昭和35年
△昭和35年 1月 優勝 横綱 栃錦 清隆 14勝 1敗 10
 若羽黒綱取り、安念山大関取りと言われたものの、若羽黒負け越し、安念山 8番で夢と消えた。 さらに若乃花が蓄膿症に伴う気管支肺炎で途中休場。朝汐が久しぶりに出場したが、 さほど期待されていたわけでもなく、やはり11勝に止まった。 そして栃錦が鋭い出足を武器に勝ち進む。一方新入幕の大鵬が勝ち込んで11連勝。 12日目には小結の柏戸にぶつけられて敗れ連勝が止まる。栃錦は13日目琴ヶ濱に出足負けしたが、 14日目大鵬が鶴ヶ嶺の巧技の前に掬い投げで敗れ栃錦優勝の色が濃くなる。 千秋楽、大鵬は北葉山に屈し栃錦が優勝、栃錦は朝汐を全く寄せつけず14勝 1敗で10回目の優勝を果たした。 この場所は結論から言えば栃錦と大鵬の場所、他に目についたところといえば、冨士錦がちょっと働いたくらい。 若乃花の穴とはかほどまでに大きいものかと、改めて再認識させられた。元大関三根山が 8日目に引退した。
・優勝決定の一番 14日目 栃錦(突き落とし)若羽黒
 頭を下げて突っ込み栃錦が白房へ押すと若羽黒も押し返し左喉輪攻め。 栃錦が右を覗かせると若羽黒も右を覗かせる。栃錦はその右をとったりに振る。 若羽黒は振りほどいて青房に押す。栃錦は堪えながら右おっつけ、そして左から突き落とした。 千秋楽に大鵬が敗れて栃錦の優勝が決まった。
・好勝負
  9日目 大鵬(掬い投げ)北の洋

 新入幕の大鵬は初日から 8戦 8勝である。この大鵬と対戦する北の洋は「どれだけ強いか計ってこよう」と言って土俵へ向かった。 その北の洋が右おっつけにいくと大鵬は右から左と両差し、右から掬って大鵬は無造作にも北の洋を投げ倒した。北の洋は帰ってきて「ハカリがこわれちゃった」。
 12日目 柏戸(下手出し投げ)大鵬
 大鵬が先に立って左差し、柏戸は左下手を取って右から懸命におっつけ左下手投げ、 大鵬は残して右上手、左筈から青房へ割り出しを見せるが、柏戸右からおっつけて残し寄り返す。 大鵬はなお上手を引きつけて寄るが柏戸は残す。大鵬の根は尽きた。腰が伸びて下手出し投げに這わされた。
 13日目 琴ヶ濱(寄り切り)栃錦
 左四つに渡り合ったが栃錦は上手が取れない。焦った栃錦は右に変わって叩いた。 しかし琴ヶ濱が両褌を引いているので体の開きが甘い。琴ヶ濱はつけ入って一気に正面に寄り切った。
○昭和35年 3月 優勝 横綱 若乃花 幹士 15勝 8
  3横綱の優勝争いかと思われたが、朝汐が序盤からバタバタして結局途中休場。 栃錦は初日に幕内 500勝を達成し、稽古は不足ながら取りこぼさない。若乃花も強引さはなく寧ろ慎重であったが勝ち進んでいく。 終盤若乃花が調子を上げていくのに対し、栃錦は明らかに疲れ逆転勝ちが目立ってくるが、 そのまま14戦全勝同士で千秋楽決戦を迎えた。決戦はがっぷりの左四つから二本差しとなった若乃花が寄り切って勝ち、初の全勝優勝を飾った。
・優勝決定の一番 千秋楽 若乃花(寄り切り)栃錦
 14戦全勝同士の両横綱の相星決戦、初めての快挙とあって大いに期待された大一番。 互いに当たり合って左四つ、両廻しを引く充分の体勢に落ち着く。若乃花が東に寄り立てると栃錦は吊り身で残し、 土俵中央に戻る。栃錦は左の内掛けを見せるが掛からない。若乃花は上手投げを見せる。数十呼吸の後栃錦が差し手を抜いて上手を切りにくるのを、 若乃花は力で堪えて両差しとなるや、引きつけて白房に寄り、左へ寄り切った。力相撲、稽古不足の栃錦は終始守勢だった。 最後に栃錦は、がっぷりでは絶対不利と見ていちかばちかの廻し切りにいったが、若乃花の金剛力の前には通じなかった。 「凡戦」と酷評した新聞があったが、皮相に過ぎはしないか。
・好勝負
  2日目 朝汐(押し出し)大鵬

