昭和38年
○昭和38年 1月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 14勝 1敗 9
 柏戸が右手首捻挫と肝臓病で休場。一方の大鵬は全勝優勝を目指し、 それを阻みうるのは大関の佐田の山と、大関を狙う関脇の豊山のみ。 12日目を終わって全勝大鵬、 1敗佐田の山・豊山という展開で、13日目から潰し合いとなる。 13日目の大鵬−豊山戦は左四つから豊山が勝って全勝が消える。14日目豊山は佐田の山を破るも、千秋楽栃ノ海の 2回の変化に左足を踏み出し 2敗。 結びの一番大鵬−佐田の山は佐田勝てば三ッ巴の決定戦であったが、大鵬が佐田の山を寄り倒し 4連覇を達成した。豊山が大関に昇進。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(寄り倒し)佐田の山
 佐田の山は突っ張って右から入り両差し、吊らんとしたが大鵬は腰を落として堪えた。 大鵬は両上手、左から投げを見せると佐田の山は右下手投げで応酬。土俵中央数呼吸し、 佐田の山が寄り身を見せると、大鵬は左上手投げから両褌引きつけ逆に寄り進み、 東土俵で堪えた佐田の山が大いに踏ん張って右へ打っ棄らんとするところ、大鵬は左足を俵にかけてのしかかり、 遂に潰して優勝を決めた。
・好勝負
 13日目 豊山(寄り切り)大鵬

 互いに上ずった立ち合いから豊山が左を入れ、大鵬は応じて右上手、豊山に上手を与えていないが、技術がなく動けない。 そのうちに大鵬は豊山に上手を与えてしまった。大鵬は策なく持久戦の構え、しかし豊山は引きつけて左下手捻りから右上手投げ、そのまま向正面に大鵬を寄り切った。
 14日目 豊山(打っ棄り)佐田の山
 佐田の山は飛び込んで左筈右おっつけで黒房に押した。豊山は忽ちにして詰まるが、右上手を取るや抜き上げ、右へ大きく打っ棄った。
 千秋楽 栃ノ海(叩き込み)豊山
 立ち合い栃ノ海は左に変化した。これに対して豊山はよく見て残し突き立てた。 しかし栃ノ海は今度は右に変わった。豊山は向正面に左足を大きく踏み出して痛い 2敗目を喫した。
×昭和38年 3月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 14勝 1敗 10
 新大関豊山の登場などで近来稀に見る素晴らしい場所になるといわれたが、終わってみると大鵬と栃光だけの場所となって期待を大きく裏切った。 豊山は初日に敗れると続々と炭団を加え負け越し。佐田の山が腰の故障に気づかず 4連敗の休場。 柏戸も 5連勝したが海乃山戦で右肩右肘を痛めて休場。栃光は押しの型がピタッと決まって13日間で12勝 1敗。 大鵬は左上手投げと下手投げで勝ち進んで12勝 1敗。14日目優勝の懸かった大鵬−栃光戦、 栃光は喰い下がったが大鵬は右で首を巻いて左からの下手投げに栃光を屠った。千秋楽大鵬は豊山を寄り倒して14勝で 5連覇を成し遂げた。
・優勝決定の一番 千秋楽 大鵬(寄り倒し)豊山
 大鵬はズブリと両差し、慎重に寄って出て左を返して寄り倒した。 味も素っ気もない相撲、この相撲で新大関豊山は負け越した。
・好勝負
 初日 金乃花(突き出し)豊山

