昭和36年
△昭和36年 1月 優勝 大関 柏戸 剛 13勝 2敗 1
 若乃花の復調なるかということで、優勝争いは柏戸と大鵬によるものと思われた。 こんな上位陣の中で最初に負けたのは大鵬。 3日目冨士錦の動きについていけず膝から崩れた。 翌日には若羽黒も冨士錦に喰われた。 6日目朝潮が敗れ、朝潮はこのまま沈み 9勝止まり。 8連勝したのは若乃花・柏戸・復調の琴ヶ濱。 9日目若乃花と琴ヶ濱が敗れ、10日目には柏戸も若羽黒に敗れた。 11日間終わって 1敗は若・柏・琴。 2敗に若羽黒がいたが崩れた。大鵬は既に 3敗で、12日目には柏戸に敗れて消え去った。 13日目琴ヶ濱が敗れ、若乃花は柏戸に惨敗。翌日柏戸が朝潮に敗れたが若乃花も若羽黒に敗れ、 2敗で残ったのは柏戸と琴ヶ濱であった。 大関同士の相星決戦は柏戸が勝って初の優勝を飾った。
・優勝決定の一番 千秋楽 柏戸(下手投げ)琴ヶ濱
 大関同士の相星戦。立ち合い琴ヶ濱鋭く出て左四つ、両者両廻しを引き合い、琴ヶ濱が左内掛けを見せるが掛からず、 柏戸が東に突進、琴ヶ濱は右上手投げを打ったが柏戸左下手投げに返して初優勝を決めた。
・好勝負
 10日目 若羽黒(押し倒し)柏戸

 柏戸が顎を上げて突っ張ると若羽黒は左喉輪で先制、さらに右おっつけ。柏戸は突っ張るが足が流れ、顎がなお上がる。 若羽黒は左を覗かせ右おっつけ、柏戸は左首投げにいったが若羽黒は右からグイッと押し倒した。これで全勝柏戸に土がついた。
 11日目 琴ヶ濱(掛け投げ)朝潮
 琴ヶ濱が突っ込んで右前褌を取ったがいきなり引いた。朝潮は泳いだが立ち直り、 突っ張り合いから琴ヶ濱が左下手を取ると朝潮も右上手、上手投げを打って左筈の得意の形、 琴ヶ濱は左下手投げで逃げるが朝潮追って東から向正面、さらに西へ寄り、琴ヶ濱が下手投げを打つと朝潮東へ追ったが、琴ヶ濱残して下手から搦み投げ、朝潮耐え切れず左手から崩れた。
◎昭和36年 3月 優勝 横綱 朝潮 太郎 13勝 2敗 5
 若乃花が悪性の風邪で寝込んで休場。朝潮にも大きな期待はかけられず、 柏鵬の争いと目された。案の定朝潮が 4日目に早くも敗れて 1敗。 5日目には琴ヶ濱・大鵬に土。 琴ヶ濱は先場所ほどの調子が出ず 9勝止まり。こうして初日から 7連勝は柏戸と若羽黒。 ところが中日にそろって土。若羽黒はまたも崩れて 9勝。11日目大鵬が柏戸に敗れて 2敗。 翌12日目、浮かび上がったはずの柏戸が北葉山に打っ棄られ息を吹き返したのは朝潮。 この日 1敗の大鵬を持久戦から左で押し倒して 1敗を堅持。13日目柏戸が琴ヶ濱にも打っ棄られ 3敗。 朝潮が14日目に琴ヶ濱を豪快に押し倒し。千秋楽前田川が敗れて朝潮の優勝が決定、 しかし柏戸に敗れて13勝に終わった。
・優勝決定の一番 14日目 朝潮(押し倒し)琴ヶ濱
 朝潮は左おっつけ右喉輪からどんどん突き立て東に突き飛ばして圧勝、翌日前田川が敗れて優勝が決まった。
・好勝負
 11日目 柏戸(押し出し)大鵬

