、そのまま寄り倒されて土俵外へ尻から転げ落ちてしまった。
  5日目 房錦(押し出し)千代の山
 房錦が鋭く当たって筈押しで出ると千代の山は左で張っただけで忽ち後退、肩越しに上手を取った時にはもう土俵を割っていた。これで千代の山は引退した。
  7日目 栃錦(寄り切り)若秩父
 僅か19歳、肥躯に童顔を乗せた大物新人、若秩父が栃錦に初挑戦である。 若秩父は初日に千代の山を圧倒している。この若秩父に対し、土俵生命を懸けて必死の栃錦は頭から思い切り突っ込んだ。 しかし若秩父は堂々と突っ張って突き起こしてしまった。さらばと栃錦は左差しから出る。 若秩父は右から小手に振る。栃錦は差し手を抜いてこれを残し、右筈から西に寄り立て、頭もつけて寄り切った。
 13日目 時津山(寄り切り)若乃花
 若乃花は見ながら左で一歩踏み込んで左肩から当たると、時津山はぶちかまして右上手、左筈で起こしにかかった。 若乃花は後退しながら右上手を取る。正面に詰まっていたが左へ振って窮地を逃れた。 ここで若乃花はやっと一安心と思った刹那、時津山は両褌を引きつけて右へ矢柄にぶん廻し、 白房から向正面に寄りの急襲、若乃花はたまらず左足を踏み切り敗れた。時津山はさらに上手投げを振るって止めを刺したがこれは附録。
◎昭和34年 3月 優勝 横綱 栃錦 清隆 14勝 1敗 8
 優勝候補は若乃花と朝汐に二分されたが、朝汐が序盤で 2敗して先行き不安を思わせ、 若乃花も 9日目に微妙な裁定で北の洋戦を落とした。一方名前も出なかった栃錦が快進撃、連戦連勝で走った。下位では13枚目の柏戸が快調。 朝汐が盛り返し、13日目に栃錦を、14日目に若乃花を破って再浮上し、千秋楽の栃若戦を待つ。 若乃花が勝てば栃若朝に柏戸が13勝で並ぶところだったが、立ち遅れ気味の栃錦が下から入って二本差しから青房に寄り切って14勝 1敗、 奇跡の復活優勝を遂げた。朝汐が横綱に推挙された一方で元大関大内山が引退した。
・優勝決定の一番 千秋楽 栃錦(寄り切り)若乃花
 立ち合い栃錦当たって両差し、若乃花は右上手一本となる。栃錦がぶって青房に寄ると、若乃花は右を離しておっつけんとしたが、栃錦は右を返して堂々と寄り切って優勝した。
・好勝負
  9日目 北の洋(寄り倒し)若乃花

 北の洋がうまく当たって二本差し両下手を引くと、立ち合いに失敗した若乃花は左で首を巻き、右上手を命綱に踏ん張るが、 北の洋は東へ出る。若乃花は上手投げを打って左を入れ、北の洋がなお両褌を引きつけ寄ろうとすると、若乃花はなお上手投げ、 北の洋が右で渡し込みを見せると両者土俵中央やや正面寄りに倒れた。軍配はためらいもなく若乃花。 協議の末差し違いとなったが、僅かながら北の洋の肘が早く落ちていた。
 13日目 朝汐(寄り切り)栃錦
 栃錦が頭を下げて二本覗かせると、朝汐は突き起こして右からおっつけ、 栃錦が振りほどいて左から去なし左廻しを取り捕まえようとすると、朝汐は右を返して左を切り、逆に得意の右上手を引く。 朝汐は右上手投げから左筈で寄り進み、白房に堂々寄り切った。
 14日目 柏戸(突き出し)若前田
 13枚目の柏戸が、関脇に当てられた。柏戸立って両手突きから突っ張り、若前田の顎を上げるや一気に向正面に突き出して圧勝、 千秋楽は小結若羽黒を浴びせ倒して13勝 2敗の大活躍を見せた。