 新大関として颯爽と登場する筈だった豊山は極度の緊張のためガチガチだった。 そして立ち合いから突っ張ったものの出足がまるでなく、去なされると一遍に崩れ突き出されてしまった。 そのあと豊山は次々と黒星を重ねたが、「どこも悪いところはない」と断固として休場を拒み、 師匠時津風(双葉山)もその動きを見せなかった。
  4日目 出羽錦(下手投げ)大鵬
 出羽錦が踏み込まず頭を下げて左から入ると、大鵬はつられて右上手を取り西に出る。 出羽錦は左から掬って左へ廻る。大鵬は起こすこともせず東へ出た。出羽錦が左下手から引っ張ると大鵬はなお東に歩いた。 すると出羽錦は土俵一杯で狙いすました左下手投げ、大鵬は意表を突かれてでんぐり返り土俵外に転落した。
  5日目 柏戸(寄り倒し)海乃山
 柏戸は左差し、右から抱えて出んとした。海乃山は左から足を飛ばしたが、 そこにつけ入った柏戸は正面さして一気に走り寄り倒して圧勝、しかし右肩から腕にかけて土俵に強打し、 正面の検査長春日山(名寄岩)の右横でしばらく起き上がれなかった。結局柏戸は右肩右肘の挫傷や骨折のためまたも休場に追い込まれた。
 13日目 君錦(寄り切り)宇多川
 絶好調の君錦は先手を取って左四つから攻め立て、西に寄り立てる。土俵際で宇多川が左下手投げを打つと君錦は横転したが、それより早く宇多川の左足は俵を越えていた。 与之吉の軍配は君錦から宇多川に廻った。君錦は宮城野(吉葉山)を見た。すると宮城野は宇多川に勝ちの印を入れている。 君錦は慌てて行司に声をかけたが、行司は気に留めぬのでもう一回言った。正面の岩友(神東山)が物言いをつけ、軍配差し違いで落ち着き君錦は10勝目を挙げたが、 岩友の物言いがなかったら、相撲を取った力士自らが物言いをつけたとて問題になるところだった。
 14日目 大鵬(下手投げ)栃光
 栃光は思い切って突っ込み、右へ飛んで去なした。大鵬が右に向くと、栃光は飛び込んで左差し、右で横褌を引いた。 大鵬は左四つで上手が取れない。栃光は上手投げを見せる。大鵬はちょっと泳いだが堪えた。 そして大鵬は右から首を巻き、左から下手投げを打つと、残念ながら栃光は投げ倒されてしまった。 栃光は 2敗となり、大鵬は 1敗を堅持した。大鵬の滅茶苦茶な下手投げは、大関当時の武藏山が盛んに見せていた首投げに匹敵する悪手だが、この当時はよく決まった。
 千秋楽 栃光(掬い投げ)北葉山
 当たり合って栃光が前に出ながら右上手を取った。北葉山が右に上手を欲しがると栃光右上手投げで振り廻し、 栃光はさらに頭を押さえて上手投げから正面に出たが、北葉山は残して右上手を引き、がっぷりの左四つになった。 数合あって栃光が正面に出ると、北葉山は堪えて右へ振ろうとする。栃光は右の外掛けから、左掬い投げで青房前に北葉山を倒した。 栃光は13勝目、結びの結果次第では決定戦の機会もあったが、大鵬が勝ったため夢が潰えた。
△昭和38年 5月 優勝 横綱 大鵬 幸喜 15勝 11
 柏戸全休で、大鵬が 6連覇と初の全勝優勝を懸ける場所となった。 対抗馬は豊山しかいなかった。大鵬は初日、勇み足気味の寄り倒しながら物言いつかず勝ちを拾ってからは連戦連勝。 11日目佐田乃山(改名)に二本差されたが右を巻き替えて打っ棄った。 そして12日目大鵬−豊山の全勝対決であったが、豊山の張り差しの作戦が漏れて完敗。 14日目大鵬は栃ノ海に圧勝、千秋楽豊山が敗れて大鵬の優勝が決まり、大鵬は栃光を降し初の全勝優勝を飾った。
・優勝決定の一番 14日目 大鵬(寄り倒し)栃ノ海