 大鵬は例の中腰立ちで飛びかかるように横綱に向かっていったが、 朝汐が両拳を下ろしているので待ったと勘違いして力を抜いた。この時朝汐はいつものように出て両筈一気に押し出した。 物言いはついたが、常識に近い立ち合いをしているのは朝汐の方なので、この物言いは成立するはずもなかった。 立ち合いが乱れると、このような紛らわしいことが出てくる。これ以前にも32年 3月初日の清水川−信夫山、同11月 7日目吉葉山−時錦、後には55年 5月10日目琴風−天ノ山とあり、 いずれも後者の力士が早過ぎる突っかけを見せて力を抜くのを、前者の力士が土俵外に出して勝ちとなっている。
  4日目 栃錦(押し出し)大鵬
 立ち合い先に大鵬が中腰で突っかけ左から張ったが、栃錦は両筈一気に押し込んで向正面白房寄りに押し出して完勝を収めた。
  8日目 若乃花(寄り切り)出羽錦
 左四つになり、互いに右で攻め合うと、組んだままで距離を置くような珍妙な恰好となり、 4分50秒を超える大相撲となった。互いに攻め手がなく、水入りになると思われたところ、 若乃花は咄嗟に右を巻き替えて赤房に寄り、出羽錦が堪えるのも構わず寄り切った。
  9日目 栃錦(突き落とし)柏戸
 柏戸は若乃花にも善戦して館内を沸かせたが、栃錦をも追い詰めた。 立って柏戸は猛烈に突っ張る。栃錦も応戦する。すると柏戸は左を差して東に一気に追い詰めた。 栃錦は棒立ちとなったが、残すや右から激しく突き落として叩きつけた。柏戸の猛進は本来のもので天晴、栃錦の技もまた天晴。
△昭和35年 5月 優勝 前4 若三杉 彰晃 14勝 1敗 1
 朝汐は取りこぼしが響いて脱落し、絶対本命と言われた若乃花が10日目北の洋に敗れ、 13日目には柏戸にも完敗するに及び、初日若羽黒に負けただけの若三杉が残りを全部勝って優勝をさらってしまった。 この場所の若乃花には覇気がなかった。優勝争いが「花籠の三若」若乃花・若三杉・若秩父の三者であったからだろうか、栃錦が 2連敗して引退したからであろうか。
・優勝決定の一番 千秋楽 若三杉(突き出し)岩風
 岩風が頭を下げて飛び込むところ若三杉は両手突きからドッと突っ張って赤房に突き出し、豪快に初優勝を決めた。
・好勝負
  2日目 安念山(寄り切り)栃錦

 左差し右おっつけの体勢から安念山が寄ると、両足跳びでヒョイと立った栃錦は腰が立ち、右からおっつけることもできず呆気なく土俵を割ってしまった。 栃錦は 2連敗、翌日引退して年寄春日野専任となった。
  4日目 若三杉(上手投げ)朝汐
 若三杉当たって左差し、右腕は万歳だが頭をつける。朝汐は相手の左を嫌って上手を欲しがるが取れず大慌て。 若三杉は一重廻しだが上手を取って向正面に寄る。朝汐が後退して掬うところ、右上手投げで東へ投げ倒した。
 10日目 北の洋(寄り切り)若乃花
 北の洋は左を差し、右からおっつける得意の恰好で東に寄り立てた。 若乃花は一遍に詰まり堪えんとしたが、北の洋は左から外掛け、これで若乃花は土俵を割り、連勝は24でストップした。
△昭和35年 7月 優勝 横綱 若乃花 幹士 13勝 2敗 9
 若乃花が優勝候補筆頭、改名した朝潮と怪我が治った若羽黒が後を追う展開が予想された。 また大関を争う若手、柏戸・若三杉・大鵬に期待がかけられていた。 蓋を開けると若羽黒はなんと負け越し、朝潮は 9勝 1敗から 5連敗した。 若乃花は 6日目冨士錦に押し出され、13日目には柏戸にまた完敗したが、 3敗で追うのが岩風 1人で、難なく優勝した。柏戸は序盤で 3敗したが、上位を次々と食い潰して11勝 4敗、場所後大関に推挙された。 端的に言えば若乃花と柏戸の場所だった。
・優勝決定の一番 千秋楽 若乃花(寄り切り)朝潮
 若乃花が敗れると岩風と優勝決定戦。若乃花踏み込んで両差し、左下手を深く、右に前褌を取る。 さらに煽って起こし、白房で左に寄り切り、決定戦に持ち込まれることなく、 9回目の優勝が決まった。
・好勝負
  4日目 若乃花(上手投げ)出羽錦