△昭和34年 5月 優勝 横綱 若乃花 幹士 14勝 1敗 6
 新横綱朝汐を加えた三横綱による熾烈な優勝争いが期待されたが、 朝汐が11日目までに 3敗して脱落。栃錦は全勝、若乃花も全勝できたが13日目朝汐に切り返されて土。 果たして朝汐は若乃花に勝って何とか横綱の体面を保持したが10勝 5敗。 千秋楽、若乃花が東張出横綱であるにもかかわらず栃若戦が組まれ、若乃花が寄り切って優勝決定戦となる。 決定戦も若乃花が勝ち、逆転で優勝をものにした。
・優勝決定の一番 千秋楽 若乃花(寄り切り)栃錦
         決定戦 若乃花(寄り切り)栃錦

 本割は当たり合って左四つ、若乃花が右上手を引く。栃錦は抱えるのみ。 若乃花が上手投げを打つと栃錦が残して上手を取った。しかし栃錦の上手はいつもの通りでやや深く、 互いに吊り合い寄り合いを見せたが若乃花が優勢。水入り寸前、栃錦が吊りに出るところ、若乃花は上手投げを打って向正面に寄り切った。 こうして両者 1敗で決定戦。栃錦は速攻を望んで突っ込んだが若乃花はやや右に立って受け流し、差し手争いから左差し右上手充分、出し投げを打って有利。 栃錦は右を巻き替えんとしたが、若乃花はここぞとばかり向正面に一気に寄り切って逆転を果たした。
・好勝負
  4日目 栃錦(寄り切り)潮錦

 潮錦は前日朝汐に土をつけている。両差しになった栃錦が寄り立てると潮錦は右から小手投げを打った。 栃錦はこれで大いに揺らいだが辛くも残し、土俵中央に戻って栃錦が二枚蹴りを放てば、潮錦は左下手投げを見せ、がっぷりの左四つで水入りとなった。 再開後は互いになかなか仕掛けず、結びの一番のため10分後取り直しと決まった。取り直しはサッと右上手を取った栃錦が出し投げを打って寄り切った。 潮錦の大健闘、翌日は若乃花をも脅かし、絶好調振りを示した。
 13日目 朝汐(切り返し)若乃花
 若乃花は左から踏み込んだが意外にも右四つとなった。朝汐が左上手を引きつけ左へ寄ると、 若乃花は堪えて寄り返し左切り返しを見せたが、朝汐はこれを残してさらに引きつけて向正面に寄り、そして右上手を引きつけて右へ切り返すと、若乃花は遂に崩れ落ちて土がついた。
△昭和34年 7月 優勝 横綱 栃錦 清隆 15勝 9
  3横綱と大関以下には大きな実力差があり、しかも朝汐が場所前に腰を痛めて休場となったため、 栃若両雄の優勝争いとなると目された。しかし若乃花は初日岩風の潜り相撲に手を焼いて捨てられ黒星。 そして10日目には若羽黒に敗れた。一方の栃錦は連戦連勝、14日目 2敗の琴ヶ濱を倒して栃錦の優勝が決定。 栃錦はさらに勝って初の15戦全勝優勝を飾った。
・優勝決定の一番 14日目 栃錦(上手投げ)琴ヶ濱
 栃錦はこの場所初めて左から叩いて右へ飛んだ。琴ヶ濱はついていって右上手を取ろうとした。 栃錦が左から掬うのに乗じて琴ヶ濱は上手を取ったが、栃錦は上手投げを打って琴ヶ濱の上手を切った。 栃錦が上手を引きつけ左を返して正面に寄ると、琴ヶ濱は懸命に堪えたが、栃錦は右から鯖折り気味に上手投げを打って倒した。
・好勝負
 初日 岩風(打っ棄り)若乃花