 柏戸が左喉輪で攻めると大鵬は巧く二本差しとして吊り身に腰を落として出た。 柏戸は土俵際堪えて左小手投げ、大鵬は掬い投げに打ち返した。伊之助の軍配は柏戸。 春日野(栃錦)が物言い、伊勢ノ海(柏戸)が頑強に柏戸の勝ちを主張し、他の 3検査役は棄権したことで、同体と見た春日野は大鵬に与して取り直しとなった。 大鵬の手は先に土俵に着いたが、その時柏戸の手は土俵の土の向こうで土俵の高さより下。 微妙ではあり取り直しはまあ妥当なところ。再戦は柏戸が左を差すと、大鵬は右からおっつけて突き落としにいった。 柏戸はやや泳いだが残し、右おっつけ左喉輪で押す。大鵬は弓なりになって堪えたが、正面に押し出された。
 12日目 朝潮(押し倒し)大鵬
 大鵬は右から張って左差し、右も差そうとするが朝潮はおっつけて許さず。朝潮は右上手を取って右へ廻る。 朝潮が西へ寄ったが大鵬が右へ逃げる。そして朝潮は頭をつけて大鵬の右を絞り出し、左筈の得意の形とした。 大鵬は立ち腰、左半身で動けず。それでも大鵬が出ようとするが、朝潮は上手を引きつけて正面に寄り、そして東に出て左筈で豪快に押し飛ばした。
 千秋楽 柏戸(上手投げ)朝潮
 既に朝潮は優勝が決まっている。立って朝潮は左からおっつけるが、柏戸は左上手を早く引く。 そして右下手から引きつけて朝潮を起こす。柏戸が出ようとすると、朝潮は右半身になって防戦。 しかし柏戸なおも出る。朝潮は右の下手投げで揺るがそうとする。すると柏戸は黒房下で左上手投げ、朝潮の左肘が早く落ちた。 高田川(朝若)が物言いをつけたが当然不成立。
×昭和36年 5月 優勝 前13 佐田の山 晋松 12勝 3敗 1
 荒れ放題。 2日目に柏戸・大鵬・朝潮と敗れたのがこの場所の象徴。朝潮が 3連敗から休場。大鵬も連敗スタートで11勝止まり。 柏戸・若乃花は10勝、若羽黒 8勝、琴ヶ濱 5勝で、入幕 3場所目の佐田の山が12勝 3敗で優勝をさらった。 11勝の北葉山が大関に昇進。優勝争いも何もなく、当然内容もなく、お話にならぬ本場所だった。
・優勝決定の一番 千秋楽 佐田の山(叩き込み)冨士錦
 佐田の山が両手突きで突きっ放し、なお冨士錦が頭を下げて押そうとするところやや右へ動き右上手に手をかけて左で叩き込み、初優勝を決めた。
・好勝負
  2日目 栃ノ海(押し出し)朝潮

 栃ノ海が立ち合い素早く両差しとなった。朝潮はこれに対して右喉輪で強引に押し立てたが、 栃ノ海は堪えて引っ掛けた。朝潮はトトトッと東に泳ぎ、向き直るところを脆くも押し出されて 2連敗、翌日も負けて休場した。
 14日目 柏戸(寄り倒し)大鵬
 ボロボロとなってしまったこの場所の中、大鵬は辛うじて 3敗で優勝争いのトップにいたが、既に 5敗の柏戸にあっさり負けた。 がっぷりの右四つに渡り合い、柏戸が寄り立てて寄り倒してしまった。意外と呆気ない勝負で、この日の金ノ花の敗戦もあって佐田の山にリードを許した。 「好勝負」の項に入れてあるが、この場所の内容のなさを示す「好」例である。
△昭和36年 7月 優勝 大関 大鵬 幸喜 13勝 2敗 2
 若乃花と琴ヶ濱が途中休場。若羽黒負け越し、新大関北葉山は柏鵬を倒したが 8勝。 柏戸は 2日目から10連勝のあと 3連敗。残った朝潮と大鵬が12勝 2敗同士で千秋楽決戦し、大鵬が勝ったが凡戦だった。 こんな感じで優勝争いはやはり詰まらないが、相撲内容などは前場所よりは持ち直した。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(寄り倒し)朝潮
 大鵬が早く立って右張り手から左差し、朝潮は右上手を引いて右へ逃げ廻る。 大鵬は追い駆けて正面で右上手、すぐ上手投げに振って左筈で寄り倒した。期待された割には内容のない相撲だった。
・好勝負
 13日目 朝潮(掬い投げ)柏戸
 14日目 大鵬(寄り切り)柏戸

 11日目まで 1敗だった柏戸は12日目北葉山に打っ棄られて 2敗集団に吸収された。 のみならず柏戸は、同じ 2敗集団の 2人に敗れて脱落してしまった。その軌跡。 まずは朝潮戦、朝潮が気合良く右差し左おっつけで攻勢、柏戸が必死に堪えて左から小手投げを打つが、 朝潮は右から豪快に掬って圧倒した。柏戸は 3敗、これだけなら一歩後退で済んだし、逆転の目もあった。 しかし14日目は大鵬に執拗さの点で全く及ばなかった。大鵬は右から入って掬い投げ、柏戸は残して左小手投げで応戦した。 しかし大鵬は再度掬って二本差し、青房に寄り切った。大鵬が徹底して狙う両差しを防ぎ切れず、まあまあ熱戦にはなったものの柏戸完敗、完全に脱落した。
△昭和36年 9月 優勝 大関 大鵬 幸喜 12勝 3敗 3
 柏戸大鵬の横綱争いが焦点だった。若乃花は出てきたが10番挙げるのが精一杯。 朝潮は結局休場。初日柏戸、 4日目大鵬が前田川に敗れたが、その前田川はあとすべて敗れて 2勝13敗という珍記録。 その後も両者ともに内容が悪く千秋楽を終わってやっと12勝。この両人に平幕の明武谷が絡んで優勝決定戦となった。 柏−明で柏戸が勝ったが、柏鵬戦で大鵬が打っ棄りで勝ち、大鵬は次いで明武谷も破って連続優勝した。 横審は大鵬の星が悪いにも関わらず連続優勝のため反対できず、柏戸も星の上では全くの不足でありながら大鵬との抱き合わせ昇進であった。 他の相撲内容も今一歩、ここ 3場所は内容が乏しい。
・優勝決定の一番 決定戦 柏戸(寄り切り)明武谷
             大鵬(打っ棄り)柏戸
             大鵬(寄り倒し)明武谷