 栃ノ海が当たって左を差そうとすると大鵬は右から引っ張り込んで左を覗かせ一気に正面に出た。 栃ノ海は圧倒されて忽ち起き上がり、右を巻き替えるも果たせず寄り倒された。 千秋楽、豊山の敗戦により大鵬の優勝が決定した。
・好勝負
 12日目 大鵬(寄り切り)豊山

 豊山は作戦通り右の張り差しにいったが、大鵬が察知して両腕を交叉させて両差しに出たため豊山の右手は大鵬の肩に当たっただけ。 大鵬は両差しからあっさり寄り切って全勝対決は終わった。相撲のすの字もない取組。
 千秋楽 佐田乃山(外掛け)豊山
 左四つ、佐田乃山が上手投げを打つと豊山は下手投げで応酬、一呼吸して豊山が右を巻き替えて両差し、 吊り身を見せようとしたとき佐田乃山の右外掛けが飛び、豊山は倒れた。この相撲で豊山は大鵬に優勝を決めさせた。
 千秋楽 大鵬(寄り切り)栃光
 栃光が頭で当たって突っ張ると大鵬も突き返し、なお栃光が当たると大鵬は左から去なして左を入れて下手、右から抱えた。 栃光は上手を取った。大鵬は右から首を巻いて左の下手投げを放った。栃光はこれを残して右から出し投げ、大鵬よろめいたが残し、 元の体勢に戻った。大鵬は上手を探る。栃光が出ようとすると大鵬は右上手を取った。 大鵬が吊り身を見せると栃光は右外掛けから上手投げに振ったが、大鵬は上手を引きつけ西に寄り進んで寄り切った。 大鵬は12回目の優勝にして初の全勝優勝となった。
◎昭和38年 7月 優勝 大関 北葉山 英俊 13勝 2敗 1
 この場所も柏戸は休場。大鵬は26連勝中。どこまで伸びるかと期待されたが、 5日目、青ノ里に対し慢心の大鵬は両差しを許して惨敗、さらに11日目、全勝大関北葉山に右差し左絞りから二本差しを許し、 喰いつかれ下手投げに手をついた。腰・膝・足首の欠陥をまたも曝露した大鵬は翌日、 栃光に小手投げを打って自滅、外掛けに敗れた。12日目を終わって全勝は佐田乃山と北葉山。 しかし13日目から佐田は 2連敗。14日目には北葉も敗れた。 千秋楽、佐田乃山−北葉山戦に北葉山の初優勝が懸かったが、無理矢理吊ったところを外掛けに倒れて相星、優勝決定戦となった。 決定戦は北葉山が立ち合い前褌の速攻で寄り切って念願の初優勝を果たした。 この場所、北葉山は 8日目以降待った11回。いろいろクレームがつくが、兎も角優勝は優勝である。
・優勝決定の一番 千秋楽 佐田乃山(外掛け)北葉山
         決定戦 北葉山(寄り切り)佐田乃山

  1敗の北葉山と 2敗の佐田乃山が激突する大一番である。佐田乃山が突っ張って先制、両筈で東に押そうとすると、北葉山は頭を下げて左右からおっつけ、 佐田乃山左で叩くと北葉山左喉輪で白房に出る。佐田乃山左から撥き、左上手から出す。北葉山は背を向けたが左前に進んで体を廻し、赤房で左から強くおっつける。 佐田乃山は左で叩いて右を充分に入れ、左上手を欲しがったが届かない。北葉山は右四つ両廻しを引いている。 佐田乃山は右下手投げで振り、次いで左を巻き替える。北葉山も左を巻き替える。佐田乃山は深い右上手から投げ、さらに向正面で上手投げ。 北葉山左下手を引きつけて左外掛け、次いで左下手投げから赤房に吊り身に左へ寄る。佐田乃山両廻しを引きつけて残し、あまりにも吊りにこだわりすぎた北葉山に左外掛けの強襲。 北葉山は腰が砕けてとうとう正面に倒れ、互いに 2敗となって決定戦に持ち込まれた。 満場注目の決勝戦は、北葉山が鋭く突っ込み右前褌、左おっつけで真一文字に突っ走り、西に寄り切って完勝、宿願の初優勝を勝ち得た。