 制限時間前、岩風が突っ込んでくるところ若乃花は左で張ってから岩風の左を取ってとったり、 さらに右肩透かしで崩して右上手を取るなり上手投げで振り廻す強引な取り口。岩風はこれを残して右からおっつけ、飛び込んで両差し。 若乃花は両上手、右上手が深い。岩風は間髪入れず吊り上げた。若乃花は右で岩風の左を切ろうとしたが却って自体が浮く。 岩風は西土俵、右後ろに捻り捨てた。
 10日目 若羽黒(寄り切り)若乃花
 若羽黒は前日の柏戸戦で相手に合わせず、柏戸と合わせて 5回も待ったした。 この日の若乃花戦も 2回の待った。若乃花は完全に怒った。さてやっと立ち若羽黒が右から踏み込み押さんとする。 若乃花は捕まえんものと胸を出し、同じく右から出た。若羽黒が左筈右喉輪で攻めると若乃花は右に逃れて引き落とし。 若羽黒残してさらに押す。若乃花押し戻してから右差しに捕まえんとした。しかし若羽黒はおっつけ返して逆に左を差し込み、 浅い両差しから西に進む。若乃花は無理に左から小手投げを打たんとしたが、殆どすっぽ抜けに近かった。 若羽黒は右差し手を突きつけて遂に黒房に寄り切って決めた。これで栃若の差は 2つとなり、栃錦独走の色が濃くなった。 若羽黒だけでなくこの場所は立ち合いが乱れ、若羽黒はその中心人物とみられ三賞候補から外された。
 11日目 若乃花(呼び戻し)潮錦
 潮錦右を固めて右四つ両廻しを取ると若乃花も左上手を引き、互いに引きつけ合って左上手投げで左に廻り、 若乃花の上手が切れると潮錦左上手投げで振って東に出んとしたが、若乃花は左上手を引き、右筈で上手を切り、 巻き替えも許さず、機を見て豪快な呼び戻しで激しく決めた。前場所大健闘の潮錦、この場所はお返しとばかりぶっ潰された。
 千秋楽 栃錦(寄り切り)若乃花
 若乃花が左差しとなると栃錦も左差し、右から強烈におっつけて前進、若乃花は忽ち浮き上がり、 向正面に敗れた。栃錦は気迫充分に若乃花に完勝した。
△昭和34年 9月 優勝 横綱 若乃花 幹士 14勝 1敗 7
 またも朝汐休場により栃若に賜盃の行方は絞られており、寧ろ前場所関脇で二桁勝利の栃光と若羽黒の大関争いが目を惹いた。 5日目若乃花は立ち合いに迷って成山の速攻に完敗した。栃錦は 9日間連勝したが10・11日目の連敗が響き、 千秋楽栃若決戦も完敗、ここに若乃花の優勝は成った。大関争いは蕁麻疹が出て 8勝止まりの栃光に対し、 若羽黒が終盤まで優勝争いに顔を出し、12勝を挙げて大関昇進を決めた。
・優勝決定の一番 千秋楽 若乃花(寄り切り)栃錦
 立ち合いは若乃花が良く、栃錦は右から引っ張り込んだが上手が引けず、 若乃花は上手投げ、上手を引きつけて頭もつける。栃錦は右でおっつけるのみ。若乃花はさらに左下手を引き、青房に寄り立て寄り切った。
・好勝負
  7日目 若乃花(寄り切り)柏戸

 柏戸が突っ張ろうとしたが、若乃花は素早く飛び込んで右差しとなった。 そして若乃花は呼び戻しを振るった。柏戸は残したが驚いた。若乃花はまた呼び戻しでいたぶった。 柏戸は怖気づいた。若乃花はさらに呼び戻しを打って寄り切った。柏戸は舌を巻いた。
 10日目 安念山(突き落とし)栃錦
 安念山が先に突っ込み左差し右おっつけで東に攻めれば、栃錦は左差しに失敗して右へ廻り、 逆に右筈押しで安念山を東に追い詰めた。しかし安念山は右おっつけをなお続け、その右から突き落とすと、栃錦ついつい右足を踏み出してしまった。 栃錦の連勝は24でストップ。