 情けなや、 3敗が 3人の決定戦である。観衆は大喜びだが、いかにも低次元。 抽籤でまずは柏戸に明武谷。すぐに右四つ、明武谷がいきなり下手投げを打つと柏戸はぐらついたが、 残すや上手を引きつけて正面に寄り切った。柏戸は続いて大鵬を相手に迎える。 当たり合って大鵬が右差し左も入れんとすると、柏戸攻め返して左喉輪攻め、大鵬はこれを外して寄り返すが、 柏戸は二本差しとし抱きついて西に出た。大鵬は辛くも廻り込んだがぐらついた。 柏戸は強引に吊り上げて正面に追い詰めたが、大鵬は土俵際で左に打っ棄った。 これで大鵬は明武谷と対戦、突っ張り合って大鵬が左差し腕を返し右からおっつけて出ると、 明武谷は向正面に潰れてしまい、大鵬の優勝が決まった。
・好勝負
 初日 前田川(押し出し)柏戸

 柏戸は立ち遅れ、踏み込まず左手を伸ばして上手を欲しがったが、 これはまずく前田川は両筈で徹底的に押しまくり、柏戸は逃げ廻った挙げ句左小手投げを打ったがますますまずく、 遂に青房に押し出されてしまった。
  4日目 前田川(寄り切り)大鵬
 両者が 1回ずつ待った、 3回目に立つ。前田川が気合よく突っ込んで右喉輪、大鵬が出ようとすると大鵬の左を取ってとったりの強襲。 大鵬は残したものの浮き足立った。前田川は左から右と差して西に出た。大鵬は完全に棒立ちとなって土俵を割ってしまった。 前田川はこの場所の主役である大鵬と柏戸を破ったが、 2日目若乃花に両手捻りをやられたのをはじめとして他の13番は綺麗に炭団を並べる珍記録を樹立した。
  6日目 出羽錦(送り出し)若乃花
 出羽錦が受けると若乃花は左を入れ、反対側で差し手争い。出羽錦は右から引っ掛けて右後ろ褌を取り、 後ろについて西に送り出し、両横綱を倒して14年振りの殊勲賞を受けた。
 14日目 柏戸(寄り切り)大鵬
 大鵬が両差しを狙ったが柏戸が右から左と入れて両差し、東に寄り進み、大鵬が右を巻き替えると柏戸が上手を引く。 大鵬は東土俵一杯で腰が反ったまま右掬い投げにいったが柏戸が上手投げで潰した。
△昭和36年11月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 13勝 2敗 4
 柏鵬新横綱の登場で話題はあったが、結果から見ると内容は伴わなかった。 朝潮は休場し、若乃花は「巧い相撲」で11勝。柏戸は初日開隆山の上手捻りに膝をつき、 6日目には大鵬も開隆山の首投げに捩じり倒された。 8日目大鵬が 2敗目を喫し再浮上した柏戸も13日目北葉山の叩きに屈した。 14日目柏鵬戦は大鵬が勝ち 2敗を守る。千秋楽大鵬は北葉山を押し出して13勝 2敗で 3連覇となった。 他に若三杉や青ノ里、栃ノ海あたりが健闘した。若羽黒は柏鵬に敗れ大関を陥落した。元大関松登は引退。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(押し出し)北葉山
 北葉山が低く突っ込んだが大鵬は右から入って起こし、左も入れて両差し、正面に出、土俵際で北葉山の左首投げがすっぽ抜けるところを押し出して優勝した。
・好勝負
 初日 開隆山(上手捻り)柏戸

 がっぷりの右四つに渡り合い、柏戸が出ようとする端、開隆山はエイとばかり上手から捻った。 柏戸はこの奇襲に右膝を着いてしまい、初日早々に土がついた。
  6日目 出羽錦(寄り倒し)朝潮
 出羽錦は例の左半身、朝潮は得意の右上手から投げを打ったが、 出羽錦は残して両差し、ジリジリ出て赤房に寄り倒した。朝潮は腰椎分離症で休場、その後土俵に立つことはなかった。
前画面に戻る