 当たり合って出羽錦が左から入ると若乃花は右おっつけで防ごうとした。 しかし出羽錦はその間に両差し、頭を下げて正面に寄って出た。若乃花は廻り込みながら堪え右の上手投げで転がして逆転した。
  6日目 冨士錦(押し出し)若乃花
 冨士錦は左喉輪攻め、右からも押して出る。若乃花は捕まえんと欲したがズルズル後退、 冨士錦は勢い込んで赤房に押し込み、そのまま押し出して大金星。
 12日目 柏戸(上手投げ)朝潮
 柏戸当たって右差しから左上手を取る。朝汐も両廻しを取ったが、柏戸は吊り身に赤房に寄り、上手投げで横綱を向正面に出した。
 13日目 柏戸(寄り切り)若乃花
 柏戸左喉輪右おっつけ、若乃花は堪えて右から押し上げる。柏戸が左上手を取った瞬間若乃花は右肩透かし、柏戸は泳いだが残し、右四つ上手を引きつけるや青房に直進して寄り切った。
○昭和35年 9月 優勝 横綱 若乃花 幹士 13勝 2敗 10
 若乃花がこの場所も下馬評では圧倒的有利。朝潮があまりに頼りないために第二候補は新大関の柏戸であった。 初日に柏戸が敗れる波乱。 5日目にも柏戸は負けた。朝潮は初日と 3日目に土をつけた。 こうして中日を終わって全勝は若乃花と新関脇の大鵬。ところが 9日目に若乃花も大鵬も敗れた。 10日目には朝潮が敗れて脱落。11日目大鵬が朝潮に敗れた。14日目若乃花は柏戸を注文相撲で破り、 大鵬も既に 3敗になっており、若乃花の連覇が決定。しかし千秋楽は朝潮に敗れ去った。
・優勝決定の一番 14日目 若乃花(上手投げ)柏戸
 若乃花は右に飛んで上手投げ、柏戸は残そうとしたが正面に投げ捨てられた。
・好勝負
 初日 若秩父(寄り切り)柏戸

 新大関の初日に入幕以来勝てずにいる若秩父が相手となった。 柏戸は左を差して右から攻め向正面に出たが、若秩父は右上手投げで体を入れ替え、 左で胸を押して寄り切った。新大関柏戸は、初日早くも土をつけた。
  9日目 出羽錦(極め出し)若乃花
 若乃花が両差しに入ったが、出羽錦は閂に極めて右に振り、西へ出た。 若乃花は身動きが取れず、そのまま黒房に極め出された。出羽錦は前場所両差しで出ながら上手投げで転がされているが、 今度は相手の両差しをものともせず圧勝した。この日は大鵬も柏戸に屈し、幕内全勝が消えた。
 千秋楽 朝潮(寄り切り)若乃花
 左四つ、朝潮が右に上手、左で前褌を引き、上手投げを連発して振り廻し、青房下に若乃花を寄り切った。
○昭和35年11月 優勝 関脇 大鵬 幸喜 13勝 2敗 1
 若乃花に気力が見られず、腰を痛めて途中休場。 9日間を終わって大関若羽黒と関脇大鵬が 1敗。 10日目に行われた両者の対戦は若羽黒が左喉輪で押し出した。 2敗の柏戸はこの日敗れて 3敗。 11日目大鵬は 2敗の横綱朝潮に完勝。12日目若羽黒が柏戸に敗れて 2敗。 14日目柏戸が大鵬に敗れて柏戸 4敗となり、若羽黒が苦手の朝潮に負けて痛恨の 3敗。 かくて千秋楽、大鵬は北葉山を吊り出して13勝 2敗を以って初優勝。場所後大関となった。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(吊り出し)北葉山
 低く組みつこうとする北葉山を大鵬は突っ張りで起こし、左差し腕を返し、右に上手を取って左を深くし、西に寄り立てて大きく吊り上げ、吊り出して優勝を決めた。
・好勝負
  8日目 房錦(押し出し)若乃花

 房錦が押すと、若乃花は右に廻ろうとしたがガクリと崩れ、そのまま青房に押し出された。 房錦は若乃花に負け続けること11回、12回目で初めて勝った。若乃花はこの相撲でギックリ腰の症状に見舞われ、腰椎捻挫も発症して休場した。
 10日目 若羽黒(押し出し)大鵬
  1敗同士の対戦。大鵬が中腰で突っ張ると若羽黒は低い姿勢で押し、若羽黒は右へ動きながら右おっつけ、 大鵬なお突っ張って右から張ると若羽黒左喉輪右おっつけの体勢でグーッと押し込み向正面に押し出した。
 13日目 大鵬(寄り切り)朝潮
  2敗同士の大一番だった。大鵬飛び込んで両差し、朝潮は下がりながら右上手を取ったが時既に遅く、あっさり赤房に寄り切られた。大鵬が左に転んだのはその後のことだった。 呆気なく大鵬が勝ち、朝潮は 3敗。
 14日目 大鵬(寄り切り)柏戸
 柏戸が右からおっつけるが大鵬は先に右上手、柏戸も右上手を取って左四つ、 両者両廻しを引き合い、柏戸が正面に寄る端を捉えて大鵬は下手投げで体を入れ替え、胸を押して正面に寄り切った。 柏戸はこれで 4敗となり、優勝の望みを断たれた。
 14日目 朝潮(押し出し)若羽黒
 物凄い押し合いとなり、若羽黒が一旦は押し勝って黒房下に進んだ。 しかし朝潮はよく残し、右から突き落としを見せ青房に押し出してしまった。朝潮は 3敗を守り、若羽黒は悔やまれる 3敗目を数えた。
前画面に戻る