 12日目 若乃花(寄り切り)若羽黒
  1敗同士の激突。若乃花が左差しを狙うと若羽黒は右からおっつけて右差し、 腕を返して寄った。若乃花は下がりながら若羽黒の右を取ってとったりを引く。 体が離れて若羽黒が両筈を狙い、右喉輪で押した。若乃花は若羽黒の右を引っ掛けて右前褌、左も取って右四つに組み止め、 右から起こして寄り立て、とうとう正面に寄り切った。
 千秋楽 若羽黒(押し出し)栃光
 この場所は両者の大関狙いが焦点の一つであったが、栃光は蕁麻疹がひどくて惨敗し、反対に若羽黒は栃光を倒せば大関昇進が殆ど決まる。 立ち合い栃光には勢いが全くなく、簡単に左を差してしまう。若羽黒は右でおっつけて左喉輪で赤房に攻め立て、突っ張りから最後は右喉輪で押し出して完勝した。
○昭和34年11月 優勝 大関 若羽黒 朋明 13勝 2敗 1
 新大関に若羽黒が加わり、優勝争いは上から若乃花、栃錦、それに若羽黒の順で期待された。 なお朝汐は休場。 6日目栃若両横綱に土。若乃花は大晃に叩き込まれ、栃錦は若ノ海の出し投げを喰らった。 若羽黒が10日目まで全勝。11日目に栃光に敗れたが、同じ11日目に若乃花が安念山に敗れ、 12日目には栃錦まで安念山に敗れて 2敗。13日目栃錦が若羽黒を破り、若乃花・栃錦・若羽黒に冨士錦も加えた 4人が 2敗で並んだ。 14日目若羽黒が両差しから若乃花を寄り切り、栃錦は大関琴ヶ濱に寄り切られ、冨士錦がまだ 2敗とはいえ若羽黒が大きく浮上。 千秋楽、冨士錦は 3敗となり、若羽黒は琴ヶ濱を押し出しに破って13勝 2敗。 2横綱を向こうに廻し堂々の初優勝を飾った。
・優勝決定の一番 千秋楽 若羽黒(押し出し)琴ヶ濱
 若羽黒が左喉輪右おっつけから筈、さらに右喉輪でドッと白房に押し出して優勝を決めた。
・好勝負
  6日目 大晃(叩き込み)若乃花

 大晃思い切って上突っ張りの後右喉輪で攻め込んだ。若乃花は堪えて大晃の右を網打ちに振ったが、 大晃はこれを外して突っ張りから浅い二本差し、すぐさま肩透かしを引いた。若乃花は不意を突かれて泳ぎ、さらに叩かれて四つん這いになった。
 13日目 栃錦(寄り切り)若羽黒
 若羽黒が右喉輪で攻勢に立ち、仰け反る栃錦をさらに押し立てたが、栃錦は右上手を引きつけて堪え、 正面土俵に寄り立てた。若羽黒は右でおっつけて寄り返すが、栃錦は右から出し投げを放って泳がせ、横向きの若羽黒を向正面に寄り切った。 これで両者ともに 2敗となった。
 14日目 若羽黒(寄り切り)若乃花
 若乃花が当たると若羽黒は左喉輪右おっつけで猛然押し立てた。若乃花は左で引っ掛けようとしたが若羽黒は右おっつけから突き落としてなお左喉輪で攻める。 若乃花は何とか喉輪を外したがいきり立って荒っぽく押し返す。若乃花がなお潜ろうとすると若羽黒は押し戻して左喉輪、若乃花は一瞬棒立ちとなった。 若乃花は残して右からおっつけたが、若羽黒は右を覗かせて堪える。若羽黒が左を入れようとすると若乃花がおっつけ、対して若羽黒は右から掬って逃れる。 若乃花は出し投げから右筈で正面に攻めるが、上手が深くて逃げられる。若乃花はとうとう諦めて右上手、 一呼吸して左二枚蹴りを見せたが全く効かず、若羽黒は両下手から寄り立て、懸命に堪える若乃花を赤房に寄り切った。
前画面に戻る