昭和37年
×昭和37年 1月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 13勝 2敗 5
 場所前に朝潮が引退を発表。若乃花は悠々と相撲を取り11勝。大鵬だけの場所となった。 その大鵬は場所前からの痛風で出足が悪く 5日目には金乃花の小手投げに横転。 だが 6日目以降は立ち直り、14日目北葉山に敗れはしたが13勝 2敗で難なく 4連覇を果たした。 柏戸はポカ続きで 5敗を数え、大鵬に水を開けられたばかりか、12勝新入幕豊山の蔭に隠れる結果にもなった。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(吊り出し)柏戸
 柏戸は喉輪で攻めたが、大鵬は左に動いて左差し、右ではおっつけから上手を引き、 左四つ右上手を引きつけグイと吊り上げ、赤房に吊り出して完勝した。
・好勝負
  5日目 金乃花(小手投げ)大鵬

 金乃花が突っ張ると大鵬は得意の左四つに組み止めて安心し、不用意に寄って出たところが黒房下で金乃花に踏ん張られ、 右の小手投げに足を送れず、頭を押さえられて土俵に沈んでしまった。
 10日目 栃ノ海(蹴返し)若乃花
 立ち合い栃ノ海は横綱の出を窺いながら左をサッと差して右おっつけ、前褌を狙う。 若乃花は左を差さんとして激しく攻め合う。そして若乃花が力任せに左をねじ込もうとした端であった。 栃ノ海は左足を飛ばして左差し手から引き、右からも突くと、左に重心をかけていた若乃花、右足を送れず前にのめって転がった。 「蹴返し」とも「蹴手繰り」ともいえる栃ノ海一流の一瞬芸であった。
 12日目 大鵬(寄り切り)佐田の山
 佐田の山が突っ張ると大鵬も応じて張り手交じりに突っ張り、大鵬が左へ去なすがなお突き合い、佐田の山が右へ動いて叩くと大鵬残す。 佐田の山は右を覗かせ、左から懸命におっつける。大鵬は上手を取る。かくて右四つ。 機を窺い、大鵬が吊り身を見せると佐田の山堪え、再度大鵬が吊り身から無謀にも左を巻き替えようとするところ、佐田の山は鋭く寄ったが、 大鵬は黒房下小手投げで逃げる。佐田の山は左が浅く、右が深くなお有利となる。 大鵬は腰高、しかし佐田の山も大鵬の引きつけの前に攻撃に出られず水入り。再開後は大鵬が優勢、いよいよ腰を引き、寄り身から左を巻き替えた。 大鵬の吊り身、佐田の山左外掛けで残して右上手投げ、大鵬は残して右筈で寄り切った。 佐田の山の力戦健闘が目立ったが、大鵬の滅茶苦茶な相撲も目立った。
 13日目 若乃花(寄り切り)佐田の山
 若乃花が待ったの後、佐田の山が猛然突っ込むと若乃花は右から気合もろともはねっ返し、さればと佐田の山は右の筈押し。 若乃花は堪えて右四つに組み止めた。佐田の山は得意四つだが動かず。若乃花は突如呼び戻し。 しかし佐田の山には効かず逆に二本差された。佐田の山は吊り身に西に攻めた。若乃花はやや足が上がりかけたが右足を俵にかけて踏ん張り、 左足を入れて左上手投げから向正面に寄り立て、胸を押して寄り切った。若乃花の巧さ勝ち、佐田の山に初めて勝った。
 14日目 北葉山(寄り倒し)大鵬
 北葉山が両差しとなりグイグイ寄り立てたが、大鵬は左に廻り込んで右を巻き替えた。 しかし北葉山は攻勢、土俵中央から頭をつけて赤房に寄り立てた。大鵬は堪えて右へ打っ棄りを見せたが、体は割れたものの自分の左爪先が先に上がって敗れた。 優勝争いの殆どなかったこの場所、ほんの僅かだが北葉山が揺さぶりをかけた。
 千秋楽 豊山(掬い投げ)小城ノ花
 豊山が猛然突っ張ると小城ノ花は応戦して左から引っ掛け、左四つとなって小城ノ花が吊ろうとしたが、豊山が向正面右に廻り込んで掬い投げで勝ち12勝の星を挙げた。
△昭和37年 3月 優勝 関脇 佐田の山 晋松 13勝 2敗 2
 大鵬が 5連覇を目指す。柏戸は関脇と大関に敗れ去り終盤に脱落した。 大鵬は 3日目若羽黒に完敗したがそのまま単独トップで、千秋楽結びに柏戸戦を残すのみ。 この 2場所連勝しまず大丈夫と見られていたが、左喉輪右おっつけに圧倒されて 2敗。 ここで同じく 2敗の関脇佐田の山が浮上。硬くなって動きの鈍い大鵬。 闘志いよいよ燃え熾って気合充分の佐田の山。この差が決定戦に出て、 佐田の山の突き押しからの左筈右おっつけで大鵬一遍に押し出され佐田の山 5場所振り 2回目の優勝、場所後大関となった。
・優勝決定の一番 決定戦 佐田の山(押し出し)大鵬
 佐田の山は烈しく頭で当たって突っ張ると両差し狙いの大鵬は受け太刀になって右から引っ張り込もうとした。 しかし佐田の山は徹底して離れ、左筈右おっつけで東に押し込み、大鵬の左掬い投げを残して見事に押し出した。
・好勝負
 初日 栃光(寄り切り)若乃花