・好勝負
  5日目 青ノ里(寄り切り)大鵬

 青葉山は思い切り良く当たってスッパリ得意の右差し、左から強くおっつけると大鵬が右を抜いたので両差し、 なお青ノ里寄りながら右下手投げを打つと大鵬は不覚にも泳いで右手を着きそうになった。 しかし大鵬残して左で下手を引いた。青ノ里は右横褌を引きつけて大鵬の左肩口に頭をつけ、左で大鵬の右を殺そうとする。 大鵬が右手を引いて嫌がると、青ノ里は東に動いて右上手投げで振った。大鵬は残したが相変わらず左半身。 ここで大鵬は右で首を巻き左から下手投げを打ったが、これは余りにも自らを過信した技、青ノ里は右上手を引きつけて堪え、 左に廻りながら大鵬の右手を脅かし、上手投げで振って黒房に攻める。大鵬は堪えて左に捻じったが、青ノ里よく堪えて左を差し、正面に寄り出した。 大鵬は余りにも安易な下手投げで墓穴を掘り、30連勝止まり。土俵には座蒲団はおろかサイダー壜が飛んできたという。
 11日目 北葉山(下手投げ)大鵬
 時間一杯から北葉山は 2度も待った、 3度目に北葉山が低く当たって右を差すと大鵬も右を覗かせ、出ながら左を巻き替え、右から引っ張り込んだ。 両者下手を引き、上手が取れない。大鵬が上手に手を掛けると、北葉山は右から絞って下手を切り、さらに左に廻りながら絞って遂に両差し、大鵬の左にくっついた。 そして北葉山は吊り、大鵬は残して西土俵で顎が上がったまま左小手投げ、北葉山は右外掛けから右下手投げ、大鵬は足が開きすぎて堪えられず右手を着いて敗れた。
 13日目 豊山(寄り切り)佐田乃山
 豊山突っ張って左差し、掬って西に寄った。佐田乃山は振りほどいたが、豊山は再度左差し、深く入れて白房に寄り切った。全勝佐田乃山に土がついた。
 14日目 栃光(上手投げ)北葉山
 北葉山が頭で当たると栃光一発ぶちかまして両差し、北葉山は右からおっつけるが栃光嫌って押し返し左四つ、 栃光が上手を取る。北葉山が右から絞ろうとしたが栃光は腰を振って下手を切ってしまった。 北葉山が再度下手を取ったが栃光構わず青房に上手投げ、栃光が再度絞ろうとするところ栃光上手から振り廻し、遂に土俵中央で振り倒した。これに勝てば優勝だった北葉山にも土がつき、全勝が消えた。
◎昭和38年 9月 優勝 横綱 柏戸 健志 15勝 2
 待たれて久しい柏戸の復帰第一戦であるが、突っ張りではなく前褌を引いて一気に走り、当たる相手をを出足で圧倒し、誰も予想し得なかった全勝街道。 一方大鵬は体調充分、 5月を上廻る相撲で大関陣を当たるを幸いねじ伏せて全勝。 千秋楽柏鵬全勝決戦が実現した。決戦は大方の予想を見事に覆して柏戸が勝ち、16場所振り 2回目の優勝を全勝で飾った。 豊山が13勝 2敗、その 2敗は大鵬と柏戸、幕内第三の成績であるが、両横綱に勝てなかったところに限界が見え隠れする。
・優勝決定の一番 千秋楽 柏戸(寄り切り)大鵬
 柏戸が左前褌を取ると大鵬は右四つから一気に西に出、面倒とばかり右から掬った。 しかし柏戸が土俵際左上手をなお引きつけると大鵬は体を開けず掬い投げは不発、それどころか右足が崩れて大慌てする大鵬。 逆に柏戸は力を得て切れた上手を取り直し、遮二無二正面に寄り立て体を預けて寄り切り、全勝優勝を飾った。
・好勝負
 初日 柏戸(寄り倒し)岩風