 若乃花は場所前は大元気で猛稽古をこなしていたが、場所に出てきた若乃花は身体が痩せていた。 そして栃光の挑戦を受けたが左差し右おっつけから左四つ一気の寄りに西で惨敗、そのまま休んで翌場所前に引退した。
 12日目 大鵬(寄り切り)佐田の山
 全勝の佐田の山が、いよいよ大鵬に挑む大一番、大鵬は 1敗、優勝の行方を左右する取組だが、呆気なかった。 大鵬鋭く踏み込んで右から左と二本差し、白房に一気に出て寄り切った。全勝の佐田の山に土がついた。
 千秋楽 佐田の山(叩き込み)若羽黒
 佐田の山は前日羽黒山の変化に倒れ 2敗となっている。立って激しい押し合い、 佐田の山が押し負けて引くと、若羽黒は得たりと押して出る。佐田の山は後退したが、右に変わって叩き込んで勝った。
 千秋楽 柏戸(押し出し)大鵬
 佐田の山は 2敗を守ったが、 1敗に大鵬がいる。相手が柏戸、優勝争いから早々と脱落し、そんなに元気でもないからまず大鵬勝利そして優勝は堅いところと考えられた。 ところが、大鵬が左差しを狙って出るところ、柏戸の左喉輪が決まって大鵬完全に浮き上がり、 そのまま東に真っ直ぐ押し出されてしまったのである。大鵬は気落ちしたまま決定戦に出ることになった。
◎昭和37年 5月 優勝 関脇 栃ノ海 晃嘉 14勝 1敗 1
 場所前に若乃花が引退した。柏戸は中日までに 3敗して彼方へ去り、大鵬はぎこちないが 1敗で進む。 栃ノ海・栃光・佐田の山が絡んで優勝争いは大鵬に対する出羽一門三羽烏の構図となった。 12日目は大鵬に栃光、栃光の気迫と出足に大鵬為す術なく尻から転倒した。13日目は大鵬に 1敗の栃ノ海。 大鵬は膝下脆くまたも尻餅で脱落、さらに14日目には佐田の山にも打っ棄られ無惨にも 4敗。 優勝は千秋楽に若羽黒を切り返した栃ノ海が14勝 1敗でものにした。 13勝で準優勝の栃光とともに大関に栄進。また新大関佐田の山も13勝した。
・優勝決定の一番 千秋楽 栃ノ海(切り返し)若羽黒
 栃ノ海低く当たって右から左と両差し、左に廻って左切り返し、鮮やかに決まって初優勝を飾った。
・好勝負
  3日目 栃光(上手投げ)柏戸

 柏戸は左から引っ張り込もうとすると栃光は一発当たって左へ飛び、柏戸がのめりながらも突くと栃光すぐさま二本差し、 柏戸は右を巻き替えたが栃光も巻き替えて、柏戸が閂で西に出ると栃光右に廻り込み、右を抜いて上手を取る。柏戸が右上手を欲しがる瞬間、栃光は豪快に上手投げを打って決めた。
 12日目 栃光(浴びせ倒し)大鵬
 栃光が左筈右おっつけの形で低く当たると、中腰の大鵬は突っ張ろうとしたが忽ち腰砕け。栃光は青房に猛然突き進み、 大鵬が栃光の左差し手を小手に捻ったが栃光は残してなお突進、大鵬は当然耐えられず土俵中央向正面寄りに尻からデーンと倒れた。
 13日目 栃ノ海(渡し込み)大鵬
 栃ノ海が突っ込むと大鵬突っ張り、さらに右から引っ張り込んで西へ出たが、栃ノ海は左から巻き落とし、大鵬がなお赤房へ出ると栃ノ海は大きく左掬い投げ、 大鵬に体勢を立て直す暇を与えず右手を伸ばして渡し込み、正面土俵に大鵬を倒した。
×昭和37年 7月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 14勝 1敗 6
 柏戸に期待はかからず案の定脆く敗れて 4敗。この場所も大鵬−出羽一門の対決となる筈であったが、 大鵬は難なくその包囲網を突破して14勝で優勝した。稽古不足が出て悲惨な内容、13日目まで鶴ヶ嶺が踏ん張りはしたが、優勝争いはないようなもので、甚だ詰まらぬ本場所だった。
・優勝決定の一番 14日目 大鵬(寄り切り)佐田の山
 突っ張り合いから差し手争いとなって左四つがっぷりとなった。 一呼吸おいて大鵬が寄り立て、赤房で左下手投げを打って寄り切った。
・好勝負
  2日目 出羽錦(極め出し)大鵬

 立つなり出羽錦は左から首投げに出た。大鵬は残して両差し、喜んで出る。 出羽錦は残して土俵中央、一呼吸して大鵬が深すぎる差し手を抜こうとするところ出羽錦待ってましたと閂攻め、 正面に出て極め出してしまった。
 11日目 琴ヶ濱(寄り倒し)佐田の山
 琴ヶ濱やや早く立って左半身で出たが、佐田の山右おっつけから突き返して出る。 琴ヶ濱とっさに右へ廻って右から上手出し投げ、佐田の山ちょっと泳いだが、また右から突き返す。 琴ヶ濱は押されて黒房下に詰まったものの、左下手を取って堪え、寄り返しつつ両差し、逆に白房下へ寄った。 佐田の山は土俵際で右上手を取り右に打っ棄ろうとしたが、琴ヶ濱は左内掛けから体を預けて寄り倒した。 大関同士の激闘だが、なんとなんと懸賞は一つもかかっておらず、これを聞いた二子山(若乃花)は激怒した。
△昭和37年 9月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 13勝 2敗 7
 大鵬絶対本命といわれ、本人も応えて12連勝したがここで何と烏賊と蛸に中って下痢を起こし、 さらに運の悪いことに相手が苦手の北葉山、大鵬はやはり敗れ、翌日も栃光の下手投げに惨敗した。こうして 2敗の佐田の山が顔を出してきた。 千秋楽、北葉が負傷休場して不戦勝を貰った佐田の山。不振の柏戸を難なく叩き込んだ大鵬。 この両者によって再び決定戦となった。今度は大鵬が右四つに誘い、すぐに上手投げで振って寄り切って雪辱を果たした。
・優勝決定の一番 決定戦 大鵬(寄り切り)佐田の山
 佐田の山が突っ張ろうとすると、大鵬は右からおっつけて右四つに誘い、 上手を取るや東に振ってそのまま寄り切った。
・好勝負
  9日目 北葉山(上手投げ)栃ノ海

 当たり合って栃ノ海が右に前褌を引く。北葉山は左を入れて右で抱える。栃ノ海が右を巻き替えると北葉山は左下手を引きつけて向正面に出た。 栃ノ海は詰まったが両差しで打っ棄ろうとする。北葉山は左上手をなお引きつけて栃ノ海の右廻り込みを許さず、 土俵際で投げの打ち合い、両者片足立ちの投げ合いは栃ノ海が先に潰れた。
 13日目 北葉山(打っ棄り)大鵬
 左四つ両廻しを引きつけた両者、大鵬が徐に出ようとしたその時、北葉山が突然吊った。 大鵬は慌てて行司溜まりに寄り詰めたが、北葉山は左へ打っ棄ろうとした。大鵬は心得て左に体を寄せたが、北葉山も心得て右に打っ棄って決めた。 大鵬の連勝は25で止められた。
 14日目 佐田の山(吊り出し)柏戸
 佐田の山が鋭く突っ込むと柏戸は左前褌を取り、佐田の山が右を巻き替えて右がっぷり四つとなった。 引きつけ合いの力相撲。佐田の山が正面に吊らんとする。柏戸は残すが腰が上がる。佐田の山の右下手はさらに深く、有利となった。 佐田の山再度の吊りも柏戸は残したが腰はなお上がった。佐田の山力を絞ってまた吊り上げ、遂に正面に吊り出した。
△昭和37年11月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 13勝 2敗 8
 大鵬独走優勝であった。12日目栃ノ海に敗れたが、 14日目佐田の山の腰が深く入りすぎるところをのしかかって潰して優勝を決めた。 千秋楽、柏戸が速攻で大鵬を破ったが、今更目覚めても遅かった。場所後内掛けの琴ヶ濱が引退を表明。 相撲の内容は持ち直したが、優勝争いはもう一つだった。
・優勝決定の一番 14日目 大鵬(上手投げ)佐田の山
 佐田の山が猛然として押し込むと、大鵬は危うかったが左小手投げで逃げ、 佐田の山がなお押せば大鵬も小手投げでなお逃げ、佐田の山は今度は二本差しで向正面に寄ったが大鵬寄り返した。 すると今度は佐田の山吊ろうとしたものの、腰が入りすぎて潰れ、必死に堪えようとしたものの、のしかかられて敗れた。
・好勝負
  5日目 大鵬(寄り切り)出羽錦

 大鵬が右から踏み込んだが出羽錦は頭を下げて猫騙し。大鵬は警戒して出足を止めたが両差し、右が窮屈なため抜いて上手に切り替える。 大鵬は上手投げから赤房に出たが、出羽錦は左下手を取って下手投げ、大鵬の寄りは安易で足が上がる。大鵬は残して右上手出し投げを打つと出羽錦は寄り身の構え。 かくて出羽錦は左半身得意の体勢となり左足を飛ばす。大鵬は警戒を強める。出羽錦は右上手を取る。大鵬は左下手を取る。出羽錦は吊り身を見せたが、大鵬は寄り立て、正面に寄り切った。
 12日目 栃ノ海(外掛け)大鵬
 栃ノ海はぶちかましから右左と両差し、有利な体勢から煽って東に寄り立て、大鵬が両上手を引いて左に廻り込もうとするところ右の外掛けで破った。
前画面に戻る