 岩風が頭を下げて右からおっつけるが柏戸は出足良く前進、両差し一気に赤房に寄り倒し、再起の土俵を白星で飾った。
 10日目 柏戸(寄り倒し)栃ノ海
 柏戸が左から引っ張り込んで出ると栃ノ海は右掬い投げ、柏戸は傾いたが左小手投げを打ち返し、 右から攻めながら東に前進、土俵際右喉輪から左も喉輪でそのまま押し潰した。
 12日目 柏戸(寄り倒し)豊山
 豊山は前日大鵬に完敗して 1敗、柏戸は11戦して全勝である。 豊山から右を望んで右四つ左上手、柏戸も応じて右四つ。互いに引きつけて横吊りに黒房へ歩み、 柏戸が引きつけ勝って黒房で浴びせ、豊山が左に振る。丁字型重ね餅に倒れたが、体が割れず柏戸寄り倒しの勝ち。
 13日目 大鵬(上手投げ)北葉山
 大鵬は両差しで前進、土俵際に詰まった北葉山が右からおっつけると見るや右下手から出し投げを打ち、 左四つとして右上手から大きくねじり倒した。大鵬は前場所の借りを返して13戦全勝。
 14日目 大鵬(吊り出し)佐田乃山
 立ち合い大鵬が左おっつけで体を寄せにかかる。佐田乃山は右筈が効かず、諦めて右上手、大鵬が上手を取らんとするところ、 右から出し投げという奇襲を仕掛けた。大鵬は泳いだものの残した。佐田乃山はここで再度出し投げを打てば良かったが、 あっさりと左四つがっぷりになる。こうなっては大鵬のもので、吊り合いから両褌を引きつけて青房に吊り出して完勝した。 次の相撲で栃光に勝った柏戸と共に14戦全勝。
△昭和38年11月 優勝 大関 栃ノ海 晃嘉 14勝 1敗 2
 初日柏戸、 2日目豊山、 3日目大鵬・柏戸、 4日目佐田乃山の順で敗れ、 柏戸・豊山は早々に脱落し、佐田乃山は後半に入って扁桃腺炎でガタガタ。大鵬は中日に二敗、 これでもいつもの場所なら単独トップのところ、この場所は大関栃ノ海が素晴らしい相撲で 1敗。 13日目柏戸を二本差しから寄り切って14日目の大鵬戦にも快勝。 千秋楽栃ノ海は豊山を押し倒して14勝 1敗、本格派拝み寄りで優勝を得た。 栃ノ海の大化けは素晴らしかったが、それ以外に見るべきものはなかった。
・優勝決定の一番 14日目 栃ノ海(寄り切り)大鵬
 栃ノ海は右から踏み込んで右前褌狙い、これは切れたが左を差し右から絞った。大鵬はこれを泉川から左に振ろうとしたが栃ノ海全く動ぜず、逆に隙を見て右を差した。 栃ノ海は両下手を引きつけて肘を張り、間髪入れずがぶり寄り、大鵬は左で首を巻いて右小手投げにいったが、右足が上がって為すところなく、白房に寄り切られた。栃ノ海の会心の一番。
・好勝負
 11日目 北葉山(寄り倒し)栃ノ海

 絶好調で10戦負けなしの栃ノ海は、やや苦手と思われる北葉山と対戦、 左四つから栃ノ海が上手出し投げを打つが、北葉山は残すや右小手から振り廻した。 栃ノ海は西に詰まって左下手から右へ振ろうとしたが、北葉山は体を預けて寄り倒した。
 13日目 栃ノ海(寄り切り)柏戸
 栃ノ海は相手が柏戸で変化がないので、水泳のスタートのように全身を伸ばして突進、この立ち方は叩かれると簡単に落ちるが、なにせ相手は柏戸、 ガーンと受けて左前褌を取ってくれた。栃ノ海は左から絞って右をスパッと差し、左も上手。柏戸は右も抜き、左上手右で抱える。 栃ノ海は肘を張って密着、右筈で起こして左を引きつけ東に出んとする。柏戸ここで左を巻き替えたが栃ノ海素早く右を巻き替え、東に寄り立て寄り切った。
前画面に戻る